ダイエット茶 ランキング。 トクホの飲み物おすすめ人気ランキング10選【ダイエットサポートに!】

痩せるダイエット茶 おすすめランキング

ダイエット茶 ランキング

日本では市販されているお店も多いのですが、普段はあまり飲む機会もないハトムギ茶。 爽健美茶だけでなく、ハトムギそのものが使用されているお茶もありますよ。 日本には様々な種類のお茶がありますが、ハトムギ茶は様々な良い効能があり注目を浴びています。 効果的な飲み方やどれくらい飲み続けると効果が期待できるのかなども気になるところです。 普段から飲むお茶のひとつとしておすすめしたく、今回はハトムギ茶について詳しくご紹介します。 「そもそもハトムギ茶って何?麦茶とは違う飲み物なの?」 「ハトムギ茶にはどんな効果や効能が期待できるの?」 「市販のハトムギ茶で、飲みやすいおすすめの商品が知りたい!」 など、ハトムギ茶について疑問などが多く聞こえてきそうです。 ハトムギ茶には、美容や健康に良いだけでなく、スキンケアとしても活用されています。 ハトムギ茶に秘められたたくさんの効能を知ると、毎日飲みたい!と思えるかもしれません。 またカフェインが苦手な人や妊娠中の方が飲むことができるのか、おすすめの市販のハトムギ茶など、 様々な疑問にお答えしていきます! 健康や美容のために普段の飲み物から変えていきたい人、ダイエットを始めた人、 コストパフォーマンスがよく身体の内側からきれいになりたいと望む人などの参考になれば嬉しいです。 ハトムギ茶とは まずは、知っているようであまり知られていないハトムギ茶について詳しくみていきましょう。 ハトムギとは? ハトムギとは漢字で鳩麦と書き、イネ科ジュズダマ属の穀物です。 ジュズダマとは水辺に生育する植物で栽培によって生まれた変種の植物です。 アジアでは、ハトムギが主食として食べられている地域もあります。 シリアルに入っていることもありますね。 また、ハトムギに含まれているヨクイニンという成分は生薬としても利用されています。 原産地はインドやインドシナ半島が主であり、古くから栽培されている作物です。 ハトムギには炭水化物やたんぱく質以外にも、ビタミンや葉酸、鉄や亜鉛・マグネシウムなどのミネラルなどが 含まれており、 100g当たり 360Kcalのエネルギーがあります。 麦茶とは違う? 麦茶は麦を原料としたお茶で、主に「六条大麦」という麦を利用しています。 そのため、どちらも同じイネ科ですが、ハトムギとは別物と考えて良いでしょう。 ハトムギは麦に近いというより、とうもろこしに近い種別です。 収穫時期は、六条大麦は 5~ 6月で、ハトムギは 9~ 10月に主に収穫されています。 日本での産地は、栃木県や富山県、岩手県や島根県で主に作られています。 農作物が不作になる環境や時期でも収穫ができるとう強い植物で、救荒作物とも呼ばれています。 ヨクイニンの原料 ヨクイニン(薏苡仁)という漢方薬があるのですが、その原材料となるのがハトムギです。 ヨクイニンはハトムギの皮の部分を取り除いて残った種の部分の事です。 ヨクイニンは一般的に「肌トラブル」に使われている生薬製剤です。 肌が荒れている人、いぼが気になる人向けに販売されていますが、他にも消炎作用や身体の水分バランスを 整える役割などもあります。 後ほど、ハトムギ茶の効果や効能で詳しくご説明していきます。 十六茶や爽健美茶などのブレンド茶を飲んだことはあっても、ハトムギ茶そのものを飲んだことがある人は、 意外に少ないのかもしれません。 ハトムギ茶の味を実際に飲んだことがある人で、美味しい意見とまずいと感じた人の意見に分けて、 ご紹介していきます。 ハトムギ茶が美味しいと感じている人の意見 ・あっさりとした飲み口の中に香ばしさがあり美味しい。 ・ホットで飲むと身体も温まる。 ・麦茶よりもハトムギ茶のほうが香ばしくふんわり甘味を感じる。 ・苦みや渋みがないので、夏場にがぶがぶ飲んでも美味しい! などの意見がありました。 麦茶よりも少し香ばしく、やかんなどで煮だして飲むと美味しいという意見が多くありました。 ハトムギ茶がまずいと感じている人の意見 ・麦茶が苦手で、ハトムギ茶を飲んでみたけどもっと苦手な味だった。 ・ほのかに甘味があるけど、独特のえぐみを感じる。 などの意見がありました。 健康茶などのブレンドされたお茶が苦手な人、麦茶が苦手な人にとっては、 独特の香りや味、香ばしさが苦手で美味しくないという意見が目立ちました・ 全体的な意見としては、苦手と感じる人より好きだという意見が多くありました。 ハトムギ茶の7つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう? ハトムギ茶に秘められた体によいとされる効果について細かくご説明していきます。 イボや肌荒れの改善 先ほど、ヨクイニンの漢方薬についてお話したのですが、どうしてイボなどが改善されるのかについて、 詳しくみていきましょう。 漢方の考え方では、肌が汚れやメイク、雑菌などが原因でつまり、 水や熱が正常に排出されないことでイボなどができるとされています。 肌の中に水分量が多すぎるとじゅくじゅくしてしまい、少なすぎると乾燥してしまいます。 これが原因となり、肌の乾燥やかゆみ、肌荒れなどが起きてしまうのです。 