ペット保険 比較 口コミ。 ペット保険はどこがいい?人気の高いおすすめ保険会社を徹底比較!|犬・猫のペット保険比較ランキング

ペット保険はどこがいい?人気の高いおすすめ保険会社を徹底比較!|犬・猫のペット保険比較ランキング

ペット保険 比較 口コミ

私たちに癒しを与えてくれる 愛猫ですが、突然の病気やケガが 起きたらとても心配ですよね。 愛猫が元気になるのであれば、 治療費が高くなってもかまわない! という飼い主さんがほとんどだと 思いますが、実際に請求書を 見せられるとちょっとひるみますよね。 そう、 猫 や犬の治療費は全額自己負担。 さらに動物病院によって、 治療費は大きく異なります。 愛猫の万が一の時のために、 『お金の心配なく治療に 専念させてあげたい!』 そんな飼い主さんの要望に応えて くれるのが ペット保険です。 でも、多くの保険会社が ペット保険を宣伝しており、 どの保険が自分の愛猫に合うのか 分からずに迷っている人もいるのでは? 今回は、どのペット保険に 加入するか迷っている飼い主さん のために• ペット保険おすすめTOP5• 猫にペット保険は本当に必要?• 「補償割合、限度額」を確認して保険を選ぶ についてご紹介します。 愛猫にぴったり合うような 保険を見つけて、 万が一の ケガや病気に備えましょう。 もちろん突発的な事故やその他病気で手術をすることはありますが、ペットの医療費で一番かかるのは「高齢になったときの通院費(薬代等含む)」だと思います。 このペット保険は通院費用の保証がない点がダメだと思うのですが、その点指摘した口コミが採用されていないのがちょっと不思議です。 我が家はその点がダメだと思ったのでこの保険には入っていません。 通院費を保証しないなら、業界トップの保険料なのはある意味当然だと思います。 といったように、 手術補償のみにしか 対応できない保険に不満をもつ 口コミもいくつか見られました。 第2位 ペットメディカルサポートPS保険 出典: 「ペットメディカルサポートPS保険」 の特長は、 通院でお金がかかったので、保険請求したところ、免責金額というのが14000円とあり、Mプランだと通院なんかまったくといっていいほど無駄でした。 といったように、 免責金額の高さに対して 不満をもつ口コミが見られました。 猫のペット保険の必要性とは? 我が家の愛猫は元気だし、 今後もきっと元気で長生きするだろう と思い込んでいませんか? 若い時は、元気で活発な猫でも 年齢を重ねると様々な病気が出て きます。 特に猫は泌尿器系の病気にかかり やすい特徴があり、ひとたび泌尿器系 の病気にかかると 何日間か通院しなければ ならないですし、場合によっては手術が 必要なことも。 大事な愛猫の治療費は高額に なりますが、あなたはきちんと 支払えますか? ここでは、 ペット保険の必要性について まとめてみました。 動物病院でかかる費用はどのくらい?保険は適応されるの? 動物病院でかかる費用は治療内容に よって異なります。 ここでは、例として尿路結石に かかった場合の治療費を挙げて みました。 手術 の3種類に分けられます。 通院補償 下痢や皮膚炎、猫風邪など軽度の病気 やケガで動物病院を 通院した場合に かかった検査料や処置費用を補償。 入院補償 手術後に入院が必要になった場合、 その時にかかった 入院費や投薬費など の費用を補償。 手術補償 病気やケガで 手術をおこなったときに かかった費用のみを補償。 契約内容によっては、 日帰り手術は 補償されない場合もあるので注意が 必要です。 避妊手術にもペット保険は適応される? 