モブ から 始まる 探索 英雄 譚。 『モブから始まる探索英雄譚』 : forums.alienisolation.com

モブから始まる探索英雄譚

モブ から 始まる 探索 英雄 譚

HJネット小説大賞2019 受賞しました。 本当にありがとうございました。 2020年書籍化予定です。 2028年4月 今日も俺はダンジョンに潜っている。 高木 海斗は アルバイトがわりに毎日ダンジョンに潜っている。 貧弱ステータスのモブキャラ海斗は毎日スライムを狩って、せっせと小遣稼ぎをする探索者。 人呼んでスライムスレイヤー LV3。 以前、調子に乗ってゴブリンに挑戦して、ボコボコにされ命からがら逃げ出した過去がある。 スライムスレイヤー LV3 の海斗がいつものようにスライム狩りをしていると見たこともない 金色のスライムが現れ、撃退するとそこにはサーバントカードと呼ばれるレアアイテムが残されていた。 貧弱モブキャラのダンジョン冒険活劇になる … かも知れません。 更新情報• 9:33 全472部分•

次の

50000ptの御礼など|海翔の活動報告

モブ から 始まる 探索 英雄 譚

次いで、町に怪物が現れ始めた。 舞台は現代の地球。 対するは異能力を扱う怪物「マモノ」 同じく特殊な力に恵まれた、少年少女たちの物語。 卑屈極まる高校一年生の少年、日下部日向。 彼は冬休み前の 終業式に、空から一本の剣が落ちてくるのを目撃する。 好奇心からその剣を拾う日向。 それが彼を逃れられぬ戦いの運命に引きずり込むなど、知る由も無い。 七つの超能力を持つ少女、北園良乃。 超帯電体質、本堂仁。 八極と練気の申し子、シー・シャオラン。 そして、マモノ殺しの剣の担い手、日下部日向とその影、日影。 町のマモノ退治から始まる彼らの戦いは、一体どこへ行き着くのか。 幻想と現実が入り混じった、この星最後の英雄譚が幕を開ける。 一人の少女の書いた日記。 彼女は誰よりも慈愛に溢れ、真っ直ぐ前を見据え、決して折れる事がありませんでした。 優しく国民に接し、大切に想い、常に見守り続けていた彼女。 敵を前にすれば、誰もが驚く程の魔法と能力を振るい、守るための意志を杖に込め、ただひたすらに未来を照らし続けたのです。 その姿はまさに、『巫女』なのでした。 私は、私だけは知っています。 彼女はたった一つの想いを胸に宿していました。 彼女の赤い瞳は常に輝き、白銀の髪は静謐と清楚を表現するかのようでした。 どんな苦難に出会おうとも、どんなにもどかしい想いを抱こうとも、共に在り続けた彼女。 他の誰よりも、この世界を愛している彼女。 誰もが彼女を英雄、巫女、天使と持て囃します。 この物語は彼女の出会いの話。 彼女が見詰めなおした世界、接した人、歩いた道。 彼女と共に歩んだ私は今日も1ページ、日記をめくる。 一人の少女の書いた日記 私のもつものより少しだけ内容を削られたそれは この国で一番の、英雄譚。 彼女は誰よりも勇敢で、優しく、決して諦めませんでした。 優しく国民に接し、大切に想い、ひたすらに前へ歩き続けていた彼女。 敵を前にすれば、誰も が驚く程の力と技を振るい、守るための意志を刀に込め、ただひたすらに未来を切り開いていく。 その姿はまさに、『英雄』なのでした。 私は、私だけは知っています。 彼女はたった一つの想いを胸に抱いていました。 彼女の赤い瞳は常に煌き、赤い髪は燃える魂を表現するかのようでした。 どんなに傷つこうとも、どんなに苦境に立たされようとも、前に歩き続けた彼女。 他の誰よりも、この世界を愛してくれた彼女。 誰もが彼女を英雄、勇者、天使と持て囃します。 この物語は彼女が歩んだ世界の話。 彼女が見た世界、接した人、歩いた道。 彼女と共に歩んだ私は今日も1ページ、日記をめくる。 子爵の娘に生まれた『彼女』は、裕福な下位貴族か商人の家に嫁いで姉を支えることが求められていた。 そんな中、家の書庫で調べ物をしていた彼女は不思議な短剣を手にする。 短剣は古の魔術師の魂の依代であり、対価を支払えば魔術を教えてくれるとい う。 彼女は美しい黒髪を対価に魔術を習い、両親姉に知られることなく薬師ではなく錬金術師となるのであった。 近くに連合王国の英雄王が築城した『ガイア城』が存在していることに気付く。 その場所は老土夫の故郷であり、魔装具に必要な水晶の産地でもあった。 若きサボア公はお飾りの君主のようであり、前伯の希望もあり討伐を請け負うことにする。 『仮面』を渡してギルドを抜けるか、ここで落ちて死ぬか」 Sランクギルド『英雄の一団』から追放、もとい殺されかけた青年、ハンニバル。 一見何のスキルも持たない無能の彼だが、実は仮面を被ると超人的能力を得られるスキル、『仮面 (マスクス)』の持ち主だった! 