自転車 時間 1km。 徒歩1kmの時間や歩数、消費カロリー(体重別)の目安

1キロは徒歩で何分かかる?自転車や車で移動すると何分でいけるのか【1km】|白丸くん

自転車 時間 1km

自転車の消費カロリーはどのくらい? 自転車は手軽な運動としても人気がありますが、一体どのくらいのカロリーを消費するのでしょうか?カロリー計算の方法や他の運動との比較などについて解説します。 自転車の消費カロリーの計算方法 運動による消費カロリーを計算するには、運動の強さを表すMETs(メッツ)という単位を使います。 METsとは安静時(座ったり横になったりしている状態)に消費するカロリーを1として、その何倍のカロリーを消費するかを数字で表したものです。 例えば、「散歩」は2. 5 METsですが、これは「散歩が安静時の2. 5倍のカロリーを消費する」という意味です。 自転車で実際に消費したカロリーを計算するには、この METsに運動した人の体重と運動した時間をかけます。 05 例1)体重60キロの人が自転車で1時間走った時の消費カロリー 自転車(平均時速16. 1-19. 05=428 kcal となります。 また、同じ人が同じ時間自転車に乗っても、漕ぐ速度や道路の状態が違うとMETsの数値が変わり、消費カロリーも違ってきます。 例2)体重60キロの人が自転車でゆっくり1時間走った時の消費カロリー ゆっくり自転車を運転する(平均時速8. 05=536(kcal) 自転車の種類別の消費カロリー ママチャリやロードバイクなど、乗る自転車の種類によってもMETsが異なるので、消費カロリーが違ってきます。 他の運動との消費カロリーを比較してみました。 8 428 ウォーキング 4. 8 302 ジョギング 7. 0 441 水泳 8. 3 523 自転車での消費カロリーはウォーキングよりは多く、ジョギングよりはわずかに少ない数値になっていますが、他の運動と同じように十分カロリー消費ができることがわかります。 また、自転車は他の運動に比べ膝や足首などへの負担が少なく、長時間継続しやすい運動なので、中高年の方にもおすすめできる運動です。 自転車での運動も十分なカロリー消費を期待できることがわかりました。 自転車ダイエットは自転車さえあればすぐにできるので、さっそく今日から始めてみるのもいいですね。 自転車ダイエットの具体的な方法 自転車は、「有酸素運動」に分類されます。 有酸素運動は、運動中に酸素を使って体内の糖質や脂肪を消費するので、高いダイエット効果が期待できます。 自転車ダイエットの具体的な方法をご紹介します。 【自転車ダイエットのやり方】• 動きやすい服装で 自転車は膝の曲げ伸ばしをくり返すので、下半身は伸縮性のあるズボンやジャージが最適です。 女性もスカートではなくパンツスタイルの方がおすすめです。 通勤時に自転車に乗る場合、女性はスーツに合わせてヒールのある靴を履くこともあるかもしれませんが、自転車を長距離運転する場合は足元が滑りやすく危険です。 できれば自転車の運転中はスニーカーを履いて、会社で靴を履き替えることをおすすめします。 また、夏場のサンダルも脱げやすく、転倒の際にケガをしやすいなどの理由から避けた方がよいでしょう。 息が上がらない程度の強さで 有酸素運動は「酸素」を使って糖や脂肪を燃焼するので、運動中は呼吸によって十分な酸素を取り込むことが必要です。 息が上がってしまうほどの激しい運動になると、酸素の取り込みが十分に行われず、エネルギー代謝が悪くなってしまいます。 また、 脂肪の代謝に関しては、強度が高い運動よりも低い運動を、短時間より長時間行う方が脂肪を燃焼する割合が高まります。 ダイエットで効率よく脂肪を燃焼したければ、ジョギングや水泳よりも強度の低い自転車を、長時間続ける方が効率がよいと言えるでしょう。 できれば20分以上継続する 有酸素運動において、脂肪が分解される際に使われる酵素「リパーゼ」は体温が上がることで活性化します。 脂肪の燃焼率を上げるには、血行を促進して体温を上げる必要があります。 そのため、 有酸素運動は20分以上継続した方が脂肪の消費が進むと言われています。 【自転車ダイエットを行う時の注意点】 自転車は比較的安全で穏やかな運動ですが、安全のために以下の点に気をつけて行うようにしましょう。 熱中症対策を忘れずに 夏など気温が高い時期に自転車で長距離を走る場合は、熱中症に注意が必要です。 脱水予防のために、走行中は適宜水分補給をしましょう。 また、強い紫外線を浴びると体力を消耗し熱中症にかかりやすくなります。 帽子や長袖の着用、日焼け止めの利用など、紫外線対策を十分行うようにしましょう。 交通ルールを守って 自転車は、道路交通法上は「車両」の扱いで、歩道ではなく車道を走るのが基本です。 また、「自転車通行可」の歩道を走る場合も、あくまで「歩行者優先」を守り徐行する必要があります。 ダイエット効果を高めようと、スピードを出しすぎたり、歩道で歩行者を無理に追い越したりといった運転をしないよう、安全には気をつけて運転しましょう。 効率的な方法・時間は? 自転車ダイエットは少しの工夫でさらに効率アップすることが可能です。 ダイエット効率を上げる方法やダイエットを行うのに有効な時間などについて解説します。 