愛猫を長生きさせたり、不用意に子猫を 増やさないためにも、 避妊手術は飼い主の 義務です。 でも、ペット保険に入っていれば、 手術として適応できるんじゃないのと 思っている飼い主さんも多いのでは? 実は、避妊手術は残念ながら ペット保険の適応ができません。 理由は、避妊手術は 「予防を目的とした医療行為」だから。 保険が適応できるのは、 「治療を目的とした手術、入院、通院」 のみになっています。 ペット保険の賢い選び方とは? ペット保険の補償には、 手術、入院、通院の3種類の補償がある ことが分かりました。 3種類の補償の中でどの補償に一番 重点を置くかについては飼い主さんの 考えによってそれぞれ違うと思います。 ペット保険に入るのであれば、 コストが少なく、 補償がしっかり している保険に 入りたいものです。 では、ペット保険の賢い選び方は あるのでしょうか? 「補償割合」「補償限度額」を確認 ペット保険は、ペットが病気やけがをして 治療を受けた時に 治療費の一部を保険金と して受け取れるもの。 人間でいう 医療保険と同じですよね。 では、治療費の一部とは一体どのくらい の金額が保険金として入ってくるのか? それは、契約した「補償割合」によって 異なります。 ただ、 割合が高ければ高いほど月々の 保険料も高くなります。 補償限度額 補償割合を決めたらそれで ペット保険選びはOKだと思ったら 大間違い! 「補償限度額」も併せて確認しましょう。 ペットの治療費は高額になるので、 ほとんどの保険商品では、 「補償限度額」が決まっています。 補償限度額とは、ペットの治療で、 通院・入院・手術といった治療を した場合、 保険会社から支払われる 保険金の上限の額のことで、 「支払限度額」とも言われます。 支払限度額の定め方には、保険会社の商品に よって様々ですが、主に2パターンあります。 【パターンA】 入院・通院・手術などの 治療方法に合わせて、それぞれ 「限度日数・回数」が定められている 出典: 人間の医療保険でも 同じような表を見たことが ある人もいるのではないでしょうか? 【パターンB】 治療方法に限らず、 年間の支払保険金額 の合計が定められている 出典: パターンBの場合、限度日数や回数に 定めはありませんが、 年間の上限金額 を超えると保険金請求ができなくなり、 全額自己負担になるので注意が必要です。 「補償割合」、「補償限度額」を 確認せずに保険に加入すると、 実際に保険請求をしても想像して いた金額よりも少ない金額 しかもらえない場合があります。 愛猫の 緊急時にお金の心配をせず 治療に専念したいですよね。 そのためにも、保険を選ぶ際は この2つを確認して、賢く選びましょう。 まとめ 人気のペット保険の紹介と 保険の賢い選び方や補償内容について まとめましたが、いかがでしたでしょうか? ペット保険には、 愛猫の健康、心配ですよね? 実際に保険会社が調査した結果、 ペットが5歳になるまで手術費用を請求する 確率が80%というデータが出ています。 ・保険料が高くつきそう ・使わないともったいない ・どの保険が愛猫に合うのかわからない などの悩みありますよね? そんなあなたには、 ペット保険の資料一括請求がおすすめです。 ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。 ・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。 ・複数の保険会社間のサービスを比較できる など、ネットで申し込むだけで、 愛猫にピッタリな保険がわかります。