偶然出会った素人冒険者にしてシーフのセレナ、ウィザードのリンと共に新米ギルドを結成したハンニバルは、自分の居場所になってくれた仲間の為、彼女達の夢であるSランクギルドを共に目指す。 一方、実は彼のスキルを手に入れようと企んでいた『英雄の一団』は刺客を寄越し、ハンニバルや、時には彼の仲間を執拗につけ狙う。 気が付くとそこは見たこともない植物と化け物たちに取り囲まれた異世界だった。 実は転移を管理する女神だった母親から何者かに強制的に異世界転移させられたことを知った主人公【徳島栄次郎】は訳も分からず戦いに巻き込まれる。 せめてもの助けにと送って くれた転移者特典のてんこ盛りセットとサポートAI『ユリシス』と共に、異世界を冒険する。 これは身勝手な神々に役割を押し付けられた高校生が神殺しの魔神に転身し、彼を支える少女たちと共に成長する魔神英雄譚。 【かくろう】と申します。 普段はなろう系列の別サイトにて作品を投稿。 この度なろう本家デビューと相成りました。 奇をてらった変化球は出来ません。 テンプレートでストレートなお話でよければどうぞお付き合いくださいませ。 なので最初は普通の異世界転移ものとしての要素が強くなっております。 でも予定は未定。 本文の邪魔にならないように後書きに入れますがお手数ですが必要ない方は非表示にてお願いいたします HJネット小説大賞2019 受賞しました。 本当にありがとうございました。 2020年書籍化予定です。 2028年4月 今日も俺はダンジョンに潜っている。 高木 海斗は アルバイトがわりに毎日ダンジョンに潜っている。 貧弱ステータスのモブキャ ラ海斗は毎日スライムを狩って、せっせと小遣稼ぎをする探索者。 人呼んでスライムスレイヤー LV3。 以前、調子に乗ってゴブリンに挑戦して、ボコボコにされ命からがら逃げ出した過去がある。 スライムスレイヤー LV3 の海斗がいつものようにスライム狩りをしていると見たこともない 金色のスライムが現れ、撃退するとそこにはサーバントカードと呼ばれるレアアイテムが残されていた。 貧弱モブキャラのダンジョン冒険活劇になる … かも知れません。 主人公アークの両親は元冒険者で、世界中のあらゆるものを見てきたと言う。 『凶悪な罠の仕掛けられたダンジョン』『龍が護る財宝の山』『空を飛ぶ幻の大陸』 そんな話を毎日楽しそうに聞かされれば、当然進む道も決まってくると言うものだ。 アー クは夢のような冒険に興味を持ち、いつか偉大な両親を超えるような冒険者になると決意したのだった。 そこからアークの地道な努力が始まった。 苦労してスキルを覚え、四歳にして大人の世界に飛び込んで行く。 自分と凄い両親との違いに悩みながらも、前を向きながら頑張ります。 しかし幼いアークは知らなかった。 これは両親がとんでもない英雄だと勘違いした子供が、そのデタラメな冒険譚をなぞり成長していく物語である。 楽勝チートなお話ではありませんが、主人公はいずれ誰よりも強くなるでしょう。 微エロ要素あり? 素敵で可愛いお姉さん達に溺愛されます。 何気ない日常、激しいバトル、コミカルな会話など、色々楽しめるはずです。 二章では、成長し始めたアークと、命の大切さを見てもらいたいです。 三章では奴隷のお話があります。 メインヒロインも登場しますので、楽しみにしてもらえると嬉しいです。 四章では、初めての遠征になります。 そこで触れ合う人々と、勇者との繋がり。 貴族のお話が出てきます。 五章では、アルフラの街での問題と、精霊界での出会いをお楽しみ下さい。 六章では、精霊界の戦いが中心になります。 最高日間1位、週間2位、月間5位、四半期10位。 *感想書いてもらえたら、作中の登場人物で返信致します。 —————約半月前。 桜原隼人は、気づくと草原で寝ていた。 気持ち良い風に吹かれながら、最高に気分が良かった。 そこに、一台の馬車が通りかかる。 あまりの映えスポットに感動していると、気づいてしまった。 俺は死んだんだ、と。 ————————まさか、これが噂の異世界転生なのか。 荷台に乗せられているのは生贄だという。 隼人は言葉巧みに、エルフを救い出すことに成功する。 どうやら、生贄は巨人を鎮めるために捧げなくてはいけないらしい。 隼人は宣言する。 巨人は俺が倒す。 種の保存のために作られたのではないかと、隼人は推測する。 エムの性能もまさかのチート仕様。 この遺跡になったシェルターは人類の生き残りである隼人の所有物となり、自由に使って良いという。 ヒューマノイドを駆使し、生贄を使って巨人を起動させ続ける魔族と交渉して、生贄を二度と取らないように交渉に成功した隼人は、そればかりでなく、エルフの村に水道の知識の授与をすること、また交易を持ちかける。 エルフの村の発展に貢献した隼人は一躍、エルフの村の英雄として称えられる。 