ウェイパー。 「味覇」と「創味シャンタン」が同じって本当? 食べ比べてみた

ウェイパーが危険って本当?成分や原材料などを確認してみた

ウェイパー

味覇とシャンタンDXを比較! 「味覇」と「創味シャンタン」の関係って? そもそも「創味シャンタンDX」をご存じないという方もいらっしゃるかと思うので、簡単に解説します。 実は元々は「創味シャンタンDX」のほうが本家で、創味食品が1961年から業務用として製造・販売していた調味料です。 その20年後に家庭用としてパッケージデザインを変えて、卸売業者である廣記商行と契約を結んで販売開始されたものが「味覇」。 要するに中身は同じで、いずれも創味食品が製造していたのです。 こうして、業務用は「創味シャンタンDX」、家庭用は「味覇」とすみ分けられていましたが、2015年3月に両社の契約は終了。 それに伴い、廣記商行は4月から製造メーカーを変更して「味覇」の販売を継続。 そして創味食品は、業務用として販売していた「創味シャンタンDX」を、家庭用としてもスーパーなどで販売開始しました。 つまり、新しい「味覇」と、昔の味覇と同じ味のはずの「創味シャンタンDX」が存在するのです。 昔は同じだったこの2つの商品、味はどうなっているのでしょうか? 前置きが長くなりましたが、いよいよ検証してみましょう。 中身がほぼ同じで値段が違うとなると、もしかしたらこれからは「中華料理調味料=味覇」という常識が変わっていくかもしれません。

次の

化学調味料?「味覇(ウェイパー)」は危険・安全!?万能調味料の秘密に迫る!

ウェイパー

Topics• ウェイパーって何? 多くの人がウェイパーと認識しているのは、現在の「創味シャンタンDX」かもしれませんね。 というのも2015年3月末までは、現在販売されている創味シャンタンDXがウェイパーとして販売されていました。 しかしウェイパーの販売元と創味食品とのトラブルから、現在はウェイパーの中身が変わってしまったんですね。 しかし、中身は変わっても中華万能調味料としてウェイパーは未だに根強い人気を集めています。 他の中華調味料と違うところが、缶に入った固形のタイプというところです。 使いたい分だけスプーンですくって使うという形ですね。 個人的にはウェイパーは開封後は冷蔵庫保存なのですが、冷えるとカチカチに固まってスプーンでなかなかすくえないのが歯がゆいところです(笑) ただ、やはりウェイパーを使うことで家庭で作りながら本格中華のお店の味を再現できるとのことなので、決してお値段は安くないのですが全国にファンはたくさんいます。 中にはお店で実際に使っているという場合もあるみたいですよ! チャーハンもスープも炒め物も、この ウェイパーひとつで他の調味料が要らないくらいの味になる魔法のような中華調味料なのです。 危険な原材料はあるの? ウェイパーというと、鶏ガラと豚ガラをバランスよくブレンドした中華万能調味料と謳っています。 これだけだと、ほんだしやコンソメなどと同じような感じの旨味調味料といった印象を受けるのですが…。 実は、ウェイパーが危険だと言われてしまうのは原材料の鶏ガラや豚ガラが悪いわけではなく「中華」に使う調味料ということで「中国産」の調味料なのではないか? そんな考えが独り歩きしてしまい、中国産イコール危険だと判断されているということも大いに関係すると思います。 また、ウェイパーの原材料は「食塩、鶏や豚のエキス、野菜のエキス、動物性油脂、砂糖、乳糖、小麦粉、スパイス、調味料(アミノ酸等)」となっています。 この最後の「調味料(アミノ酸等)」の部分が化学調味料の代名詞である味の素などを連想させて、からだに悪い危険な原材料や成分が含まれていると認識されてしまったのでしょう。 でもよく考えるとウェイパーはしっかり日本の会社が販売している日本産の調味料ですし、からだに危険だと判断されているものを大々的に売り出したりはしないのではないでしょうか? 偏見や憶測などで危険などの悪評が先に来てしまっている部分は否めないところがありますよね。 また原材料の中で食塩が一番含有量が多いという事実にも衝撃を受けてしまいました。 何せ鶏や豚や野菜のエキスより多く含まれているということですから、確かにちょっと危険な香りがします。 グルタミン酸は多くの野菜などに入っているものですが、精製をされたグルタミン酸ナトリウムの成分は脳内に強く作用してしまうのです。 例えば、味の濃いものに慣れてしまうなどの味覚依存を引き起こすことも珍しくありません。 ウェイパーが美味しくて、中毒性があるというのは、こうした危険性も同時にはらんでいるからなんですね。 ほとんどの旨み調味料の原材料にはこのグルタミン酸ナトリウムが入っているので、使うのが癖になってしまうのです。 ウェイパーは危険なの? 先ほどのウェイパーの原材料を見ていただいても分かる通り、原材料のトップバッターにきているのが食塩です。 原材料は多く入っている順番で書き出されますから、かなりウェイパーは食塩が使われているということになります。 そのため、ちょっと炒め物に使うだけで塩コショウをしなくてもかなりしょっぱくなるんですね! 高血圧気味の人がウェイパーを毎日のように愛用しているとなると、塩分過多になって危険性が増す恐れがあります。 ただウェイパーが化学調味料だという件に関して、全ての食品から化学調味料をなくして調理するということはなかなか難しいと思います。 そのため、適度に使っていればその点に関する心配は要らないかなというのが正直なところです。 うまく食材本来の旨みを利用しながら、ウェイパーを少しずつ使って工夫していくと、そこまで危険なものではなく逆に便利なものだということです。

