厭わない 意味。 「厭わない」の意味は?類義語・対義語を解説 | 言葉手帳

「厭わない」の意味とは?「厭わないで」の使い方や類語も解説

厭わない 意味

「厭わない」の意味とは? 「厭わない」の意味は「嫌がらない」 「厭わない(いとわない)」とは「嫌がらない」「嫌だからと避けたりしない」を意味する言葉です。 「厭う(いとう)」を否定した表現であり、「厭う」は「嫌がる」「きらう」「嫌だからと避けること」を意味します。 「きらう」を意味する「厭う」を否定した表現ではあるものの、単に「好き」を意味するわけではありません。 本来はやりたくないことでも目的のためであれば嫌がらない、といったニュアンスで使用されます。 「厭わない」の読み方は「いとわない」 「厭わない」の読み方は「いとわない」です。 他にも訓読みで「厭(あ)きる」「厭(いや)」などの読み方があり、音読みでは「エン」「オン」「ヨウ」などの読み方があります。 「厭わない」は常用漢字ではない 「厭わない」に使われる「厭」という漢字は常用漢字に当てはまりません。 常用外漢字である「厭わない」は国などが作成する公用文や、ニュースなどでは平仮名で用いられます。 「厭わない」を使った例文• 彼女のためならば罪を犯すことでさえ厭わないのだ• Aさんの力になれるのであれば残業も厭わない• 努力することを厭わないで進み続けた結果だ 「厭わない」の使い方 「厭わないで」「厭わないこと」のように使う 「厭わない」は「厭わないで」「厭わないこと」のように使います。 「厭わないで」は「嫌がらないで」「嫌だからと避けないで」を意味し、「厭わないこと」は「嫌がらないこと」「嫌だからと避けないこと」をそれぞれ意味します。 例文 ・お世話になった先生のためならば犬馬の労を厭わない ・犬馬の労を厭わない覚悟だと言い張った 目上へ使うときは敬語をくわえる 「厭わない」は目上・目下どちらにも使用できます。 「厭わない」自体は敬語表現でないため、目上の相手へは敬語表現をくわえて使用しましょう。 「厭わない」の敬語表現には「厭いません」や「厭わないです」が当てはまりますが、人によっては「厭わないです」に違和感を覚えることもあります。 「厭わない」に限らず「楽しい」「優しい」などの形容詞に「です」を付けることを、昔は誤用としていました。 現代では形容詞に「です」を加える形が認められたため、「厭わないです」も正しい使い方となります。 ただ、上記の理由から違和感を覚える人もいるため、相手によっては「厭いません」を使用しましょう。

次の

「厭わず」の意味・類語【使い方や例文】

厭わない 意味

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新和英中辞典 2• Weblio Email例文集 9• Weblio英語基本例文集 3• 浜島書店 Catch a Wave 6• Eゲイト英和辞典 1• 専門的な情報源• 日本語WordNet 5• Tanaka Corpus 7• PEAR 1• Python 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 18• 官公庁発表資料• 金融庁 15• 財務省 2• 特許庁 126• 経済産業省 5• 厚生労働省 1• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• James Joyce『二人の色男』 1• James Joyce『アラビー』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 2• John Stuart Mill『自由について』 6• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 1• Robert Louis Stevenson『宝島』 2• 電網聖書• 使徒行伝 1• This applies worldwide. Copyright on Japanese Translation C 2004 Ryoichi Nagae 永江良一 本翻訳は、この著作権表示を付すかぎりにおいて、訳者および著者に一切断ることなく、商業利用を含むあらゆる形で自由に利用し複製し配布することを許諾します。 改変を行うことも許諾しますが、その場合は、この著作権表示を付すほか、著作権表示に改変者を付加し改変を行ったことを明示してください。 JEKYLL AND MR. This applies worldwide. Katokt katokt pis. bekkoame. genpaku. (「この版権表示を残す」んだから、「禁無断複製」とかいうのはダメ).

