皇室 斜め読み。 皇室関連情報の関連情報

秋篠宮家、上皇后批判ブログが増えました。去年の9月ブログには書かなかったこと

皇室 斜め読み

皇室批判はタブーなのか 一般的に 皇室批判というと、 タブーなイメージがありますよね。 批判していたことが見つかったら捕まってしまうのでは?などというイメージが少なからずあります。 皇室に対する批判をタブーとすることを、別名『 菊タブー』ともいうらしく、 皇室の紋章が菊ということが由来のようです。 一方で、タブーということと同時に、 批判的な意見などに対しては 「 不敬だ」「 不敬罪で逮捕されるぞ」などということも耳にします。 本当に 逮捕などあるのでしょうかね。 今、日本における『 不敬罪 』の位置付けとはというのはどうなっているかご存知でしょうか。 そもそも不敬罪とは、かつての大日本帝国憲法で 皇族などに対して名誉や尊厳を傷つけるような行為に対して成立する犯罪として、定められていましたが 、 終戦後の1947年に廃止されました。 したがって、現在の日本においては 不敬罪という罪はない。 ということになります。 しかし、一般人同様にあまりにひどい言い方やデマを流せば、 名誉毀損や 侮辱罪で訴えられることはあるでしょう。 皇室批判と聞くと、近頃は秋篠宮家に対すること批判が多くメディアでも取り上げられるため、近年出てきた問題のように思えますが、 皇室批判は今に始まったことではありません。 例えば、かつては雅子さまに対しバッシングが多く寄せられ、精神的なことが原因で体調を崩されることもありましたが。 実はその雅子さまへの批判の前には、皇太子妃という同じ立場だった 美智子さまに対しても 強烈なバッシングが集まっていたのです。 その結果、美智子さまは世間や報道からの批判に耐えられず、ストレスが原因で 声が出せなくなってしまう 「 失声症 」という状態にまで 追い詰められた過去 もあります。 執拗な批判にあっていた理由としては、美智子さまは 初の一般人からの皇太子妃になられた方でした。 一般人、というだけで家柄や美智子さまに対する人格的な部分(礼儀作法がなっていない等)も攻撃対象になっていたのです。 週刊誌もこぞってことあるごとに批判をしていたようで、こうして振り返ってみてみると、 本質として現代も昔も 皇室を取り巻く(批判的な)環境は対して変化がないのでは?という気がしてきますね。 批判対象が移り変わっていくだけで、皇室内のどこかしらには 批判はつきまとう形で存在しているということになります。 さらに批判の対象となるのは天皇陛下や皇太子さまなどの 皇族の男性側ではなく、 皇太子妃や内親王など、 女性側に大きな批判が集まる傾向があると言えるのではないでしょうか。 皇后さまや皇太子妃などの女性は、言うなれば 新参者として外部からくるわけですから、立場としては弱いという見方もできます。 いわば弱いものいじめに近い空気も含んでいるのかもしれません。 いつの時代もある『これだから今時の若いものは』という流れと似ているかもしれません・・ かつては美智子さま、雅子さま、現在は秋篠宮家の眞子さまや佳子様にも。 最近ではついには 秋篠宮殿下にまで批判が集まっているところを見ると、小室圭問題が皇室批判にも繋がっているとも言えるので、世間から大きい問題として捉えられていることがわかりますね。 >> 皇室批判で言えば、悠仁さまの刃物事件の 犯人・長谷川薫も犯行動機が『皇室批判』と言っておりました。 >> さらには 播磨屋助次郎という人物は、自身の思想を元に、日本の現状は天皇のせいだと主張し、トラックで大々的に 皇室を批判している人もいます。 >> 現代においては、 皇室批判はそこまでタブーというレベルではなくなっている気がしますし、 皇室が明らかに間違えた選択(小室圭の留学を手助けしたりなど)をした場合は、 意見を述べていくということはとても需要だとも思います。 スポンサードリンク タブーや噂の真相まとめてみた【秋篠宮家のお噂・皇太子】 さて、皇室批判以外にも、何かタブーなどの噂はあるのでしょうか 一部でささやかれている皇室や天皇に関するタブーや噂の真相まと めてみました。 ・雅子さま「適応障害」ではなく『うつ病』だったのではとされている ・天皇家の血統をさかのぼってみると、百姓出身の豊臣家(秀吉の姉の孫)も入っているらしい ・近親婚が繰り返されきた。 などの噂があり、皇室のタブーとしてもありえそうな情報ですね。 その他には、秋篠宮家に関するお噂や、皇太子さまに関する噂もありますが、これはタブーというよりかは、 噂の要素が強いのかと思います。 秋篠宮家の噂とは >> 性格が全然違います >> あくまで噂ですが、雅子さまが適応障害ではなく うつ病というのも、 皇室としては、 自分たちのお世継ぎに関する圧力をかけていたことが明るみになったことも考えるとこれ以上触れて欲しくないところではあるのでしょう。 しかしながら、当時の 適応障害という診断は誤りではないかとの見方をする声も最近になって出てくるようになったのも事実。 タイムリーな話題として感じられるのは、 百姓出身の豊臣家の血が入っているというのもなかなか興味深いですよね。 かなり タブー感を感じる噂なのではないでしょうか。 現在問題となっている女系天皇や女性宮家などの問題に批判的な方たちに対して、 この 百姓という身分はいいのですか?なんていうことは口が裂けても言えないですが、この噂はタブーとしてみていいのではないでしょうか。 というのも、豊臣秀吉の姉の 日秀尼。 その孫である 羽柴完子という人物が公家の九条家に嫁ぐことになり、その後の子孫が 大正天皇に嫁いで 貞明皇后となってるらしいのですが、あれだけ美智子さまなど外部から来た人間や女性天皇、女性宮家を反対しているにも関わらず、 歴史を見てみると百姓も入ってきているのでは。 という噂。 これをあまり声を大にしていう人は少なそうですが・・・ >> 最後の 近親婚なんていうのも実際、かつて 昔の時代ではよくあることでしたでしょうし、 取り立ててやばそうなことではないのですが、皇室側としては、近親婚というワードは声を大にしたくない部分でしょうし、 特に現代においてはそのワード自体がタブーとされていますしね。 こうしてみてみると 噂とタブーの境目みたいなものってなかなか難しいラインがあると感じました。 噂でも触れてはいけなそうなものもあれば、あくまで噂だからと言える情報もある気もしますし。 逆に 皇室が噂に対して本気で火消しをすると、さらに 怪しく見えてくる。 なんてこともありますからね。 まとめ ・ 皇室批判のタブーは現代においては、かつて美智子さまの際にもあった ・ 皇室批判ができるようになったのは、戦後不敬罪という罪はなくなったことも関係している ・ 皇室のタブーや噂をまとめてみた結果、歴史的には事実だったことも多くある まだまだ実際これ以上にも触れてはいけないタブーはありそうですよね。 しかしタブーであるがゆえに表には出てきていない情報も多くありそうです。 いくら不敬罪がなくなったとは言え、 行き過ぎた批判はよろしくないのは皇室であれ一般人であれ変わりはないでしょう。 皇室関連記事はこちら これからも色々と注目される記事を書いていきますので、引き続き宜しくお願い致します!.

