浦和 中央 ボーイズ。 熊本中央ボーイズのホームページ

浦和中央ボーイズ一覧

浦和 中央 ボーイズ

熊本西部ボーイズさんと熊本中央ボーイズが参加した、ソフトバンクホークス野球教室が行われました。 工藤監督が登場された際は、感動ものでした。 工藤監督は、「練習のひとつひとつに目的があるので、目的を自分たちで考える。 練習をただやるだけでは駄目だよ。 」と言われてました。 選手たちは肝に銘じて欲しいものです。 工藤監督にはピッチャーひとりひとりのピッチングを見ていただき、アドバイスをいただきました。 選手ひとりひとりと対決もしていただきました。 野球教室の最後は、皆で記念撮影。 お母さんたちには、炊き出しもしていただきました。 工藤監督も選手たちとカレーを堪能され、コミュニケーションを図られてました。 選手は忘れれられない経験をしたのではないでしょうか...

次の

❏至2017年12月

浦和 中央 ボーイズ

1 K. USUI 21 41 61 81 2 S. KITAI 22 H. YAMAGUCHI 42 62 82 3 Y. SHIMADA 23 R. KAI 43 63 83 4 R. KOSHIDAKA 24 T. MORITA 44 M. SAKAMOTO 64 84 5 T. ICHIKAWA 25 A. OGITANI 45 65 85 6 R. SATO 26 M. SHIMIZU 46 66 86 7 M. NAKAJIMA 27 47 K. ISHIWATARI 67 87 8 T. SUNAGA 28 S. TANAKA 48 68 88 K. IZUMI 9 T. KOSHIKAWA 29 S. INABA 49 I. TAKADA 69 89 S. SUGISAKI 10 H. ISHIWATARI 30 NOMOTO 50 70 90 11 S. SERIZAWA 31 Y. YAMAMOTO 51 S. IYODA 71 9 1 12 S. AMANO 32 M. HONMA 52 72 9 2 13 Y. SAKURAI 33 H. SHIKAKURA 53 73 9 3 14 S. INOUE 34 D. SATO 54 I. NAGATA 74 9 4 15 K. ADACHI 35 55 75 9 5 16 T. TSUCHIYA 36 56 76 9 6 17 37 57 77 N. SAGAWA 9 7 18 Y. IKEDA 38 58 78 9 8 19 Y. TOMITA 39 59 79 9 9 K. OGASAWARA 20 J. SHIBASAKI 40 60 80 01 T. MOTEGI 1 K. USUI 21 S. NAGAHARA 41 61 81 2 S. KITAI 22 H. YAMAGUCHI 42 62 82 3 Y. SHIMADA 23 Y. KAMIYAMA 43 63 83 4 R. KOSHIDAKA 24 T. MORITA 44 64 84 5 T. ICHIKAWA 25 A. OGITANI 45 65 85 6 T. KAWAI 26 M. SHIMIZU 46 66 86 Y. JYOGASAKI 7 K. MORI 27 Y. KANEKO 47 K. ISHIWATARI 67 87 8 28 48 E. YOSHIDA 68 88 9 T. KOSHIKAWA 29 S. INABA 49 69 89 10 H. ISHIWATARI 30 NOMOTO 50 70 0 0 M. FUKUSHIMA 11 R. SHIMABUKURO 31 Y. YAMAMOTO 51 S. MIURA 71 0 1 T. MOTEGI 12 S. AMANO 32 M. HONMA 52 72 0 2 13 Y. MORI 33 53 73 0 3 14 S. INOUE 34 D. SATO 54 I. NAGATA 74 0 4 15 K. ADACHI 35 55 H. OMI 75 0 5 16 D. OHUCHI 36 56 76 0 6 17 H. ISHIGE 37 57 77 N. SAGAWA 0 7 18 H. YAMAGUCHI 38 58 78 0 8 19 Y. TOMITA 39 59 79 0 9 20 K. UCHIDA 40 60 80 0 S. HIROTA 1 21 41 61 81 2 22 42 62 82 3 23 Y. KAMIYAMA 43 63 83 4 R. KOSHIDAKA 24 44 64 84 5 25 A. OGITANI 45 65 85 6 R. FUKAYA 26 46 66 86 Y. JYOGASAKI 7 K. MORI 27 Y. KANEKO 47 67 87 8 T. KANEKO 28 48 E. YOSHIDA 68 88 9 H. KANG 29 S. INABA 49 69 89 10 30 50 70 0 0 M. FUKUSHIMA 11 R. SHIMABUKURO 31 51 S. MIURA 71 0 1 12 32 52 72 0 2 13 Y. MORI 33 53 73 0 3 14 34 54 I. NAGATA 74 0 4 15 K. ADACHI 35 55 H. OMI 75 0 5 16 D. OHUCHI 36 56 76 0 6 17 37 57 77 0 7 18 H. YAMAGUCHI 38 58 78 0 8 19 Y. TOMITA 39 59 79 0 9 20 K. UCHIDA 40 60 80 0 S. HIROTA.

