蓮 コラ。 「蓮コラ」にゾッとする理由を英研究者が発表 病気への嫌悪感が原因か

蓮コラ

蓮 コラ

インターネット上で恐怖画像などとして「ネタ」にされるものに「蓮コラ」などと呼ばれるものがある。 蓮の種が詰まっている穴の部分(花托)の画像を人の腕や足などの画像にコラージュしたもので、人の体にポツポツと細かな穴が大量に空いているかのような画像に恐怖・嫌悪感を抱く人も少なくない。 恐怖症として正式には認められていないが 蓮の花托に限らずスポンジ状の構造物やコーヒーなどの液体の上に浮かぶ大量の泡といった小さな穴の集合した様子に対する恐怖症は「トライポフォビア」と呼ばれ、海外ではいくつか論文も発表されている。 2013年には英エセックス大学のアーノルド・ウィルキンス博士とジェフ・コール博士が286人の健康な成人を対象に研究を実施。 トライポフォビアとされる反応を確認し、 「トライポフォビアはその形状(小さな穴が大量に空いている状態)が潜在的に危険な動物(有毒生物など)の視覚的特徴と似ていることから、こうした危険を回避しようとする脳反応に基づいている」 と発表していた。 基本的には自己診断になるため「そもそも恐怖症などではなく単なる思い込みや特異体質ではないか」との意見もあり、米精神医学会なども公式な恐怖症としては認めていない。 しかし、単純に嫌悪感を抱くだけでなく、かゆみや吐き気、パニック発作を起こすという重度のトライポフォビアを報告する論文が2017年4月に南アフリカから発表されており、本格的な検証が必要になっていた。 そんななか、7月6日、英ケント大学のトム・クップファー博士らが発表した最新の研究結果によると、トライポフォビアは有毒生物への恐怖ではなく「寄生虫や感染症などの病気に対する嫌悪感」である可能性が高いという。 クップファー博士らの研究は、フェイスブック上にあるトライポフォビアのグループから募ったトライポフォビアであると自称する18〜69歳までの374人と、同じような年齢構成でトライポフォビアではない304人を対象に、16枚の画像を見せ、その反応を比較するというもの。 8枚は人の肌に発生する円形の発疹や痘瘡、犬の耳に寄生するダニや寄生虫の卵といった病気に関連する画像で、8枚は細かな穴の開いたレンガや蓮の花托といった病気とは関係のない画像となっている。 それぞれの画像を見た後に不快感を1(とても快適)、5(快適でも不快でもない)、9(とても不快)で採点。 さらに嫌悪感を「嫌悪感尺度(TDDS)」という評価シートで、恐怖感を恐怖症の診断に用いる評価シートでそれぞれ0〜7点までで採点している。 恐怖よりも嫌悪が強い まず不快感は、「病気に関連した画像」に対しトライポフォビアのグループもトライポフォビアでないグループも平均8点以上となったが、「病気に関連しない画像」ではトライポフォビアのグループが平均7〜8点だったのに対し、トライポフォビアでないグループは平均5点以下、中には4点(快適)に近い人もいた。 嫌悪感と恐怖感ではどうだっただろうか。 「病気に関連した画像」に対しトライポフォビアのグループは恐怖感が平均3点だったのに対し嫌悪感は4点、「病気に関連しない画像」では恐怖感が平均2. 5点に対し嫌悪感は平均3点で、嫌悪感が強い傾向にあった。 トライポフォビアでないグループでは「病気に関連した画像」に対し恐怖感2点、嫌悪感3. 5点、「病気に関連しない画像」は恐怖感0. 5以下、嫌悪感1点以上となっている。 こうした結果から、トライポフォビアのグループは病気に関連していようといまいと嫌悪感を強く抱いており、研究者らは「危険な生物への『恐怖』より、病気への『嫌悪』がトライポフォビアの根幹にある」と推測しているのだ。 また嫌悪感について、トライポフォビアのグループからは「皮膚がぞわぞわする」「皮膚を虫が這いまわるような感覚」といった意見が多く、クップファー博士らは 「寄生虫への明示的な言及となっており、病原菌や寄生虫への嫌悪を強く感じさせる」 とコメント。 トライポフォビアが嫌悪感をベースにした感覚であり、寄生虫や感染症を回避しようとする過度の応答のひとつであると結論付けている。 外部サイト.

