アイデンティティ の 喪失。 映画『ボーンアイデンティティー』評価は?ネタバレ感想考察/記憶喪失男がCIA暗殺者を倒せる理由

アイデンティティ理論(アイデンティティりろん)とは

アイデンティティ の 喪失

アイデンティティは精神分析学者であるエリクソンErikson,E. (1950,1959)が青年期の中心的な心理社会的発達の課題として提唱した概念である。 【エリクソン理論の基本概念】 エリクソンは乳児期から老年期までの生涯発達をライフサイクルlifecycleとよび,八つの段階に分類している。 エリクソンはフロイトFreud,S. の心理性的な精神分析的発達論に対して,心理社会的発達の側面を追加し,生物学的,心理的,社会的という三つの体制化過程が発達の基底にあると考え,また,人は適切な条件が整った場合,漸成的な法則に沿った発達を遂げていくと仮定し,各発達段階ごとに固有の発達課題を示す漸成図式epigenetic chartとよぶ発達段階モデルを提唱している。 各段階における発達課題には前向きな発達だけではなく退行的,病理的方向も想定した心理社会的な危機があると考えられている。 ここでの危機とは分かれ目,岐路という意味を含んでいる。 たとえば,青年期の課題は「アイデンティティ対アイデンティティ拡散(または混乱)」となっており,肯定的な面と否定的な面の両方が強調されており,その危機を乗り越えていくことが課題とみなされている。 【アイデンティティの感覚】 アイデンティティidentityとは「わたしはわたしである」とか「わたしはわたしらしく生きている」といった確信に近い感覚である。 「わたし」という自己の属性には名前,身体的特徴,性格,価値観,社会的役割,身分など多様な側面が含まれるが,アイデンティティの感覚とは単なる自己概念や自己定義ではない。 エリクソンはアイデンティティの感覚とは「内的な斉一性samenessと連続性continuityを維持しようとする個人の能力と,他者に対する自己の意味の斉一性,連続性とが一致したときに生じる自信」と定義している。 斉一性とは自己をまとまりのある不変な同一の存在として認識していることである。 また,連続性とは過去から未来にかけての時間的な流れのなかでの自己の安定性を意味している。 さらにわたしがわたしであるという自信,すなわちアイデンティティの感覚は他者の存在によって支えられているものであることが強調されている。 そして,この自信が青年に生きがい感や充実感をもたらすと考えられている。 また,エリクソンは青年期から成人期に至るまでの期間をアイデンティティ確立のための心理社会的猶予期間psycho-social moratorium(モラトリアム)とよび,そこでは社会の中で自分の適所を発見するための自由な役割実験role experimentationを行なうことが重要であると述べている。 役割実験とは具体的にはアルバイトやボランティア活動,あるいはさまざまな対人関係を経験する中で多様な役割を引き受け,演じる中で自己や他者,社会への理解を深め,自分らしさや自分のあるべき姿を確認する活動である。 【アイデンティティ研究の発展】 アイデンティティ概念を実証的に研究するうえで最も貢献したのはマーシャMarcia,J. (1966)である。 マーシャは個人のアイデンティティ形成のあり方を判定するアイデンティティ・ステイタスidentity statusの概念を提唱し,半構造化面接法と文章完成法テストを用いてその測定を行なった。 