趣味部屋 漫画。 漫画本を集めるのが趣味で 部屋が大変なことに・・・

約7000冊、漫画部屋が大活躍

趣味部屋 漫画

趣味が高じて部屋を丸ごと趣味の物で埋め尽くす、というのは結構憧れてしまうもの。 そして実際に作り上げた趣味の部屋が、意外な事で役立っている状態にネット民の皆さんも大注目しています。 この趣味の部屋を作り上げたのは、漫画が大好きで漫画本をひたすら集めている、ふでだるまさん。 「外出自粛でお前の漫画部屋がめっちゃ役に立ってるよと母から連絡が来た母の日」という一文とともに、漫画が部屋の壁一面を埋め尽くしている部屋の写真を5月10日の母の日に、ツイッターに投稿しています。 部屋の中には漫画だけでなく、テーブルとイスも完備。 テーブルの上は読書に丁度良いスペースが取られており、色紙やグッズなども飾られています。 この壮観な部屋の眺め。 好きなジャンルが一致する人にとっては、ずっと引き篭もっていられる状態。 リプライにも、「こういう部屋が作りたいんですよ 羨ましいです」「ネカフェみたい!」「夢のような部屋ですね!」と、憧れの声が続出。 外出自粛でお前の漫画部屋がめっちゃ役に立ってるよと母から連絡が来た母の日 — ふでだるま fudedaruma 単行本のサイズに合わせた自作の棚には、作品ごとにきれいに背表紙が並んでいます。 作品のファンならこの背表紙だけでも、どの漫画が置いてあるか分かるくらい。 まるで本屋か図書館の様。 そして、実は漫画の棚があるスペースはこの部分だけではないのだそう。 ふでだるまさんは、昔からの漫画好き。 以前からこのような部屋を作りたいと思っていたそうですが、本格的に作り出したのは今から2~3年前から。 現在はこの部屋がある実家を離れて生活しているふでだるまさん。 お盆やお正月休みなど、帰省のたびにネットで仕入れた自作の棚の材料をコツコツと組み立てていったのだそう。 そして今年の1月に、遂に一通り整理完了。 元々は倉庫にしていた場所を漫画部屋にリフォームしたという事で、約30平方メートルと結構な広さを取れているそうです。 そこに取り付けたのが、単行本に丁度いいサイズになる自作の棚。 既製品では本がきれいに揃わないところもあり、単行本に合うサイズで壁に金具を取り付けて棚板を置き、単行本を揃えているそう。 一つの広い部屋の壁に一面に棚を作っていますが、それだけでは空間が開いてしまうので、部屋の真ん中の方にも棚を用意。 「間に柱とかの支持がいらなくなるように意識して図面を書きました。 あと書庫ではなく書斎にしたかったのでテーブルと椅子は絶対に置こうと決めていました」と、理想の漫画部屋を作るにあたって色々と考えて部屋の改造にいそしんでいたようです。 どのようなジャンルが多いのかをふでだるまさんに聞いてみたところ「青年誌6割少年誌4割で少し少女漫画もあります。 各ジャンルで何冊かは分からないですが野球漫画と格闘漫画がジャンル的には多いと思います」との事。 さすが、守備範囲が結構広い。 現在は約7000冊をこの棚に収めているそうですが、将来的に蔵書が増えても大丈夫なように書棚を設計しているそうなので、これからまだ増えていきそうです。 「書庫ではなく書斎にしたかったのでテーブルと椅子は絶対に置こうと決めていました」と、理想を作り上げたふでだるまさんの漫画部屋。 もし子どものころにこんな部屋があったら……きっと入り浸ってしまって親から怒られそうな気がします。 でもお母さんが入り浸って外出自粛のお供にするには、この漫画部屋がしっかり役立っていますね。 <記事化協力> ふでだるまさん( fudedaruma) (梓川みいな) あわせて読みたい•