クリミナとともに、世界を見て回る隼人は、人間の街で現実を知る。 そして、二度目の死を迎えることとなる。 愛と絶望の冒険ファンタジースペクタル! 物心がつくにともなって、しだいに思い出されていく前世の記憶。 現代日本で生きていたはずの俺は、ハーフエルフの"ベイリル"として異世界に転生していた。 長き寿命と付き合いながら、このままのんびりスローライフも悪くな いなと考える。 環境が変わり、心境が変わり……意志を新たに生きることを決心する。 命短し儚く散らすなど冗談ではない。 教団だろうが踏み台にして、やりたいようにやってやる。 地球でも遠い夢物語だったような、はるか未来の果てが見たい。 長命の有効活用。 現代知識を存分に振るって、世界に変革をもたらすのだ。 自分は神様でも、魔王でも、勇者でも……英雄でもなければ天才でもない。 だからこそ己だけの方法で異世界を駆け飛び巡り、どこまでも高みへ成り上がろう。 この新しくも長き長き人生を、誰よりも最高に謳歌してやるのだと。 ---- 細かい追記や修正は随時おこなっていく予定です。 この作品は他サイトにも投稿しています。 物語に関わる大きな改稿をした場合は、活動報告でお知らせします。 ---- 週2回 更新中 【打ち切りEND分までは書き溜めてますので、ちゃんと毎日投稿します&完結します】 「ちょっと君! 知らない神への祈りをやめなさい! あれ、聞いてます? ちょっ、ホントやめて!」 冒険の神アイヴィス様を知らないという、精進の足りない神父様を 完全無視して僕は真摯な祈りを捧げ続けた。 人は14歳になれば誰もがスキルを得られる。 存在しないはずの魔を降ろし、すべての希望を喰らい尽くすまで止まらない。 そしてねじ曲げられた運命は、何度抗おうと変わらずに時を刻み続ける。 あらゆる種族、あらゆる思 惑が混じり合い、白紙である物語の最後を綴るための聖戦。 それが、この物語の名だ。 繰り返される後悔の中、交差する未知と既知。 白紙の頁を綴れる者が現れぬまま、幕を下ろした英雄譚。 故にこれは、すでに終わったはずの物語……手にした君の御伽噺 パラミシア。 その頁を開いたとき、物語は再び動き出す。 想いと想いがぶつかり合い、紡がれていく涙と悲劇の未完の噺。 欺瞞と狂信が歌う嘆きの詩が聞こえた時、狼火が灯り反逆の旗は翻る。 赤い紅い血溜りの夢だ。 それはその男、ロウが一人の少女に殺されてしまうという悪夢だった。 そんな彼に訪れたのは赤い夢の少女とその妹、シンカとカグラとの運命の出会い。 そして、少女たちの目的は、未来に起こる滅びからこの国を救うことだった。 「人と竜が一丸となり世界を救うもの。 ソラお前は二代目の竜達の旅団だ」 生きた証を胸に、少年は突き進む。 忘れないように願いを込めながら… 帝都から海都オーフェンスへ向かう列車の中、主人 公『ソラ・ウルベクト』は海洋同盟の争いに巻き込まれていく。 日本やアメリカやガイノス帝国の思惑に巻き込まれながらも少年は『守る』為戦う道を選ぶ。 それが命を賭してた『三十九人』の『生きた証』だから。 運命に従いながら、宿命に立ち向かっていく英雄達による英雄譚。 永遠を手に入れようとする不死の皇帝に挑む者達が挑み続ける戦いの記録、人と竜が交わり、魔導と呪術が争う歪な世界で永遠を手に入れる者と戦う物語。 星屑の英雄と呼ばれる少年と仲間達が歩く英雄譚はここから始まる。 星屑の英雄が挑む相手は………二千年以上にわたって生き続けてきた永遠の皇帝。 この作品はLINEノベルでも掲載しています。 高校生、朝比奈(あさひな)剣士(はやと)は暗い雰囲気とオタクである事から卑劣な虐めを受けていた。 ある日、虐めの末にベランダから転落し、異世界転生を果たす。 「これでクソつまんねー人生とはおさらばだ。 異世界で楽しく暮らすか!」 そう考え 、異世界無双や美少女ハーレムを想像し、期待に胸躍らせる剣士だったが、無双どころか雀の涙ほども魔力が無い事を知る。 体内魔力がゼロだったのだ。 せっかく転生させた男が魔力障害だと知られ、国に見捨てられた剣士は奴隷送りにされる。 日本でも異世界でも負け犬になってしまった剣士は「生」に価値を見いだせなくなり、もはや生きることを諦める。 このまま奴隷として死のうとしていた剣士だったが、所属していた王国が魔物の大群に襲われ、滅亡してしまった。 その際に剣士も龍と対峙し、呆気なく死亡してしまう。 しかし、魂が召される直前に黒ずくめの剣士、クロウに助けられる。 クロウは剣士を連れ、自らの持っている技術全てを剣士に伝えた。 1万年にも及ぶ修行の結果、クロウから認めて貰えた剣士は、ハヤト・エインヘリアルとしてエリュシオン王国の首都「エリュシオン」に居を構える。 が、そこでは裏で魔人族が暗躍しており、それに対抗する勢力、レジスタンスと出会う。 