カラオケ しゃくり こぶし。 カラオケ用語!ビブラート・しゃくり・こぶし・フォールって?

カラオケのしゃくり,こぶし,ビブラート,フォールって何?徹底解説

カラオケ しゃくり こぶし

ビブラートとは声を小刻みに上下させるという事です いわば棒のようにまっすぐに伸ばすのでなく上下に揺するように 伸ばすという事です。 声に力が無くてヘナヘナと上下するのはチリメンビブラートと言って 歌では良いことではないです。 コブシというのもビブラートと似てますがこれは語尾を上下させる ビブラートと違って歌の途中などで楽譜に書けないような細かい 節を付ける事を言います。 基本はやっぱり音を上下させると言う点では似てますがビブラート と違うのは長期に回すという事はなくコブシはほとんど瞬間に上下 させるというような感じになると理解すると良いでしょう。 演歌の人たちが多用しますので例えば都はるみとか五木ひろし あたりの声を良く聴いたら理解できるかと思います。 しゃくりというのは真っ正直にその音を出さずに少し下の音を軽く 出しながらその音に持ち上げていくという歌い方を言います。 これも演歌の歌手が出だしの所で良く多用しますのでわかる かと思います。 フォールというのは文字通り落ちるという事ですから前の音から 下の方に声をなめらかに下げるという歌い方です。 グリスダウンという言い方もします。 譜面上では細かい階段状の下り坂で表示したりします。

次の

カラオケ用語!ビブラート・しゃくり・こぶし・フォールって?

カラオケ しゃくり こぶし

ビブラートとは声を小刻みに上下させるという事です いわば棒のようにまっすぐに伸ばすのでなく上下に揺するように 伸ばすという事です。 声に力が無くてヘナヘナと上下するのはチリメンビブラートと言って 歌では良いことではないです。 コブシというのもビブラートと似てますがこれは語尾を上下させる ビブラートと違って歌の途中などで楽譜に書けないような細かい 節を付ける事を言います。 基本はやっぱり音を上下させると言う点では似てますがビブラート と違うのは長期に回すという事はなくコブシはほとんど瞬間に上下 させるというような感じになると理解すると良いでしょう。 演歌の人たちが多用しますので例えば都はるみとか五木ひろし あたりの声を良く聴いたら理解できるかと思います。 しゃくりというのは真っ正直にその音を出さずに少し下の音を軽く 出しながらその音に持ち上げていくという歌い方を言います。 これも演歌の歌手が出だしの所で良く多用しますのでわかる かと思います。 フォールというのは文字通り落ちるという事ですから前の音から 下の方に声をなめらかに下げるという歌い方です。 グリスダウンという言い方もします。 譜面上では細かい階段状の下り坂で表示したりします。

次の

カラオケDAM精密採点の表現力とは?抑揚で点数アップ?