ヨクイニンは体内の水分量を整える働きがあるので、肌トラブルに良いとされているのです。 ダイエット効果が期待できる ハトムギ茶にはカリウムや食物繊維が含まれています。 カリウムは体内の老廃物や余分な水分を体外に排出する働きがあり、むくみ防止に繋がります。 食物繊維は余分な糖や脂肪が体内に吸収されるのを抑えてくれる働きがあります。 さらに、ハトムギ茶にはアミノ酸も多く含まれています。 アミノ酸の中には新陳代謝を促進する働きがあり、ダイエットに効果的な飲み物です。 ダイエットで運動をしているときの水分補給としてもおすすめですし、 普段から外食などが多く脂肪分や糖質などが気になっている人でも手軽に飲むことができます。 便秘の予防・改善に効く 便秘の症状は女性だけでなく、赤ちゃんや子ども、男性も抱える悩みです。 便秘の原因として考えられるのは、水分が足りていない、食物繊維が不足している、腸の動きが弱い、 運動していない、過度の緊張を感じている、慢性的に便を我慢しているなどの理由が挙げられます。 普段の食事や運動、睡眠などをしっかりととることが一番の改善方法ですが、 ハトムギ茶でも手軽に改善することは可能です。 ハトムギ茶には食物繊維が含まれています。 ハトムギ茶を飲むことで水分不足と食物繊維不足を補うことができます。 またハトムギ茶の香ばしい香りが好きな人にとっては、リラックスタイムとなるでしょう。 動脈硬化の予防 ハトムギ茶には、ビタミン B2も含まれており、水溶性でリボフラビンという化合物です。 ビタミン B2は落花生やレバー、牛乳、卵、緑黄色野菜などに多く含まれており、熱に強く、 光に弱いのが特徴です。 ビタミン B2は生活習慣病の原因となる過酸化脂質を分解し、動脈硬化を予防する働きがあります。 また、糖質や脂質、アミノ酸の代謝にもかかわっています。 脂質代謝とのかかわりが深いビタミン B2は、疲労時などの回復にも役立ち、医薬品としても活用されています。 軽度の子宮がんの病変に効果的 子宮がん検診で軽度病変の疑いや軽度病変であると診断され不安になることがあります。 癌ではなくイボのような状態と診断されることもあり、心配になりますよね。 健康管理とは別に積極的な治療方法として、ヨクイニンを進める病院もあります。 医療の現場では軽度の病変が正常になったという報告もありますが、まだ効果には個人差があるようです。 しかし、副作用なども心配のない漢方薬なので、おすすめされるようです。 またカリウムもはいっているので利水作用があり、肝臓や腎臓を助ける働きがあるのです。 良くないものを体外に出してくれるので、体内の水分量を保ちつつ、調整してくれます。 むくみはとれ、肌の保湿や免疫はそのまま保ってくれるのです。 また、不要な水分を外に出すのでカサカサになる気がするのですが、 逆の報告もあり、アトピー性皮膚炎に効果的という内容もあります。 ハトムギ化粧水で美肌効果アップ ハトムギ茶を飲むことで体内から美肌効果が期待できますが、 化粧水としてスキンケアをする方法も注目されています。 『ハトムギ化粧水』という商品も肌ラボやナチュリエ、アルビオンなど数社の会社から販売されています。 市販のハトムギ化粧水を利用している人も多いのですが、中には自分で化粧水を作っているという人もいます。 <化粧水の作り方> 小鍋に 200㏄の水(または日本酒)とハトムギ茶のティーバッグを1ついれて、 1時間つけておきます。 その後弱火で加熱し、水分量が半分になるくらいまで煮詰め、清潔な瓶にいれます。 その後精製水 100mlとグリセリン 50mlをいれて完成です。 ハトムギの力を、まずは安い値段で試してみたいというときには、手作りのハトムギ化粧水がおすすめです。 ハトムギ茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫? 妊娠中や授乳中などホルモンバランスが不安定なためか、肌荒れや便秘などをよく起こすようになります。 そのため、ハトムギ茶の力を借りたいところですが、カフェインは入っているのでしょうか。 ハトムギ茶のほとんどはノンカフェインで、カフェインが0のものがほとんどです。 市販のものであれば、カフェイン0などの表示があるものもあるので、念のため確認しておきましょう。 「ハトムギ茶 妊娠中」と検索すると、流産という言葉が出てきて驚きます。 以前、爽健美茶や十六茶を飲むと流産しやすいという情報が流れていました。 確かにハトムギには、子宮筋腫や子宮内膜症などの治療として漢方薬が出されており、 子宮収縮の作用があるのですが、流産を引き起こすほどではありません。 日本医療学会誌にも、妊娠中に市販のハトムギ茶を摂取して流産や早産になる証拠はないと断言されています。 また産後にもハトムギ茶の摂取を禁じる根拠もないとしています。 ただし、病院で処方されるヨクイニンの内服においては、医師の管理のもと飲むようにしましょう。 妊婦さんは飲まない方が良い場合もあり、産婦人科医に相談してください。 小麦などの麦類に感染するイネ科の麦角菌アルカロイド汚染を食べると、流産や早産の危険性があります。 ハトムギは直接の関係はありませんが、アルカロイドについての知識はあるとよいですね。 アルカロイドが起こす危険性としては、手足が燃えるような感覚になる、血管収縮を引き起こし、 手足が壊死になることがある、痙攣や意識不明になることがある、そして流産の危険性があるとされています。 