ありがたい 類義語。 ことわざ「恐れ入谷の鬼子母神」の意味と使い方:例文付き

「幸いです」の意味と正しい使い方|類語・同義語の解説付き

ありがたい 類義語

ビジネスで使う「幸いです」の意味 「幸いです」という表現は、ビジネス上のメールや文書など、かしこまった文章の中でよく見かけます。 自分が相手に対して、何かお願いしたいときに使う丁寧な表現です。 」という直接的な表現を使用したら、相手に失礼な印象を与えてしまうと感じる場合には、柔らかいニュアンスを持つ「幸いです」を使用します。 」というような使い方が一般的です。 さらに、相手に贈り物をする場合や何らかの便宜を図る場合に、「幸いです」が使われることもあります。 すなわち、自身が選んだ贈り物や段取りをしたことに対して、「相手が喜んでくれたらうれしい」と自身が期待する気持ちを表す表現です。 単に、自分がうれしいという感情表現ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して使用される点に注意しましょう。 具体的な使い方については、後ほど例文とともにご説明しますので、合わせてご覧ください。 目上の人に対する「幸いです」はNG 一見すると敬語かと勘違いする人もいるほど、丁寧なニュアンスを醸し出すのが「幸いです」という表現。 しかしながら、実際、「幸いです」を目上の人に対する文書やビジネスメールで使うことは、避けた方がよいとされています。 なぜなら、相手の受け取り方によっては、少々失礼な印象を与えてしまう場合があるからです。 自分よりも明らかに立場が上の方や目上の人に対して、敬意を確実に込めたいのであれば、「幸いに存じます」という表現に変えましょう。 ちなみに、ここでいう「存じます」とは、「思います」を敬語にした表現です。 さらに、お世話になっている上司や得意先の役員などに対して、最上級の敬意を表したいときには、「幸甚(こうじん)に存じます」が最もふさわしい表現となります。 「幸いです」を使う際の注意事項 「幸いです」や、その敬語表現である「幸甚に存じます」を使用する際には、留意しておくべきことがあります。 」という表現を使ったと仮定します。 その答えは、No(いいえ)です。 したがって、もし、確実に相手に特定の行為を依頼したいのであれば、「幸いです」の使用は控えることをおすすめします。 ビジネス上で意思疎通を円滑に行なうためにも、自分が相手に対して依頼する気持ちをはっきりと伝えたいときは、「お願い申し上げます」という表現をするのが適切です。 「幸いです」を使ったビジネス文例 ビジネスマナーに則って、適切に「幸いです」や「幸甚に存じます」を使えるよう、具体例を紹介します。 御社にて、ぜひお役立ていただければ幸いです。 」 「幸いです」の類語・同義語は? ビジネスメールや挨拶状など、文書の中では「幸いです」や「幸甚に存じます」という表現は一般的ですが、電話など会話上では別の表現を使います。 例えば、「幸いです」の類語や同義語としてよく使われる表現が、「ありがたいです」「大変助かります」といった言い回しです。 」という表現も可能です。 一方、目上の方に使う表現「幸いに存じます」の類語や同義語は、基本的には前述のとおりですが、少し硬さを和らげるために「幸いです」という表現を使うこともできます。 まとめ 使用する相手や依頼する気持ちの強さによって、「幸いです」という表現を日ごろから上手に取り入れていきましょう。 取引先やお客様などに対して、感じがよい応対ができるようになるためにも、「幸いです」や「幸甚に存じます」をしっかりとマスターしておきたいものですね。