カラオケ しゃくり こぶし

Children 98 90 28 16 0 表現力はいずれも90後半の非常に高い値です。 これに影響を与えているのは抑揚としゃくりのみで、こぶしとフォールはあまり影響を与えていないのがよくわかります。 そのため 精密採点DX-Gでは「抑揚で高い評価を取り、しゃくりを15回程度入れれば表現力が取れる」なんて言われていました。 ですが精密採点Aiでは表現力の評価は大きく変わることになります。 しかし精密採点Aiではどの曲でも表現力が80程度までしか伸びていません。 明らかに 精密採点DX-Gの時とは採点方法が異なっていることが分かります。 ならばどうすれば精密採点Aiにおいて点数が上がるのか、このヒントは「こぶし」と「フォール」にあります。 以下は同じ曲においてこぶしを入れない場合、入れた場合の表現力の結果です。 抑揚が高く 90点台 、しゃくりの回数がかなり多く 100回近く? 、こぶし、フォールが20回程度入れば表現力は高い評価がもらえるでしょう。 採点の範囲に「こぶし」と「フォール」が追加されたということですね。 精密採点Aiの表現力で高得点を取るには「こぶし」「フォール」についても出来るようになる必要があるようです。 むしろ逆に勝手にこぶしやフォールが入ってしまう人の場合は高得点が取りやすいということになります。 こぶしやフォールも採点対象になったのは良いところですが、しゃくりを100回程度入れる必要があるのはどうなのでしょう?と思ってしまいますね。 抑揚の判定方法も変わっているので注意! 従来の抑揚を上げる手法は使えない! 表現力に関して気をつけておかないといけないのは、抑揚の判定方法が変わっている点です。 以前の精密採点DX-Gでは抑揚は声の大小で判断していました。 なので意図的に声の大きさを変えたり、マイクの距離を調節するなどして抑揚で高い点を取ることが可能でした。 音程バーの1画面を目測で半分に切って、前半をマイクを近づけて、後半をマイクを遠ざけて歌うといった方法も考案されていました。 ですがこの方法は 精密採点Aiでは通用しません。 採点結果のコメントにて「意図的にマイクを動かさないようにしましょう」と注意されているので、感知されているのは間違いないです。 声の意図的な大きさの操作や、マイクの距離の操作をすると抑揚は下がってしまうようです。 実際にやってみた場合でも60点、70点ほどにしかなりませんでした。 間違いなく精密採点DX-Gの抑揚の判断方法とは異なっているようですね。 マイクコントロールや声の大きさを変えることはしないようにしましょう。 普通に歌うことで抑揚UP!ただしマイクと口の距離には注意 声の大きさを意図的に変えることが通用しないならどうすればいいんだ、と思われるかもしれませんが、答えは 普通に歌えば良い、ということです。 マイクを口に近づけすぎないようにして普通に歌えば抑揚は高得点が出ます。 アーティストの歌い方を真似して普通に歌うだけでもマイクコントロールをした場合よりも高い抑揚の点数が出ました。 ただし口にマイクを近づけすぎると抑揚の点数が下がるので、そこは要注意ですね。 オクターブ下で歌唱している人は注意! もう1つお伝えしないといけないのは、 オクターブ下で歌唱する場合は抑揚の値が低くなりやすい、という点です。 私は採点で高得点を狙う場合には落ち着いて歌うためにオクターブ下で歌唱するのですが、どう歌っても抑揚で高い点数を取ることができませんでした。 おそらくですが抑揚の判断に声域や音程などが使われていて、音程がずれた際などにオクターブ下でずれていると判断するために抑揚が低いのかな、と思い始めました。 これに対する解決策は意外と簡単で、 オクターブ下で歌うのではなく、曲のキーを極端に下げることで対 応が可能です。 女性アーティストの曲の場合はオクターブ下でちょうどよく歌うことができます。 ですがオクターブ下では抑揚で高い点数が取れません。 そこでカラオケでの曲のキーを極端に下げて歌うことで、オクターブ下を使わずに歌う、という手法が取れます。 これをすることでオクターブ下を使用せずに、抑揚で減点されることなく高い値を取ることができるようになりました。 このように対策をすることで、抑揚で高い点数を取ることができます。 精密採点Aiでの表現力の取り方 ~おわりに~ 以上、精密採点Aiにおける表現力の仕組みと攻略法でした。 前作の精密採点DX-Gと比べると採点方法が変わっていて、新たに「こぶし」や「フォール」が必要になるのがやっかいなところです。 マイクコントロールだけで点数を取るよりはちゃんとした採点なのかもしれませんが、しゃくりを50回以上入れないと90点台に届かないのはかなり厄介ですね。 とはいえ実は「Ai感性」という項目のおかげでそこまで高い表現力を取らなくても90点や95点は取りやすくなっています。 「さすがにここまでして表現力で高い点数取りたくないよ!」という方は、こんな攻略法は考えなくてもいいのかもしれません。 あくまでも90点台後半や100点を目指すための知識ですからね。 精密採点Aiについては他にもさまざまな項目があり、それについても当サイトで解説しています。 こちらも参考にしてください!.

次の