次の

「厭わない」の意味は?類義語・対義語を解説 | 言葉手帳

厭わない 意味

「厭わない」という言葉は日常的に口語として使われる言葉ではありません。 映画やドラマ、マンガなどのセリフで耳にしたことがある人の方が多いでしょう。 ごく稀に、ビジネスの場面などで使われることもありますが、その意味や使い方などをよく理解していないという人も少なくないでしょう。 「厭わない」の意味 「厭わない」という言葉は「厭う」という言葉の否定した表現です。 「厭う」とは「何か行動するのをためらう」「嫌がる」という意味の言葉です。 つまり「厭わない」とは「嫌がらない」「避けない」といった意味の言葉です。 「厭わない」の使い方 「厭わない」はなにか行動を示したり、状態を示す言葉の後に使われる言葉です。 例えば「子供のためならタバコをやめるのも厭わない」「彼を待つためなら雨に濡れるのも厭わない」のように使います。 しばしば「たとえ」という言葉と一緒に使われることもあります。 「たとえ戻れなくても厭わない」のように使われるのが一般的です。 また「退職も厭わない」のように名詞の後に使われることもあります。 「厭わない」の類語・同義語 「厭わない」の「厭」という漢字は日常的にあまり目にする漢字ではありません。 「厭」の部首は「厂」で崖や岩などの状態を表す漢字に使われます。 訓読みでは「厭わない」「厭う」「厭きる」「厭える」のように使われます。 音読みでは「エン、オウ、オン、ユウ、ヨウ」など多くの読み方があります。 四字熟語 「厭」は常用漢字ではありませんが、漢字検定準一級に指定されている漢字です。 非常に多くの意味を持つ漢字で、多くの熟語が存在します。 「畏怖倦厭」は「いふけんえん」と読み、恐れて怖がる様を表した四字熟語です。 「厭離穢土」は「おんりえど」と読む四字熟語で、この世は汚れているものとして捉え、離れることを示しています。 熟語 「厭厭」は「えんえん」と読み、状態や様子が安らかな様を表す熟語です。 「浥厭」は「ゆうゆう」と読み、しっとりとうるおっていて濡れている様を表す言葉です。 使い方によっていろいろな意味を持つことがわかります。 「厭わない」の敬語 「厭わない」という言葉を敬語に直すと「厭いません」「厭わないです」などの表現を使うことができます。 2つとも正しい敬語表現であり、ビジネスの場であっても目上の人に対しても失礼には当たりません。 ですが、言葉の響き的に「厭いません」が多く使われるのが一般的です。 丁寧語 昔は「厭いません」という表現しかありませんでした。 「厭わないです」はのちに生まれた表現ですが、現在では違和感なく使われることが多くなっています。 そもそも「です」をつければどんな言葉でも丁寧な表現になるため、正確には「厭わない」の丁寧語表現は「厭いません」であるという考え方もあります。 「厭わない」の英語表現 日本語でも使うのが難しい「厭わない」という言葉ですが、適した英語は存在するのでしょうか。 英語では「do not mind」という言葉が使われるのが一般的です。 「私は雨に濡れるのも厭わない」という文は「I do not mind being wet with rain」と訳されます。 直訳では「気にしない」「構わない」という意味になります。 ドンマイ 「do not mind」という言葉にはどこか聞き覚えがあるという人もいるでしょう。 「do not mind」を略すると「don't mind」となり「ドントマインド」と読みます。 現在一般によく使われる「ドンマイ」の語源になった言葉です。 「 厭わない」はあまり日常的でない言葉ですが、「ドンマイ」と似た意味だと考えると親近感を感じることもできます。 「厭わない」と「構わない」の違い 私生活であってもビジネスであっても、お金に関して交渉する機会はよくあります。 例えば友人達と集まって飲み会を開くとしましょう。 お店を決めてくれる幹事から会費についての提案があるでしょう。 あなたがその提案に対して承諾をする場合、「厭わない」と「構わない」ではどちらを使うのが良いのでしょうか。 「会費を3,000円にしようと思う」と幹事に提案された場合、「3,000円出すのは厭わない」と答える人はいないでしょう。 