コロナ 予言 1982。 イルミナティが新型コロナウイルスを予言?志村けん死去との関係もまとめ

【都市伝説】イルミナティカードの予言まとめ13選

コロナ 予言 1982

com 《本記事のポイント》• 大川総裁の霊言でパンデミックを予想したケイシー• 「経済の中国依存」も予言されていた• 本書で語られた日本へのアドバイスとは? 20世紀アメリカの心霊治療家エドガー・ケイシー 1877~1945年 といえば、催眠状態で病気の治療法や人生相談などについて数多くの「リーディング」を行ったことで有名だ。 「眠れる予言者」と呼ばれた彼のリーディングは、「イギリスからのインド独立」「アメリカがもう一つの勢力と世界を二分してリーダーシップをとり、西洋文明諸国の中心となること」など、世界情勢に関わるものも含まれていた。 大川総裁の霊言でパンデミックを予想したケイシー 大川隆法著 幸福の科学出版 死後、エドガー・ケイシーの霊は、大川隆法・幸福の科学総裁を通じて何度も霊言を行っている。 その中でも様々な予言が語られているのだが、本欄で紹介したいのは、2010年6月1日に収録、同年7月7日に刊行された『エドガー・ケイシーの未来リーディング』 幸福の科学出版 における、次のような言及である。 「 十年もたたないうちに、手が打てない新しい病気が流行っていることが分かるでしょう。 中略 空気感染をする病気でも、予想外の感染力を持ったものが出てきます。 例えば、あなたがたも、花粉症でマスクを付けて歩いていたら、ほとんど仕事ができないでしょう? そのような状態になって、ほとんどの人がマスクを付け、酸素ボンベを背負って歩いている生活を想像してみてください」 世界を騒がせている新型コロナウィルスのことを指しているように見える。 2010年から10年後なので、ちょうど今の時期だ。 そしてその感染力も、現実と符合している。 世界中で、多くの人がマスクをつけて歩いている状況になっている。 「経済の中国依存」も予言されていた そんな恐るべき内容を含む本書だが、日本と中国との関係について"10年越し"の警告がなされている。 ケイシー霊は、中国の最も大切な戦略は、日本に「 中国寄りの政権を続けさせること」と、「 財界の中国シフト、すなわち、中国依存の度合いが高まって抜けられないようにしておくこと」だと指摘している。 日本政府は、4月に予定されていた習近平国家主席の国賓訪日に配慮して、中国からの入国制限を徹底せず、いたずらに国内感染を拡大させた。 現在の日本政府は歯がゆいほどに「中国寄り」である。 中国に多くの企業が進出し、中国人観光客に依存した現在の日本経済の現状も、中国政府のもくろみ通りだ。 本書で語られた日本へのアドバイスとは? 本書にはジョン・F・ケネディ元大統領の暗殺を予知したことで有名なジーン・ディクソンの霊言も収録されている。 そこには、日本が中国の植民地になりたくなければ"あること"を実行するようにアドバイスされている。 その内容は、あえてここには書くまい。 『エドガー・ケイシーの未来リーディング』は、刊行10年目にして、あらためて「必読の一書」となっている。 ケイシーはコロナ・パンデミックをどう見るか.

次の

イルミナティカードの予言はコロナウイルスや東京五輪の複合災害も?

