デンソー テン コロナ。 デンソー、知的財産を開放する宣言に参画…新型コロナウイルス早期終結を支援

テン開発とコロナウイルス感染拡大疑い

デンソー テン コロナ

トヨタ自動車の豊田章男社長が、6月にデンソーの取締役に就くことになった(撮影:風間仁一郎) トヨタグループ各社の決算発表が集中した4月26日。 この日のトップバッターを務めたデンソーから衝撃的な人事が発表された。 トヨタ自動車の豊田章男社長がデンソーの新任取締役に内定したというもの。 今年6月の定時株主総会および総会終了後の取締役会を経て、正式に着任する。 名古屋市で開かれた記者会見では「今回の人事はグループ連携の一環なのか」との質問が出た。 デンソーの有馬浩二社長は「特段の連携強化ではなく、弊社独自の歴史がある。 トヨタの偉い方がわれわれの取締役になって議論をしてきた流れがあり、豊田社長も『今のタイミングならいい』ということで入って頂くことになった」と答えた。 豊田家出身の役員兼任は章一郎氏のみ 有馬社長が引き合いに出したのは、章男社長の父である豊田章一郎氏(現名誉会長)と1999年から社長を務めた現相談役の張富士夫氏だ。 章一郎氏は取締役を1964年から2015年まで50年にわたって務めた。 張氏は2003年から2015年まで監査役を12年間務めている。 トヨタ出身者がデンソーの役員を兼任したケースはほかにもあるが、豊田家出身では章一郎氏のみだ。 有馬社長は「グループの連携強化」を否定し、同社広報も「特定のカーメーカーとのつながりのために来てもらうわけではない。 次世代のモビリティ社会を作って行く中で大所高所から助言をもらう」とする。 しかし、デンソー側の説明を額面通りに受け取ることは難しい。 トヨタグループは近年、豊田社長が音頭を取る形でグループ内の連携強化や事業の再構築に取り組んでいるからだ。 ある領域で強みのある会社を「ホーム」と位置づけ、事業を集中させている。 デンソーはトヨタの一部門だった「電装部」が分離独立して1949年に「日本電装」として創業。 現在トヨタはデンソーに23. 7%出資する筆頭株主だ。 トヨタとデンソーは昨年、主要な電子部品事業をデンソーに集約することで基本合意。 今月には、2020年4月にトヨタの広瀬工場における電子部品の生産をデンソーに移管し、電子部品の開発機能もデンソーに集約することを発表した。

次の

【期間工はクビ?】デンソー、新型コロナウイルスの影響は?自動車メーカーの生産停止相次ぐ!

