いづれか いずれ か。 「いづれ」と「いずれ」正しいのはどちら?意味の違いと使い方を説明 | コトバの意味紹介サイト

いずれか|「いづれか」とどっちが正しい?・意味・「いずれ」「どれか」との違い・英語表現などを解説

いづれか いずれ か

「いづれ」と「いずれ」はどちらが正しい表記か知っていますか。 発音はどちらも同じなので会話の際にはあまり気にしなくて済みますが、紙に書く時やパソコンで文字を打つ時などに、「づ」と「ず」のどちらを書けばいいのか悩んだ経験がある人もいるでしょう。 「いづれ」と「いずれ」で正しい表記なのは、「す」の濁音を使った「いずれ」です。 「いづれ」は歴史的仮名遣いになりますので、現代では使われていません。 この機会に「いずれ」の正しい表記、使い方を覚えておきましょう。 「いづれ」は歴史的仮名遣い! 歴史的仮名遣いとは、簡単に言うと昔使われていた仮名遣いのことで、現代とは違った使われ方をしていました。 たとえば、「言ふ」「思ひ出」「あはれ」などの表記は歴史的仮名遣いをしており、現在では「言う」「思い出」「あわれ」です。 このように、歴史的仮名遣いと現代仮名遣いは、表記の仕方が昔と今とで少し異なるものがあることを覚えておいてください。 前述した「つ」の濁音を用いた「いづれ」は歴史的仮名遣いになりますので、現在では使われていませんが、昔はこの表記をしていたことになります。 したがって、紙に書く時やパソコンで文字を打つ際には「いずれ」を用いるようにしましょう。 公用文では「いずれ」! 「いづれ」は歴史的仮名遣いであると説明しましたが、公用文に用いる言葉は「いずれ」であると文部科学省が定めています。 この公用文とは、国や公共団体が出す公用の文書に使われる言葉です。 現代仮名遣いについて法令、公用文書、新聞、雑誌などの一般的な社会生活における現代の国語を書き表す仮名遣いのルールが文部科学省で決められているので、もっと詳しく知りたい方は、以下のリンクをご参照ください。 「いずれ いづれ 」とは、複数ある中からどれかを選択する場合にも用いられますし、不特定な物事を指す場合にも使われます。 また、この不特定的な表現は物理的な物に限らず、「いつかは」「近々」「そのうち」という意味の不特定 曖昧 な時間の表現でも使えます。 前述していますが、「いづれ」は歴史的仮名遣いになるため、「いずれ」が正しい表現ですので、そのことに注意しながら、以下の例文を参考にしてください。 不特定な物事・曖昧な時間の表現例! 不特定な物事の表現をする場合には「いずれか」や「いずれにしても」を用い、曖昧な時間の表現をする際には「いずれ いづれ 」を使います。 不特定な物事を表す例文は以下のとおりです。 ・AかB、いずれかは本物です。 ・こちらに記載されてあるドリンクを、いずれかお選び下さい。 ・料金のお支払いは銀行引き落としかクレジット払い、いずれかの方法でお願いいたします。 ・いずれにしてもご報告ください。 ・いずれにしてもご連絡差し上げます。 曖昧な時間の表現をする例文は以下のとおりです。 ・いずれ戦争がなくなり、世界平和が実現するだろう。 ・彼とはいずれお話ししたいと思います。 ・いずれお会いしましょう。 ・いずれご連絡いたします。 「いずれも」を使った例文! 「複数あるものの中からどれを選んでも同じことが言える」という場合に「いずれも」が使われます。 以下、例文です。 ・このタイとカンパチはいずれも天然物です。 ・Aの商品だけでなく、Bの商品やCの商品を買うと、いずれも20ポイント付与されます。 社交辞令で使える便利な言葉! 