カフェインも入っていませんし。 妊婦さんのホルモンバランスが崩れた体に嬉しい効果もたくさんあるので、 進んで飲んでみてくださいね。 ハトムギ茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方 ハトムギ茶の美味しい入れ方や、効能を引き出すことができる作り方をご紹介します。 濃いめに出す ハトムギ茶の成分をしっかりと水に出すために、濃いめに出すことがポイントです。 水 200mlに対して、ティーバッグ 1つをやかんに入れて煮だします。 時間は 5分ほどがおすすめで、表示されている記載より少し長めがよいでしょう。 濃いハトムギ茶は、独特な風味も増し、より香ばしくなります。 そのため、濃いのが良いとされていても、自分が飲みやすい時間をみつけて煮だしてみてください。 さらに香ばしいハトムギ茶を飲みたいとき ハトムギ茶が好きなポイントのひとつは、あの香ばしさです。 もっと香ばしいハトムギ茶を飲みたいというのであれば、ティーバッグから一度ハトムギを取り出し、 フライパンにいれ乾煎りします。 その後、急須などをつかってハトムギ茶を煮だしてみましょう。 そのままよりも、もっと香ばしいハトムギ茶を味わうことができます。 おすすめの飲み方 冬やホット、夏はアイスと時期に合わせて飲みやすい温度で飲むことができます。 飲むタイミングは、食前がおすすめです。 漢方の際にも食前に飲むようにすすめられます。 それは、食前に飲んでおくことで、その後の食事の栄養成分が吸収しやすくなり、 胃腸の調子もよくなるのです。 イボや肌荒れに効果が出てくるのには個人差がありますが、早い人では 2週間後頃から、 様子の変化に気づくかもしれません。 しかし、肌は 1~ 2ヶ月ほどで入れ替わっていくので、その期間を目途に飲み続けてみてください。 ハトムギ茶は楽天や amazonで買える?おすすめ5選 ハトムギ茶は、スーパーでも購入することができますが、ネット通販でも様々な種類が販売されています。 ペットボトルなど大量に購入する場合には、持ち運びも大変ですので、ネットをつかって、 手間なく購入するとよいですね。 市販のハトムギ茶でおすすめのものをご紹介します。 高千穂漢方研究所発芽はとむぎ茶(業務用) インターネットでランキング上位のハトムギ茶です。 業務用なので、たっぷり入っていてコストパフォーマンスも良く人気です。 兵庫県で製造されており、国産のハトムギ茶を利用しています。 6gのティーバッグが 88個入っています。 実際に飲んでみた人の中には、 1ヶ月で水いぼが消えた、子どもも美味しく飲める、少し甘味がある、 冷やしても沸かしても美味しいなど良い評価が多いハトムギ茶です。 詳しくは からどうぞ。 ゼンヤクノー鳥取のはとむぎ茶 鳥取県産のはとむぎを使用しており、昭和 22年から始めた工場が出している安心できるお茶です。 ティーバッグが 24袋入っているのですが、 6袋ずつ梱包されており、保管がしっかりとできます。 実際に飲んだ人の意見としては、数か月飲んだら首のイボほくろが取れてなくなった、安価で美味しい、 小分けにされているのがよい、味にクセがないなどの意見がありました。 詳しくは からどうぞ。 お茶の丸幸 国産はとむぎ茶 水出し、煮だしができるハトムギ茶のティーバッグタイプで、東京の丸幸が販売しています。 お茶屋さんが出しているお茶なので品質も高く、利尿作用が高いと評判です。 味も美味しく、香りも人気で、暑い夏などにはがぶ飲みしているという人もいました。 ティーバッグが 24袋入っており、 400円前後なので、お財布にも優しいハトムギ茶です。 詳しくは からどうぞ。 伊藤園 伝承の健康茶 はとむぎ茶 ペットボトルタイプのはとむぎ茶は、小さなお店やさんではあまり見かけないかもしれません。 伊藤園からハトムギ茶のペットボトルタイプが販売されています。 カフェインゼロで、ビタミン Cが 1本 280mlあたり 30㎎含まれています。 日本赤十字社支援商品で、売り上げの一部が防災や減災の活動に使われるので、 募金をしているような感覚で飲むことができますね。 大豆イソフラボンも 15㎎含まれており、健康を意識したハトムギ茶です。 詳しくは からどうぞ。 JAはくい能登のはとむぎ茶ペットボトル JAからもハトムギ茶のペットボトルが販売されています。 ブレンド茶のペットボトルは多く存在しているのですが、ハトムギのみのお茶は種類が少ないようです。 能登のはとむぎ茶は、 500mlタイプのペットボトルです。 ノンカフェインで、能登のはとむぎを使って作られています。 香ばしくておいしく、マグカップなどに移して温めて飲んでも美味しく味わえます。 詳しくは からどうぞ。 まとめ 美容や健康に良いハトムギ茶は、国産のものも多く、妊婦さんやお子様でも安心して飲むことができます。 イボや肌荒れ、便秘やダイエット効果も期待でき、これからさらに注目されそうですね。 はとむぎ茶の香ばしさや独特な風味、すっきりとした味わいが好きな人が多いので、 自宅での普段のみようとして麦茶とブレンドしても良いですし、ハトムギ茶のみで飲んでみると、 家族みんなが健康的になっていくのでおすすめです。 ぜひ飲んでみてくださいね。 カテゴリー: 投稿者:.