これは、バットエンドを乗り越えた高校生が、異世界で成り上がる物語である! 20XX年、世界をひっくり返す大事件が発生した。 その出来事を皮切りに地球には怪物たちが住みつき、次第に人々の居場所は失われていく。 人類史の転換点とも呼ぶべき凶事の渦中にいた主人公たちは救いのない世界で懸命に足掻き続ける。 これは軍事とオカルト が織りなす悲劇とも呼ぶべき英雄譚である。 本作の主人公である義明はとある孤児院で優しい人たちに囲まれて喉かな生活を謳歌していた。 ある日、そんな幸せが突然奪い去られてしまった。 その事件を皮切りに彼の住む街は混沌の最中へ落ちていく。 今までの常識が一切通用しない、ありとあらゆるものを拒絶して、ありとあらゆるものを内包する新しい世界がそこに誕生したのだ。 常に霧に覆われ、世界最大の無法地帯と化し、奇妙な殺人事件と、新たな謎の生命体が跋扈する。 そこで幼い義明は好奇心から孤児院の管理者であるマザーの言葉を無視して外に飛び出してしまう。 意気揚々と飛び出したのも束の間、待ち構えていたのは異形の怪物たちばかり。 絶体絶命の窮地に、一人の男が救いの手を差し伸べる。 幼い彼にその男の輝きは強く心に残り、憧れの彼のようにならんと強く生きることを決心する。 この物語は小さな器に見合わない大きな業を背負った男の悲劇を謳ったマイソロジーである。 今はとりあえずシナリオの大まかな流れを構築中です。 なので見づらかったり、矛盾点がいくつも出てくるかと思いますが、ご了承願います。 今のところ全10話の25万文字前後で考えています。 一通りの執筆が終わり次第、校正しますのでよろしくお願いします。 ある日突然異世界に飛ばされてしまった普通の高校生ユウトは、凶悪な魔物に襲われていた。 そのピンチに現れたのは、根性で異世界までユウトを探しに来た兄レオだった。 レオは日本ではただのビジネスマン。 だというのに兄は何故か圧倒的な力で、異世界人 に恐れられる魔物をスーツ姿のまま平然と倒してしまう。 しかし実はレオだけでなく、ユウトにも隠された力があって……。 小柄で女の子と間違われるほど可愛い弟と、無愛想で絶大な強さを誇るが弟には甘すぎる兄のお話。 仲良し兄弟の異世界冒険者ライフ。 兄弟愛が過剰気味。 じわじわと秘密が紐解かれ、強力な仲間が集結していきます。 男同士でわちゃわちゃしてます。 比率的に男性キャラ多いです。 女の子ともわちゃわちゃしてます。 兄弟、主従、師弟、そしてブロマンス。 世界最難関ダンジョンを突破したSランクパーティーのタンクであるレグはある日突然のクビを言い渡された! 「オーガの攻撃も防げないタンクなんて役立たずなのよ!」「違う! これには理由が!!」「はっ。 あんたの言い訳なんて聞きたくないわよ」全くレグ の話を聞かない仲間たち、さらには仲間だと思っていた仲間から攻撃され、レグは渋々パーティーを立ち去った。 だが、仲間たちは気が付いていなかった。 彼らが最難関ダンジョンを突破出来たのはレグのおかげなのだと。 そして、レグを追放した彼らにこそ【因果応報】がふさわしいことを。 「あの、私たちのパーティーに入っていただけませんか?」「……Fランクのパーティーに?」「はい」そして彼は気が付いた。 ソロよりマシだということで入ったFランクパーティーにいる少女たち、彼女たちこそスキルとの相性が最高だということに。 攻撃を引き寄せてしまう剣士の少女と、魔法を引き寄せしまう魔法少女に、敵を引き寄せしまう斥候の少女。 数多のパーティーからも、世間からも見捨てられた彼女たちこそが、世界を変えられるほどの資質を秘めているということに! 世界最難関ダンジョンを突破したSランクパーティーのタンクであるレグはある日突然のクビを言い渡された! 「オーガの攻撃も防げないタンクなんて役立たずなのよ!」「違う! これには理由が!!」「はっ。 あんたの言い訳なんて聞きたくないわよ」全くレ グの話を聞かない仲間たち、さらには仲間だと思っていた仲間から攻撃され、レグは渋々パーティーを立ち去った。 だが、仲間たちは気が付いていなかった。 彼らが最難関ダンジョンを突破出来たのはレグのおかげなのだと。 そして、レグを追放した彼らにこそ【因果応報】がふさわしいことを。 「あの、私たちのパーティーに入っていただけませんか?」「……Fランクのパーティーに?」「はい」そして彼は気が付いた。 ソロよりマシだということで入ったFランクパーティーにいる少女たち、彼女たちこそスキルとの相性が最高だということに。 攻撃を引き寄せてしまう剣士の少女と、魔法を引き寄せしまう魔法少女に、敵を引き寄せしまう斥候の少女。 数多のパーティーからも、世間からも見捨てられた彼女たちこそが、世界を変えられるほどの資質を秘めているということに!.

