エコ ドライブ 日記。 シチズン テクノロジーサイト[CITIZEN

時計の機能 エコドライブとは?シチズンeco drive 腕時計 :時計職人 川口誠 [マイベストプロ愛媛]

エコ ドライブ 日記

究極は徒歩・自転車。 次に公共交通機関ですが、車が無いと生活できない 場所もあります(私のトコも・・・)。 ガソリン・軽油高いし、そんな時エコ・ドライブを心がけたいものです。 というわけで、からのピックアップです。 1 アイドリング・ストップ 乗用車がアイドリング時に使う燃料は、10分間で0. 1~0. 2リットル。 買い物、荷物の積み降ろし時のストップの積み重ねが大きな差になります。 2リットル燃料を余分に消費。 1回の給油で1リットル近くのガソリンの無駄使いすることになります。 3 不要な荷物を積まない 30kgの荷物を積んで1,000km走行した場合、約1リットルの燃料を余分に消費。 荷物をたくさん積むと、車の重量が増えるため燃費は悪くなります。 4 暖機運転は短く 最近の車は長時間の暖機を必要としません。 寒冷地などを除き、走りながら暖めるウォームアップ走行で充分です。 5 急加速、急発進をしない 100回の急発進や急加速で、約1. 2リットルのガソリンを余分に消費します。 車間距離を詰めると加減速の機会も多くなり、燃費が悪くなります。 7 エンジンブレーキを活用 ブレーキペダルを踏むより、エンジンブレーキを使うほうが燃費がよくなります。 8 駐車場所は良く考えて 迷惑駐車があると、通行する車は不要な加減速を強いられたり、 渋滞によるアイドリングが発生します。 9 夏のエアコンは設定温度を1度高く エアコンはコンプレッサーを作動させるため、エンジンに負荷をかけます。 温度や風量をこまめに調節しまたり、時には窓をあけるのも気持ちいいですよ。 10 計画的にドライブ ゆとりある運転、急がない、迷わないことは、燃料の無駄使いも防ぎます。 出発前にルートプランを立てること、地図やカーナビなどの活用もプラスです。 ・・・環境を意識していると、余計なことを考えるようになります(笑) スペースシャトルの打ち上げを見て、派手にCO2まき散らして~と思ったら、 あれはロケットなので、水素燃料ですかね? で、F1レースを見る・・・う~ん.

次の

エコドライブ

エコ ドライブ 日記

究極は徒歩・自転車。 次に公共交通機関ですが、車が無いと生活できない 場所もあります(私のトコも・・・)。 ガソリン・軽油高いし、そんな時エコ・ドライブを心がけたいものです。 というわけで、からのピックアップです。 1 アイドリング・ストップ 乗用車がアイドリング時に使う燃料は、10分間で0. 1~0. 2リットル。 買い物、荷物の積み降ろし時のストップの積み重ねが大きな差になります。 2リットル燃料を余分に消費。 1回の給油で1リットル近くのガソリンの無駄使いすることになります。 3 不要な荷物を積まない 30kgの荷物を積んで1,000km走行した場合、約1リットルの燃料を余分に消費。 荷物をたくさん積むと、車の重量が増えるため燃費は悪くなります。 4 暖機運転は短く 最近の車は長時間の暖機を必要としません。 寒冷地などを除き、走りながら暖めるウォームアップ走行で充分です。 5 急加速、急発進をしない 100回の急発進や急加速で、約1. 2リットルのガソリンを余分に消費します。 車間距離を詰めると加減速の機会も多くなり、燃費が悪くなります。 7 エンジンブレーキを活用 ブレーキペダルを踏むより、エンジンブレーキを使うほうが燃費がよくなります。 8 駐車場所は良く考えて 迷惑駐車があると、通行する車は不要な加減速を強いられたり、 渋滞によるアイドリングが発生します。 9 夏のエアコンは設定温度を1度高く エアコンはコンプレッサーを作動させるため、エンジンに負荷をかけます。 温度や風量をこまめに調節しまたり、時には窓をあけるのも気持ちいいですよ。 10 計画的にドライブ ゆとりある運転、急がない、迷わないことは、燃料の無駄使いも防ぎます。 出発前にルートプランを立てること、地図やカーナビなどの活用もプラスです。 ・・・環境を意識していると、余計なことを考えるようになります(笑) スペースシャトルの打ち上げを見て、派手にCO2まき散らして~と思ったら、 あれはロケットなので、水素燃料ですかね? で、F1レースを見る・・・う~ん.

次の

エコドライブの基本(誰でもできるエコ運転術)

エコ ドライブ 日記

国立環境研究所が面白いデータを発表している。 自動車のドライバーが、スピードを出しすぎず、急な減速をしないようにするといった、いわゆるエコドライブをすると、周囲の車にもガソリン消費削減効果が波及するというのだ。 条件にもよるが、CO2の排出削減効果はエコドライブをしている車だけで得られる効果の2倍以上になるケースもあったそうだ。 交通量や信号など様々なパターンを想定して効果を計算している。 たとえば、「信号間隔500メートル」などの条件で全体の20%がエコドライブの場合、これの直接削減効果は2. ところが、」波及効果も入れると6. 6%になり、約2. 5倍に拡大。 エコドライブ車比率が40%の場合は約2倍の10. 5%となった。 エコドライブ車の後続車も結果的にゆっくり走るなどの影響が出るためだ。 従来、一部の車がエコドライブすると、交通全体では流れが乱れ、CO2排出が増えるとの指摘もあったそうだが、今回の研究から、全体としてはむしろ大きな削減効果が期待できることが分かったということだ。 自分自身それほどエコドライブに徹しているとは思わないが、下り坂ではアクセルを全く踏まないで慣性で走らせるようにするし、前方が赤信号であることを確認すると、やはりアクセルから足を離してしまう。 停まる寸前までアクセルに足を乗せていると、余計な燃料を使うことになるし、寸前で強くブレーキを踏めば、ブレーキパッドの消耗も大きくなると思っているからだ。 それは、後ろから来る車のドライバーから見れば、のろのろした車だなと見えるかもしれない。 しかし、こちらに連れもって速度を落として貰えば、今回のデータと同じようなことになるのだろう。 当たり前といえば当たり前かもしれないが、相乗効果が大きいことが示されたのが面白い。 このような連れもって現象は他のエネルギー消費分野にもあるに違いない。 新しい冷蔵庫に取り替えたら電気代が下がったと言うのを聞いて、それなら自分もと思う人が多ければ、その倍数効果は大きいだろう。 誰かがやり始めることが重要だということだろう。 YSER.

次の