アンテナ設定。 テレビが映らない…BSアンテナの電源供給設定の確認方法と注意点|生活110番ニュース

BSアンテナの方向調整:配線接続講座:簡単!テレビの設置教室

アンテナ設定

テレビが映らないとき、原因によっては簡単に直すことができます。 そこで、まずは簡単な対処法についてご紹介していきます。 テレビが映らないときには、以下のことを確認してみてください。 【電源コード】 テレビが映らないときには、電源コードが抜けているかもしれません。 まずは、電源コードがコンセントに刺さっているかどうかを確認してみてください。 【B-CASカード】 B-CASカードとは、チャンネルを視聴するために必要なカードで、通常はテレビを購入したときにテレビの側面に挿入します。 このカードが挿入されていないときや、接触不良が起きているときには、チャンネルを視聴することができません。 テレビが映らないときには、B-CASカードが挿入されているかを確認してみてください。 挿入されているにも関わらず映らないときには、金色のチップ部分を柔らかい布でそっと拭いてから挿入すると、テレビが映ることがあります。 チャンネル設定がおかしくなっていないか確認しよう 電源コードやB-CASカードに問題がないときには、チャンネル設定が適切に行われていない可能性があります。 以下の内容をチェックして、該当するものがないか確認してみてください。 【チャンネルの地域設定がされているか】 テレビが映らないときには、地域設定ができていない可能性もあります。 視聴できるチャンネルは地域によって異なるため、引越しをしたときなどは地域を設定し直す必要があるのです。 なお、地域設定の方法は、取扱説明書をご確認ください。 【有料放送を契約しているか】 CS・BSの有料チャンネルは、契約しないと視聴できません。 有料放送を視聴したいときは、BSやCSを契約しましょう。 【入力設定が切り替わっていないか】 テレビが映らないときには、リモコンの操作ミスで知らないうちに入力が切り替わった可能性もあります。 たとえば、知らない間にBSボタンを押してしまったとき、BSを契約していない場合にはテレビが映らなくなるのです。 エラーコードの意味がわかれば対処法もわかる E201は信号レベルが低下していることを、E202は信号が受信できないことを示しています。 これらのエラーコードが表示される原因には、以下のようなものがあります。 ・障害が発生している ・メンテナンスがおこなわれている ・配線の接続部分の緩みや断線 ・アンテナや分配器などの周辺機器の故障 ・アンテナの角度のずれ ・障害物による電波障害 このうち、アンテナに問題があるときには自分での対処は難しいため、業者に依頼するとよいでしょう。 【E203】 E203は放送休止を意味しています。 テレビの番組表を確認し、そこに番組があるか、放送休止と書かれていないかを確認してみてください。 放送が休止されていないときには、配線やアンテナに問題がある可能性があるので、確かめてみてください。 アンテナが故障していた場合は業者に依頼して修理しよう エラーコードを確認して、電波に異常があることがわかったら、アンテナ自体に原因があるかもしれません。 たとえば、台風などでアンテナが折れた場合や、設置から時間が経過してアンテナが劣化している場合があります。 このように、アンテナに問題があるときには、業者に修理を依頼しましょう。 なかには、「アンテナを自分で修理をしたい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、自分での修理はやめたほうがよいでしょう。 基本的にアンテナ修理は高所での作業となります。 慣れていない方が高所で作業すると、落下して大ケガをするおそれがあるのです。 また、アンテナの修理には専門的な知識や技術が必要となることが多いため、自分で修理できるとは限らないのです。 アンテナの修理を安全で確実におこなうためにも、作業に慣れている業者に依頼するとよいでしょう。

次の

アンテナやテレビとの接続|接続する|2013|使いかたマニュアル

アンテナ設定

操作のしかた• ホームボタンを繰り返し押して、元の画面に戻ります。 設定できること [オート] テレビの電源が入っているときに、テレビが衛星アンテナに電源を供給するかどうかを自動的に判断します。 テレビの電源が切れているときは供給しません。 衛星アンテナ電源がショートして[切(オート)]になった場合は、テレビの電源を入れ直すことで再び[オート]になります。 [入] テレビの電源が入っているときは常に電源を供給します。 テレビの電源が切れているときは供給しません。 [オート]の設定でお使いのとき、BSデジタルが映ったり消えたりするときは[入]を選びます。 [切] 電源を供給しません。 マンションなどの共同受信システムのときは[切]を選びます。

次の

チューナーやアンテナの接続・設定・操作方法が分かりません

アンテナ設定

CATVやスカパー!を利用している場合 CATV会社によって、放送と伝送方式が異なります。 パススルー方式の場合、STB(チューナー)と本機をアンテナケーブルで接続することで放送を受信できます。 番組表から録画予約できます。 トランスモジュレーション方式の場合、STB(チューナー)を使って放送を受信する必要があります。 STB(チューナー)と本機を音声/映像ケーブルで接続し、外部入力で受信します。 録画するには、外部入力録画、またはLAN録画を使います。 アンテナケーブル(付属)• アンテナケーブル(別売)• HDMIケーブル(別売)• 映らない/映りが悪いときは• HDMIケーブルはHDMIロゴの付いているものをお使いください。 ソニー製のHDMIハイスピードケーブルを推奨します。 接続は正しくできているのに、テレビ放送や本機の再生映像が表示されないときは、リモコンの 《停止》ボタンを10秒以上押してください。 CATV局と契約している有料チャンネルなどを視聴/録画したいときは、トランスモジュレーション方式でつないでください。 混合アンテナ端子と分配器をつなぐと映像が乱れることがあります。 その場合は分波器をお使いください。 アンテナケーブルの芯線が曲がると、外周部の金属部分に触れてショートの原因となります。 詳しくは、ご利用のCATV局にお問い合わせください。 CATV局と有料契約しているチャンネルなどを視聴や録画したいときは、CATVチューナーの音声/映像出力端子と本機の音声/映像入力端子をつないでください。 著作権者等によって複製を制限する旨の信号が含まれている番組は録画できないことがあります。 映像が乱れる場合、外部チューナーを直接テレビにつないで視聴してください。 本機には標準画質で映像が入力されるため、ハイビジョン放送でもハイビジョン画質で録画できません。 AVマウスでの録画には対応していません。 関連項目• CATVやスカパー!をネットワークにつないで、高画質で録画したい場合 ネットワークにつなぐと、「スカパー!プレミアムサービス」やCATVチューナー(STB)の番組表から、本機にLAN経由で録画予約できるようになります。

次の