次の

約7000冊蔵書 息子の漫画部屋で母から「役立ってるよ」の連絡

趣味部屋 漫画

1.【趣味用に使える小部屋がある場合】あなぶき興産のパパママルーム あなぶき興産では、プライベート空間として利用できる独立した部屋をパパママルームと呼び「あなぶき興産オリジナルプラン」として採用している物件があります。 パパママルームは採光や換気も確保した快適な環境の中で、思い思いの時間を過ごすことができます。 また、バルコニー部分を利用して設けられているので、家族の居住スペースはそのままで専用の部屋を確保でき、スムーズな家事動線や遮音性が高いというメリットもあります。 こんな部屋があると趣味のためや書斎として1部屋確保することができ、なかなかリビングで居場所のないパパのための場所を作ることができます。 今回は 3つのパターン をご紹介します。 パパルームがクローゼットの奥に配置されている、子供のころに作った秘密基地のような間取りです。 完全なプライベート空間を作ることができるので秘密基地で趣味に没頭することができ、男心をくすぐるはずです。 次に、パパルームとママルームがそれぞれ1部屋ずつのプライベートな空間として使えますが、その2部屋が隣接しているという間取りをご紹介します。 子供が独立した場合や環境が変わった場合で1室に変更することも可能です。 将来、趣味のグッズが多くなってきて整理に困った場合でも安心できるスペースが確保できます。 3つめは、パパルームが玄関の近くに配置されているおり、上記2つよりプライベート性が高くなった間取りです。 より趣味味の部屋に独立性を持たせたい方にはうってつけの間取りでしょう。 2.【趣味用の部屋が作れない場合】現状ある部屋で趣味のスペースを作る 1章のように、趣味のために1部屋をまるまる使うことができない場合でも、部屋の一部を利用して自分だけの趣味のスペースを確保することもできます。 趣味のスペースは自分だけの空間にしたいと思う方もいると思います。 そんな区切られたスペースを作るには、周りと空間を隔てることができるような 背の高い棚やおしゃれなパーテーションで区切るといいでしょう。 また、趣味のスペースを確保するにあたり、趣味のグッズが多い方はグッズの大切さを家族に知ってもらい、場所を取ってもらえるよう説得しましょう。 先に説得をしておかないと、スペースを作る前に家族にグッズを捨てられてしまうなどということがあるかもしれません。 2-1.数が多くなってしまうマンガの場合 マンガが趣味の方も多いですよね。 いろいろな種類を持っていると何百冊という数になってしまうこともあります。 そんな場合は、複数の棚を並べて整理してみましょう。 種類と1巻~順番に並べているときれいに見えますよね。 そして、なかなか見ないマンガや棚に収納できないマンガは100円ショップなどで売っている 収納袋に入れておくと重ねることもできるので整理整頓しやすくなります。 2-2.並べて見せたいプラモデルやフィギュアの場合 コレクションが増えていく趣味を持っていると整理するのも大変ですし、そのコレクションを収納してしまうと、いざ使う場合に取り出す手間がかかってしまい面倒です。 例えばプラモデルやフィギュアなどを多く持っている方は、 ガラスケースに入れてショップのように見せることができるように並べてみましょう。 自分のグッズをいつでも見ることができるような環境にしていると、テンションも上がります。 スペース的にガラスケースが置けない場合は、棚などに飾ってオープンな感じで見せることができればいいでしょう。 2-3.大きくかさばってしまうアウトドアグッズの場合 アウトドアを趣味にしているといろいろなグッズを購入してしまい、そのグッズが大きいので置く場所がかさばってしまうことがあります。 