次の

モブから始まる探索英雄譚

モブ から 始まる 探索 英雄 譚

次いで、町に怪物が現れ始めた。 舞台は現代の地球。 対するは異能力を扱う怪物「マモノ」 同じく特殊な力に恵まれた、少年少女たちの物語。 卑屈極まる高校一年生の少年、日下部日向。 彼は冬休み前の 終業式に、空から一本の剣が落ちてくるのを目撃する。 好奇心からその剣を拾う日向。 それが彼を逃れられぬ戦いの運命に引きずり込むなど、知る由も無い。 七つの超能力を持つ少女、北園良乃。 超帯電体質、本堂仁。 八極と練気の申し子、シー・シャオラン。 そして、マモノ殺しの剣の担い手、日下部日向とその影、日影。 町のマモノ退治から始まる彼らの戦いは、一体どこへ行き着くのか。 幻想と現実が入り混じった、この星最後の英雄譚が幕を開ける。 一人の少女の書いた日記。 彼女は誰よりも慈愛に溢れ、真っ直ぐ前を見据え、決して折れる事がありませんでした。 優しく国民に接し、大切に想い、常に見守り続けていた彼女。 敵を前にすれば、誰もが驚く程の魔法と能力を振るい、守るための意志を杖に込め、ただひたすらに未来を照らし続けたのです。 その姿はまさに、『巫女』なのでした。 私は、私だけは知っています。 彼女はたった一つの想いを胸に宿していました。 彼女の赤い瞳は常に輝き、白銀の髪は静謐と清楚を表現するかのようでした。 どんな苦難に出会おうとも、どんなにもどかしい想いを抱こうとも、共に在り続けた彼女。 他の誰よりも、この世界を愛している彼女。 誰もが彼女を英雄、巫女、天使と持て囃します。 この物語は彼女の出会いの話。 彼女が見詰めなおした世界、接した人、歩いた道。 彼女と共に歩んだ私は今日も1ページ、日記をめくる。 一人の少女の書いた日記 私のもつものより少しだけ内容を削られたそれは この国で一番の、英雄譚。 彼女は誰よりも勇敢で、優しく、決して諦めませんでした。 優しく国民に接し、大切に想い、ひたすらに前へ歩き続けていた彼女。 敵を前にすれば、誰も が驚く程の力と技を振るい、守るための意志を刀に込め、ただひたすらに未来を切り開いていく。 その姿はまさに、『英雄』なのでした。 私は、私だけは知っています。 彼女はたった一つの想いを胸に抱いていました。 彼女の赤い瞳は常に煌き、赤い髪は燃える魂を表現するかのようでした。 どんなに傷つこうとも、どんなに苦境に立たされようとも、前に歩き続けた彼女。 他の誰よりも、この世界を愛してくれた彼女。 誰もが彼女を英雄、勇者、天使と持て囃します。 この物語は彼女が歩んだ世界の話。 彼女が見た世界、接した人、歩いた道。 彼女と共に歩んだ私は今日も1ページ、日記をめくる。 子爵の娘に生まれた『彼女』は、裕福な下位貴族か商人の家に嫁いで姉を支えることが求められていた。 そんな中、家の書庫で調べ物をしていた彼女は不思議な短剣を手にする。 短剣は古の魔術師の魂の依代であり、対価を支払えば魔術を教えてくれるとい う。 彼女は美しい黒髪を対価に魔術を習い、両親姉に知られることなく薬師ではなく錬金術師となるのであった。 近くに連合王国の英雄王が築城した『ガイア城』が存在していることに気付く。 その場所は老土夫の故郷であり、魔装具に必要な水晶の産地でもあった。 若きサボア公はお飾りの君主のようであり、前伯の希望もあり討伐を請け負うことにする。 『仮面』を渡してギルドを抜けるか、ここで落ちて死ぬか」 Sランクギルド『英雄の一団』から追放、もとい殺されかけた青年、ハンニバル。 一見何のスキルも持たない無能の彼だが、実は仮面を被ると超人的能力を得られるスキル、『仮面 (マスクス)』の持ち主だった! 偶然出会った素人冒険者にしてシーフのセレナ、ウィザードのリンと共に新米ギルドを結成したハンニバルは、自分の居場所になってくれた仲間の為、彼女達の夢であるSランクギルドを共に目指す。 一方、実は彼のスキルを手に入れようと企んでいた『英雄の一団』は刺客を寄越し、ハンニバルや、時には彼の仲間を執拗につけ狙う。 気が付くとそこは見たこともない植物と化け物たちに取り囲まれた異世界だった。 実は転移を管理する女神だった母親から何者かに強制的に異世界転移させられたことを知った主人公【徳島栄次郎】は訳も分からず戦いに巻き込まれる。 せめてもの助けにと送って くれた転移者特典のてんこ盛りセットとサポートAI『ユリシス』と共に、異世界を冒険する。 これは身勝手な神々に役割を押し付けられた高校生が神殺しの魔神に転身し、彼を支える少女たちと共に成長する魔神英雄譚。 