次の

ペットアンドファミリー保険の口コミ評判!実際に利用した感想やプラン比較も

ペット保険 比較 口コミ

もしもの時に…大切な我が子と飼い主を守ってくれるのが「ペット保険」 ペットには健康保険がないため、治療・手術に数十万~数百万円かかることも珍しくありません。 その高額な治療費を50〜100%の割合で補償してくれるのが「ペット保険」です。 猫ちゃんやワンちゃんは「痛い・つらい」とは、言葉にはできません。 自分のお財布事情のせいで、大切な家族の命が救えなかったとしたら、後悔してもしきれませんよね。 ペット保険は大切な家族を守るのと同時に、私たち飼い主を経済的に・精神的にサポートしてくれるのです。 絶対入っておくべき!ペット保険おすすめランキング【総合編】 ペットの寿命も年々長くなり、うれしい反面、高齢化に備えるためにもペット保険の需要はますます上昇。 どの保険に加入していいのか迷っている飼い主さんのために、人気のペット保険を比較して、総合的にランキング。 ペット保険選びの参考にしてみてください。 その他映画やレストラン、レジャー施設の割引待遇あり 加入者の口コミ評判 「1回の支払いに限度がないので、高額な手術や通院も安心です」 「いろいろと比較したけど、この保険料でこの補償内容!いちばんいいと思います」 「小型犬に多い膝蓋骨脱臼が対象になっているのが良心的だと思います。 「プラン70」は70%補償・年間70万円まで 1日の支払限度額 制限なし 1年間の支払回数の制限 制限なし 運営会社の信頼性 自動車保険で有名なアクサダイレクトが運営 会員特典 24時間ペット健康相談サービス(通話料有料) 加入者の口コミ評判 「補償内容や回数制限がないところが気に入って加入しました」 「有名な保険会社がやっているということで安心できました。 保険金の振り込みまでもスピーディでした」 「保険料と保険金のバランスがとれていて気に入っています」 「いろいろな割引制度があるので、工夫すれば保険料はもっと安くなると思います」 フリーペットほけん(FPC) 月額保険料 犬/1,590円 猫/1,590円 補償内容 手術/入院/通院/終身継続なし 50%補償プランのみ。 電話の対応も感じがよかったです」 ニーズ別ペット保険ランキング 【総合編】だけではなくニーズに合わせたランキングも紹介しています。 ペット保険選びに重要なこととは? 総合第1位は「げんきナンバーわんスリム」(ペット&ファミリー少額短期保険)。 理由は 保険料が安いだけでなく補償が手厚いこと、1日あたりの限度額や年間支払回数の制限がないこと。 制限がないことにより長期の入院や通院が必要な場合や高額な手術が必要なときでも安心。 また終身継続ができるのも魅力です。 加えて、 犬に多い股関節脱臼や膝関節脱臼・膝蓋骨脱臼(亜脱臼を含む)の治療費も補償されますが、これも良心的。 保険によってはこれらの病気は、補償の対象外となっているからです。 ペット保険は継続するためにも、保険料が安いほうがベター。 ですが、補償が手薄になってしまうのでは加入した意味がなくなってしまうことがあります。 保険料が数百円の保険もありますが、実は非常にお金のかかる通院・入院が補償外がほとんどなので注意が必要です。 補償と保険料のバランスは、保険を選ぶ上でもっとも重要。 ペット保険の選び方・基礎知識 「ペット保険」は広まりつつありますが、どんな役割があるのかはっきりわからないという方もいるのではないでしょうか。 犬や猫をはじめ動物は人間のように医療保険がききません。 そこでカギを握るのがペット保険。 加入すると、ペットがケガや病気になったときに医療費を一部負担してもらえるので、飼い主の金額負担が軽くなります。 会社によって、対応している病気が異なるので、内容を把握したうえで加入するようにしましょう。 ペット保険のメリットや補償内容を紹介しています。 タイプ別おすすめペット保険ランキング 愛するペットに何かあったときのために、安心して任せられるペット保険会社を選びたいですよね。 補償内容の充実度や月々支払う保険料は各会社によって異なります。 「ペット保険はどれも同じ」だと思わず、備えておきたい内容があるかどうかチェックすることが大切です。 手厚い補償があり無理せず続けられる保険会社は?ペットの種類別、運営会社の信頼性、保険料や補償内容など、それぞれの観点から、おすすめの保険会社をランキングにしています。 人気ペット保険一覧 保険に加入する前に欠かせないのは、「プランの内容をしっかりチェックすること」。 手術だけを保険の対象としているプランや、通院から手術まですべてを対象としているプランがあります。 補償の割合もプランによって異なるので把握しておくのがベスト。 長い目で見たときに一番お得な保険は何か?自分のペットにはどの保険が合っているか、照らし合わせてみましょう。 人気の高い14社のペット保険会社の特徴と口コミをまとめています。 【犬種別】注意すべき病気をチェック ペットの中でも特に人気が高い「犬」。 家族同然で過ごしている方も多いのではないでしょうか。 愛犬がもし病気になってしまったら早く気づいてあげたいですよね。 犬種やサイズによってかかりやすい病気は異なります。 「様子が変だな?」と感じたとき、正しい検査を受けられるように、犬種別・大きさ別に気を付けたい病気をチェックしていきましょう。 【猫種別】注意すべき病気をチェック 犬と同じくペットとして飼われている割合が高い「猫」。 猫は犬に比べて病気にかかりにくいため、保険料は比較的抵額。 特に雑種は病気にかかりにくく、寿命が長いといわれています。 人気の高い純血種で病気の少ない猫を飼うには?病気にすぐに気づいてあげられるには?猫の種類別に気を付けるべき病気の基礎知識をまとめました。 こんな症状が見えたら要注意 愛するペットが病気になったらすぐに見つけてあげたいですよね。 そのためには、犬や猫特有の病気や原因、症状を知っておくことが大切です。 どんな犬や猫も、体調を壊したり、ケガをしたりすることは起こり得ること。 特に生まれたばかりの子猫や子犬、年齢を重ねた子猫・子犬は注意が必要です。 早期発見できるように、病気にいち早く気づける症状とその原因を調べてみました。 犬猫だけじゃない、小動物の飼い主も保険をチェック! ペットは犬や猫だけじゃありません。 ウサギやフェレットなど小動物を飼っている方も多くいます。 小動物はデリケートで体が弱く寿命も短いものが多いです。 しかも犬や猫に比べて治療費が高いと言われています。 愛するペットを守るために小動物の飼い主の方々も病気や医療費、保険についてしっかり学びましょう。 また、信頼できる会社が運営しているかどうか、うれしいサービスがあるかなどもしっかりチェックしましょう。 【このサイトについて】 個人運営しているサイトです。 それぞれの保険にかんする最新の情報は各公式HPからご確認ください。