上述した例文にも入っていますが、「いずれ いづれ 」の3文字が入るさまざまな単語をご紹介します。 よく似ている言葉ですが意味が異なりますので、意味と使い方にご注意ください。 「どれも」という意味を持つ「いずれも」 「いずれ いづれ 」に「も」がついた連語で、複数ある中のどれを選んでも同じことが言える、同じことが当てはまる状態を表す言葉が「いずれも」です。 もっと端的に簡潔に述べると「どれでも、どちらでも」という意味になります。 たとえば「AとBとC、いずれも本物です」という文章は、「AとBとCは全部本物」だということを表しています。 このように、「数ある中のものどれでも」という意味で「いずれも」が用いられます。 「いつかは」という意味を持つ「いずれは」 「いずれ いづれ 」に副詞の「は」がつくと、近い将来の未来のことを指し、「いつかは」「近々」「そのうち」という意味になります。 たとえば、「いずれはご報告に上がります」という例文があったとしましょう。 これは、「近い内に」「いつか」「やがて」などのように、「はっきりとした日にち・時間は言えないけど、そう遠くない未来に報告します」ということを表しています。 以上のことから「いずれは」とは、「いつか、近々、いつの日か」などの近い将来のことを指す場合に用いられる言葉です。 「どれか」の意味を持つ「いずれか」 「いずれ いづれ 」に「か」がつくと、複数あるものの中から一つだけ、もしくは数ある中から何かを選択する場合に使われ、「どちらか」「どれか」という意味になります。 英語で言うところの「or」です。 たとえば「AかB、いずれかお選びください」だと、「AとBの2つのうちどっちにするか選んでください」ということを言っています。 また、「1番から10番の中で、いずれが本物ですか」だと「この複数あるものの中で本物はどれですか」ということを述べています。 このように「いずれか」とは、「どっち」「どちら」「どれか」などのように、複数ある中から何かを選択する際に使う言葉です。 「いずれにしても」「いずれにせよ」 「いずれ いづれ 」に仮定の動詞「~にしても」「~せよ」がついて、「どの方法を選ぶにしても、どっちにしても」という意味になります。 どの方法を選んだとしても、どの選択肢でも結果は変わらないということから「どっちみち」「どうせ」「どのみち」という使われ方もします。 たとえば「いずれにしても今日提出するのは無理だ」だと、「それまでの過程でいくら頑張っても、どんな選択肢を選ぼうとも、今日中に提出することはできない」という意味合いを含んでいます。 このように「いずれにしても いずれにせよ 」とは、どの方法を選んでも結果は変わらないという意味として用いられます。 「いづれ・いずれ」と「いつか・どれか」の違いは? 「いずれ いづれ 」と「いつか、どれか」はほとんど同じ意味として使われますが、厳密に言うとニュアンスが少し異なります。 「いずれ いづれ 」は「いずれにしても」に、「いつか」は「いつの日か」に置き換えると分かりやすいでしょう。 「いずれ いづれ 」の場合、どんな選択をしようと結果は変わらないことを指し、後者の「いつか」はいつになるかは分からないけどいつの日にか、そういう結果になるというニュアンスになります。 また、「いずれ いづれ 」と「どれか」の違いは、「いずれ いづれ 」が2つ以上あるものの中から選ぶことに対し、「どれか」は3つ以上あるものの中から選択する場合に用いられます。 このように、意味としてはほとんど同じ使い方をしていますが、ほんの少しニュアンスや使われ方が違います。 ぜひ覚えておいてください。 正しい表記は「いずれ」!.