【かくろう】と申します。 普段はなろう系列の別サイトにて作品を投稿。 この度なろう本家デビューと相成りました。 奇をてらった変化球は出来ません。 テンプレートでストレートなお話でよければどうぞお付き合いくださいませ。 なので最初は普通の異世界転移ものとしての要素が強くなっております。 でも予定は未定。 本文の邪魔にならないように後書きに入れますがお手数ですが必要ない方は非表示にてお願いいたします HJネット小説大賞2019 受賞しました。 本当にありがとうございました。 2020年書籍化予定です。 2028年4月 今日も俺はダンジョンに潜っている。 高木 海斗は アルバイトがわりに毎日ダンジョンに潜っている。 貧弱ステータスのモブキャ ラ海斗は毎日スライムを狩って、せっせと小遣稼ぎをする探索者。 人呼んでスライムスレイヤー LV3。 以前、調子に乗ってゴブリンに挑戦して、ボコボコにされ命からがら逃げ出した過去がある。 スライムスレイヤー LV3 の海斗がいつものようにスライム狩りをしていると見たこともない 金色のスライムが現れ、撃退するとそこにはサーバントカードと呼ばれるレアアイテムが残されていた。 貧弱モブキャラのダンジョン冒険活劇になる … かも知れません。 主人公アークの両親は元冒険者で、世界中のあらゆるものを見てきたと言う。 『凶悪な罠の仕掛けられたダンジョン』『龍が護る財宝の山』『空を飛ぶ幻の大陸』 そんな話を毎日楽しそうに聞かされれば、当然進む道も決まってくると言うものだ。 アー クは夢のような冒険に興味を持ち、いつか偉大な両親を超えるような冒険者になると決意したのだった。 そこからアークの地道な努力が始まった。 苦労してスキルを覚え、四歳にして大人の世界に飛び込んで行く。 自分と凄い両親との違いに悩みながらも、前を向きながら頑張ります。 しかし幼いアークは知らなかった。 これは両親がとんでもない英雄だと勘違いした子供が、そのデタラメな冒険譚をなぞり成長していく物語である。 楽勝チートなお話ではありませんが、主人公はいずれ誰よりも強くなるでしょう。 微エロ要素あり? 素敵で可愛いお姉さん達に溺愛されます。 何気ない日常、激しいバトル、コミカルな会話など、色々楽しめるはずです。 二章では、成長し始めたアークと、命の大切さを見てもらいたいです。 三章では奴隷のお話があります。 メインヒロインも登場しますので、楽しみにしてもらえると嬉しいです。 四章では、初めての遠征になります。 そこで触れ合う人々と、勇者との繋がり。 貴族のお話が出てきます。 五章では、アルフラの街での問題と、精霊界での出会いをお楽しみ下さい。 六章では、精霊界の戦いが中心になります。 最高日間1位、週間2位、月間5位、四半期10位。 *感想書いてもらえたら、作中の登場人物で返信致します。 —————約半月前。 桜原隼人は、気づくと草原で寝ていた。 気持ち良い風に吹かれながら、最高に気分が良かった。 そこに、一台の馬車が通りかかる。 あまりの映えスポットに感動していると、気づいてしまった。 俺は死んだんだ、と。 ————————まさか、これが噂の異世界転生なのか。 荷台に乗せられているのは生贄だという。 隼人は言葉巧みに、エルフを救い出すことに成功する。 どうやら、生贄は巨人を鎮めるために捧げなくてはいけないらしい。 隼人は宣言する。 巨人は俺が倒す。 種の保存のために作られたのではないかと、隼人は推測する。 エムの性能もまさかのチート仕様。 この遺跡になったシェルターは人類の生き残りである隼人の所有物となり、自由に使って良いという。 ヒューマノイドを駆使し、生贄を使って巨人を起動させ続ける魔族と交渉して、生贄を二度と取らないように交渉に成功した隼人は、そればかりでなく、エルフの村に水道の知識の授与をすること、また交易を持ちかける。 エルフの村の発展に貢献した隼人は一躍、エルフの村の英雄として称えられる。 クリミナとともに、世界を見て回る隼人は、人間の街で現実を知る。 そして、二度目の死を迎えることとなる。 愛と絶望の冒険ファンタジースペクタル! 物心がつくにともなって、しだいに思い出されていく前世の記憶。 現代日本で生きていたはずの俺は、ハーフエルフの"ベイリル"として異世界に転生していた。 長き寿命と付き合いながら、このままのんびりスローライフも悪くな いなと考える。 環境が変わり、心境が変わり……意志を新たに生きることを決心する。 命短し儚く散らすなど冗談ではない。 