次の

❏至2017年12月

浦和 中央 ボーイズ

チームの保護者の方からいただいたメールにはお兄ちゃんは中学の新3年生。 毎週土曜日、日曜日は浦和ボーイズの練習でなかなか弟くんとの時間はありませんでした。 でもこの時期活動は自粛 … 土曜日、日曜日に普段遊べないお兄ちゃんと野球をしたり遊んでもらって楽しい時間を過ごしました!とメールをいただきました。 なんだかホッコリ。。。 少なからず土曜日、日曜日は野球に追われず家族団らんを楽しんだりすることもあるでしょう。 お父さんたちの飲み会も減り無駄使いも減ったでしょう! お母さんの朝早いお弁当や汚いユニフォームの洗濯も減ったことでしょう! 母はやってあげたいかぁ これだけ経済活動が自粛になり飲食店も自粛すると社会的に深刻な食品破棄率も減りゴミも減ると思います。 ゴミが減ると CO2 も減ります。 CO2 が減ると地球は喜ぶと思います。 時間がたっぷりとあるので今週末は3学年に向けて全員に手紙を送ります。 それぞれ課題は違いますから送る内容は異なります。 少しでも浦和ボーイズを感じてくれたら、少しでもモチベーションを保てれば … そんな小さな願いがあります。 今出来ることを精一杯やる。 子どもたちだけにやらせる訳には行きません。 私もなんの意味も無いかも知れませんが手紙を送ります。 今出来ること … 私の想いを伝えたいと思います。 試合や大会が減ったとしても『何のために今まで頑張って来たのか … 』そんな風に思って欲しくありません。 浦和ボーイズはそれ以上の成長と充実感、満足感を感じてもらえる様に頑張ります。 私からの宿題にどう選手たちが答えてくれるか楽しみにしています! 浦和ボーイズの活動目的は選手たちの自立。 自分で考え自分で行動出来る様に選手を育てる。 それが人間力となり野球に反映される … ということが趣旨であります。 結果よりプロセスを重じるため回り道もしばしばあります。 勝つことは目標であり目的と履き違え無いように楽しくワクワクした野球を常に目指しています。 身体がまだまだ成長期の中学生のこの時期に大切なこととは野球の練習や技術指導ばかりでは無く練習の意味や人としての考え方、人間としての土台となる部分の成長がとても大切だと感じています。 何よりも中学生の身体の大きい、小さいに左右されない『心』の練習は平等、公平な練習です。 それは我々が東北高校時代に指導していただいた恩師、竹田先生 現國學院大学総監督 の教えでもあります。 『野球が出来なくなってからの人生の方が長い。 だから野球バカになるな。 大切なことは野球の巧さではなく人間としての役割だ。 』そうご指導いただきました。 若い頃はわからなかったことや感じなかったことが今となって実感できたり理解できたりすることがたくさんあります。 我々が気が付けなかったことを教えるわけですから中学生を指導することには最善の注意を払います。 なぜなら勝つことはとても大きな成功体験になり自信につながります。 だからこそ勝つための練習をします。 しかし勝つための練習とは何か? それを彼らに考えてもらうことから始まります。 意図反する練習になるかも知れない … 回り道かも知れない … それでも自分たちで考えてやってみる。 そうやってやらされる野球では無く、考える野球をしてもらいます。 足りないのはこれだ! だからこの練習をやれ! 指導者が言うのは簡単なことです。 それでは選手たちは考えることをやめて指示待ち人間になってしまいます。 身体の成長期の中学生にそれこそ高校生の様な練習量を課せてしまえば壊れるか消耗してしまい伸びしろを使い切ってしまいます。 子供から青年へと変わる中学生時代だからこそ心を鍛える良い時期だと思います。 悪い知恵が付く前に、素直な心の今のうちに正しいこと、誠を教えてあげること、心を鍛える方がこれからの野球人生を長くしてくれるはずです。 彼らの目標はもっと先にあります。 中学生時代が全てではありません。 甲子園に出ることやプロ野球選手になることだったり社会人野球だったり … だからこそ中学生時代の今やること、やらなくてはならないことが見えて来ます。 先日ネットニュースの中に 【 大谷翔平と藤浪晋太郎 なぜふたりの評価が大逆転したのか 】 という興味深い記事がありました。 方や甲子園春夏連覇の優勝投手 方や甲子園未勝利、さらに最後の夏は甲子園に出られませんでした。 それが今では … 大谷選手は悔しさや不完全燃焼でプロ野球に進みます。 藤浪選手は順風満帆、周りからもチヤホヤされ期待も大きなものでした。 しかし … 年を重ねる事に立場は逆転。。。 今は藤浪選手の苦しみはご存知の通りです。 