次の

【ダイエット茶 ランキング】おすすめ&最強なのはどれ?実際に飲んだものだけ口コミ★

ダイエット茶 ランキング

リバウンドしにくい• 脂肪がたまりにくい• ストレスを軽減できる リバウンドしにくい 痩せるお茶はファスティングや置き換えダイエットと違って体重を急激に落とさないのでリバウンドしにくいです。 せっかくダイエットに成功してもキープできなければ意味がないですからね。 なので、昨今トクホ茶のブームを背景にお茶を使った無理のないダイエットを実践する方が増えています。 脂肪がたまりにくい お茶には脂肪の吸収を抑えるカテキンが配合されているので、ダイエット中の方でも肉類などのたんぱく質をとりやすいです。 また、血糖値の上昇を緩やかにする働きを持ち、糖尿病など生活習慣病の予防に最適なんです。 ストレスを軽減できる 痩せるために食事制限すると嫌でもストレスが溜まってしまいますよね。 ですが、ストレスを感じるとコルチゾールという血糖値を上げるホルモンが増えてしまい脂肪がたまりやすくなります。 その点、お茶にはストレスを緩和するアミノ酸、テアニンが入っているので、リラックス効果が期待できます。 痩せるお茶は大きく分けて3つある 現在、市販で販売されるペットボトルや急須で茶葉から入れるお茶を含めてダイエット効果のあるお茶はたくさん販売されています。 その数は膨大でAmazonで『痩せるお茶』あるいは『ダイエット茶』で検索すると実に数百から数千件ヒットします。 選択肢が多すぎてどれを選べばいいのか分からなくなってしまいますが、痩せるお茶は大きく3つに分けることが可能です。 痩せるお茶の種類• 一種類の茶葉を使ったお茶• 茶葉を混ぜ合わせたブレンド茶• 便通を改善する便秘茶 一種類の茶葉を使ったお茶 緑茶、烏龍茶、プーアル茶など一種類の茶葉を使ったお茶が挙げられます。 何も混ぜていない王道のお茶ですね。 単一の茶葉を使ったお茶でも種類によって特色が分かれます。 茶葉を混ぜ合わせたブレンド茶 ダイエットに有効な茶葉をブレンドしたお茶です。 ダイエット効果の高い烏龍茶、プーアル茶などがブレンドされています。 ブレンド茶のメリットは様々なお茶の良いとこどりができるところでしょう。 また、味が調整されており飲みやすさも魅力ですね。 便通を改善する便秘茶 下剤作用を持つキャンドルブッシュやカッシア・アラタを含むお茶ですね。 便秘の症状にあわせてお茶の濃度を調整します。 お薬と違って作用は緩やかですが、お腹が弱い人だと腹痛や下痢などを起こすケースがあり注意が必要です。 痩せるお茶の選び方は3つ• 重合カテキンと没食子酸が豊富に入っているお茶を選ぶ• カフェインが少ないお茶を選ぶ• コスパが良く続けやすいお茶を選ぶ 重合カテキンと没食子酸が豊富に入っているお茶を選ぶ 烏龍茶やプーアール茶に配合されている「重合カテキン」「没食子酸」はカテキンよりも強力なダイエット効果が期待できます。 というのも、 重合カテキンと没食子酸は、カテキンが持つ脂肪や糖分の分解、排出に加えて、脂肪やコレステロールの吸収を抑える働きを持っているからです。 重合ポリフェノールの効果を示す例としてサントリーの試験結果がわかりやすいです。 サントリーの調査では、重合ポリフェノールを摂取すると『中性脂肪の減少』『脂肪の排出を増加』させることがエビデンスで証明されています。 国産黒番茶の特徴とおすすめポイント• 緑茶発祥の地、宇治田原にある製茶場が開発した本格派のダイエット茶• 脂肪の吸収を抑える「重合カテキン」「没食子酸」を豊富に配合• カフェイン含有量が少ない• 脂っこい食事が好きな人に最適• 通常価格2,500円のところ初回990円• 3回の継続条件あり 国産黒番茶は番茶の香ばしい味がするので日本茶が好きな方におすすめです。 脂っこいお肉料理とよく合い、飲むと口の中がすっきりしました。 肝心のダイエット効果ですが、糖質制限しながら1ヵ月飲んだところ、2. 5キロのダイエットに成功しました。 普通にチョコレートやアイスをおやつで食べていたのですが、少しずつ体重が落ちていきましたね。 累計販売数217万袋突破した国産プーアール茶• ポリフェノールが中国産プーアール茶の1. 7倍も含み、高いダイエット効果が期待できる• 「静岡県知事賞・最優秀賞」をはじめ数々の賞を受賞• 通常価格1,500円のところ初回980円• 試しやすいお試しトライアルが用意されている 茶流痩々は中国茶独特のクセがまったくなく、美味しく継続できました。 「プーアール茶は苦手」という方に、ぜひ試してほしいですね。 ダイエット記録を振り返ると結構食べていたのですが、1ヶ月で1. 