コロナ 予言 1982

2062年から来た未来人とは何者か? 自称2062年から来た未来人は、 2010年11月〜12月、2011年7月、2012年12月に2ちゃんねるオカルト板に突如現れ、スレ住民と質疑応答を行った人物です。 (引用: 住所、年齢等は非公開でありつつも、日本人の男性であること判明しています。 2010年11月への訪問の目的は秘密調査とのことで、2chに現れた理由は、その当時人気のwebサイトであることが判明、調査予定時間まで見てみようと思っていたら、書き込んでしまったといいます。 ここに書き込んでるのは、 過去データベースを調べて2010年に人気があったウェッブサイトだと判明した。 調査予定時間まで見てみようと考えたのだが書きこんでしまった。 (引用: 2010年の時点で、 2011年3月11日の東日本大震災や、原発事故を示唆し、その他にも、 中国の崩壊、アメリカデフォルト、韓国・北朝鮮の消滅なども予言しており現在も注目されています。 予言内容について詳しく見ていきたいと思います。 アジアの大半がインドになっている。 自然災害に関しては、言う事が許されない。 人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。 ただし、忠告しておく。 yあ 間 N意 埜 b於 ㋹ (引用: 2062年から来た未来人は、大地震等の危機的状況について直接的に伝えることができないらしく、暗号的な表現で示しています。 それが、 yあ 間 N意 埜 b於 ㋹(山へ登れ) この警告が発せられたのは、東日本大震災の2011年3月11日の前年である、2010年11月14日です。 地震発生の4ヶ月も前のことで、これは予言ではないか?」と騒がれました。 地震の後の2011年7月に現れた2062年から来た未来人は、十分に警告できなかったことを謝罪しつつも、これ以降は文字で伝えることができなくなったといいます。 2ch. その際、少しばかり協力して欲しいのだが大丈夫だろうか。 地震に関しては、本当に申し訳なかった。 あれが私が出来る範囲の最大限の警告だったのだ。 大きな地震に関しては許される範囲内ならば答える。 2ch. 前回のように、2011. これは本当に悲しくなってしまう。 言いたくてたまらないが言えないのだよ。 本当に許してくれ。 何か良い方法があればいいのだが。 (引用: その後、2062年から来た未来人は、その当時の任務を終え、 「今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。 また会えたらいいな。 」という言葉を残し一旦立ち去ります。 2016年4月15日という日付…。 これはどういう意味かと掲示板では不安視する声も。 「2016年4月15日か、覚えとこう」 「未来さん! 2016年なにがあるか教えて!」 「2016年4月15日覚えておくw」() 2062年から来た未来人、新型コロナウイルスを予言? 2062年から来た未来人は新型コロナウイルスの存在を直接的には予言していません。 ただそれを示唆するような表現はあるようです。 「中国はずいぶん前に無くなった。 」() 「中国の破綻というより自滅。 詳しく書けば長くなる。 」( 「・人口の割合が男11:女4なのは、戦争の影響なのか? それとも出生率の問題なのか? 20年以内に理解できるだろう。 」( 人口の割合の男女比が「上記内容は男性攻撃型ウィルスのパンデミックを連想させる。 」という見解があります() 新型コロナウイルスの影響を最も受けるのは中年男性 BBCによると、感染者の男女比は、女性1人に対し男性は1. 男女比はほとんどないと言われています。 しかし、男性の方が重症化しやすく、「女性の方がウイルス感染症の影響を受けにくいのは、免疫において重要な役割を担うX染色体と女性ホルモンの働きが関係している可能性がある」と報じています。 (引用:.

次の

予言者|未来人・シンプソンズの予言まとめ!新型コロナウイルス・東京オリンピック中止!?

コロナ 予言 1982

com 《本記事のポイント》• 大川総裁の霊言でパンデミックを予想したケイシー• 「経済の中国依存」も予言されていた• 本書で語られた日本へのアドバイスとは? 20世紀アメリカの心霊治療家エドガー・ケイシー 1877~1945年 といえば、催眠状態で病気の治療法や人生相談などについて数多くの「リーディング」を行ったことで有名だ。 「眠れる予言者」と呼ばれた彼のリーディングは、「イギリスからのインド独立」「アメリカがもう一つの勢力と世界を二分してリーダーシップをとり、西洋文明諸国の中心となること」など、世界情勢に関わるものも含まれていた。 大川総裁の霊言でパンデミックを予想したケイシー 大川隆法著 幸福の科学出版 死後、エドガー・ケイシーの霊は、大川隆法・幸福の科学総裁を通じて何度も霊言を行っている。 その中でも様々な予言が語られているのだが、本欄で紹介したいのは、2010年6月1日に収録、同年7月7日に刊行された『エドガー・ケイシーの未来リーディング』 幸福の科学出版 における、次のような言及である。 「 十年もたたないうちに、手が打てない新しい病気が流行っていることが分かるでしょう。 中略 空気感染をする病気でも、予想外の感染力を持ったものが出てきます。 例えば、あなたがたも、花粉症でマスクを付けて歩いていたら、ほとんど仕事ができないでしょう? そのような状態になって、ほとんどの人がマスクを付け、酸素ボンベを背負って歩いている生活を想像してみてください」 世界を騒がせている新型コロナウィルスのことを指しているように見える。 2010年から10年後なので、ちょうど今の時期だ。 そしてその感染力も、現実と符合している。 世界中で、多くの人がマスクをつけて歩いている状況になっている。 「経済の中国依存」も予言されていた そんな恐るべき内容を含む本書だが、日本と中国との関係について"10年越し"の警告がなされている。 ケイシー霊は、中国の最も大切な戦略は、日本に「 中国寄りの政権を続けさせること」と、「 財界の中国シフト、すなわち、中国依存の度合いが高まって抜けられないようにしておくこと」だと指摘している。 日本政府は、4月に予定されていた習近平国家主席の国賓訪日に配慮して、中国からの入国制限を徹底せず、いたずらに国内感染を拡大させた。 現在の日本政府は歯がゆいほどに「中国寄り」である。 中国に多くの企業が進出し、中国人観光客に依存した現在の日本経済の現状も、中国政府のもくろみ通りだ。 本書で語られた日本へのアドバイスとは? 本書にはジョン・F・ケネディ元大統領の暗殺を予知したことで有名なジーン・ディクソンの霊言も収録されている。 そこには、日本が中国の植民地になりたくなければ"あること"を実行するようにアドバイスされている。 その内容は、あえてここには書くまい。 『エドガー・ケイシーの未来リーディング』は、刊行10年目にして、あらためて「必読の一書」となっている。 ケイシーはコロナ・パンデミックをどう見るか.

次の