サドルの位置を上げ、ハンドルは下げる 普段乗っている位置よりできれば5センチくらいサドルを上げてみましょう。 そうすることで、前傾姿勢になり腕の筋肉が効率的に使われます。 また、ハンドルをサドルと同じくらいの高さに下げることでさらに前傾姿勢なり、運動効率がアップします。 ギアは軽めにする ギアが重いと瞬発的に筋肉を使う「無酸素運動」になりがちです。 ギアは軽くして、その分長い距離を長時間走る方が、ダイエット効果が上がります。 できれば毎日30分以上は続ける 自転車ダイエットの効率を高めたい場合には、脂肪の燃焼率を上げることが有効です。 1日30分以上の運動を継続して行うと、有酸素運動で脂肪を燃焼させる力が高まることがわかっています。 空腹時がおすすめ 有酸素運動のエネルギー消費は、最初は糖質が中心でその後脂肪を消費する割合が増えてきますが、空腹時は血糖値が低いため、脂肪の燃焼が増えるのが早まります。 ただし、脱水予防のため、適度な水分を摂ることを忘れないようにしましょう。 自転車に乗る前に筋トレを行うと脂肪燃焼率がアップ ダイエットの効率を上げる方法として、有酸素運動の前に筋トレを行う方法があります。 筋トレを行うと成長ホルモンの分泌が促進されますが、成長ホルモンには脂肪を分解する働きがあり、脂肪が燃焼しやすい「遊離脂肪酸」になります。 血液中に遊離脂肪酸が多い状態で有酸素運動を行うと、効率よく脂肪が燃焼されダイエット効果が高まります。 自転車ダイエットのメリット 自転車ダイエットは自転車1つですぐに始められ、ウォーキング以上の運動効果が期待できる立派なダイエットです。 実は、自転車ダイエットにはその他にもたくさんのメリットがあります。 手軽に始められる 自転車ダイエットは、今持っている自転車を使うことですぐに始められる手軽さが一番の魅力です。 ダイエット効果に多少の差はありますが、ママチャリからロードバイク、電動アシスト自転車までどんな自転車でも可能です。 経済的 自転車を既に持っている場合は、新たな投資が不要です。 また、通勤のバスや電車を自転車通勤に変えれば、その分の交通費が浮くのでとても経済的です。 移動時間に行うことができる 「ダイエットをしたいけれど、なかなか運動する時間が取れない」という人も多いかもしれません。 通勤時間や移動時間を利用した自転車ダイエットだと、わざわざ運動のための時間を確保する必要がないので、無理なく継続することができます。 膝や足首への負担が少ない 自転車はウォーキングやジョギングなどに比べて、膝や足首にかかる負担が少なく、膝や足首を傷めにくい運動です。 そのため、高齢の方も無理なく続けることが可能です。 疲れにくいので長時間続けやすい 同じ距離を移動するのに、歩くのと自転車では疲れやすさがずいぶん違いますよね?自転車は他の運動に比べて疲れにくいので、無理なく長時間継続することが可能です。 下半身の筋肉を使うので痩せやすい 自転車では主に下半身の筋肉を使います。 全身の筋肉の約70%を占める下半身の筋肉は、持久力が高く長時間運動が可能で、下半身の筋肉を効率よく使う自転車はダイエットに適しています。 お支払い方法 お支払い方法は下記方法が選べます。 (商品によって、支払い方法が限定されることがございます) 代金引換、クレジットカード、Pay-easy(ペイジー)、コンビニ決済、銀行振込、分割払い 領収書などの 証憑発行について ショッピングカート画面で見積書 PDF を発行できます。 領収書は、お支払方法により、発行の可否、及び手続きが異なります。 クーポンについて クーポンは、対象商品の購入特典としてついていたり、雑誌や店舗のメールマガジンなどで発行しています。 また、会員ランク限定のクーポンなど、より魅力的なクーポン・チケットが発行されることもあります。 ご利用可能なクーポンは、Myページよりご確認いただけますが、雑誌やメールマガジンなどで配布したクーポンは、Myページには反映されませんので、大切に保管してください。 商品の発送について パナソニックストア会員様は、税込2,000円以上のお買い物で送料無料でお届けいたします。 パソコン、家電品は、ヤマト運輸(宅急便)にて、消耗品など一部の小物商品は、ネコポスにてお届けいたします。 各種自転車は提携自転車店からの配送または店舗での受け取りとなります。 大型の商品(テレビ40インチ以上、洗濯機、冷蔵庫、マッサージソファ、エアコン、リサイクル)など、別途定めた商品は、上記と異なる配送会社にて、お届けする場合があります。 キャンセル・ 変更について 発送予定日時によって、キャンセルの手続きをしていただけます。 (ただし、カスタマイズレッツノート、ダウンロードソフト、モニター商品、その他、別途定めた商品は除く) カスタマイズレッツノートについては、入金後のキャンセルはできません。 ご注文後に、商品変更、数量変更、指定した配送先変更、支払方法変更 等がある場合は、該当のご注文をキャンセルし、改めてご注文の手続きをお願いします。 返品について 商品到着後8日以内にご連絡の上、商品を指定された宛先に元払いにてご返送ください。 但し、については、返品・交換はお受けできません。 会員の方は、より返品のご依頼を承ります。 会員にならずにご購入いただいたお客様は、カスタマーセンターにお問い合わせお願いいたします。