6キロの減量に成功しました。 定期コースは3回のシバリが付いているので、最初はお試しトライアルから始めて感触が良ければ続けてみる感じでいいと思います。 下級茶と呼ばれるだけあって価格や安く気軽に飲めるのがメリットですね。 収穫時期が遅いので、陽をたっぷり浴びてカテキン含有量が多いのが特徴ですが、カフェインが少なくさっぱりしていて飲みやすいです。 また、番茶にはポリサッカライドという食物繊維が豊富に含まれています。 ポリサッカライドは血糖値の上昇を抑える効果があり糖尿病予防に最適です。 烏龍茶 烏龍茶は中国茶の一種で半発酵茶の総称です。 烏龍茶に含まれる「重合カテキン」は脂肪の吸収を抑える効果があります。 プーアール茶 プーアール茶は2回発酵させる「後発酵茶」です。 発酵の過程で「重合カテキン」と「没食子酸」を生成します。 「重合カテキン」と「没食子酸」はポリフェノールの一種で脂肪やコレステロールの吸収を抑える働きを持ちます。 また、脂肪を分解する消化酵素リパーゼを含んでおり脂肪の分解に効果を発揮します。 杜仲茶 杜仲茶は脂肪を燃焼させる「アスペルロシド」を含み、飲むと1時間のウォーキング効果があると言われています。 また、肝機能の向上や血圧を下げる効果も期待できます。 ルイボスティー 南アフリカで生育した植物ルイボスを使用したお茶です。 海外では薬として飲まれており、ノンカフェイン、ノンカロリーなので安心して飲めるのもメリットですね。 ルイボスティーの最大の特徴はポリフェノールの一種であるフラボノイドが配合されているところ。 フラボノイドは、• 活性酵素を除去して老化を防ぐ効果• 代謝を向上させる効果• 冷え性の予防• むくみ改善 などの効果が期待できます。 痩せるお茶の飲み方、飲むタイミングは? こまめに飲む ダイエット茶は普段飲んでいる水やジュース、コーヒーの代わりに飲むのが基本的な飲み方となります。 こまめに分けて1日800mlから1リットル程度を目安に飲むようにしましょう。 飲むタイミングは? 朝起きた後 お茶にはカフェインが入っているので、朝に飲むと覚せい作用で頭がスッキリします。 また、ビタミンCが入っているので風邪予防に最適です。 食事中、食事の前後 痩せるお茶に含まれるカテキンは脂肪や糖分を分解、排出する作用を持ちます。 したがって、食事中や食事の前後に飲むと効果的です。 運動前 お茶に含まれるカフェインには脳を覚醒させてアドレナリンを分泌する作用があります。 そして、アドレナリンは体脂肪を分解し脂肪を燃焼させる働きがあります。 脂肪の燃焼は運動後15分くらいで活発になるので、運動する30分くらい前にお茶を飲むのがおすすめです。

次の

ダイエット茶ランキング!痩せるお茶で40代ダイエットが成功しやすい理由

ダイエット茶 ランキング

日本では市販されているお店も多いのですが、普段はあまり飲む機会もないハトムギ茶。 爽健美茶だけでなく、ハトムギそのものが使用されているお茶もありますよ。 日本には様々な種類のお茶がありますが、ハトムギ茶は様々な良い効能があり注目を浴びています。 効果的な飲み方やどれくらい飲み続けると効果が期待できるのかなども気になるところです。 普段から飲むお茶のひとつとしておすすめしたく、今回はハトムギ茶について詳しくご紹介します。 「そもそもハトムギ茶って何?麦茶とは違う飲み物なの?」 「ハトムギ茶にはどんな効果や効能が期待できるの?」 「市販のハトムギ茶で、飲みやすいおすすめの商品が知りたい!」 など、ハトムギ茶について疑問などが多く聞こえてきそうです。 ハトムギ茶には、美容や健康に良いだけでなく、スキンケアとしても活用されています。 ハトムギ茶に秘められたたくさんの効能を知ると、毎日飲みたい!と思えるかもしれません。 またカフェインが苦手な人や妊娠中の方が飲むことができるのか、おすすめの市販のハトムギ茶など、 様々な疑問にお答えしていきます! 健康や美容のために普段の飲み物から変えていきたい人、ダイエットを始めた人、 コストパフォーマンスがよく身体の内側からきれいになりたいと望む人などの参考になれば嬉しいです。 ハトムギ茶とは まずは、知っているようであまり知られていないハトムギ茶について詳しくみていきましょう。 ハトムギとは? ハトムギとは漢字で鳩麦と書き、イネ科ジュズダマ属の穀物です。 ジュズダマとは水辺に生育する植物で栽培によって生まれた変種の植物です。 アジアでは、ハトムギが主食として食べられている地域もあります。 シリアルに入っていることもありますね。 また、ハトムギに含まれているヨクイニンという成分は生薬としても利用されています。 