アイデンティティ・ステイタスの判定においては,アイデンティティの危機または探求の経験と,現在の傾倒(積極的関与)commitmentの二つの側面が重視された。 危機とは児童期までの過去の同一視を否定したり再吟味する経験を指している。 また,傾倒とは危機後の意味ある選択肢の探求の末に自己決定したことに対してどれだけ強く関与し,自分の資源を投入しているか,そのあり方を示している。 マーシャはこの二つの基準から政治的イデオロギー,宗教,職業などの各々の領域に対するアイデンティティのあり方を四つのステイタスに分類した。 四つのステイタスとは,危機または探求を経験し傾倒もしている「達成achievement」,危機または探求の真っ最中で傾倒はあっても曖昧な「モラトリアム」,危機または探求の経験はないが傾倒はある「フォークロージャーforeclosure」,危機または探求の経験の有無については両方のタイプがあるが傾倒がない「拡散diffusion」である。 四つのステイタスは,固定的なものではなく,発達過程の中でシフトしていくと考えられている。 たとえば,モラトリアムから達成への移行や逆に達成から拡散やモラトリアムへの移行(退行),フォークロージャーが拡散,モラトリアムを経て達成に移行する,などのアイデンティティ形成のプロセスにはさまざまな段階があると考えられる。 しかし,いずれにしても発達上最も望ましい適応的な状態は達成であるとみなされている。 マーシャのアイデンティティ・ステイタス研究は,多くの研究者に対して刺激を与え,その後のアイデンティティ研究を発展させるきっかけになった。 たとえば,対象とする領域の拡大(性役割,友人関係,恋愛関係などを追加),性差の検討,アイデンティティ形成のプロセスの精緻化,コーピングcoping(対処)との関連,認知的な情報処理スタイルの個人差の検討,社会的文脈や関係性を重視するモデルなどに関する研究が生まれてきている。 また,アイデンティティ概念は青年期だけではなく成人期以降の心理社会的発達を理解するうえでも重要な概念として取り上げられている。 【青年のアイデンティティ】 アイデンティティは現代青年の特徴を説明するうえでの有効な概念であるとみなされてきた。 たとえば,1960年代後半の学生紛争以降に青年の間で「しらけ」ということばが流行し,「三無主義:無気力・無感動・無関心」が青年の特徴として挙げられていたが,西平直喜(1979)はしらけ気分をアイデンティティが統合された感覚である生きがい感の対極にあるアイデンティティ拡散の感覚として位置づけた。 また,アメリカのウォルターズWolters,P. (1961)が慢性的な無気力状態を呈する大学生群を指す用語としてスチューデントアパシーstudent apathyということばを提唱し,笠原嘉が1970年代以降に日本に広め理論的検討を深めている(笠原,1984)。 日本では1960年代後半から大学生の留年現象が問題視されるようになり1970年代以降はこれをスチューデントアパシーとよぶようになったが,この臨床像としては,アイデンティティの葛藤と進路の喪失,本業領域からの選択的退却などが指摘された。 しかし,1990年代以降の青年の特徴を理解するにはエリクソンのアイデンティティ理論は十分ではないという指摘もある(溝上慎一,2004)。 また,今日社会的問題となっている青年のニートや引きこもりは,状態像としても多様であり,精神障害圏の問題や青年期以前の早期の発達段階の課題が背景にある可能性がある。

