バッテリー が 危険 に さら され て いる。 車のバッテリーの寿命を簡単に判断する方法!おすすめの交換時期

車のバッテリーが液漏れする原因と対応について|車検や修理の情報満載グーネットピット

バッテリー が 危険 に さら され て いる

乾電池濡れると危険なのか【電池の水没】 いま身近にある電池といえば「」「」「」などを思いつくでしょう。 中でも乾電池はリモコン、おもちゃ、ラジコンなどにさまざまな製品に使用されるため、特に目につきます。 すぐ近くにある分、アルカリ電池やマンガン電池の安全性についてきちんと理解しておくといいです。 例えば、乾電池(マンガン電池、アルカリ電池)やボタン電池などが水で濡れると危険な状態になることはあるのでしょうか。 ここでは、「乾電池が水で濡れると発火などの危険な状態となるのか」ということついて解説していきます。 ・乾電池濡れると危険なのか【電池の水没】 というテーマで解説していきます。 乾電池濡れると危険なのか【電池の水没】 結論からいいますと、マンガン電池、アルカリ電池などの乾電池やボタン電池がぬれたとしても、発火などの異常状態となることはありません。 ただ、電池に水が付着することによって、金属の外装ケースの腐食が進行しやすくなり、これが原因で液漏れや外部から水の侵入を引き起こす可能性があります。 このとき、水が電池内部に入り込んだとしても、破裂・発火につながる物質やその組み合わせは使用されていません。 また、そもそも電解液として、水の溶媒が使用されているため単純に電解液の濃度が薄まるだけなのです。 なお、乾電池やボタン電池に水が付着すると、電気分解がおこり、水素が発生することを心配する方もいます。 しかし、電池の作動電圧は1. 5V以下であり、水の電気分解がおこると(反応を引き起こすための余分な力)を考慮すると、1. 5Vでは電気分解が起こるか起こらないかぎりぎりのレベルといえます。 さらに、「電池に水がつくことでケースが腐食し、液漏れが原因で発火につながることはないのか」と疑問に思う方もいるかもしれません。 水運が電池ケースに付着することでの劣化により、液漏れが起きたとしても、発火は起こりません。 していますが、引火性の物質ではないためです。 このような理由から、電池に水がついたり、水没したりしても、火災や爆発はまず起こらないのです。 ただ、できるだけ電池を大切に扱い、長持ちさせるように心がけましょう。 関連記事.