次の

「幸いです」は正しい敬語なのか・類義語・言い換えの方法

ありがたい 類義語

【力を添えて、危険や死からのがれられるようにする】• 【力を添えて、事がうまくいくようにする】 ビジネスシーンで「助ける」時は、2.の力を貸してうまくいくよう補助するという意味で使われることが一般的です。 「助かります」の使い方 「助かる」「助ける」の意味で確認したように、ビジネスシーンや仕事中に「助かります」と言う時は、「負担などがあるため、力を貸してほしい」「力を貸してくれてありがたい」という気持ちを表しているといえます。 「力を貸してほしい」「力を貸してくれてありがたい」という意味はそれぞれ異なっています。 どのような状況で使うのかを整理します。 依頼の気持ちを表す「助かります」 何か援助を依頼したい、力を貸してほしい時の「助かります」は【依頼】の表現として使われます。 例えば大量のコピーを取らなければならない時に「半分お願いできれば助かります」などと同僚に依頼します。 感謝の気持ちを表す「助かります」 誰かが補助してくれた時や手を貸してくれた時は【感謝】の表現として使われます。 例えば重い荷物を抱えていた時に、誰かがさっと補助してくれた時は「助かります」と感謝の気持ちを表現します。 「助かります」は敬語? 「助かります」は丁寧語 「助かります」は「助ける」を「です・ます」に言い換えた丁寧語であるため、敬語としては問題ありません。 仕事上で使えるのは先輩まで しかし、ビジネスの取引先や、目上の人、会社の上司などには用いない方がよい言葉です。 なぜなら、「助かります」は相手の力添えがあることを前提とした、自分が主体の言葉であるため、上から目線のような印象を与える恐れがあります。 また、「助かります」は気軽な挨拶の言葉として用いられる言葉でもあるため、特にビジネス文書やメール、社内でも役職の高い人に対して使うと、失礼になることがあります。 そのため、会社内では同僚や部下、親しい先輩までに使う表現であると心得ておきましょう。 「助かります」の類語や言い換え方 それでは上司に補助をお願いしたり、役に立つことを教えてくれたりした時、「助かります」と言いそうになったらどうしたらよいでしょうか? 「助かります」は失礼のない類語に言い換えることができますので紹介します。 感謝の気持ちは「ありがとうございます」 サポートや助言などを頂いた時は「ありがとうございます」と言うのがよいでしょう。 〇:事前に連絡をいただければ幸いに存じます。 〇:ご賛同いただけるとのこと、大変有難く存じます。 「助かります」と言われた時の返事は? 相手に「助かります」と言われた時の返事はどのようにしたらよいのでしょうか? 「お役に立てて嬉しいです」 例えば重い荷物を抱えた同僚に「荷物を持ちましょう」と手を差し伸べたとき、「助かります!」と言われたら「お役に立てて嬉しいです」と言えたらスマートです。 メールでは「嬉しく思います」「幸いです」 メールで「助かりました」と書かれていた場合は、「お役に立てて嬉しく思います/嬉しく存じます」「お役に立てて幸いです/幸いに存じます」と返信することができます。 まとめ 「助かります」はコミュニケーションを取るための便利な言葉ですが、ビジネスシーンや目上の人に使うと失礼になることがあります。 しかし、カジュアルな表現を逆手に取って、親しい上司などにあえて使うことで、親密な気持ちを表すこともできます。 いずれにしても、相手との関係性によって最適な言葉の選択が求められます。 適切な言葉を使って良好な関係を保ちましょう。

次の

「ありがたい」を敬語で使うには?ビジネスメールに便利な類語も紹介

ありがたい 類義語

【力を添えて、危険や死からのがれられるようにする】• 【力を添えて、事がうまくいくようにする】 ビジネスシーンで「助ける」時は、2.の力を貸してうまくいくよう補助するという意味で使われることが一般的です。 「助かります」の使い方 「助かる」「助ける」の意味で確認したように、ビジネスシーンや仕事中に「助かります」と言う時は、「負担などがあるため、力を貸してほしい」「力を貸してくれてありがたい」という気持ちを表しているといえます。 「力を貸してほしい」「力を貸してくれてありがたい」という意味はそれぞれ異なっています。 どのような状況で使うのかを整理します。 依頼の気持ちを表す「助かります」 何か援助を依頼したい、力を貸してほしい時の「助かります」は【依頼】の表現として使われます。 例えば大量のコピーを取らなければならない時に「半分お願いできれば助かります」などと同僚に依頼します。 感謝の気持ちを表す「助かります」 誰かが補助してくれた時や手を貸してくれた時は【感謝】の表現として使われます。 例えば重い荷物を抱えていた時に、誰かがさっと補助してくれた時は「助かります」と感謝の気持ちを表現します。 「助かります」は敬語? 「助かります」は丁寧語 「助かります」は「助ける」を「です・ます」に言い換えた丁寧語であるため、敬語としては問題ありません。 仕事上で使えるのは先輩まで しかし、ビジネスの取引先や、目上の人、会社の上司などには用いない方がよい言葉です。 なぜなら、「助かります」は相手の力添えがあることを前提とした、自分が主体の言葉であるため、上から目線のような印象を与える恐れがあります。 また、「助かります」は気軽な挨拶の言葉として用いられる言葉でもあるため、特にビジネス文書やメール、社内でも役職の高い人に対して使うと、失礼になることがあります。 そのため、会社内では同僚や部下、親しい先輩までに使う表現であると心得ておきましょう。 「助かります」の類語や言い換え方 それでは上司に補助をお願いしたり、役に立つことを教えてくれたりした時、「助かります」と言いそうになったらどうしたらよいでしょうか? 「助かります」は失礼のない類語に言い換えることができますので紹介します。 感謝の気持ちは「ありがとうございます」 サポートや助言などを頂いた時は「ありがとうございます」と言うのがよいでしょう。 〇:事前に連絡をいただければ幸いに存じます。 〇:ご賛同いただけるとのこと、大変有難く存じます。 「助かります」と言われた時の返事は? 相手に「助かります」と言われた時の返事はどのようにしたらよいのでしょうか? 「お役に立てて嬉しいです」 例えば重い荷物を抱えた同僚に「荷物を持ちましょう」と手を差し伸べたとき、「助かります!」と言われたら「お役に立てて嬉しいです」と言えたらスマートです。 メールでは「嬉しく思います」「幸いです」 メールで「助かりました」と書かれていた場合は、「お役に立てて嬉しく思います/嬉しく存じます」「お役に立てて幸いです/幸いに存じます」と返信することができます。 まとめ 「助かります」はコミュニケーションを取るための便利な言葉ですが、ビジネスシーンや目上の人に使うと失礼になることがあります。 しかし、カジュアルな表現を逆手に取って、親しい上司などにあえて使うことで、親密な気持ちを表すこともできます。 いずれにしても、相手との関係性によって最適な言葉の選択が求められます。 適切な言葉を使って良好な関係を保ちましょう。

次の