教団だろうが踏み台にして、やりたいようにやってやる。 地球でも遠い夢物語だったような、はるか未来の果てが見たい。 長命の有効活用。 現代知識を存分に振るって、世界に変革をもたらすのだ。 自分は神様でも、魔王でも、勇者でも……英雄でもなければ天才でもない。 だからこそ己だけの方法で異世界を駆け飛び巡り、どこまでも高みへ成り上がろう。 この新しくも長き長き人生を、誰よりも最高に謳歌してやるのだと。 ---- 細かい追記や修正は随時おこなっていく予定です。 この作品は他サイトにも投稿しています。 物語に関わる大きな改稿をした場合は、活動報告でお知らせします。 ---- 週2回 更新中 【打ち切りEND分までは書き溜めてますので、ちゃんと毎日投稿します&完結します】 「ちょっと君! 知らない神への祈りをやめなさい! あれ、聞いてます? ちょっ、ホントやめて!」 冒険の神アイヴィス様を知らないという、精進の足りない神父様を 完全無視して僕は真摯な祈りを捧げ続けた。 人は14歳になれば誰もがスキルを得られる。 存在しないはずの魔を降ろし、すべての希望を喰らい尽くすまで止まらない。 そしてねじ曲げられた運命は、何度抗おうと変わらずに時を刻み続ける。 あらゆる種族、あらゆる思 惑が混じり合い、白紙である物語の最後を綴るための聖戦。 それが、この物語の名だ。 繰り返される後悔の中、交差する未知と既知。 白紙の頁を綴れる者が現れぬまま、幕を下ろした英雄譚。 故にこれは、すでに終わったはずの物語……手にした君の御伽噺 パラミシア。 その頁を開いたとき、物語は再び動き出す。 想いと想いがぶつかり合い、紡がれていく涙と悲劇の未完の噺。 欺瞞と狂信が歌う嘆きの詩が聞こえた時、狼火が灯り反逆の旗は翻る。 赤い紅い血溜りの夢だ。 それはその男、ロウが一人の少女に殺されてしまうという悪夢だった。 そんな彼に訪れたのは赤い夢の少女とその妹、シンカとカグラとの運命の出会い。 そして、少女たちの目的は、未来に起こる滅びからこの国を救うことだった。 「人と竜が一丸となり世界を救うもの。 ソラお前は二代目の竜達の旅団だ」 生きた証を胸に、少年は突き進む。 忘れないように願いを込めながら… 帝都から海都オーフェンスへ向かう列車の中、主人 公『ソラ・ウルベクト』は海洋同盟の争いに巻き込まれていく。 日本やアメリカやガイノス帝国の思惑に巻き込まれながらも少年は『守る』為戦う道を選ぶ。 それが命を賭してた『三十九人』の『生きた証』だから。 運命に従いながら、宿命に立ち向かっていく英雄達による英雄譚。 永遠を手に入れようとする不死の皇帝に挑む者達が挑み続ける戦いの記録、人と竜が交わり、魔導と呪術が争う歪な世界で永遠を手に入れる者と戦う物語。 星屑の英雄と呼ばれる少年と仲間達が歩く英雄譚はここから始まる。 星屑の英雄が挑む相手は………二千年以上にわたって生き続けてきた永遠の皇帝。 この作品はLINEノベルでも掲載しています。 高校生、朝比奈(あさひな)剣士(はやと)は暗い雰囲気とオタクである事から卑劣な虐めを受けていた。 ある日、虐めの末にベランダから転落し、異世界転生を果たす。 「これでクソつまんねー人生とはおさらばだ。 異世界で楽しく暮らすか!」 そう考え 、異世界無双や美少女ハーレムを想像し、期待に胸躍らせる剣士だったが、無双どころか雀の涙ほども魔力が無い事を知る。 体内魔力がゼロだったのだ。 せっかく転生させた男が魔力障害だと知られ、国に見捨てられた剣士は奴隷送りにされる。 日本でも異世界でも負け犬になってしまった剣士は「生」に価値を見いだせなくなり、もはや生きることを諦める。 このまま奴隷として死のうとしていた剣士だったが、所属していた王国が魔物の大群に襲われ、滅亡してしまった。 その際に剣士も龍と対峙し、呆気なく死亡してしまう。 しかし、魂が召される直前に黒ずくめの剣士、クロウに助けられる。 クロウは剣士を連れ、自らの持っている技術全てを剣士に伝えた。 1万年にも及ぶ修行の結果、クロウから認めて貰えた剣士は、ハヤト・エインヘリアルとしてエリュシオン王国の首都「エリュシオン」に居を構える。 が、そこでは裏で魔人族が暗躍しており、それに対抗する勢力、レジスタンスと出会う。 これは、バットエンドを乗り越えた高校生が、異世界で成り上がる物語である! 20XX年、世界をひっくり返す大事件が発生した。 その出来事を皮切りに地球には怪物たちが住みつき、次第に人々の居場所は失われていく。 