ラデュレ 京都。 2019年7月15日新店オープン ラデュレ京都四条店&ラデュレ サロン・ド・テ (スイーツ新店)

待望の京都初出店!ラデュレ 京都四条店がオープン

ラデュレ 京都

オープニング・プレビューでは、この夜限定のアペリティフと京都四条店限定のサントノレ&マカロンを、素敵なサロン・ド・テでいただきました。 シャンパン ラデュレ ブリュット ロゼ or テ・マリーアントワネットのアイスティーとともに。 8月1日のオープン後は、パティスリーやマカロンはもちろん、エッグベネディクトやフレンチトーストといったサロンメニューがいただけるようになります。 実はこちらも京都限定で、「エッグベネディクト・キョウト」は京たまごをつかったポーチドエッグを。 「フレンチトースト マッチャ」は、ブリオッシュに京都老舗茶舗の抹茶のクレームシャンティと黒蜜が添えられます。 特別にある場所から、2階から1階を見下ろした風景も撮らせていただきました。 ラデュレのラグジュアリーな大理石に、日本建築の特徴である木と石の組み合わせからインスパイアされた床を取り入れて。 格子柄をイメージし、スクエアのモチーフが描かれています。 そこにコンテンポラリーな壁紙を加えた、西洋と東洋の絶妙なる融合。 ラデュレは国外にサロンをオープンする際、フランス文化を伝えるための出店と考え、アール ド ヴィーヴル Art de Vivre すなわち文化交流にも重きをおいてらっしゃいます。 個人的にはフェミニンで心ときめく銀座や青山店の雰囲気も大好きですが、シックな雰囲気のなかにもラデュレの世界観が浮かび上がるこちらの京都店も、一瞬にして居心地のいい空間に。 パリにあっても日本にあっても、18世紀フランスのフェミニンな空気をたたえるラデュレのサロン・ド・テ。 パリに行くと必ず一人でも全店舗まわりますが、今すぐにでも飛んでいきたい想いに駆られています。 何も食べなくても、何も買わなくても…ラデュレという空間にいるだけで、不思議とただいま~と幸せな気分になれるんです。 スイーツコーディネーター&ライター。 一般雑誌、菓子専門誌、TV、ラジオ、webサイトと多岐にわたり、ライター&コメンテーターとしてスイーツ情報を発信。 スイーツ関連メーカーのコンサルティングを務め、商品開発、コラボ商品の企画、マーケティングに携わる。 スイーツ講座(定期/単発)の講師も務める。 10名のパティシエの珠玉の一品!を集約したDVD 『Sweets美術館』をプロデュース&出演。 amazon. *2012年11月~:フランスフェアー JR大阪三越伊勢丹 *2014年2月:サロン・デュ・ショコラ JR大阪三越伊勢丹 *2015年2月:アムール・デュ・ショコラ 大阪高島屋 *2015年10月~:松本由紀子セレクション 阪急うめだ本店 ORIGINE KOBEの広報を務める。 gnavi.

次の

至福!ラデュレの「サロン・ド・テ」で味わえる美しすぎるビジュアルの新メニューがすごい

ラデュレ 京都

日本とフランスの歴史が出会う「ラデュレ 京都四条店」 「ラデュレ 京都四条店」が位置するのは、御幸町のあたり。 京都四条の中でも古着屋やお洒落なカフェなどが多く集まるスポットだ。 パリで160年の歴史をもつメゾン・ラデュレと、日本の伝統文化が根付く古都・京都が出会う、唯一無二の場所となる。 店内は1階にブティック、2階と3階にサロン・ド・テを設ける。 グランドオープンに先駆けて1階のブティックのみ7月15日 月・祝 よりオープンする。 ラデュレ定番のパティスリー「サントノレ」は京都老舗茶舗の抹茶でアレンジして提供。 また、マカロンは、京都老舗茶舗の抹茶を使用したガナッシュを同じく抹茶のマカロン・コックでサンドした「マッチャ・キョウト」、聖護院八ツ橋総本店とのコラボレーションで誕生した「ヤツハシ」を揃える。 マカロンボックス「キョウト」 マカロン6個入 2,862円 税込 限定マカロンボックス「キョウト」は、フランスの18世紀のクラシックデザインからインスピレーションを得ており、それをラデュレらしい優しいグリーンカラーで彩った。 フランスと京都の歴史が重なり合うボックスに仕上がっている。 【問い合わせ先】 ラデュレ カスタマーサービス TEL:03-4578-0846.

次の

「LADUREE(ラデュレ)」京都四条店オープン!

ラデュレ 京都

1862年にフランスのパリで創業したラデュレ LADUREE が遂に京都に上陸。 ラデュレといえばマカロンが有名ですが、今回は聖護院八ッ橋や京都老舗茶舗とコラボした京都限定品も登場! まずは1階のブティックが先行オープンで、8月1日に2、3階でサロン・ド・テもオープンするので益々目が離せません! 場所は四条御幸町の南側。 分かりやすいです。 店内は高級感とポップさが共存した秀逸なデザインで、女性だけでなく男性でもテンション上がります。 マカロンのグラデーションが綺麗。 ケーキも種類が豊富で、京都限定のアイテムもあります。 ダークチョコレートのトリュフ 6個2268円 やショコラ・マカロン 4個2970円 、ラング・ド・シャ ノワール・エ・レ 3305円 などチョコや焼き菓子もあります。 パッケージもかわいい。 マカロンは基本1個303円。 京都店限定の「マカロン・マッチャ・キョウト」と「ヤツハシ」はマストオーダーです。 どちらも抹茶、八ッ橋の風味をしっかりと出ていて美味しい。 こちらも京都限定「サントノレ・マッチャ・キョウト 907円 」。 お値段はなかなかですが、ボリュームもそこそこあり、こだわりの素材が随所に散りばめられています。 たっぷりのホイップクリームと抹茶クリームが美味。 生地はパイとシューの2種類あり、異なる食感を楽しめます。 8月1日に「サロン・ド・テ」がオープンすればまたまたファンが押し寄せると思いますが、行くしかないですね。

次の