インテリアとして飾ることで収納を考える必要がなくなることもありますが、飾ることができない大きいグッズの場合は、 収納スペースに入るようなケースをDIYで作ることによってきれいに収まります。 また、どこに何を収納するか考えながら作ることになるので、機能性も備えた収納になることでしょう。 2-4.ガレージも趣味スペースとして使う 車やバイク、自転車が好きな方はガレージを趣味のためのスペースとする方もいらっしゃいます。 道具置き場として兼用もできる ので愛車をいろいろさわって楽しむことができます。 道具を効率的に収納することで、作業自体の効率化も図ることができます。 車やバイクだけではなく、いろいろな趣味のグッズを1つのスペースにまとめることもできます。 そして、自分だけの趣味のスペースが確保することができたら、壁や置いてあるインテリアや雑貨にも自分の趣味に関連したものや統一した色合いのもので揃え、それを自分で作業することでより愛着のある趣味のスペースに仕上がるはずです。 まとめ 以上のように、趣味のためのスペースや部屋を確保するには、 部屋に独立性を持たせた環境にしてあげることが重要です。 どのようなコレクションがあるかによって整理の仕方が変わってきますが、DIYで収納スペースを作ることで収納しやすくなります。 また、せっかくのプライベートなスペースになりますので思いっきり自分の趣味に合わせた環境にしてあげましょう。 きっと、あなたのテンションの上がる空間に仕上げることができますよ。 アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く! <著作権・免責事項等> 【本紙について】 ・メディアサイト「アルファジャーナル」に掲載された記事を印刷用に加工して作成しております。 ・アルファジャーナルにはあなぶきグループ社員および外部ライターによって作成される記事を掲載しています。 【著作権について】 ・アルファジャーナルが提供する情報・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売など二次利用することを固く禁じます。 ・アルファジャーナルに登録される著作物に係わる著作権は特別の断りがない限り、穴吹興産株式会社に帰属します。 【免責事項】 ・アルファジャーナルに公開された情報につきましては、穴吹興産株式会社およびあなぶきグループの公式見解ではないことをご理解ください。 ・アルファジャーナルに掲載している内容は、記事公開時点のものです。 記事の情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 ・アルファジャーナルでご紹介している商品やサービスは、当社が管理していないものも含まれております。 他社製品である場合、取り扱いを終了している場合や、商品の仕様が変わっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。 ・アルファジャーナルにてご紹介しているリンクにつきましては、リンク先の情報の正確性を保証するものではありません。 ・掲載された記事を参照した結果、またサービスの停止、欠陥及びそれらが原因となり発生した損失や損害について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。 ・メディアサイトは予告なく、運営の終了・本サイトの削除が行われる場合があります。 ・アルファジャーナルを通じて提供する情報について、いかなる保証も行うものではなく、またいかなる責任も負わないものとします。