次の

「いづれ」と「いずれ」正しいのはどちら?意味の違いと使い方を説明 | コトバの意味紹介サイト

いづれか いずれ か

「いずれも」は 「どれも・だれも・それぞれ」という意味を表します。 例文では「ここにある商品はどれも(それぞれ)静音性に優れています」と言い換えることができます。 「それぞれ」は、あるもののひとつひとつを指す言葉です。 解説 「いずれは」は、 将来的に実現する可能性を示す「いつか・やがて・そのうち」という「時間」を表す言葉として使われます。 さほど遠くない未来を指して使うため、「近々」という意味でも用いることができます。 解説 「どの方法を選ぶにしても・事情がどうであろうとも・どっちみち」という意味で使います。 いくつかある選択肢のどれを選んだとしても、結果は変わることがないというときに用いる言葉です。 仮定の動詞句である「~せよ」をつけたると少し柔らかく丁寧な表現になります。 「そのうちお伺いします」は「近いうちにお伺いします」「いずれお伺いします」と言い換えることができます。 詳細 「まもなく」>「やがて」>「いずれ」> 「そのうち」 時間の経過は右に行くほど遅くなり、実現する可能性も低くなります。 「やがて風もおさまるだろう」「東京へ出てやがて3年になる」など、「そのうち」「じきに」と同じ意味で使います。 ビジネスシーンなど一般的には「いずれ」を用い、いにしえの時代に思いを馳せるときや、各種専門分野・個人的用途では「いづれ」も使えるということを覚えてください。 「蝶々」は現代仮名遣いでは「ちょうちょう」と書き、歴史的仮名遣いでは「てふてふ」と書きます。 歴史的仮名遣いで「ゐ・ゑ・を」と書いてある場合、現代仮名遣いでは「い・え・お」となります。 現代仮名遣いと歴史的仮名遣いの違いを知ろう 現代仮名遣いと歴史的仮名遣いの違いは、「発音」にあります。 現代の話し言葉通りに表記するのが現代仮名遣いであり、発音に関わらず平安時代から続く表記を継承しているのが歴史的仮名遣いで、「いづれ」がそれに当たります。 今回は、「いずれ」と「いづれ」の違いや、言葉が持つ意味と使い方についてご紹介しました。 「いずれ」「いづれ」という言葉を上手に使い分け、ビジネスシーンではスマートな文章を心掛けましょう。

