東武日光駅。 乗って、満喫。日光・鬼怒川の旅。:JR東日本

乗って、満喫。日光・鬼怒川の旅。:JR東日本

東武日光駅

【日光各種フリー券】 日光散策に便利でお得なフリーパスを7種類を発売しております。 フリーパス区間内なら東武バスが何回でも乗り降り自由。 ・湯元温泉フリーパス• ・中禅寺温泉フリーパス• ・戦場ガ原フリーパス• ・霧降高原フリーパス• ・大笹牧場フリーパス• ・霧降の滝フリーパス• ・世界遺産めぐり手形 【日光電車セット券】 日光方面へのおでかけに!電車とバスがセットになったお得なきっぷです。 リンク先のプランには一部フリーパスがついてない商品もございます。 各プランの詳細をご確認ください。

次の

日光日帰り一人旅#1 東京から日光へは東武鉄道リバティけごんを利用|楽しい日々の備忘録~三鷹・吉祥寺の武蔵野生活満喫日記~

東武日光駅

まずはJR日光駅と東武日光駅の位置関係を知ろう! 「日光駅」と一口に言っても、日光には JR日光駅と、 東武日光駅があります。 JR日光駅 東武日光駅 二つの駅は、徒歩1分と言うのも多く見積もりすぎなくらい、すぐそこ、見える位置にあります。 東照宮に行くのに、JR日光駅と東武日光駅どちらが近いかというと、東武日光駅の方が東照宮寄りにありますが、ほとんど差はありません。 東照宮に向かうバスは、JR日光駅の前、東武日光駅の前、どちらにも停まります。 駅から東照宮へは世界遺産めぐりバス・東武バスで行ける! 日光駅(JR・東武)と日光東照宮を結ぶバスは、大きく分けて二種類あります。 ひとつが 駅と東照宮の周辺を循環して走っている、 世界遺産めぐりバス。 もうひとつが、 中禅寺湖・湯元方面に向かう 東武の路線バス。 世界遺産めぐりバスも、東武が運行しているバスなので、中禅寺湖・湯元へのバス乗り放題のフリーパスを購入している場合は、世界遺産めぐりバスにも乗れます。 世界遺産めぐりバスで東照宮に行く場合 どのバス停で降りる? 世界遺産めぐりバスは、日光山内と呼ばれる、神社やお寺が集まっているエリアまで入っていくため、社寺のかなり近くで降りることができます。 ですが、私が利用した日は、メインストリートを二荒山神社まで、折り返し運転する順路になっていました。 順路が変わっているときは、目に付く場所に貼り出されていてそれほど迷いませんが、そういう可能性もあることを、頭に入れておきましょう。 この世界遺産バスは、土日はかなり混雑し、すし詰め状態での運行になることも多いです。 駅から東照宮までは、バスで10分程度ではありますが、それでもすし詰め状態のバスはしんどいです。 始発のJR日光駅から乗車すれば、座席に座れる可能性もあります。 東武日光駅からJR日光駅は、歩いて1分もかからない距離ですので、 世界遺産バスを利用する場合は、始発のJR日光駅から乗るのがおすすめです。 東武の路線バスで東照宮に行く場合 中禅寺湖・湯元方面まで行く東武バスで日光東照宮に行く場合は、大通りの 総合会館前で下車します。 総合会館前から日光東照宮までは、歩いて5~10分程度でたいした距離ではありませんが、世界遺産めぐりバスの方が、より近くまで行きます。 東武バスも、始発はJR日光駅なので、混雑するシーズンは、JR日光駅からの乗車がベターです。