原産地はインドやインドシナ半島が主であり、古くから栽培されている作物です。 ハトムギには炭水化物やたんぱく質以外にも、ビタミンや葉酸、鉄や亜鉛・マグネシウムなどのミネラルなどが 含まれており、 100g当たり 360Kcalのエネルギーがあります。 麦茶とは違う? 麦茶は麦を原料としたお茶で、主に「六条大麦」という麦を利用しています。 そのため、どちらも同じイネ科ですが、ハトムギとは別物と考えて良いでしょう。 ハトムギは麦に近いというより、とうもろこしに近い種別です。 収穫時期は、六条大麦は 5~ 6月で、ハトムギは 9~ 10月に主に収穫されています。 日本での産地は、栃木県や富山県、岩手県や島根県で主に作られています。 農作物が不作になる環境や時期でも収穫ができるとう強い植物で、救荒作物とも呼ばれています。 ヨクイニンの原料 ヨクイニン(薏苡仁)という漢方薬があるのですが、その原材料となるのがハトムギです。 ヨクイニンはハトムギの皮の部分を取り除いて残った種の部分の事です。 ヨクイニンは一般的に「肌トラブル」に使われている生薬製剤です。 肌が荒れている人、いぼが気になる人向けに販売されていますが、他にも消炎作用や身体の水分バランスを 整える役割などもあります。 後ほど、ハトムギ茶の効果や効能で詳しくご説明していきます。 十六茶や爽健美茶などのブレンド茶を飲んだことはあっても、ハトムギ茶そのものを飲んだことがある人は、 意外に少ないのかもしれません。 ハトムギ茶の味を実際に飲んだことがある人で、美味しい意見とまずいと感じた人の意見に分けて、 ご紹介していきます。 ハトムギ茶が美味しいと感じている人の意見 ・あっさりとした飲み口の中に香ばしさがあり美味しい。 ・ホットで飲むと身体も温まる。 ・麦茶よりもハトムギ茶のほうが香ばしくふんわり甘味を感じる。 ・苦みや渋みがないので、夏場にがぶがぶ飲んでも美味しい! などの意見がありました。 麦茶よりも少し香ばしく、やかんなどで煮だして飲むと美味しいという意見が多くありました。 ハトムギ茶がまずいと感じている人の意見 ・麦茶が苦手で、ハトムギ茶を飲んでみたけどもっと苦手な味だった。 ・ほのかに甘味があるけど、独特のえぐみを感じる。 などの意見がありました。 健康茶などのブレンドされたお茶が苦手な人、麦茶が苦手な人にとっては、 独特の香りや味、香ばしさが苦手で美味しくないという意見が目立ちました・ 全体的な意見としては、苦手と感じる人より好きだという意見が多くありました。 ハトムギ茶の7つの効果と効能~ダイエットや便秘改善効果はどう? ハトムギ茶に秘められた体によいとされる効果について細かくご説明していきます。 イボや肌荒れの改善 先ほど、ヨクイニンの漢方薬についてお話したのですが、どうしてイボなどが改善されるのかについて、 詳しくみていきましょう。 漢方の考え方では、肌が汚れやメイク、雑菌などが原因でつまり、 水や熱が正常に排出されないことでイボなどができるとされています。 肌の中に水分量が多すぎるとじゅくじゅくしてしまい、少なすぎると乾燥してしまいます。 これが原因となり、肌の乾燥やかゆみ、肌荒れなどが起きてしまうのです。 ヨクイニンは体内の水分量を整える働きがあるので、肌トラブルに良いとされているのです。 ダイエット効果が期待できる ハトムギ茶にはカリウムや食物繊維が含まれています。 カリウムは体内の老廃物や余分な水分を体外に排出する働きがあり、むくみ防止に繋がります。 食物繊維は余分な糖や脂肪が体内に吸収されるのを抑えてくれる働きがあります。 さらに、ハトムギ茶にはアミノ酸も多く含まれています。 アミノ酸の中には新陳代謝を促進する働きがあり、ダイエットに効果的な飲み物です。 ダイエットで運動をしているときの水分補給としてもおすすめですし、 普段から外食などが多く脂肪分や糖質などが気になっている人でも手軽に飲むことができます。 便秘の予防・改善に効く 便秘の症状は女性だけでなく、赤ちゃんや子ども、男性も抱える悩みです。 便秘の原因として考えられるのは、水分が足りていない、食物繊維が不足している、腸の動きが弱い、 運動していない、過度の緊張を感じている、慢性的に便を我慢しているなどの理由が挙げられます。 普段の食事や運動、睡眠などをしっかりととることが一番の改善方法ですが、 ハトムギ茶でも手軽に改善することは可能です。 ハトムギ茶には食物繊維が含まれています。 ハトムギ茶を飲むことで水分不足と食物繊維不足を補うことができます。 またハトムギ茶の香ばしい香りが好きな人にとっては、リラックスタイムとなるでしょう。 