次の

木に蓮コラレベルの大量の穴を開けドングリを仕込む「ドングリキツツキ」 : カラパイア

蓮 コラ

もくじ• トライポフォビア(Trypophobia) ぶつぶつが怖い! 何の変哲もない、何の害もないとわかっていることでも、穴やぶつぶつが集合したものを見ると、嫌悪感に襲われたり、不安を感じることは、実は多くの人が体験していました。 中には、吐き気やめまいなどのパニック症状を起こす人もいるそうです。 2005年にアイルランドの女性が、ギリシャ語の 「穴あけ(trypo)」と英語の 「恐怖症(phobia)」を組み合わせて 『トライポフォビア(trypophobia)』 という造語の名前をつけたところ、あっという間に世界に広まりました。 蓮コラ 気持ち悪い絵のわかりやすい例として、蓮の実の画像がよく出されます。 平気な人は平気ですが、嫌な人には見ていると気持ち悪くなる画像です。 出典: どうして気持ち悪いのか 危険な物体が転写されたことを感じる本能的な恐怖 2013年、英エセックス大学で視覚科学を専攻している 「ジェフ・コール博士」と 「アーノルド・ウィルキンス教授」が、 「サイコロジカル・サイエンス」という科学誌に、トライポフォビアについての研究発表を掲載しました。 二人の説では、トライポフォビアとは、 「危険な物体が無害な物体に転写されたことから感じる本能的な恐怖」 だそうです。 もう少しわかりやすくいうと、穴やぶつぶつの集合体を見ると、• 皮膚がただれて剥けてしまうようなひどい怪我とか• 寄生虫がうじゃうじゃ沸いている様子とか• 猛毒を持つ動物の外観とか を無意識に連想して、自己防衛本能が呼び覚まされ、不安や恐怖を感じると考えられるのだそうです。 脳が余計な酸素を消費しすぎることを防ぐための本能 2016年、ウィルキンス教授は、今度は心理学者の 「ポール・ヒバート氏」と共に、更に踏み込んだ本能の反応について論文を発表しました。 そこには、脳の酸素の消費が関係しているそうです。 脳は人間の体が必要とする酸素の2割を消費する所です。 普通にしていてもたくさん酸素がいるのに、急激に大量に酸素が消費される事態が起これば、からだは必死に酸素節約に向けた反応を示します。 不安や恐怖などの不快感は、脳にたくさん酸素を消費させるので、不快の原因から遠ざかりたい衝動が生まれます。 感染症を連想させたり、毒のある動物の特徴である 「ぶつぶつ」を見て不快になるのは、 「それを見るな!(そこから逃げろ!)」 と本能が命じているサインということです。 しかし、トライポフォビアの人の多くは、皮膚病や毒のある動物とは全然似ていない、• 鉄パイプが積まれた光景• 幾何学的な亀甲模様• メロンの種の並び などを見ても気持ち悪く感じます。 これは、単に危険回避の反応が過剰なだけではなく、 「数学的特性」というのが関係していると説明しています。 難しい理屈は飛ばしますが、人間の脳は、同じような形が連続して大量に集まって並んでいるような外観(こういうのを「数学的特性がある」外観というそうです)を見た時、それがなんだか把握するまでの処理を効率的には行えないようにできているそうです。 要するに、 「びっしり~」なものを見て分析するとき、脳はたくさん酸素を使うらしいです。 そのため、やはり酸素を節約しようとして、不快感サインが出る、ということです。 まとめ なんだか小難しい感じもしますが、わかりやすく理解しようとするなら、• 「ぶつぶつのものは危険なもの」と本能が判断する• ぶつぶつを見ると、脳がとっても疲れてしまう という人間のからだの特性があるので、無意識にそういうものを 「見たくないぞー」と思うように、脳は不快感サインを出す、というのがトライポフォビアのメカニズムということです。 でも、一方で、人間の好奇心は、怖いもの見たさでついつい 「蓮コラ」を検索してしまったりするのです。 結構グロい絵、出てきますよ。 あなたもどうですか(笑) ほんと、 「ヒトの心」のメカニズムって不思議・・・.