次の

自転車通勤で10kmを走るとどれくらい時間がかかる?消費されるカロリーは?│しろくろらいど

自転車 時間 1km

この記事の目次• 自転車の速度(平均時速)の目安。 出典:国土交通省 国土交通省が2009年に香川県の高松市で2447人を対象に行った調査によると、幼児や児童、高齢者をのぞく一般人や学生の走行速度は、平均で 時速14. 6kmということです。 これは、車道での調査です。 この調査では、自転車についての種別の明記はありません。 ママチャリに乗っていたのか、クロスバイクに乗っていたのかということは、わかりません。 また、個人の年齢や体力について、特に区別しているわけでもありません。 クロスバイク・ママチャリの平均速度の目安 クロスバイクに乗って漕いだときの平均速度 時速 の目安は、上のグラフから考えて、 15km~20kmと言えるのではないでしょうか。 クロスバイクなどは、ママチャリよりも乗車姿勢が前傾になりますので、自分の体重をかけて漕ぐことができる分、軽く速く進めます。 ママチャリに乗って漕いだときの速度の目安は、 時速12km~15kmといったところでしょう。 ママチャリでどこまで行ける? 分速に直すとママチャリでの速度は 0. 2km~0. 25kmです。 ママチャリにのって移動できる時間が、30分だとすると、6~7. 5km離れたところまで行ける、ということになりますね。 Sponsored Links クロスバイクなら1時間で東京から新宿まで 通勤や通学に、クロスバイクを使っている方は多いですよね。 クロスバイクでなら、1時間くらいの乗車もそれほど苦痛ではないでしょう。 電車での通勤ラッシュに比べると、断然楽だ、と感じる方も多くいらっしゃいますね。 クロスバイクに乗って、1時間で行ける距離の目安は、 15km~20kmですよね。 JR山手線の東京から新宿までが 17. 4kmです。 このくらいの距離ならクロスバイクに乗って、1時間で行ける、ということになります。 ちなみに、この区間の乗車だけの所要時間は30分です。 大阪で言うなら、阪神電車の大阪ー西宮間が 16. 7kmです。 急行での乗車時間は20分になります。 電動アシスト自転車の場合は? 電動アシスト自転車なら、さらに漕ぐ力は少なく済みますので、楽に速く行くことができるでしょう。 日本では、電動アシスト自転車の、人力と電力補助の比率は、時速10km以下では、1:2です。 時速10km~24kmに速度が上がるほどに比率は下がり、時速24kmで補助はなくなります。 Sponsored Links 信号待ちの時間は? 毎日の通勤や通学に自転車を使うとなると、気になるのが信号待ちの時間ですよね。 信号待ちの時間は、【歩行者・自転車専用】の信号機のあるところで 90秒~100秒といったところです。 【歩行者・自転車専用】の信号機のない交差点では 30秒~75秒で、平均すると 53秒になります。 自動車・鉄道と比べたら? ここに、こんなグラフがあります。 出典:国土交通省 バス、自動車、鉄道、自転車を使っての、入出庫の時間なども含まれた、移動にかかる時間を比べたものです。 これによると、5kmまでなら乗り物の中で一番速く移動できるのが、 自転車ということなんです。 自転車で時速15kmで走行した場合、入出庫の時間を入れて、 5kmの距離を 24分適度で移動できることになります。 移動距離が 12~13kmくらいまでなら、バスよりも自転車の方が、目的地に早くつける、ということもわかります。 6~7kmの距離だと、 鉄道を利用した時とほとんど同じです。 10km の移動距離を 自動車 と比べてみても、その差は3分ほどしかありません。 ただ、この調査は「都市内」ということですので、場所が変わるとどのようになるのか、ということは興味の引かれるところではあります。 Sponsored Links 自転車用スピードメーターもある 今は、自転車用のスピードメーターも販売されています。 実際に、ご自分の自転車速度が知りたいという方は、こんなのを付けてみるのも面白いですよね。 ちなみにこちらは、走行速度、平均速度、最高速度、走行時間、走行距離などを知ることができるものになっています。 このほかにも、楽天やアマゾンではいろんな機能がついた、たくさんのスピードメーターがあります。 興味のある方はのぞいてみてください。 まとめ いかがでしたか。 自転車の速度は思っていたのと、違いましたか。 最近では、自転車専用の通行帯も整備されつつありますので、自転車での走行がさらにしやすくなってきました。 運動不足になりがちな人たちにとっては、通勤や通学に自転車を使うのは、運動のいい機会にもなりますよね。

