シダレヤナギ。 ヤナギ|育て方のポイントと特徴

シダレヤナギ花実葉散歩

シダレヤナギ

柳の木の育て方のポイントは? 日当たりがよく、湿り気のある土に植え付けることが育てるポイントです。 柳は乾燥が苦手なので、水もちのよい粘土質の土に植え付けるようにしましょう。 それ以外は、生命力旺盛で、寒さにも暑さにも強いので育てやすいですよ。 柳の木の苗植えの時期と方法は? 柳は種まきから育てると大きくなるまでに長い時間がかかることから、苗から育てていくのが一般的です。 11~4月に鉢か地面に植え付けていきます。 最終的には10mを超えるほど大きくなるので、大きくなってきたら鉢植えは地植えに切り替えるとよいですよ。 鉢植え 苗よりも1回り大きな、深さのある鉢に植え付けていきます。 土質は選ばないので、赤玉土(中粒)単体か、そこへ2割ほど腐葉土や堆肥を混ぜて水もちをよくしたものを使うとよいですよ。 日当たりのよい屋外で管理していきましょう。 地植え 日当たりのよい粘土質の土地に植え付けていきます。 生長が早く、根が広がりやすいので、他の樹木とは距離をとり、広いスペースに植えると安心です。 苗よりも1回り以上大きな植え穴を掘り、植え終わった後はたっぷりと水を与えてください。 柳の木の水やり、肥料の与え方は? 水やり 乾燥を嫌うので、水切れを起こさないよう注意します。 鉢植えは、土の表面が白っぽく乾いてきたらたっぷりと水を与えます。 受け皿に溜まった水は捨てるようにしてください。 地植えは、根がはってしまえば降雨だけで十分育ちます。 肥料の与え方 生育旺盛なので、たくさんの肥料は必要ありません。 鉢植えは、花が咲き終わった4月と6月上旬に窒素分の多い緩効性化成肥料を株元に施します。 地植えは、弱っているようであれば鉢植えと同じ肥料を与えるくらいで大丈夫です。 柳の木の剪定の時期と方法は? 11~4月の間、樹形を整える剪定を行います。 花芽ができる前に剪定しないと、花が咲かなくなってしまうので注意してください。 また、芽吹く力が強いので、多少切りすぎたかなと思うくらい枝を切り落としたほうが、翌年にたくさんの枝を生やしてくれますよ。 混み合っているところや、伸びすぎた枝、からなり合っている枝などを付け根から切り落としてください。 鉢植えは、6月頃にもう1回軽く剪定をすると、樹形がきれいにまとまります。

次の

ヤナギ|育て方のポイントと特徴

シダレヤナギ

【シダレヤナギとは】 ・中国の中南部を原産とするヤナギで、中国や朝鮮半島では墓苑用樹とされる。 日本では全国的に植栽され、一般にヤナギといえば本種を指すことが多い。 ・川辺や御濠沿いなど水辺に植えられることが多いが、乾燥地でも耐えるため、街路樹に使われることもあり、環境適応力は高い。 ・長く垂れ下がる枝は長寿の象徴とされ、元旦には柳の枝で作った箸を使って長寿を祈念する風習があった。 ・あまり話題にならないが、春の芽出し前には画像のとおり、黄色い花を咲かせる。 ・日本には雌の木がないとされる。 【育て方のポイント】 ・代表的な陽樹(=光を好む木)であり、日照が不可欠。 ・病害虫に強い。 ・成長が早く、大きくなるため一般家庭の庭で育てるのは難しい。 ・枝の「しだれ方」は個体によって大きく異なる。 ・根が浅く、強風で倒れやすい。 また、一般的に寿命が短い。 【シダレヤナギの品種】 ・葉が捻じれあがる(コウテンヤナギ)、コシダレ、オオシダレ、コゴメヤナギなどの変種が知られる。

次の

枝垂柳(シダレヤナギ)