この二人の違いは高校時代の指導にあると思っています。 藤浪選手は素質の高いスター選手揃いの常勝軍団の大阪桐蔭で周りから注目を浴びるスーパースターでした。 大谷選手というと雪の多い岩手県の花巻東高校でひたすら野球に打ち込みます。 私たち東北高校もそうでしたが寒さと雪で思うような練習が出来ない日との戦いです。 関東や関西に比べて三ヶ月くらいは雪や霜のせいで土の上で練習できません。 さらに大谷選手は大谷シートと呼ばれる目標設定、目標実現のための自己管理シートで 5 年後、 10 年後の未来予想図まで考えて練習を積み重ねていました。 今でも大谷選手は野球上達以外にあまり興味が無く野球上達が趣味の様な生活だそうです。 『心がその人間を支配する』 失敗だらけの私が身を持って感じる言葉です。 だから今、私たちは彼らの『心』を造るお手伝いをしたいと思っています。 ウサギとカメ … 浦和ボーイズはカメかもしれません。 歩みは遅いカメなのかもしれません。 でも目的地まで歩みは遅くても確実に歩くことに意味があります。 浦和ボーイズがガツガツやらないのにはちゃんと意味があるのです。 試合や大会の無い今 … 勝つことだけに焦点を当てていないからこそ見えるものがあります。 この状況でも選手たちはしっかり成長を続けてくれています。 慌てなくて良いのです。 焦らなくて良いのです。 ゆっくり大らかに心から育てましょう! 本当の勝負はまだまだ先にあります。 大丈夫! 君たちはしっかりと本質を理解してくれています。 かわいいカメたちよなぁ。。。 追伸 練習自粛の今、三密を防ぐためにミーティングや勉強会もできません。 とは言え毎日毎日時間は過ぎて行きます。 新3年生たちもこの先の不安はあると思います。 モチベーションを保つためにも頑張る目標を持つためにも、と思い勉強会でやる予定だった『進路についての考え方』というレポートを作成しましたので新3年生 47 名ひとりひとりに郵送させていただきます! 6枚と長いレポートになってしまいましたがしっかりと読み込んでやる気スイッチを入れてもらいたいと思います。 野球と勉強の二刀流です。 よろしくお願いします。 来週は新2年生、新1年生にお手紙を送る予定です! どんな宿題が来るかドキドキして待っていてください! 毎週毎週様子をうかがいながら 今週は練習が出来るか … 許可は下りるのか … 気が気ではありません。 しかし世の中の状況は悪化を増すばかり … これでは野球どころではありません。。。 練習が出来ない事への焦りでは無く 毎日感染にビクビクしながら行動を制限され学校にも行けず友人とも会えない選手たちに少しでも楽しめることがあれば良いのになぁ … そう思う気持ちから早く練習をさせてあげたいと思います。 グランドで大好きな仲間たちと大好きな野球をさせてあげたい … お日様の下で自由に身体を動かすことが出来る様にしてあげたいという思いから練習をさせてあげたいと思います。 苦しくて辛い毎日ばかりで楽しいことが無いのでは選手たちに夢も希望も無くなります。 ストレスもたまります … 当たり前なことですが 私も毎週練習が無い土曜日、日曜日は食事の買い出しなどの必要最低限しか外へは出ません。 ヒマな私は観葉植物の手入れなどしております … 今週はGコーチと手分けをして新2年生一人一人に電話をかけさせてもらいました。 皆んな問題なく元気そうで何よりです。 他愛もない話をするだけですが不思議と元気をもらいます。 先が見えない毎日に暗くなる自分がいますが彼らと話すとあまりにも自分の小ささに気がつきます。 グランドで話したことや勉強会で話したことを彼らは心から理解してくれていることがわかります。 正しさとは … 今やらなければならないことは … 自分たちの置かれた状況は … 皆んな暗くならず焦らず我慢が出来ています。 不平不満を言っているのは私くらいかもしれません。 入団を決めてくれている1年生たちともまだまともに会うことも練習も出来ずにおりますが『グローブを買ったので型の付け方を教えて欲しい』というメールや『早く浦和ボーイズとしての活動がしたい、楽しい野球がしたい!』とメールをもらいます! 苦しい状況は続きますがしっかり感染予防に努めて行きましょう! 皆んなで会えるようになるその日まで元気でいましょう! 今年は思い通りにならないことばかりですが大丈夫です。 浦和ボーイズの必殺技。。。 【笑う門には福来る】大作戦を開始いたします。 ポジティブにポジティブに行きましょう! 追伸 体験練習もなかなか出来ませんが待っててくださいね! 何かご心配やご質問があればお気軽にお問い合わせくださいませ! よろしくお願いします。

次の