次の

約2kmの距離を自転車で行くと何分くらいかかりますか? 【OKWAVE】

自転車 時間 1km

自転車通勤10kmはどれくらい時間がかかるのか 第一に自転車のタイプを• ママチャリ シティーサイクル• 電動自転車• クロスバイク• ロードバイク の四つの種類と自転車通勤が慣れていない 体が鍛えられていない 人と慣れている 体が鍛えられている 人の合計8ケースから10kmで時間がかかるのか?を見ていきます。 各自転車の一般的な平均速度 通勤で想定される速度 は• ママチャリ:14-18km• 電動自転車:16-20km• クロスバイク:16-22km• ロードバイク:18-25km です。 自転車通勤に慣れていない 足の筋肉がまだ鍛えられていない人 のケース 追い風、向かい風の影響もありますが、画像はクロスバイクで向かい風の中を16km走った場合の数値です。 16kmで1時間かかりました。 これが追い風or風がない場合平均速度は18kmとなるでしょう。 ここから計算すると 平均速度16kmで1km辺り3分40秒程です。 平均速度16kmで10km通勤すると 約37分かかることになります。 ここから信号待ち等を考慮すれば、大体40-50分で到着となります。 ここから 自転車通勤に慣れていない人を割り出すと• 自転車の種類による誤差で 最短で30分最長で1時間といった感じでしょうか。 通勤までの距離に信号がどれぐらいあるか?で時間が大きく変動します。 信号などがないサイクリングロードオンリーでいけるならロードバイクで27分は可能だと考えれます。 自転車通勤に慣れている人 足が鍛えられている の場合 足が鍛えられている人は平均速度の上位のスピードで通勤することが可能と言えます。 そこから換算すると• 仮に40分くらいで自転車通勤の目的地に到着するならアリでしょう。 日によって風も向かい風になるとさらに時間がかかりますので空論になりますが参考まで。 自転車通勤10kmで消費されるカロリーは? カロリーの計算は結構難しいです。 なぜなら時間がかかる方が消費されるカロリーが大きいからです。 例えば目的地までの距離が10kmとして30分で着いた人と1時間で着いた人で消費されるカロリーは100キロカロリー以上違います。 上のどれぐらい時間がかかるのか?から仮に実験体が僕として28歳174cm73キロを参考 信号を考慮せず平均速度は最短側 としてカロリーを解いてみると 自転車通勤に慣れていない人 ママチャリ:43分:178kcal 往復356kcal 電動自転車:34分:141kcal 往復282kcal クロスバイク:30分:124kcal 往復248kcal ロードバイク:28分:116kcal 往復232kcal 慣れている人 ママチャリ:34分:141kcal 282kcal 電動自転車:30分:124kcal 248kcal クロスバイク:28分:116kcal 248kcal ロードバイク:24分:99kcal 198kcal あくまで机上の空論に過ぎないが、信号を考慮すれば大体片道で最低でも150カロリー消費されて往復で250キロカロリー消費される計算です。 個人的に通勤ということもあり時間も気にしないといけないのとカロリーのバランスを考えれば10kmの通勤通学が向いているのはクロスバイクと言えます。 こちらで10km目標時の消費カロリーを年齢、性別、体重、身長、時間からデータが出るのであなたが10kmでどれくらいのカロリーが消費されるのか参考にしてみても良いでしょう。 