次の

「いずれか」と「いづれか」はどちらが正しいか・意味と例文4つ

いづれか いずれ か

1-2. 「いづれ」は歴史的仮名遣い 一方、 「いづれ」は歴史的仮名遣いという、主に古典など過去の文献で用いられていた仮名遣いです。 歴史的仮名遣いは、平安中期以前の万葉仮名が基になっています。 明治~昭和初期には学校教育においても採用され、一般的に用いられていました。 つまり、古文や過去の文章においては「いづれ」という表記だったのです。 源氏物語に「いづれの御時にか~」という有名な一節があるので、目にしたことがある人も多いでしょう。 なので、年配の方の中には今でも「いづれ」の表記を用いる方がいます。 「いづれ」が間違いという訳ではありませんが、現代社会においては「いずれ」が一般的です。 基本的には「いずれ」の表記を用いるようにしましょう。 「いずれ」に含まれる3つの意味 「いずれ」は漢字で書くと 「何れ」 「孰れ」と書きます。 代名詞として使う場合と、副詞として使う場合があり、以下のような意味があります。 「どれ・どちら・どっち」• 「そのうちに・近々」• 「結局」 では、順番に見ていきましょう。• 表現1. いずれか 「いずれか」は、 数多くある中で「どれが~か」「どちらが~か」という意味で用いられます。 昔は「どれもこれも」「どちらも」という意味でも使われていましたが、現在ではほとんど使われることはありません。 表現2. いずれも 「いずれも」は、 二つ以上のものや、二人以上の人をひとまとめにして指す言葉です。 「どれも」「だれも」「みんな」「みなさん」などの意味で用いられます。 英語の「both」「all」「any」「either」「none(否定形を伴う)」などにあたります。 表現3. いずれにしても 「いずれにしても」は、 いくつかある選択肢のうち、 どれを選んだとしても結果は同じであるということを表す言葉です。 「どちらを選ぶとしても」「事情がどうであろうと」「どっちみち」といった意味で使われます。 表現4. いずれとも無し 「いずれとも無し」は、「比較してもどちらがどうということがない」「取り立てて優劣はない」といったように、 両者が拮抗していて比較ができない場合に用いられる言葉です。 「いずれとなし」と表記されることもあります。 表現5. いずれ劣らぬ 「いずれ劣らぬ」は「いずれ」と「劣らぬ」が合わさった言葉で、 どれも非常に優れていて、互いにひけを取らない様子を表す言葉です。 『No. 1を表す言葉』とも言うことができます。 「どれもこれも優れていて見劣りするものがない」という意味で、褒め言葉や讃辞として用いられます。 表現6. いずれもさま 「いずれもさま」は その場にいる人や、その人に関わりのある人全体を指す言葉です。 「みなさま」といった意味で用いられます。 表現7. 何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた) 菖蒲(アヤメ)と杜若(カキツバタ)は似ていて区別がつきにくいことから、 どちらも優れていて優劣がつけにくいことを表す慣用句です。 『今年のミスユニバースはいずれ菖蒲か杜若で、美人揃いだ』という風に使われます。 「いずれ」を使った例文 ビジネス文書においては、漢字や仮名遣いを間違えることによって自分自身の評価を下げてしまう場合もあります。 特に「いずれ」は仮名遣いを間違えやすい言葉なので、注意が必要です。 「いずれ」は、口語で使うと硬い印象を与える言葉ですが、ビジネスシーンなど改まった場面ではさや誠実さを感じさせる言葉でもあります。 「いずれ」を効果的に使うことで、あなたのビジネスマンとしての印象を良くすることも可能になります。 以下に、ビジネスシーンで用いることが出来る「いずれ」を使った例文を紹介します。 例文その3:「 いずれにいたしましても、おかけして誠にでした」 「どんな事情があろうと」という意味で「いずれにしても」を使った例です。 「どのような事情があったとしても、こちらがご迷惑をおかけしたことに変わりはありません」と、 本当に申し訳なく思っているという気持ちを伝えることができます。 「いずれ」を使う際の注意点 「いずれ」は色々な意味を持った便利な言葉です。 その一方、使い方を気をつけなければ、本当に伝えたいことが相手に伝わらないかもしれません。 以下に「いずれ」を使う際に注意すべき点を紹介していますので、ぜひチェックしておきましょう。 5-1. 「いずれ」と「近々」「近日中」の違いは? 「いずれ」の意味として「そのうち」「近々」などがあるということは先ほど説明した通りです。 「 近日中」 「2~3日の間」を指す言葉です。 具体的に日にちで区切りをつけているので、連絡するという明確な意思を感じさせます• 「 近々」 「近日中」のように具体的でないにせよ、ごく近い未来に実現される予定を表します。 「 いずれ」 「いつになるかは分からないけれど」といった漠然とした未来を示しており、来週か来月か、もしかするといつまで待っても連絡はこないかもしれません。 5-2. 「いずれ」の持つ曖昧さに気をつけよう 自分から相手に連絡すると伝えた場合、いつ連絡できるかはっきりしないというときは「いずれ」を使うのが良いでしょう。 しかしながら、何でもかんでも「いずれ」としていると、相手に対して「いい加減な人」という印象を与えてしまうかもしれません。 特に、 絶対に忘れてはいけない報告書などでは「いずれご報告します」ではなく「〇日中にご報告します」のように、具体的な数字を示した方が良いでしょう。 「いずれ」はとても使い勝手の良い言葉ではあるものの、その曖昧さや漠然性ゆえに、使い方やタイミングによっては相手に不快な印象を与えてしまう事もあるかもしれません。 状況に応じて適切に「いずれ」を使いこなせるようになりましょう。 まとめ 普段から「いずれ」を何となく使っていたという人も多いのではないでしょうか? 「いずれ」と「いづれ」のように、日本語にはどちらが正しいのか判別しにくい言葉がたくさんあります。 何気なく使っている日本語が間違えていた、という場合もあるかもしれません。 ビジネスマンにとって正しい日本語を使えるということは、基本中の基本とも言えます。 漢字や仮名遣いで不安に感じた場合は、その都度調べるクセをつけておきましょう。•

次の