次の

車のバッテリーの寿命を簡単に判断する方法!おすすめの交換時期

バッテリー が 危険 に さら され て いる

リチウムイオンバッテリーがニュースの見出しを飾り続けている。 最近注目を集めたのは、だった[訳註:2017年2月、国際線の機上で、女性が身につけていたノイズキャンセリングヘッドホンが突如爆発した]。 そのほかにも、サムスン「Glaxy Note 7」の2度に及ぶリコールやが報じられている。 そもそも、だということは知っておいた方がいい。 バッテリー内部はデリケートで、異常発熱につながりやすく発火する可能性がある。 酸素に触れることで実際に発火するし、内部の液体は人の肌を黒焦げにする危険性のある化合物も混ざっているのだ。 成熟していても「不安定」なテクノロジー では、なぜそんな物を使うのだろう? それはリチウムイオンバッテリーのエネルギー効率が信じられないほど高いからだ。 企業が膨大なエネルギーをその小さなパッケージに詰め込むことで、スマートフォンもノートPCも1日中使えるようになった。 初めて商用化された充電式リチウムイオンバッテリーは、約25年以上前にソニーのハンディカムで使われたものだという。 現在では世界中に何十というバッテリーサプライヤーが存在する。 リチウムイオン電池は非常に成熟したテクノロジーなのだ。 しかし、ほかの多くの成熟したテクノロジーとは違い、それらの不安定さは増している。 人々が容量がより大きく、よりスリムなパッケージで、より安価なバッテリーを求めているのがその理由だ。 リチウムイオンバッテリーが不本意なスポットライトを浴びることになった要因は数多くあるが、そのうち最も一般的な5つを説明しよう。 理由1:製造上の欠陥 単純に考えれば、爆発したバッテリーはすべてその製造方法に何かしらの問題があるように思われる。 確かに事実であることもあるが、サムスン「Galaxy Note 7」のが示しているように、特定の問題を突き止めるのはそれほど簡単なことではない。 サムスン自社製のバッテリーを搭載したスマートフォンに関する最初のリコールでは、バッテリーを保護するケースと内部の電極の間に十分なスペースがなかったことがわかった。 圧迫された結果、一部のバッテリーの電極が曲がり、ショートを引き起こしたのだ。 しかし、それらの携帯電話がリコールされてすぐ、他社製の「より安全な」バッテリーを搭載した代替のデヴァイスにも別の問題が生じており、まったく異なる原因によるものだと考えられている。 理由2:設計上の不備 最近のガジェットのほとんどはできるかぎり薄く、軽量で、スマートなものになるように設計されている。 それは特に小さな本体に大容量のバッテリーを搭載したものであれば、頑丈でなければ大きな被害をもたらす可能性がある。 バッテリー周辺への物理的な圧力は電極やセパレーターにダメージを与え、ショートを引き起こすかもしれない。 通気や温度の管理が不十分だと、バッテリー内部の可燃性の電解質の発熱を引き起こす可能性がある。 ひとたびそれが熱くなりすぎれば化学反応がさらなる発熱を引き起こし、手に負えない状態になるかもしれない。 熱暴走と呼ばれるその状況はしばしば爆発か発火という結果を招く。 そしてひとたび酸素に触れれば、さらに大きな爆発が起きるのだ。 理由3:ユーザーが与えたダメージ ガジェットがきちんと設計されていたとしても、落としたり長時間使用したりすると、その不安定な電源にダメージを与える可能性がある。 あなたのバッテリーがダメージを受けているかどうかを見分ける最善の方法は、それが膨らんでいるかどうかを見ることだ。 それはバッテリー内で、本来は起こらないはずの化学反応によって、ガスが生成されている証拠なのである。 また、その膨張自体がカヴァーによって圧迫され、破裂や出火につながる可能性もある。 残念なことに、最近のほとんどの携帯電話は内部にバッテリーが封印されており、調べるために分解すると保証の対象外になる。 もし、あなたの携帯電話の外側のケースが押し広げられているか、触ると異常に熱い場合は、慎重に扱って点検に出すのが最善策だ。 理由4:充電器による問題 携帯電話を家に置いていきたいなら、安価なノーブランドの充電ケーブルを使う前によく考えたほうがよい。 それらのケーブルや電源アダプタが安いのには理由がある。 あり得ないほどの低価格を実現するために、メーカーはしばしば製品の絶縁体をけちり、安全に関する法律をすり抜け、電源管理機能を省いているのだ。 それは感電死や充電器の爆発、携帯電話の大出火につながる可能性がある。 理由5:業界のプレッシャーと市場競争 もし企業がバッテリー1本ごとにわずかな金額を抑えられたら、それを何百万、何十億という利益に転換することができる。 その結果、多くのリチウムイオンバッテリー製造業者が電池の価格を下げるために最も安易な方法を取る。 絶縁体や品質管理のコストをけちるのである。 その素材には、すでに薄いセパレーターにダメージを与えるような欠陥があるかもしれない。 それらはホヴァーボードの出火の主な原因であった可能性が高い。 市販された最初のモデルは高価だったが、人気の高さゆえに安価で中身まで安物のコピー品が生み出された。 クラウドファンディングと手頃な価格の部品は、コンシューマエレクトロニクス業界を民主化したが、コストの低下はしばしば安全性を代償にして成り立つものなのだ。