人類史の転換点とも呼ぶべき凶事の渦中にいた主人公たちは救いのない世界で懸命に足掻き続ける。 これは軍事とオカルト が織りなす悲劇とも呼ぶべき英雄譚である。 本作の主人公である義明はとある孤児院で優しい人たちに囲まれて喉かな生活を謳歌していた。 ある日、そんな幸せが突然奪い去られてしまった。 その事件を皮切りに彼の住む街は混沌の最中へ落ちていく。 今までの常識が一切通用しない、ありとあらゆるものを拒絶して、ありとあらゆるものを内包する新しい世界がそこに誕生したのだ。 常に霧に覆われ、世界最大の無法地帯と化し、奇妙な殺人事件と、新たな謎の生命体が跋扈する。 そこで幼い義明は好奇心から孤児院の管理者であるマザーの言葉を無視して外に飛び出してしまう。 意気揚々と飛び出したのも束の間、待ち構えていたのは異形の怪物たちばかり。 絶体絶命の窮地に、一人の男が救いの手を差し伸べる。 幼い彼にその男の輝きは強く心に残り、憧れの彼のようにならんと強く生きることを決心する。 この物語は小さな器に見合わない大きな業を背負った男の悲劇を謳ったマイソロジーである。 今はとりあえずシナリオの大まかな流れを構築中です。 なので見づらかったり、矛盾点がいくつも出てくるかと思いますが、ご了承願います。 今のところ全10話の25万文字前後で考えています。 一通りの執筆が終わり次第、校正しますのでよろしくお願いします。 ある日突然異世界に飛ばされてしまった普通の高校生ユウトは、凶悪な魔物に襲われていた。 そのピンチに現れたのは、根性で異世界までユウトを探しに来た兄レオだった。 レオは日本ではただのビジネスマン。 だというのに兄は何故か圧倒的な力で、異世界人 に恐れられる魔物をスーツ姿のまま平然と倒してしまう。 しかし実はレオだけでなく、ユウトにも隠された力があって……。 小柄で女の子と間違われるほど可愛い弟と、無愛想で絶大な強さを誇るが弟には甘すぎる兄のお話。 仲良し兄弟の異世界冒険者ライフ。 兄弟愛が過剰気味。 じわじわと秘密が紐解かれ、強力な仲間が集結していきます。 男同士でわちゃわちゃしてます。 比率的に男性キャラ多いです。 女の子ともわちゃわちゃしてます。 兄弟、主従、師弟、そしてブロマンス。 世界最難関ダンジョンを突破したSランクパーティーのタンクであるレグはある日突然のクビを言い渡された! 「オーガの攻撃も防げないタンクなんて役立たずなのよ!」「違う! これには理由が!!」「はっ。 あんたの言い訳なんて聞きたくないわよ」全くレグ の話を聞かない仲間たち、さらには仲間だと思っていた仲間から攻撃され、レグは渋々パーティーを立ち去った。 だが、仲間たちは気が付いていなかった。 彼らが最難関ダンジョンを突破出来たのはレグのおかげなのだと。 そして、レグを追放した彼らにこそ【因果応報】がふさわしいことを。 「あの、私たちのパーティーに入っていただけませんか?」「……Fランクのパーティーに?」「はい」そして彼は気が付いた。 ソロよりマシだということで入ったFランクパーティーにいる少女たち、彼女たちこそスキルとの相性が最高だということに。 攻撃を引き寄せてしまう剣士の少女と、魔法を引き寄せしまう魔法少女に、敵を引き寄せしまう斥候の少女。 数多のパーティーからも、世間からも見捨てられた彼女たちこそが、世界を変えられるほどの資質を秘めているということに! 世界最難関ダンジョンを突破したSランクパーティーのタンクであるレグはある日突然のクビを言い渡された! 「オーガの攻撃も防げないタンクなんて役立たずなのよ!」「違う! これには理由が!!」「はっ。 あんたの言い訳なんて聞きたくないわよ」全くレ グの話を聞かない仲間たち、さらには仲間だと思っていた仲間から攻撃され、レグは渋々パーティーを立ち去った。 だが、仲間たちは気が付いていなかった。 彼らが最難関ダンジョンを突破出来たのはレグのおかげなのだと。 そして、レグを追放した彼らにこそ【因果応報】がふさわしいことを。 「あの、私たちのパーティーに入っていただけませんか?」「……Fランクのパーティーに?」「はい」そして彼は気が付いた。 ソロよりマシだということで入ったFランクパーティーにいる少女たち、彼女たちこそスキルとの相性が最高だということに。 攻撃を引き寄せてしまう剣士の少女と、魔法を引き寄せしまう魔法少女に、敵を引き寄せしまう斥候の少女。 数多のパーティーからも、世間からも見捨てられた彼女たちこそが、世界を変えられるほどの資質を秘めているということに!.

次の