次の

趣味部屋を作る!インテリアコーディネート|漫画部屋

趣味部屋 漫画

1.【趣味用に使える小部屋がある場合】あなぶき興産のパパママルーム あなぶき興産では、プライベート空間として利用できる独立した部屋をパパママルームと呼び「あなぶき興産オリジナルプラン」として採用している物件があります。 パパママルームは採光や換気も確保した快適な環境の中で、思い思いの時間を過ごすことができます。 また、バルコニー部分を利用して設けられているので、家族の居住スペースはそのままで専用の部屋を確保でき、スムーズな家事動線や遮音性が高いというメリットもあります。 こんな部屋があると趣味のためや書斎として1部屋確保することができ、なかなかリビングで居場所のないパパのための場所を作ることができます。 今回は 3つのパターン をご紹介します。 パパルームがクローゼットの奥に配置されている、子供のころに作った秘密基地のような間取りです。 完全なプライベート空間を作ることができるので秘密基地で趣味に没頭することができ、男心をくすぐるはずです。 次に、パパルームとママルームがそれぞれ1部屋ずつのプライベートな空間として使えますが、その2部屋が隣接しているという間取りをご紹介します。 子供が独立した場合や環境が変わった場合で1室に変更することも可能です。 将来、趣味のグッズが多くなってきて整理に困った場合でも安心できるスペースが確保できます。 3つめは、パパルームが玄関の近くに配置されているおり、上記2つよりプライベート性が高くなった間取りです。 より趣味味の部屋に独立性を持たせたい方にはうってつけの間取りでしょう。 2.【趣味用の部屋が作れない場合】現状ある部屋で趣味のスペースを作る 1章のように、趣味のために1部屋をまるまる使うことができない場合でも、部屋の一部を利用して自分だけの趣味のスペースを確保することもできます。 趣味のスペースは自分だけの空間にしたいと思う方もいると思います。 そんな区切られたスペースを作るには、周りと空間を隔てることができるような 背の高い棚やおしゃれなパーテーションで区切るといいでしょう。 また、趣味のスペースを確保するにあたり、趣味のグッズが多い方はグッズの大切さを家族に知ってもらい、場所を取ってもらえるよう説得しましょう。 先に説得をしておかないと、スペースを作る前に家族にグッズを捨てられてしまうなどということがあるかもしれません。 2-1.数が多くなってしまうマンガの場合 マンガが趣味の方も多いですよね。 いろいろな種類を持っていると何百冊という数になってしまうこともあります。 そんな場合は、複数の棚を並べて整理してみましょう。 種類と1巻~順番に並べているときれいに見えますよね。 そして、なかなか見ないマンガや棚に収納できないマンガは100円ショップなどで売っている 収納袋に入れておくと重ねることもできるので整理整頓しやすくなります。 2-2.並べて見せたいプラモデルやフィギュアの場合 コレクションが増えていく趣味を持っていると整理するのも大変ですし、そのコレクションを収納してしまうと、いざ使う場合に取り出す手間がかかってしまい面倒です。 例えばプラモデルやフィギュアなどを多く持っている方は、 ガラスケースに入れてショップのように見せることができるように並べてみましょう。 自分のグッズをいつでも見ることができるような環境にしていると、テンションも上がります。 スペース的にガラスケースが置けない場合は、棚などに飾ってオープンな感じで見せることができればいいでしょう。 2-3.大きくかさばってしまうアウトドアグッズの場合 アウトドアを趣味にしているといろいろなグッズを購入してしまい、そのグッズが大きいので置く場所がかさばってしまうことがあります。 インテリアとして飾ることで収納を考える必要がなくなることもありますが、飾ることができない大きいグッズの場合は、 収納スペースに入るようなケースをDIYで作ることによってきれいに収まります。 また、どこに何を収納するか考えながら作ることになるので、機能性も備えた収納になることでしょう。 2-4.ガレージも趣味スペースとして使う 車やバイク、自転車が好きな方はガレージを趣味のためのスペースとする方もいらっしゃいます。 道具置き場として兼用もできる ので愛車をいろいろさわって楽しむことができます。 道具を効率的に収納することで、作業自体の効率化も図ることができます。 車やバイクだけではなく、いろいろな趣味のグッズを1つのスペースにまとめることもできます。 そして、自分だけの趣味のスペースが確保することができたら、壁や置いてあるインテリアや雑貨にも自分の趣味に関連したものや統一した色合いのもので揃え、それを自分で作業することでより愛着のある趣味のスペースに仕上がるはずです。 まとめ 以上のように、趣味のためのスペースや部屋を確保するには、 部屋に独立性を持たせた環境にしてあげることが重要です。 どのようなコレクションがあるかによって整理の仕方が変わってきますが、DIYで収納スペースを作ることで収納しやすくなります。 また、せっかくのプライベートなスペースになりますので思いっきり自分の趣味に合わせた環境にしてあげましょう。 きっと、あなたのテンションの上がる空間に仕上げることができますよ。 アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く! <著作権・免責事項等> 【本紙について】 ・メディアサイト「アルファジャーナル」に掲載された記事を印刷用に加工して作成しております。 ・アルファジャーナルにはあなぶきグループ社員および外部ライターによって作成される記事を掲載しています。 【著作権について】 ・アルファジャーナルが提供する情報・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売など二次利用することを固く禁じます。 ・アルファジャーナルに登録される著作物に係わる著作権は特別の断りがない限り、穴吹興産株式会社に帰属します。 【免責事項】 ・アルファジャーナルに公開された情報につきましては、穴吹興産株式会社およびあなぶきグループの公式見解ではないことをご理解ください。 ・アルファジャーナルに掲載している内容は、記事公開時点のものです。 記事の情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 ・アルファジャーナルでご紹介している商品やサービスは、当社が管理していないものも含まれております。 他社製品である場合、取り扱いを終了している場合や、商品の仕様が変わっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。 ・アルファジャーナルにてご紹介しているリンクにつきましては、リンク先の情報の正確性を保証するものではありません。 ・掲載された記事を参照した結果、またサービスの停止、欠陥及びそれらが原因となり発生した損失や損害について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。 ・メディアサイトは予告なく、運営の終了・本サイトの削除が行われる場合があります。 ・アルファジャーナルを通じて提供する情報について、いかなる保証も行うものではなく、またいかなる責任も負わないものとします。

次の