次の

猫保険のおススメ人気ランキングBEST3比較&口コミ、評判【総まとめ】

ペット保険 比較 口コミ

・一度の診察にかかる費用は約5,000円~1万円位が多い。 ・年間診療費は約4万~9万円、6歳以降から診療費が上がる傾向がある。 ・疾患ごとの診療費の範囲は1万~10万円と年齢問わず幅広い。 ・腎不全、糖尿病を発症した場合の年間診療費は12万~17万円。 ・高額な医療費がかかる病気として、 0歳未満に多い先天性疾患 5~15万円 、 1~6歳に多い誤飲 10~30万円 、 年齢と共にかかりやすくなる下部尿路疾患 10~30万円 、その他、骨折、がん、ヘルニアなどの病気にかかると30万円以上の高額な治療費が必要になることもある。 すべて自己負担をするとなった場合、それなりに負担となることが分かり不安になりますね。 保険をチェックする上で知っておくと、より保険内容を理解しやすくなるキーワードがいくつかあります。 また「 補償対象外となる病気や医療行為がある」ことを知っておくことが大切です。 50%、70%、80%、100%などの割合があり、割合が高くなるほど支払われる保険金が高くなるため保険料も上がる傾向があります。 この金額の範囲内で保険料が支払われます。 限度額、回数を超えた部分は自己負担になります。 例 免責金額3千円…3千円は自己負担。 3千円を超えた分に対して保険が適用される。 免責条項はとても幅広く、次年度の更新時、補償内容、既往歴や先天性疾患、待期期間、予防医療など様々な決まり事があるため約款や重要説明事項などを注意してよく確認しておくことが大切です。 待機期間中に病気やケガをしても保険金がもらえないため、できれば待期期間がないものや、短い方が安心です。 保険会社ごとの取り扱い内容、どの位の待機期間を設けているのか確認が必要です。 どの年齢でも一定のタイプもありますし、右肩上がりに上がっていくタイプもあります。 保険料の視点から考えるならば、総合的な費用を抑えるためにも保険料の上がり幅が少なく、月額が低めのものを選択するのが良いと思います。 どこまで保険で補ってもらいたいか、何を優先したいのかという視点から考えてみても良いですね。 生後間もない時期、病気が増えてくる時期、高齢期など加入したい時期の目安はあるかと思いますが「健康であること」が加入条件になることが多いため早めに加入することを検討した方が良いでしょう。 また複数の保険に加入することも可能ですが、保険金額はそれぞれの保険会社から満額支払われるわけではありません。 この比率は大きければ大きいほど良いとされます。 ・100%補償では保険料が最安値の割に補償が手厚い。 ・すべての補償率で保険料が安めだが限度額は高い。 ・12歳以降の保険料の値上がりはなく負担額が一定になる。 ・免責金額の設定がない。 ・最大補償額は高いが制限がある。 ・補償率は高い方がいいと考える方。 ・保険料を抑えつつも終身まで更新し続けられる保険を検討している方。 ・12歳以降の保険料の値上がりはなく負担額が一定になる。 ・50%補償の保険としてはPS保険に次いで保険料が安い。 ・1回の入院ではなく、1つの病気に対してかかった医療費を総合的にカバーしてくれる点が良い。 ・免責金額の設定がない。 ・保険が一種類のみで内容が把握しやすい、他社との比較もしやすい。 高額治療が必要になった場合1回の限度額を簡単に超えてしまいそうな点と、自己負担が高めな点が気になります。 ・手厚い補償や高額治療にも備えたいと考える方。 ・病気だけ補償するプランを選択したい方 他の保険ではケガが補償されていない場合など。 おすすめしたいペット保険BEST3比較表! おすすめしたい保険順に「ペッツベスト」、「FPCペット保険」、「PS保険」について保険内容の詳細を比較してみました。 年齢ごとまたは年齢を重ねることによって発症しやすい病気があります。 飼い猫の種類に合わせて病気にかかりやすい時期に加入するのか、万が一に備えて継続加入するのか、検討するのは飼い主次第です。 また、何を選んだらいいか迷ってしまう程に約束事が多く複雑なペット保険ですが、押さえておくべきポイントをしっかり理解することで自分の希望に合った保険が見つけやすくなるということが分かると思います。 ペット保険は比較検討するのが良いと言われているようにサービス内容や価格を並べて見比べることのできるwebサイトも豊富なため、今回の記事と併せて判断材料の一つとして役に立てていただければと思います。 飼い猫の現在、未来の状態を考え、飼い主としてどこまでペットにしてあげられることがあるのか常に考えていきたいですね。

次の