eatsmart. クロスバイクやロードバイクといった軽い車体ならタイヤがよく転がってママチャリだと漕がないと前に進まないといけない部分も楽にできますが、ママチャリで10kmの自転車通学はきつかったですね。 道路やシチュエーションでモチベーションが変わる 通勤までを一直線に行けたり坂道やシチュエーションがなければモチベーションを下げることなく10kmの自転車通勤は可能です。 僕が12kmの自転車通勤をしていた時は• 高架下の階段 スロープ付 から行かないと行けない• 行きは下り道だけど帰りは鬼のような坂道• 基本車道が多く原則車道とは言え通学としては危険 とシチュエーションが多く、モチベーションを高めるのが非常に難しかったです。 こういった何気ないストレスを数年続くと考えると電車通勤の方が楽に感じられたり、「通勤がきついですよ」と話にも出てくると思います。 トラブルが起きると帰りたくなる 10kmの自転車通勤の時に残り8kmに差し掛かったところでタイヤがパンクした。 自転車のそれも学生で通学している人なら一度は経験したことがあるトラブルですよね。 これが自宅から近ければ近いほどもう帰りたくなります。 僕はちょうど下りの坂を降りた時にパンクして萎えてその日の学校を休んだこともありました。 自転車にとってトラブルはつきものですが、ママチャリという重たい乗り物がパンクしてしまうとだるくなって帰りたくなりますし仮に自転車屋さんによってパンク修理をすれば確実に遅刻します。 これがまだ通勤距離が5kmとかだと挽回できますが、10kmになるとやる気も時間を挽回する力もありません。 きついラインギリギリですよ。 実はお金もかかる 意外にお金もかかってしまいます。 10kmの自転車通勤だと地域によってはほぼほぼ違う市内だと思いますし市内が変わればトラブルの量も増えます。 例えばライトの盗難やサドルがなぜか無くなっていたりパンクにブレーキの交換等々、10kmだと自転車が結構痛んできます。 パンクすればタイヤとチューブで3000円ほど、ブレーキは安くて前後200円、ライトも100均にありますが使い物にならないので大体1000円以上と思っているよりお金がかかる場合があります。 これがクロスバイクやロードバイクになると更にお金がかかります。 モチベーション、トラブルを考えると5kmの自転車通勤がおすすめ モチベーションやトラブルのことを考えれば5km以下の自転車通勤がおすすめされます。 往復で10kmになりますしパンクしても5kmくらいならそれなりに歩いて帰れます。 5kmなら歩いて通勤する事もできる 大体1時間弱 ので、大きくカロリーを消費したい時に歩き、少しカロリーを消費したい時に自転車という使い方も可能です。 まとめ 時間は50分. カロリーは180カロリー消費と考えておこう 自転車で10kmの走行する時間とカロリー消費をお伝えしましたが、全体的な平均 スピードを求める自転車乗りではなく一般的に使われる人 として時間は50分、カロリーは片道180カロリーほどが消費されると考えておいて良いでしょう。 仮に10kmの自転車通勤や自転車を10kmサイクリングを楽しみたい場合は一度車とかマップアプリで道の状況を確認してから始めた方が良さげです。 10kmは短いようで長く、やる気が急に落ちる距離でもあるので前準備をよくしてから始めてみましょう。

次の