次の

モバイルバッテリーが膨らんできた時の対処法とその理由

バッテリー が 危険 に さら され て いる

スポンサードリンク バッテリーが爆発する理由 バッテリーの正体はリチウムイオン電池 スマートフォンの電池やモバイルバッテリーには、一般的に リチウムイオン電池という電池が使われています。 特徴としては、小型軽量かつメモリー効果(電池残量をゼロにしてから充電しないと充電可能な最大容量が減ってしまう現象)による悪影響がなく、環境負荷の少ない材料を用いて作られている電池ということです。 膨張する原因は? では実際に膨張する理由をみてみましょう。 パソコンメーカーや携帯電話会社のサイトで、バッテリーについて書いてあるページを探しました。 各社ともバッテリーについて説明されているページがありましたが、その中でもパソコンメーカーである「HP」のページが一番わかりやすかったのリンクを貼っておきます。 他にもいろいろ調べてみた結果、 リチウムイオン電池の劣化に伴い、電解質が酸化しガスが発生することによって膨張が引き起こされているようですね。 こちらが私が使っていたバッテリーです。 こんな感じでケースが浮いちゃってます。 安全性は? ここが一番気になるところ。 大手のキャリアやメーカーのサイトなどを確認したところ、ほとんどで「 膨張が起こっても安全」と書いてあることが確認できました。 参考までに、キャリア2社のリンクも貼っておきますね。 電池パックの寿命が近いと考えられます。 電池パックは消耗にともない膨らむ場合があります。 これはリチウムイオン電池の特性であり、安全上問題ありません。 この事象はリチウムイオン電池の特性として、充放電の繰り返し、高温環境下におけるご利用によって電池の劣化が進む過程で生じるものであり、正しくご使用される限り、電池パックが膨らむことによる異常な発熱、および破裂など安全上の恐れはございません。 今後もご安心してご使用いただけますようお願いいたします。 しかし、安心するにはちょっとだけ早そうです。 2016年に起きたGalaxy Note 7の炎上・爆発事件以降、特にメーカー以外のサイト等では徐々に流れが変わってきており、 バッテリーの膨らみの危険性を指摘する論調も目立ってきているんです。 危険性については、こちらのサイトで分かりやすく解説されていました。 リチウムイオン電池の寿命は? リチウムイオン電池の寿命はといいますと、保証期間が定められていたりと「 期間」と思われがちなのですが、 実はほぼ 充電回数で決まります。 この辺の詳細についても、HPのページで詳しく解説されていましたので、リンクを貼っておきます。 膨張したバッテリーの危険性は0ではない 今回いろいろと調べた結果をまとめると、 「膨張しても安全なようには作られてはいるが、爆発・炎上する可能性はなくはない」といった結果となりました。 メーカーが信頼の置けるメーカーであれば、ほぼ問題なさそうですが、そうでなければ製品に不具合があった場合などを考えるとちょっと怖いですね。 私もでしたが、特にメーカー不詳の安物を使っている場合などは、 バッテリーの膨らみが目立つようになってきたら早めに買い換えるのが無難そうです。 最後に私が今使っている おすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。 実際に今も使っていますが、 コスパは最強だと思います。 iPhone7を使っていますが、 余裕で3回はフル充電可能です。 もはや、モバイルバッテリーを1日で空にすることが至難なレベルです。 「Anker」はモバイルバッテリーのメーカーでは、老舗の非常に信頼の置けるメーカーです。 また、この機種は 価格・容量・大きさのバランスが秀逸で、実際にかなり重宝しています。 こっちは、めちゃくちゃ薄いです。 バッグに入れても邪魔になりません。 USBポートが2つあるのも良いですね。 アルミのボティもいい感じ。 お尻のポケットとかに入れて持ち歩く場合は、こちらがおすすめです。 どちらのバッテリーも、スペックについては概ね説明書通りだと感じました。 モバイルバッテリーって意外と説明書通りの性能が出なかったりするので、購入する時はレビューなどを確認しておくと良いです。 まとめ どんなに高価なバッテリーでも、一年使えば必ず性能は落ちてくるので、 買い替えを前提に購入するのが賢い選択です。 ご紹介したバッテリーのような価格帯とスペックを選択すれば、大外れはないと思います。 大容量モバイルバッテリーを持って、安心してお出掛けしましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が少しでもお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

次の