この場合「構わない」という言葉を使うのが一般的です。 「厭わない」は固いイメージの言葉なので、友人や家族など気の知れた間柄では使われることは少ないです。 「敢えて」の表現 また敢えて「厭わない」という表現を使うことによって、その場を楽しませる場合もあります。 「オッケー」「大丈夫」などとフランクな返事が飛び交う中で、「厭わない」という言葉を使えば周りとのギャップに注目を集めることは間違いないでしょう。 ビジネス 同じお金に関してのシチュエーションであっても、ビジネスと私生活では大きく異なります。 ビジネスでは予算というものがあり、その中でプロジェクトを進めたり、仕事を実行していくことになります。 ビジネスではお金に関しては実にシビアで、それにより「厭わない」「構わない」という返事にも責任が伴います。 例えば予算の相談をするシチュエーションもあるでしょう。 予算を超えてしまっても成立させたいプロジェクトがある時、「厭わない」と「構わない」ではどちらを使えば良いのでしょうか。 この場合、より成立させたい思いを込めるなら「構わない」より「厭わない」という表現を使う方が良いでしょう。 「厭わない」には「犠牲になっても躊躇しない」といったニュアンスが込められています。 単に成立したいだけでなくリスクを考えた上でも進めたいという気持ちを相手に伝えるためには、「予算を超えることを厭わない」という表現が良いでしょう。 苦労 なにか物事を実行するにあたって、それに伴う労力と得られる結果を天秤にかけることは、人生において何度も訪れるシチュエーションと言えます。 幼少期のテスト勉強や受験勉強、就職活動や出世のための努力など、生まれてから努力や苦労をしていない人など存在しないと言っていいでしょう。 例えば進学したい大学の偏差値に達していなかった時、それでも努力をして勉強したいという思いを伝える場合、「厭わない」と「構わない」ではどちらの表現を使うべきでしょうか。 この場合、「たとえ大きな困難でも厭わない」というように「厭わない」という言葉を使う方が良いでしょう。 「厭わない」でも「構わない」でも相手へ伝えたい気持ちは同じですが、より脇目を振らず取り組みたいという意思を伝えるには「厭わない」という言葉を使うべきでしょう。 得られる結果のためなら苦労など大したものではないという熱意も伝えることができます。 ビジネス 私生活の苦労に対するシチュエーションであれば「厭わない」や「構わない」はどちらも使用することができますが、ビジネスの場面では違います。 ビジネスの場面では「厭わない」を使うべきです。 「構わない」には「些細なことである」というニュアンスが含まれていて、責任のある仕事をする時には避けた方がいいでしょう。 「このプロジェクトのためなら残業することも厭わない」という表現は、プロジェクトに対する熱意と自己を犠牲にしても成功させたいという本気度が伝わってきます。 しかし「残業することも構わない」という表現にすると、残業することへの本気度が少し薄れているように感じてしまいます。 「構わない」には「どちらでもいいが、どちらかといえば実行しても良い」というニュアンスが含まれています。 そのため、ビジネスの場面では「厭わない」を使うようにしましょう。 手段 なにか物事を実行する時、その手段にはいろいろなものがあります。 速さを優先したもの、効果を優先したもの、またリスク回避を優先したものもあります。 数多くある手段の選択肢の中でシチュエーションに最適のものを選ぶことができるスキルは、私生活でもビジネスでも有効な能力であることは間違いありません。 例えば好きな人に告白する場合、対面して伝えたり電話で伝えたりいろいろな手段があります。 その手段が難しいものであり、それでも思いを伝えたい時は、「厭わない」と「構わない」ではどちらの言葉を使うべきでしょうか。 この場合は「厭わない」よりも「構わない」が使われることが一般的でしょう。 「彼女には好きな人がいることがわかっているが構わない」など、「構わない」には結果を得るため邁進する姿勢が感じられます。 「厭わない」という表現は「その思い以外を犠牲にしてもいい」という思いが強すぎる懸念点があります。 現代こそ「厭わない」を使うべき.

次の