デンソー テン コロナ

デンソーは2018年12月27日、2019年1月1日付で実施する組織変更について発表した。 電動化や自動運転、コネクテッドといった大きな変化に対応するため、より競争力のある組織に変更する。 グループ会社のデンソーテンには、デンソーが手掛けるトラックやバス、リース車両向けのサービス事業を統合。 コネクテッド分野で両社の強みや知見を持ち寄ってビジネス拡大につなげる。 デンソーテンも同日に組織改定を発表した。 デンソーとの連携を一層推進するため、刈谷事業所を新設する。 事業統括本部には、コネクテッドサービスのビジネスを強化するため、VICT事業統括 コネクティッド事業部を新たに設ける。 また、AE技術本部の安全システム技術部は、エアバッグECU事業の効率化推進と競争力強化に向けて、第一技術グループと第二技術グループを設置する。 各部門で再編 デンソーは、自動運転やコネクテッドに関して車両システムの視点での開発を加速させるため、モビリティシステム統括部の下に事業戦略を担うモビリティシステム企画部と、技術開発を担うモビリティシステム開発部を新たに設けて2部体制とする。 デンソーグループとしてフリート車両向けのコネクテッドサービスを強化するため、デンソーテンにコネクティッドサービス事業推進部を終結させる。 デンソーテンは、タクシーを中心に商用車両向けサービス事業を手掛けている。 システムや商品の提案力を強化するため、サーマルシステム事業グループやパワトレインシステム事業グループの再編を行う。 サーマルシステム事業では、顧客のニーズに柔軟かつ迅速に対応するため、サーマルシステム製品企画部を新設する。 また、今後急拡大が見込まれる熱マネジメント事業を強化するため、同事業の製品を集約し、サーマルマネジメントユニット事業部とする。 パワートレインでは、各国のディーゼル規制や、市場ごとのニーズ多様化が進む中、取引先の内燃機関へのニーズにきめ細かく対応するため、パワトレインシステム事業グループの下に、ディーゼルシステム事業部、ガソリンシステム事業部、排気システム事業部、パワトレインコンポーネント事業部を置く4部体制とする。 商用車や農機、建機向けのビジネスは、国やルートごとに分散していた営業機能を集約し、商用農建機部を新設する。 新事業統括部は、社会課題の解決に貢献して新たな価値や文化を創造、共感を得るという役割を明確化するため、社会ソリューション事業推進部に改称する。 関連記事• デンソー、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトは2018年12月26日、共同出資で立ち上げる新会社の概要を発表した。 デンソーは2018年10月31日、東京都内で開いた決算説明会において、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトと立ち上げる新会社の狙いについて言及した。 デンソーの完全子会社で半導体IPを設計するエヌエスアイテクス(NSITEXE)は2018年12月13日、「第11回オートモーティブワールド」(2019年1月16〜18日、東京ビッグサイト)において、自動運転などに向けた半導体IP「Data Flow Processor(DFP)」のテストチップとテストボードを展示すると発表した。 富士通テンは、資本構成の変更を受けて社名を「デンソーテン」に変更した。 出資比率はデンソーが10%から51%に増える一方で、筆頭株主だった富士通は55%から14%に減少。 新しい代表取締役社長には、デンソー 顧問の岩田悟志氏が就任する。 富士通テンは、先進運転支援システム(ADAS)に用いられる77GHz帯ミリ波レーダーモジュールの有力企業だ。 2003年に国内で初めて自動ブレーキを搭載した「インスパイア」に採用されるなど、現在までに累計100万個を出荷している。 自動運転技術の開発が加速する中、同社のミリ波レーダーモジュールはどのような進化を遂げようとしているのか。 人々の移動を助ける会社「モビリティカンパニー」を目指すトヨタ自動車。 「モビリティサービス・プラットフォーム」の整備や、車載通信機の本格的な普及など、モビリティサービスの展開に向けた施策の狙いを聞いた。 Robert Boschの日本法人であるボッシュは、自動運転技術やパワートレーン、コネクテッドカーなど重点分野の取り組みを発表した。 聞いたことはあるけれど、正確に知っているかといわれると自信がない……。 第4回は、ディーゼルエンジンに対する逆風が強まる中、製品化が相次いでいる「48Vシステム」です。 48Vシステムの特徴とは一体何でしょうか。 関連リンク•