次の

【観覧注意】恐れていたことが現実に… iPhone 11 Pro登場で蓮コラ画像が…

蓮 コラ

トライポフォビアと集合体恐怖症 トライポフォビア、前述のWikipediaによれば「パンチ穴」+「恐怖症」からくる造語で「繰り返しパターン恐怖症」と呼ぶこともあるようです。 植物好きとしては蓮の実を見たところで何の悪寒も抱きませんが、山中で自然発生的なウジ虫を見たりするのは好ましくない訳です。 用語が定められているあたり多くの方が抱く共通認識なのかと思ったら、 蓮コラ画像の流行と前後して出来た最近の言葉みたいですね。 いくつかの関連記事を比較したところによれば、不快感の原因となるのは次のようなものとのことです。 密集した卵• 生き物の大群• 蜂の巣(蓮も昆虫も両方)• パンチングボードやフェンス• 団地 最初、団地などが書かれてあるのを見て少し疑問に思ったんですけど、大規模造成の集合住宅に恐怖を感じる人がいるんだそうです。 言葉が定義されてなかっただけで、実は根源的な現象なのかどうかは不明。 Geoff Cole,Arnold Wilkins いずれにせよ穴要素は重要じゃないのかなと思いました。 トライポフォビアの定義はとても曖昧 興味を持って調べ始めたはいいんですけど、蓮コラから生まれた言葉の割にはトライポフォビアの対象とされる画像があまり蓮コラ的でないのが気になってます。 まだあまり学術的に論じられてない部分だからかも知れませんが、数少ない考察例も集合要素と穴要素がごっちゃになってます。 (本稿も例外ではありません。 ) ハチの巣にしても、巣にびっしり幼虫が詰まってるのは蓮コラに近いと思うんですけど構造物としての蜂の巣を単体で取り出しても、それほど蓮コラ的でない気がしますし。 でも、ハニカムタイルはトライポフォビアの代表的な対象のようです。 生体要素の強い蓮コラに対し繰り返しパターンは無機的 ところで私、繰り返しパターンに恐怖を感じることはないんですが見るのは苦手です。 それというのも規則的な柄をぼんやり見てると気持ち悪くなることがあるため。 目の細かいフェンスなどを見ていると、無意識に立体視をしてしまう癖があって自分でもどこに視点を置いてるのか わからなくなることがあります。 運転してる時などは気を張ってるから大丈夫なんですが、ぼーっと歩いてると、急にフェンスが迫ってきたり階段などとの距離感がつかめなくなって踏み外しそうになる。 どうやらこういう体質? の人は一定の割合で存在するらしいのですが人によってはこれを恐怖感と結びつけることがあるかも知れません。 蓮コラとトライポフォビアは分けて考えた方が良いと思う なにぶん専門家じゃないし資料が少ないので断定出来ないんですけど「蓮コラ的」とされる画像への恐怖感と繰り返しパターンに対する恐怖感は性質が違うような気がします。 例えば目の前にパンチングボードがあったとき 「自分の体が同様に穴だらけになる時」を想像してしまう人と 「穴の向こうに未知の脅威がいるかも」と思う人と 「立体視によるめまい、及び それに起因する怪我」を危惧する人は それぞれ対処が違うのではないのでしょうか。 それを 「パンチングボード見たら怖がる人」って一緒にするのは違和感あるし、場合によっては弊害もありそうです。 国内の専門家の意見はどうなんだろう。 是非伺ってみたいところですね。 おち研は日常を雑学する野良研究所です。 月間20万PV感謝。 お探しの記事がありましたら検索窓やもお試し下さい。 所長ごあいさつ おち OCHI, Mizuki 花鳥風月をこよなく愛する体育会系。 趣味はバラバラに見えて科学繋がりです。 ochiken カテゴリ一覧• twitter で人気かも知れない記事• -2RT• 11254RT• 5572RT• 1896RT• 1791RT• 1469RT• 313users• 208users• 219users• 210users• 174users• 163users このカテゴリの人気記事•

次の