動脈硬化の予防 ハトムギ茶には、ビタミン B2も含まれており、水溶性でリボフラビンという化合物です。 ビタミン B2は落花生やレバー、牛乳、卵、緑黄色野菜などに多く含まれており、熱に強く、 光に弱いのが特徴です。 ビタミン B2は生活習慣病の原因となる過酸化脂質を分解し、動脈硬化を予防する働きがあります。 また、糖質や脂質、アミノ酸の代謝にもかかわっています。 脂質代謝とのかかわりが深いビタミン B2は、疲労時などの回復にも役立ち、医薬品としても活用されています。 軽度の子宮がんの病変に効果的 子宮がん検診で軽度病変の疑いや軽度病変であると診断され不安になることがあります。 癌ではなくイボのような状態と診断されることもあり、心配になりますよね。 健康管理とは別に積極的な治療方法として、ヨクイニンを進める病院もあります。 医療の現場では軽度の病変が正常になったという報告もありますが、まだ効果には個人差があるようです。 しかし、副作用なども心配のない漢方薬なので、おすすめされるようです。 またカリウムもはいっているので利水作用があり、肝臓や腎臓を助ける働きがあるのです。 良くないものを体外に出してくれるので、体内の水分量を保ちつつ、調整してくれます。 むくみはとれ、肌の保湿や免疫はそのまま保ってくれるのです。 また、不要な水分を外に出すのでカサカサになる気がするのですが、 逆の報告もあり、アトピー性皮膚炎に効果的という内容もあります。 ハトムギ化粧水で美肌効果アップ ハトムギ茶を飲むことで体内から美肌効果が期待できますが、 化粧水としてスキンケアをする方法も注目されています。 『ハトムギ化粧水』という商品も肌ラボやナチュリエ、アルビオンなど数社の会社から販売されています。 市販のハトムギ化粧水を利用している人も多いのですが、中には自分で化粧水を作っているという人もいます。 <化粧水の作り方> 小鍋に 200㏄の水(または日本酒)とハトムギ茶のティーバッグを1ついれて、 1時間つけておきます。 その後弱火で加熱し、水分量が半分になるくらいまで煮詰め、清潔な瓶にいれます。 その後精製水 100mlとグリセリン 50mlをいれて完成です。 ハトムギの力を、まずは安い値段で試してみたいというときには、手作りのハトムギ化粧水がおすすめです。 ハトムギ茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦は飲んでも大丈夫? 妊娠中や授乳中などホルモンバランスが不安定なためか、肌荒れや便秘などをよく起こすようになります。 そのため、ハトムギ茶の力を借りたいところですが、カフェインは入っているのでしょうか。 ハトムギ茶のほとんどはノンカフェインで、カフェインが0のものがほとんどです。 市販のものであれば、カフェイン0などの表示があるものもあるので、念のため確認しておきましょう。 「ハトムギ茶 妊娠中」と検索すると、流産という言葉が出てきて驚きます。 以前、爽健美茶や十六茶を飲むと流産しやすいという情報が流れていました。 確かにハトムギには、子宮筋腫や子宮内膜症などの治療として漢方薬が出されており、 子宮収縮の作用があるのですが、流産を引き起こすほどではありません。 日本医療学会誌にも、妊娠中に市販のハトムギ茶を摂取して流産や早産になる証拠はないと断言されています。 また産後にもハトムギ茶の摂取を禁じる根拠もないとしています。 ただし、病院で処方されるヨクイニンの内服においては、医師の管理のもと飲むようにしましょう。 妊婦さんは飲まない方が良い場合もあり、産婦人科医に相談してください。 小麦などの麦類に感染するイネ科の麦角菌アルカロイド汚染を食べると、流産や早産の危険性があります。 ハトムギは直接の関係はありませんが、アルカロイドについての知識はあるとよいですね。 アルカロイドが起こす危険性としては、手足が燃えるような感覚になる、血管収縮を引き起こし、 手足が壊死になることがある、痙攣や意識不明になることがある、そして流産の危険性があるとされています。 カフェインも入っていませんし。 妊婦さんのホルモンバランスが崩れた体に嬉しい効果もたくさんあるので、 進んで飲んでみてくださいね。 ハトムギ茶のいれ方、作り方とおすすめの飲み方 ハトムギ茶の美味しい入れ方や、効能を引き出すことができる作り方をご紹介します。 濃いめに出す ハトムギ茶の成分をしっかりと水に出すために、濃いめに出すことがポイントです。 水 200mlに対して、ティーバッグ 1つをやかんに入れて煮だします。 時間は 5分ほどがおすすめで、表示されている記載より少し長めがよいでしょう。 