次の

デンソーテン、デンソーテンマニュファクチュアリングとデンソーテンリサーチを吸収合併 :日本経済新聞

デンソー テン コロナ

コロナウイルスが猛威を振るい続けている まさかここまでのことになるとは・・・。 2019年12月に中国の湖北省武漢市で謎の肺炎患者が報告されました。 当時は、少しニュースが流れた程度でほとんど話題にもなっていませんでした。 実際、私も全然気に留めてませんでした。 コロナウイルスについて認識したのって2月くらいにクルーズ客船「ダイヤモンドプリンセス号」の乗客の中からコロナウイルス感染者が現れたくらいだった気がします。 クルーズ船内でコロナウイルス感染者が現れたことで船は着港出来なくなり沖で14日間隔離されることになりました。 この時の日本の政府の対応が遅い!ってネットで批判が相次いだり、乗客の方々もSNSなどで自国に帰らせてくれ!みたいなことをアピールしたりしてプチパニックのような状態でした。 この時期には連日コロナウイルスとクルーズ船についてのニュースが流されており、どこのチャンネルをつけてもずっとコロナ!コロナ!コロナ!って感じで、コロナウイルス関連のニュースばかり。 この状況でも、多くの日本人が他人事のような空気感だったと思います。 一部の方が騒いでいたくらいで。 でも、ここから一気に状況が変わっていきました。 予防の為にマスクを買いに行ったらまさかの売切れ・・・。 違うお店に行ってみてもマスクが一個もない・・・。 Twitterとかで売り切れの状態の写真がアップされたことでみんな危機感を抱いて一気に買いに来たようでした。 この頃は、BOXじゃなくて数枚入りのマスクならわずかに残っていることもありましたが、まさかこのあとそれすらも争奪戦になるなんてこの時は微塵も思っていませんでした。 コロナウイルスの影響で経営が赤字になり倒産する企業も相次いでいます。 学校は各都道府県で休校処置が取られている状況。 感染防止のため、外出を自粛する動きも出始め、楽しみだったイベントごとも次々に中止になっていきました。 仕方がないとはいえ、やっぱり悲しい。 コロナウイルスが一向に収まる気配もなくむしろ感染者が増えていく一方だし、ウイルスによる死者もどんどん増えてきていました。 コロナウイルスの怖いところは、• 治療薬が確立されていない• 持病のある人は重症化しやすい• 感染していても無自覚の場合がある だと思います。 治療薬や特効薬が確立されていれば発症してもすぐに処置が出来ますが、それらが現状確立されていない現状、発症したら手の施しようがありません。 更に、元々何かしらの 持病を持っている方は症状が重症化しやすく合併症を引き起こしやすく、高齢者などの免疫力が衰えてきている人が合併症を引き起こしてしまうと亡くなる可能性がグッと上がります。 また、免疫力のある若者とかだと感染しているのに気づかない 無自覚の感染をしている場合があります。 こういう人が知らないうちに免疫力の低い人と接触しコロナウイルスを感染させてしまうということがとても危険視されているのです。 【湖西工場】:ワゴンRやアルト• 【磐田工場】:キャリイやエブリイ• 【相良工場】:スイフトやソリオ四輪車エンジンの部品加工・エンジン組み立て• 【大須賀工場】:アルミ製品、鋳鉄製のエンジン部品、足回り部品などを鋳造• 【浜松工場】:二輪車の組み立てからエンジン生産までを一貫 車が売れなくなったがゆえに国内だけでこれだけの生産休止が決定・実施されています。 やはり自粛のムードが世間で流れているので車を買う人も少ないですし、仕事もどうなるか分からない状況でなかなか車を買うような大きな支出は敬遠されています。 3月の新車販売台数も去年に比べて9%減となっているので、コロナウイルスの影響がかなり出ているようです。 大体、各メーカー1週間程度の生産停止が多いですけど、多いところだとSUBARUが4月9日から5月1日まで丸々1ヵ月休みになっています。 そこにGWも重なるので実質1ヵ月以上の大連休となっています。 ちなみに、リストラとか給料の心配がありますが、リストラとかは行わず、公休扱いで通常の給料の90%が支給されるそうです。 有難い対応。 これだけ自動車メーカーに影響があるとぞの自動車メーカーに部品を納めている自動車部品メーカーも当然のごとく影響してきます。 次に自動車メーカーの生産休止によってデンソーにどれくらい影響があるのかお話したいと思います。 デンソーへの影響はどれくらいある? デンソーは自動車部品メーカーなので、生産した部品をトヨタ自動車などの自動車メーカーに納品することが仕事です。 納品先の各自動車メーカーが生産休止に追い込まれれば、必然と、デンソーも影響を受けることになりますし、現に受けていると思います。 影響がある部署だと残業が無くなり夜勤が無くなり全員昼勤のオール定時という職場も数多くあります。 私の隣の職場は現にそうなっています。 一方で、影響のないところは今まで同様残業も夜勤もあって休日出勤もするという職場もあります。 この差は、当たり前ですが自職場の担当製品を納入している工場が稼働しているか否かです。 こちらをご覧ください! 赤枠のところは、自動車メーカーの生産停止予定のラインで作られている車種一覧になります。 デンソーの生産現場では製品を車種名で呼ぶことがあります。 自職場の製品の搭載車種がこれらに該当すればすぐに影響が出てきます。 今は影響なくても今後影響が出てくる可能性が有ります。 その時は、まず、担当製品の車種を確認してください。 車種が分かればその車がどこのメーカーのどこの工場で生産しているかを調べます。 そこまでわかったらあとはニュースとかを見て各メーカーの状況をチェックするという感じです。 今は国内の自動車メーカーについてしかお話ししていませんが、デンソーは 売り上げの半分が海外の自動車メーカーなので海外の状況も かなり重要になります。 その場合でも確認することは同じです。

次の