シダレヤナギ

特徴 [ ] 落葉性のであり、高木から低木、ごく背が低く、這うものまである。 葉は、まれに。 托葉を持ち、葉柄は短い。 葉身は単葉で線形、披針形、卵形など変化が多い。 雌雄異株で、花は尾状、つまり、小さい花が集まった穂になり、枯れるときには花序全体がぽろりと落ちる。 ただし、外見的には雄花の花序も雌花の花序もさほど変わらない。 雄花は雄しべが数本、雌花は雌しべがあるだけで、花弁はない。 代わりに小さい苞や腺体というものがあり、これらに綿毛を生じて、穂全体が綿毛に包まれたように見えるものが多い。 すべて(ただし属をヤナギ属に含める場合はこの限りではない)。 冬芽は1枚のカバーのような鱗片に包まれ、これがすっぽりと取れたり、片方に割れ目を生じてはずれたりする特徴がある。 これは、本来は2枚の鱗片であったものが融合したものと考えられる。 は蒴果で、種子は小さく柳絮(りゅうじょ)と呼ばれ、綿毛を持っており風に乗って散布される。 なお、中国において5月頃の風物詩となっており、古くから漢詩等によく詠み込まれるだが、日本には目立つほど綿毛を形成しない種が多い。 しかし、日本においても意図的に移入された大陸品種の柳があり、柳絮を飛ばす様子を見ることができる。 特に北海道において移入種のヤナギが多く、柳絮の舞う様が見られる。 主にに生育し、寒帯にもある。 高山やでは、ごく背の低い、地を這うような樹木となる。 日本では水辺に生育する種が多いが、山地に生育するものも少なくない。 表記 [ ] ヤナギの漢字表記には「柳」と「楊」があるが、枝が垂れ下がる種類(シダレヤナギやウンリュウヤナギなど)には「柳」、枝が立ち上がる種類(ネコヤナギやイヌコリヤナギなど)には「楊」の字を当てる。 これらはでも区別されている。 ヤナギの種類 [ ] 日本では、ヤナギといえば、、のが代表的であるが、では幹がくねったウンリュウヤナギや冬芽から顔を出す花穂が銀白色の毛で目立つがよく知られている。 柳の葉といえば一般的にシダレヤナギの細長いものが連想されるが、円形ないし卵円形の葉を持つ種もある。 (アカメヤナギ)がその代表で、野生で普通ににあり、都市部のにも紛れ込んでいる。 実際には、一般の人々が考えるよりヤナギの種類は多く、しかも身近に分布しているものである。 やや自然の残った河原であれば、必ず何等かのヤナギが生育し、山地や高原にも生育する種がある。 それらはネコヤナギやシダレヤナギとは一見とても異なった姿をしており、結構な大木になるものもある。 さらには高山やツンドラでは、地を這うような草より小さいヤナギも存在するが、綿毛状の花穂や綿毛をもつ種子などの特徴は共通している。 ただし、そのは極めて困難である。 日本には30種を軽く越えるヤナギ属の種がある。 これらは全て雌雄異株である。 花が春に咲き、その後で葉が伸びて来るもの、葉と花が同時に生じるもの、展葉後に開花するものがある。 同定のためには雄花の特徴、雌花の特徴、葉の特徴を知る必要がある。 しかも、自然界でも雑種が簡単にできるらしいのである。 主な種 [ ] 主な種を下記に記す• Chosenia arbutifolia• Salix babylonica f. rokkaku ロッカクヤナギ• seiko セイコヤナギ• Salix cardiophylla var. urbaniana Syn. Toisusu urbaniana• Salix divaricata var. metaformosa• Salix dolichostyla ssp. dolichostyla• Salix dolichostyla ssp. serissifolia• Salix dolichostyla ssp. serissifolia f. pendula シダレコゴメヤナギ• Salix fulvopubescens var. doii ウスバヤナギ• Salix fuscescens ssp. poronaica オオヤチマメヤナギ• rufa アカゲオオキツネヤナギ• Salix gracilistyla f. melanostachys クロヤナギ• Salix gracilistyla f. pendula シダレネコヤナギ• Salix gracilistyla f. variegata フイリネコヤナギ• Salix gracilistyla var. graciliglans チョウセンネコヤナギ• - 半常緑高木。 南北アメリカの川沿いに自生。 Salix integra f. albovariegata フイリイヌコリヤナギ• Salix integra f. pendula シダレイヌコリヤナギ• Salix kangensis f. leiocarpa ホウオウヤナギ• Salix matsudana 'Tortuosa' ウンリュウヤナギ• Salix microstachya var. bordensis キヌゲコリヤナギ• Salix miyabeana ssp. gymnolepis カワヤナギ• Salix miyabeana ssp. gymnolepis f. pendula シダレカワヤナギ• - 半常緑。 において伝統的に薬として広く用いられてきた。 Salix myrtilloides var. manshurica ヌマヤナギ• Salix nakamurana f. eriocarpa ケタカネイワヤナギ• Salix nakamurana ssp. kurilensis ヒダカミネヤナギ• Salix nakamurana ssp. yezoalpina エゾノタカネヤナギ• Salix nakamurana ssp. yezoalpina f. neoreticulata イヌマルバヤナギ• Salix nummularia f. hebecarpa キヌゲエゾマメヤナギ• Salix pierotii f. auricomans レンギョウヤナギ• Salix reinii f. eriocarpa キヌゲミヤマヤナギ• Salix reinii f. pendula シダレミネヤナギ• Salix reinii ssp. tontomussirensis シママルバヤナギ• pendula シダレエゾヤナギ• roridiformis コエゾヤナギ• Salix rupifraga f. eriocarpa ケコマイワヤナギ• Salix