濃いハトムギ茶は、独特な風味も増し、より香ばしくなります。 そのため、濃いのが良いとされていても、自分が飲みやすい時間をみつけて煮だしてみてください。 さらに香ばしいハトムギ茶を飲みたいとき ハトムギ茶が好きなポイントのひとつは、あの香ばしさです。 もっと香ばしいハトムギ茶を飲みたいというのであれば、ティーバッグから一度ハトムギを取り出し、 フライパンにいれ乾煎りします。 その後、急須などをつかってハトムギ茶を煮だしてみましょう。 そのままよりも、もっと香ばしいハトムギ茶を味わうことができます。 おすすめの飲み方 冬やホット、夏はアイスと時期に合わせて飲みやすい温度で飲むことができます。 飲むタイミングは、食前がおすすめです。 漢方の際にも食前に飲むようにすすめられます。 それは、食前に飲んでおくことで、その後の食事の栄養成分が吸収しやすくなり、 胃腸の調子もよくなるのです。 イボや肌荒れに効果が出てくるのには個人差がありますが、早い人では 2週間後頃から、 様子の変化に気づくかもしれません。 しかし、肌は 1~ 2ヶ月ほどで入れ替わっていくので、その期間を目途に飲み続けてみてください。 ハトムギ茶は楽天や amazonで買える?おすすめ5選 ハトムギ茶は、スーパーでも購入することができますが、ネット通販でも様々な種類が販売されています。 ペットボトルなど大量に購入する場合には、持ち運びも大変ですので、ネットをつかって、 手間なく購入するとよいですね。 市販のハトムギ茶でおすすめのものをご紹介します。 高千穂漢方研究所発芽はとむぎ茶(業務用) インターネットでランキング上位のハトムギ茶です。 業務用なので、たっぷり入っていてコストパフォーマンスも良く人気です。 兵庫県で製造されており、国産のハトムギ茶を利用しています。 6gのティーバッグが 88個入っています。 実際に飲んでみた人の中には、 1ヶ月で水いぼが消えた、子どもも美味しく飲める、少し甘味がある、 冷やしても沸かしても美味しいなど良い評価が多いハトムギ茶です。 詳しくは からどうぞ。 ゼンヤクノー鳥取のはとむぎ茶 鳥取県産のはとむぎを使用しており、昭和 22年から始めた工場が出している安心できるお茶です。 ティーバッグが 24袋入っているのですが、 6袋ずつ梱包されており、保管がしっかりとできます。 実際に飲んだ人の意見としては、数か月飲んだら首のイボほくろが取れてなくなった、安価で美味しい、 小分けにされているのがよい、味にクセがないなどの意見がありました。 詳しくは からどうぞ。 お茶の丸幸 国産はとむぎ茶 水出し、煮だしができるハトムギ茶のティーバッグタイプで、東京の丸幸が販売しています。 お茶屋さんが出しているお茶なので品質も高く、利尿作用が高いと評判です。 味も美味しく、香りも人気で、暑い夏などにはがぶ飲みしているという人もいました。 ティーバッグが 24袋入っており、 400円前後なので、お財布にも優しいハトムギ茶です。 詳しくは からどうぞ。 伊藤園 伝承の健康茶 はとむぎ茶 ペットボトルタイプのはとむぎ茶は、小さなお店やさんではあまり見かけないかもしれません。 伊藤園からハトムギ茶のペットボトルタイプが販売されています。 カフェインゼロで、ビタミン Cが 1本 280mlあたり 30㎎含まれています。 日本赤十字社支援商品で、売り上げの一部が防災や減災の活動に使われるので、 募金をしているような感覚で飲むことができますね。 大豆イソフラボンも 15㎎含まれており、健康を意識したハトムギ茶です。 詳しくは からどうぞ。 JAはくい能登のはとむぎ茶ペットボトル JAからもハトムギ茶のペットボトルが販売されています。 ブレンド茶のペットボトルは多く存在しているのですが、ハトムギのみのお茶は種類が少ないようです。 能登のはとむぎ茶は、 500mlタイプのペットボトルです。 ノンカフェインで、能登のはとむぎを使って作られています。 香ばしくておいしく、マグカップなどに移して温めて飲んでも美味しく味わえます。 詳しくは からどうぞ。 まとめ 美容や健康に良いハトムギ茶は、国産のものも多く、妊婦さんやお子様でも安心して飲むことができます。 イボや肌荒れ、便秘やダイエット効果も期待でき、これからさらに注目されそうですね。 はとむぎ茶の香ばしさや独特な風味、すっきりとした味わいが好きな人が多いので、 自宅での普段のみようとして麦茶とブレンドしても良いですし、ハトムギ茶のみで飲んでみると、 家族みんなが健康的になっていくのでおすすめです。 ぜひ飲んでみてくださいね。 カテゴリー: 投稿者:.

次の