次の

味覇(ウェイパー)と創味シャンタンの違いは?│味が実はトラブルにより変わっていた!2015年4月から

ウェイパー

ウェイパーとは何か ウェイパーは日本人向けに日本で製造された中華調味料です。 半練りタイプなので、スープや炒め物にさっと使うことができるのが人気の秘密。 家庭で中華料理を作ると、一味足りないと感じることがありますが、そんなときにウェイパーで仕上げるとどんな人が調理しても味が決まります。 ウェイパーとコンソメスープの素はとてもよく似ており、両方ともすでに味が完成していて、日本人の口に合うように作られています。 違いは中華風か洋風かという点と、ウェイパーが半練りなのに対しコンソメは固形や粒状だという点くらいです。 鶏ガラスープの素やシャンタンスープの素は鶏だしの「うわずみ」だけを使用しているのに対し、ウェイパーは「丸ごと」使っているのも特徴の一つ。 ウェイパーの成分について ウェイパーの原材料は以下のように記載されています。 「食塩・鶏や豚のエキス・野菜のエキス・動物性油脂・砂糖・乳糖・小麦粉・スパイス・調味料(アミノ酸等)」 アミノ酸の中にはうま味成分が多い「グルタミン酸ナトリウム」があります。 食品添加物として生成されたものなので、脳に強く作用する恐れが考えられます。 しかし、これはウェイパーだけではなく、すべてのうま味調味料に言えることです。 さらにウェイパーは日本で製造されている製品です。 そのため日本の安全基準に基づいてチェックされているので、常識の範囲内で使用する分には安全といえるでしょう。 ただし、内容表示の一番最初に「食塩」と記載されていることからもわかるように、塩分は多く含まれているので、使いすぎには十分な注意が必要です。 とろりとしたスープにアツアツの豆腐を入れた中華スープのレシピ。 沸騰したお湯にウェイパー・しょう油・酒・塩こしょうを入れ、長ネギとエノキを加えて煮込みます。 大き目に切った絹豆腐を投入し、温めるまで煮込みましょう。 サラダ菜を入れてさっと火を通したら片栗粉でとろみをつけ、仕上げにごま油をたらしたら完成。 サラダ菜に火を通しすぎないのがコツです。 家庭で簡単にできるキャベツとわかめの中華スープの作り方です。 キャベツは一口大にカット。 沸騰したお湯にキャベツを入れてしんなりするまで中火で加熱します。 弱火にしたらわかめとウェイパー・塩・ごま油を入れて溶かしましょう。 仕上げに白ごまをふったらできあがり。 風味を出すためにごま油を入れるのがポイント。 簡単に作れるので、寒い朝にもおすすめ。 とっても簡単にできちゃう中華コーンスープの作り方です。 沸騰したお湯にウェイパーを入れて煮立たせます。 冷凍コーンを加え、溶き卵を流し入れましょう。 鍋の中で卵を泳がせて、ふんわりとよく混ざったらコーンスープの出来上がり。 少ない材料と手間であっという間に作れる簡単スープ。 忙しい朝や、夜食にもさっと作れるのでおすすめです。 簡単なのに本格的なえびと白菜の炒めものレシピ。 サラダ油でざく切りにした白菜とエビをを炒め、酒を振ります。 エビに火が通ったら水とウェイパー、塩を入れて沸騰させます。 水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油をたらしたらできあがり。 手早く作るためにしっかり準備してから火をつけるのがコツです。 エビも凍ったままで大丈夫!簡単なのに本格的な中華味に。 レタスのシャキシャキ食感がくせになる簡単炒め物レシピです。 レタスは食べやすい大きさに手でちぎっておきましょう。 フライパンにごま油・レタス・ニンニク(チューブ)・ウェイパー・しょう油・こしょうを入れて強火で炒めます。 食感が残るくらいで火を止めたら完成。 火を通すとカサが減るので、大量のレタスがおいしく食べられます。 強火でさっと炒めるのがコツ。 ネギ好きが喜ぶ塩焼きそばの作り方です。 豚肉を炒め、軽く塩こしょう。 玉ねぎとシメジを炒めたら、ほうれん草も加えます。 中華麺を乗せてしばらく蒸し焼きに。 麺がほぐれてきたら、ウェイパー・酒・ごま油・塩こしょう・にんにく・ショウガを加えて全体にからめましょう。 5cm幅に切った青ネギを混ぜたら完成です。 ネギを入れたら炒めすぎないのがコツ。 豚肉・ほうれん草で。 豚肉とチンゲン菜、なすの炒め物のレシピ。 乱切りにしたなすは水にさらしておきましょう。 チンゲン菜は食べやすい大きさにカット。 サラダ油で豚肉を炒め、なすとチンゲン菜も加えてさらに炒めます。 塩こしょう・酒・ウェイパー・水を加えて炒め、水溶き片栗粉でとろみをつけたらできあがりです。 定番の豚肉とチンゲン菜の炒め物になすを加えたのがコツです。 余ったご飯でできちゃうツナチャーハンのレシピです。 ツナ缶の油を切り、ネギは刻んでおきましょう。 フライパンに油を熱して、温かいご飯を軽く炒めてからツナ缶を投入。 ウェイパーとたまごを加え、混ぜ合わせます。 最後にネギを入れて、塩こしょうで味を調えたら完成です。 ツナ缶の油のあるのでサラダ油は少なめにするのがコツ。 強めの火で手早く炒めてください。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の