次の

アイデンティティー

アイデンティティ の 喪失

最終更新日:2019-08-31 みなさんこんにちは!ネイティブキャンプのAdamです! さて今回のブログでは 「アイデンティティ」という言葉の概念と、その言葉自体の意味や使い方についてみなさんとシェアをしていきたいと思います。 哲学の学術用語でとても難しい言葉ですが、頑張って分かりやすく解説していきます!• 「アイデンティティ」って何? この 「アイデンティティ」という概念、普段の会話の中であまり使われることはないと思います。 もしかしたら大学の心理学や哲学の授業、または自己啓発本などで学んだ方もいるかもしれません。 しかし言葉自体は知っていたり、または意味を見たことや聞いたことはあっても 「ちゃんとした意味は分からない」「使い方が分からない」という人が多いと思います。 この 「アイデンティティ」という言は20世紀に定義された比較的新しい概念で、アメリカの心理学者および精神分析学者であるエリク・エリクソンが作り上げたとされています。 (エリクソンは差別の経験など自身の生い立ちに悩みを持っており、それが「アイデンティティ」という概念の提唱や彼の研究自体に大きな影響を与えていたと言われていています。 ) グローバル化・情報化が進む現代では、社会活動および個人の価値観において多様性(様々な種類や傾向があること)がどんどん許容され始めていますよね?そのような時代だからこそ、この 「アイデンティティ」という言葉をよく理解する必要性がある、ということをまず理解していただければと思います。 では、それを踏まえて早速その意味を確認していきましょう! 「アイデンティティ」の意味 この「アイデンティティ」という言葉ですが、カタカナで表記されている通り、もともと英単語の 【identity】から来ている言葉です。 (読み方はほぼ同じです!)つまり外来語ですね。 そこでオリジナルである英語の 【identity】という言葉の意味をオンライン辞書で調べてみました! すると・・・。 ・あるものが環境や時間の変化に影響を受けず、連続する同一のものであること ・主体性、自己同一性、自己の存在証明 おおよそこのような意味が書かれていました。 ・大人しく、少し人見知りをしてしまう。 人間関係でよく悩む。 ・社交的で人気者。 様々なコミュニティに積極的によく参加する。 新しいことを考えたり、実践するのが好き。 ・食べることが大好きで美味しいものを美味しく食べている時が人生で1番幸せを感じる ・子供の頃から医者になることが夢で一生懸命勉強してきたため、自分のことを努力家であると思っている など何でもいいのですが、要は ・自分自身を表現できるもの、 ・自分が自分に対して持っている考え方 そのものがアイデンティティということになります。 アイデンティティという言葉の使用例 実際に文章中では 「アイデンティティ」という言葉をどのように使うのか、考えながら例文を見ていきましょう! ・「このロゴマークは我が社のブランド力を高めるとても大事な アイデンティティの一つだ。 」 意味を知ってから上記の例文を見てみるとなんとなくイメージができると思います! 最後の例のように 「アイデンティティ」という言葉は、何も人間に対してのみ使われる言葉ではありません。 上記のように会社のロゴマークや企業理念、会社名そのものもアイデンティティに含まれます。 (ビジネス用語でコーポレートアイデンティティ、Corporate Identityまたは略してCIとも) 他にも「デジタルアイデンティティ」、「アイデンティティ政治」といった言葉もあります。 名前のアイデンティティ 分かりやすいアイデンティティの例の一つに 【氏名】があげられます。 何故なら 【氏名】は自分自身を認識するための役割を果たしているからです。 つまり 「自分の名前が【ABC】という名前である」と自分で認識し、他人も 「あなたの名前が【ABC】という名前である」と認識している場合、 「自分(あなた)=【ABC】」という アイデンティティが確立しています。 反対に少し前に流行したいわゆる 「キラキラネーム」を持つ人が、他人にその本名で認識されていても、本人がそのキラキラネームを自分の名前として認識することを 否定し、 名前の変更を行なった場合、 そのキラキラネームはその人のアイデンティティとしては確立していないといえます。 (ちなみに日本だけではなく海外でもキラキラネームはあるそうで、Hashtag(ハッシュタグ)やFacebook(フェイスブック)、またはMary Christmas(メリークリスマス)といった名前の人もいるそうです。 ) アイデンティティとパーソナリティの違い よく 【アイデンティティ】と比べられる言葉として 【パーソナリティ】という言葉が存在します。 パーソナリティ(personality)と聞くと大体「(ある人の)個性や性格」という意味で理解している人が多いと思います。 ではこの二つの言葉の関係性について、明確な違いはあるのでしょうか? よく言われるのはパーソナリティとは 「他人からあなたがどのように認識されているのか」を説明する際に使われる言葉だということです。 つまりあなたが自分自身で 「仕事を一生懸命取り組んでいる」と思っているとします。 しかし、 「あいつはいつも仕事をサボっているな」 「同じ失敗ばかりしてなんで学ばないんだろう」 「仕事に対してのやる気を感じないよな」 などと、例えば上司や同僚から認識されているのならば、あなたのパーソナリティは 「仕事をしないで怠けている人」という不名誉なレッテルを貼られていることになります。 アイデンティティの場合は 「自分の中で自分をどのように認識しているのか」なので、パーソナリティの定義とは方向性が異なりますね。 アイデンティティとゲシュタルト崩壊 ゲシュタルト崩壊というものはご存知でしょうか? 有名なのは 知っている漢字なのに急にその漢字に対し、 「この漢字ってこんな形だったけ?」 と違和感を覚えてしまう現象です。 多分みなさんの多くがこの現象を経験したことがあると思います。 ゲシュタルトとはドイツ語で 「形態・姿」を意味し、 「今まで当たり前だと思っていた(認識していた)ものが急に正しいものとして知覚できなくなる」 ことを 「ゲシュタルト崩壊」と呼びます。 ゲシュタルト崩壊に関する有名な都市伝説として、鏡に向かって「お前は誰だ」と言い続けると気が狂ったり、自分自身が誰だかわからなくなる、というものがあります。 (聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?) この 「ゲシュタルト崩壊」がアイデンティティの喪失(アイデンティティクライシス)を招くこともあります。 例えば「洗脳 マインドコントロール 」などは、ある目的のために「宗教」や「人」がある人に対して人為的にゲシュタルト崩壊を起こし、今まで自分が持っていた「当たり前だと思っていたもの(こと)」のアイデンティティを喪失させます。 その結果洗脳された人はひどい時には善悪の分別がつかなくなり、結果周囲の人々に迷惑をかけたり、自分自身の健康を害してしまうこともあります。 まとめ 色々書きましたが、 「結局アイデンティティとは何だろう?」 ということをもう一度考えて見ましょう。 アイデンティティとは分かりやすく言うと、人や会社などが 「他人から推し測られたものではなく、自分自身という存在に対して自分で定義できる意識を保っているもの」 でしょう。 自分が認識している個性を否定された時には、アイデンティティの崩壊が起こっていると書きましたが、現在の世の中ではこれがよく問題になっており 「自分自身が何者であるかわからない。 どうしたらいいかわからない」 と思い込み引きこもりや鬱になったりといったこともあるそうです。 このブログの冒頭で 「グローバル化の過程でこの世の中では多様性がどんどん許容されてきている」 と言いましたが、自分のアイデンティティが上手く確立できず、複雑な社会関係や人間関係の中で「自分が他人と比べて劣っている(変わっている)」と思い悩んだりします。 (皆さんも多少なりともこの様な経験があるのではないでしょうか?) 特に思春期や社会的少数者などこのような自身のアイデンティティに苦しんでいる人も少なくありません。 自分の信念や個性を確立するアイデンティティは生きていく上で非常に大切になります。 自分自身を深く見つめ直すことで今までは考えてもみなかった人生における新しい目的を見つけたり、それに向かって行動をし始める可能性だってあります。 皆さんも時間がある時に自分のアイデンティティについて考えてみてはいかがでしょうか?.