schwerinii 'Kinuyanagi' キヌヤナギ• lanata オオミネケヤナギ• var. kenoensis チチブヤナギ• Salix sieboldiana var. doiana サツマヤナギ• Salix triandra ssp. nipponica タチヤナギ• Salix vulpina ssp. alopochroa サイコクキツネヤナギ• Salix xerophila f. manshurica ハイイロヤナギ• Salix xerophila var. fuscescens チャイロミネヤナギ• Salix yoshinoi 雑種 [ ]• Salix x algista トウゲヤナギ• Salix x ampherista ハコダテヤナギ• Salix x ampherista nothosubsp. yamatoensis ヤマトヤナギ• Salix x arakiana ナガバノネコヤナギ• Salix x chrysocoma コガネシダレ• Salix x cremnophila ネコシバヤナギ• Salix x eriocataphylla シグレヤナギ• Salix x eriocataphylloides ナスノシグレヤナギ• Salix x euerata カワオノエヤナギ• Salix x gracilistyloides• Salix x hapala イヌカワヤナギ• Salix x hatusimae チクゼンヤナギ• Salix x hayatana リュウゾウジヤナギ• Salix x hiraoana• Salix x hiraoana nothosubsp. tsugaluensis ツガルヤナギ• Salix x hisauchiana フジヤナギ• Salix x ikenoana イケノヤナギ• Salix x iwahisana イワヒサヤナギ• Salix x japopina シバキツネヤナギ• Salix x kamikotica カミコウチヤナギ• Salix x kawamurana ミョウジンヤナギ• Salix x koidzumii トヨハラヤナギ• Salix x koiei コイエヤナギ• Salix x lasiogyne シロシダレヤナギ• Salix x lasiogyne nothosubsp. yuhkii ユウキシダレ• Salix x leucopithecia フリソデヤナギ• Salix x matsumurae オクヤマサルコ• Salix x mictostemon ワケノカワヤナギ• Salix x nasuensis ナスノイワヤナギ• Salix x paramushirensis チシマオノエヤナギ• Salix x pedionoma バッコキヌヤナギ• Salix x pseudopaludicola オオミヤマヤチヤナギ• Salix x sendaica センダイヤナギ• Salix x sendaica nothosubsp. ultima コンゴウバッコヤナギ• Salix x sigemitui フカオヤナギ• Salix x sirakawensis コセキヤナギ• Salix x sugayana スガヤヤナギ• Salix x sumiyosensis• Salix x thaymasta ミヤコヤナギ• Salix x turumatii ヒタチヤナギ• Salix caprea x S. hukaoana ドアイヤナギ• Salix gracilistyla x S. 自然状態のでは、として大規模に生育していることがある。 これは出水時に上流の河川敷から化したものが下流で堆積し、自然のの状態で一斉に生育するためである。 人の利用 [ ] 文化 [ ]• が中国を訪れていた時代には、では旅立つ人に柳の枝を折って手渡し送る習慣があった。 この文化は、漢詩などにも広く詠まれ、の有名な送別詩「元二の安西に使するを送る」においても背景になっている。 「客舎青青 柳色新たなり」の句について、勝部孝三は、「柳」と「留」(どちらも音はリウ)が通じることから、柳の枝を環にしたものを渡すことが、当時中国において、旅人への餞の慣習であったと解説している。 「還」と「環」(どちらも音はホワン)が通じて、また帰ってくることを願う意味が込められているわけである。 柳はとして古くから用いられてきた歴史がある。 日本でも枝が歯痛止めやの材料として用いられた。 19世紀にはのが柳から分離され、より薬効が高いを得る方法が発見されている。 その後も合成された。 現在では、サリシンは体内でサリチル酸にされる ことがわかっている。 また、葉には多量のが含まれている。 植栽木として、川や池の周りに植えられた実績があり、先人が考えた防止対策といえる。 これは柳が湿潤を好み、強靭なしかもよく張った根を持つこと、また倒れて埋没しても再び発芽してくる逞しい生命力に注目したことによる。 に出てくるお堀端の「しだれ柳」の楚々とした風情は、ばなしに、つきものとなった。 古く奈良時代以前から奈伎良(ナギラ)とも呼ばれた。 柳の枝を生糸で編んで作った箱を柳筥 やないばこ と言いでは重要なである。 柳筥にを納めたり、また柳筥にを乗せたりもするもので、奈良時代から皇室や神社で使用され続けている。 土木工事への利用 [ ] で容易に増えることから、などの工、伏工ではヤナギの木杭や止め釘を用い、緑化を進める基礎とすることがある。 脚注 [ ]• 株式会社宮城環境保全研究所. 2016年3月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年2月29日閲覧。 - Salix(2011年9月4日閲覧)• 勝部孝三『桃源詩話』国文社, 1987年11月25日初版, pp. Biotechnology Reports 4. 2014. 神社本庁『神社有職故実』1951年7月15日発行全129頁中24頁 関連項目 [ ] で 「 柳」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキバーシティの• (柳都という別名を持つ)• 外部リンク [ ]• - 「健康食品」の安全性・有効性情報() この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の