次の

東武日光駅

東武日光駅

歴史 [ ]• (4年) - 開業。 開業の際、駅名は乗客の投票で決定された。 候補に挙げられた名前は「東武日光」・「本日光」・「日光町」・「上日光」・「新日光」などであった。 [ ]• (昭和43年) - 東武駅前駅が廃止。 (昭和54年) - 駅舎を現行のアルペン風に改築。 (3年)頃 - を導入。 (平成12年) - に選定される。 (平成24年) - TN 25のを導入。 駅構造 [ ] 3面5線を有する。 をイメージした三角屋根の駅舎が特徴となっている。 駅舎とホームの間には段差があり、階段およびにより連絡している。 設置駅。 発車メロディは「Crystal Clear River」(「夜のストレンジャー」とも)を使用している。 (海抜)は543mである。 東武日光駅管区として東武日光線以北と鬼怒川線全駅を統括管理し、東武日光駅として上今市駅を管理している。 当駅構内(改札外)で()が販売されている。 売店は改札内には無い。 改札内にはトイレ設備が無いが、普通列車()にトイレが設置されており、停車時間も長いので代用ができる。 外国人観光客の利用が増えているため、でも対応できる観光案内カウンター(日光市観光協会が運営)を2017年3月24日に開設。 同年4月1日には、預かった手荷物を近隣宿泊先へ送るサービスも始めた。 のりば [ ] 番線 行先 種別 1・2・4 ・・ ・・方面 快速「」・区間急行・普通 4・5・6 特急「」「」• 現在、3番線は欠番となっている。 1・2番線と4 - 6番線はYの字状に分かれており、駅舎側に向かって間が広くなっており、その間には中庭がある。 また、5・6番線ホームへは4番線ホームの頭端部から回り込むようにして入る格好となっている。 ホーム有効長は1・2番線が4両分、4 - 6番線は6両分である。 1・2番線は3両分が一体の上屋で覆われている。 このため、特急列車は全て4 - 6番線から発着する。 利用状況 [ ] 2019年度の1日平均は 3,104人である。 2011年度はの影響で乗降客数が大幅に減少したが、2012年度は震災以前の水準に回復した。 近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は以下の通りである。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 1998年(平成10年) 3,933 1999年(平成11年) 3,737 2000年(平成12年) 4,103 2001年(平成13年) 3,386 2002年(平成14年) 3,248 2003年(平成15年) 3,113 2004年(平成16年) 3,010 2005年(平成17年) 2,958 2006年(平成18年) 3,292 2007年(平成19年) 3,259 2008年(平成20年) 3,430 1,745 2009年(平成21年) 3,347 1,705 2010年(平成22年) 3,179 1,690 2011年(平成23年) 2,593 1,301 2012年(平成24年) 3,056 1,530 2013年(平成25年) 2,993 1,496 2014年(平成26年) 3,105 2015年(平成27年) 3,353 2016年(平成28年) 3,218 2017年(平成29年) 3,726 2018年(平成30年) 3,496 2019年(令和元年) 3,104 駅周辺 [ ] 駅周辺の神社・寺・観光名所については「」を参照。 当駅とJRの日光駅が日光市街の東端にあり、西へ進む道()が(二社一寺)へ続く。 (JR東日本)• 日光市役所日光総合支所(本庁舎は旧・役所)• 日光市立日光図書館• 日光市日光公民館• 日光郷土センター• 日光駅前郵便局• 日光営業所 バス路線 [ ] 世界遺産めぐり循環バス(東武バス日光) 当駅は、()、(、、)、方面の各路線バスとの結節点であり、東京方面などから東武線で来た多くの観光客が列車からバスへ乗り換えるため通年で賑わっている。 当駅発着のバス系統はJR日光駅を始発・終着とするが、全便ではなく、当駅始発・終着の便も存在する。 ただしJR日光駅までは歩いてすぐの距離である。 バス乗車券は駅舎内の東武日光駅ツーリストセンターで発売している。 運賃はバス車内でも精算できるが、「世界遺産めぐり手形」や各種「フリーパス」は車内発売をしないため、当所のみの発売となる。 構内バスのりば [ ]• までの利用客と、光徳温泉・湯元温泉方面への利用客が分離されるよう、乗り場の分離と近い発車時刻が採用されている。 ただし区間便が設定されていない時間帯もある。 日光山内二社一寺(、、)めぐりの入口は、西参道バス停下車。 世界遺産めぐり循環バスの場合は、山内に乗り入れるので、ホテル清晃苑前 - 勝道上人像前 - 表参道 - 西参道 - 神社前のどれかで下車。 清滝行(西参道経由)• 西参道行• JR日光駅行• 世界遺産めぐり循環バス<東照宮方面>• 霧降高原経由大笹牧場行(夏季)• 日光霧降スケートセンター行(冬季)• 日光定期観光バス(予約制)• 高速バス ・行(との共同運行)• ・・経由 双愛病院行• 経由 下今市駅行• 高速バス 東京~日光・鬼怒川線• 行 東武日光駅前 [ ]• 関東バスの日光東照宮終点は、東武バスの総合会館前付近(西参道バス停の一つ手前)にある。 篠井ニュータウン経由 JR宇都宮駅行 付記 [ ]• 2006年(平成18年)3月19日に、同年3月18日の東武と、同年3月20日の日光市のを記念した()が限定販売された。 図柄はトレーディングシリーズ「」のキャラクター「栗橋みなみ」(東武の駅員という設定)が描かれたものである。 当駅限定のをデザインしたSFとーぶカードを発売していた時期がある。 隣の駅 [ ] 東武鉄道 日光線• 脚注 [ ] [].

次の