次の

自己同一性

アイデンティティ の 喪失

現在、大人の方は青年期に自分はいったい何者なのかと思い悩んだ事を覚えていらっしゃいますか? 人の心理社会的発達は著名な発達心理学者であった米国人のエリク・エリクソンによれば、ライフサイクルの折々で発達課題を順調にこなしていく事が大変重要です。 今回は、エリクソンが提唱した、人の心理社会的発達に関する著名な理論の中から、人はその人生の折々で、いかなる発達課題をこなす事になっているのか、また、そこでいったんつまずくと、その後、どのような心理的問題が生じやすくなるのか、そして場合によっては、それが心の病気につながってしまう可能性もある事を、前回、取り上げました児童期の次の段階である青年期を重点的に解説いたします。 青年期における心理社会的発達の意義 今回、取り上げる青年期は、時期的には13歳くらいから21歳くらいまでで、エリクソンが提唱した、人の心理社会的発達における8つの発達段階のうち、第5段階になります。 この時期に対応する2つの心理的側面は「同一性」と、それと対の関係をなす「同一性拡散」となっています。 青年期の始まりは第二次性徴とも重なり、男性なら男性らしい、女性なら女性らしい肉体にはっきり変化していく時期。 この時期、自分は他人の目にどう映っているのか、あるいは他人から、いったいどう思われているのかが気になりやすく、青年期は自分という、この世の存在をはっきり意識し始める時期。 この青年期における最大の発達課題はエリクソンによれば、自分というアイデンティティの基盤をしっかり固める事。 もしも、この時期、何らかのつまずきのため、アイデンティティの基盤がしっかり形成されなければ、エリクソンによれば、自分はいったい何者なのかというアイデンティティの混乱から精神的に不安定になってしまい、場合によっては、心の葛藤が深刻化して、心の病気につながってしまう可能性もあります。 青年期に関連する心の病気 エリクソンによれば、青年期の発達課題に、もしも、つまずいてしまった場合、自分は何者であるのかというアイデンティティの混乱から、様々な問題が生じてくるとしています。 例えば、自分の家が自分本来の居場所だと感じられなくなってしまい、家出してしまう。 あるいは、不良グループに入ってしまい、仲間同士の関係に自分が流されていくうちに、本来の自分を見失ってしまう。 また、場合によっては、心の不安定さが大きく高まり、境界性パーソナリティ障害的な症状を発症してしまう場合もあります。 さらに、もしも性的アイデンティティが混乱している場合は、性同一性障害につながってしまう可能性も出てきます。 青年期を無事、乗り越えていくためのヒント 青年期は一般に人生で最も多感な時期。 現在、頭に白いものが多々、混じるようになってしまった方でも、10代の子供たちの楽しそうな姿を見れば、「ああ、オレにも昔、あんな頃があったな」と、ちょっと、しんみりする事もあるかも。 実際、青年期の子供たちは、みな自分なりに一生懸命。 ただ、この時期には、この時期特有の発達課題があるという事は、はっきり意識しておきたい事だと思います。 自分はいったい何者なのかという問いに、はっきり答えを出せるようになると言えば、いささか哲学的な難問になってしまうかも知れませんがが、社会における自分の役割を、これから見出して行くのだという事を、しっかり意識しておく事は、10代の子供たちが持つ大きなエネルギーの向かうべき先が現われる手助けになると思います。 青年期は自分の属するグループの影響を特に受けやすい時期である事は、親御さんも要注意。 青年期の子供は、たとえ見かけは大人のようでも、まだまだ心は大人の成熟さからは、ほど遠いもの。 何でも自己責任とは言えない面もあり、もしも、子供が明らかに望ましくないグループに入っているような場合、そのグループから子供が抜け出すためには、親御さんの力がどうしても必要になる場合もあるでしょう。 また、親御さんが子供の将来に関して自分の価値観を押し付けてしまうと、時には大変なNGになってしまいます.。 時代の動きには大人以上に青年期の多感な子供の方が敏感かつ正確である場合もあります。 親御さんは、子供がアイデンティティを確立させていく手助けは出来ても、それを達成するのは、やはり子供に任せるしかないという事は、時に意識しておいた方が良い場合もあると思います。 また、場合によっては「勉強が大変苦手」あるいは「容姿を他人からちょっと、からかわれてしまう」といった事から、劣等感が強まってしまい、仲間うちにも入れず、心に悩みを抱え込んでしまう場合もあると思います。 もしも、その苦しみが頭から離れず、こなさなくてはいけない勉学に打ち込めなくなるなど、弊害が深刻化しているような場合、カウンセリングルームでカウンセリングを受けて、専門家に悩みを話してみる事なども人生をよりポジティブな方向に向ける手助けになり得る事は、是非、親御さんもご留意して頂きたいです。 ところで、エリクソンはユダヤ人の家庭で育ち、子供時代、北欧系の外見から、ユダヤ人の子供たちからは仲間扱いされず、学校に上がったあとは、ドイツ人の同級生からやユダヤ人と見なされていたため、自らのアイデンティティに悩んでいた時期がありました。 それこそがエリクソンを発達心理学の道に進ませる原動力だと言われていますが、エリクソンによれば、青年期は誰でも自分自身に思い悩む頃であり、アイデンティティの危機自体は程度の差こそあれ、皆、経験するもの。 従って、それから生じる問題行動や精神疾患の病的意義は他の年代と比べれば、さほどでは無いとしています。 実際、10代の頃、いわゆる、やんちゃが過ぎた方でも、月日が流れていくうちに、その面影も無いほど、落ち着いた物腰の大人になられた方も少なくないもの。 とはいえ、10代の子供たちにとっては、現実は多感な毎日です。 時代は一昔前とはガラリと変わり、将来の見通しが、かつてないほど付きにくい現状では、10代の子供たちが自分のアイデンティティを確立して、社会の中での役割を見出していくためには、周囲の力も、かつてないほど、必要になってきているはずで、こうした事はもはや、私たちみんなで真剣に考えたい問題になってきているのではないでしょうか。

次の