次の

皇室のまとめネタ!愛子さま影武者説に佳子さまのすっぴん、小室圭は?雅子さまの昔が可愛い!|エンタメや事件のあおてん

皇室 斜め読み

もくじ• 愛子さまの影武者説! なんと愛子さまには前から平成の「影武者」説が浮上しているのです。 時は戦国時代、将軍を守るために身代わりの人物がなりすますことで有名な影武者ですが、 現代においても影武者は健在。 なんと愛子さまは影武者が演じているというではないですか。 東京のインディード(就活雑誌)には求人も載っているとかいないとか? いやー東京って怖いなあ! 悠仁さまの発達障害の画像 悠仁さまには公式の発表はありませんが、「発達障害なのでは?」とう疑惑が出ていました。 これは悠仁さまのテレビに映る顔の画像や仕草、作品などからそう言われいるのですが真実か気になる話題です。 佳子さまのすっぴん! 愛くるしい笑顔で皇室人気NO. 1嬢の佳子さま。 いや嬢ではないか。 メディアに登場するたびに可愛い可愛いと話題になりますがすっぴんは実は山下達郎?! いやいやしかし佳子さまの人気は山を越え、海を越え、海外での反応も凄まじいんですよ。 小室圭のスキャンダル! 眞子さまの彼氏である小室圭。 アメリカではすでにハッピープリンスとまるで皇室の一員のような扱いを受けていますが、 生い立ちから今までがまあ壮絶なこと 渦中の借金問題ですが、やはり気になるのは小室圭の母親。 何かモテる秘訣があるのか?! そしてアメリカに渡ってからも多額の奨学金を手にするなど凄まじい勢いでエリートと化している小室圭。 これは眞子さまと別れても余裕のよっちゃん?! 雅子さまの昔はめちゃ美人 新皇后となられる雅子さま、噂では務まらない! なんて厳しい声も飛び交っているんですね。 こわいこわい。 雅子さまには双子の妹がいたなんて知っていました?! いやー皇室のことってワイドショーでは固い話題しかやらないから意外と知らないことが多いですね。 ま、これを読めば職場の休憩時間に皇室ネタで3日は話題に事欠かないですね! まとめ 新天皇誕生に令和とおめでたい日本の2019年。 皇室の皆様のことを調べるとかなり面白いネタが満載でしたね! これからも耳寄り情報をいち早くチェックしていきますよ。 眞子さまと小室圭には注目ですね、結婚は・・・私はしないと思う! 以上、皇室のまとめネタ!愛子さま影武者説に佳子さまのすっぴん、小室圭は?雅子さまの昔が可愛い!でした.

次の

皇室のまとめネタ!愛子さま影武者説に佳子さまのすっぴん、小室圭は?雅子さまの昔が可愛い!|エンタメや事件のあおてん

皇室 斜め読み

皇室批判はタブーなのか 一般的に 皇室批判というと、 タブーなイメージがありますよね。 批判していたことが見つかったら捕まってしまうのでは?などというイメージが少なからずあります。 皇室に対する批判をタブーとすることを、別名『 菊タブー』ともいうらしく、 皇室の紋章が菊ということが由来のようです。 一方で、タブーということと同時に、 批判的な意見などに対しては 「 不敬だ」「 不敬罪で逮捕されるぞ」などということも耳にします。 本当に 逮捕などあるのでしょうかね。 今、日本における『 不敬罪 』の位置付けとはというのはどうなっているかご存知でしょうか。 そもそも不敬罪とは、かつての大日本帝国憲法で 皇族などに対して名誉や尊厳を傷つけるような行為に対して成立する犯罪として、定められていましたが 、 終戦後の1947年に廃止されました。 したがって、現在の日本においては 不敬罪という罪はない。 ということになります。 しかし、一般人同様にあまりにひどい言い方やデマを流せば、 名誉毀損や 侮辱罪で訴えられることはあるでしょう。 皇室批判と聞くと、近頃は秋篠宮家に対すること批判が多くメディアでも取り上げられるため、近年出てきた問題のように思えますが、 皇室批判は今に始まったことではありません。 例えば、かつては雅子さまに対しバッシングが多く寄せられ、精神的なことが原因で体調を崩されることもありましたが。 実はその雅子さまへの批判の前には、皇太子妃という同じ立場だった 美智子さまに対しても 強烈なバッシングが集まっていたのです。 その結果、美智子さまは世間や報道からの批判に耐えられず、ストレスが原因で 声が出せなくなってしまう 「 失声症 」という状態にまで 追い詰められた過去 もあります。 執拗な批判にあっていた理由としては、美智子さまは 初の一般人からの皇太子妃になられた方でした。 一般人、というだけで家柄や美智子さまに対する人格的な部分(礼儀作法がなっていない等)も攻撃対象になっていたのです。 週刊誌もこぞってことあるごとに批判をしていたようで、こうして振り返ってみてみると、 本質として現代も昔も 皇室を取り巻く(批判的な)環境は対して変化がないのでは?という気がしてきますね。 批判対象が移り変わっていくだけで、皇室内のどこかしらには 批判はつきまとう形で存在しているということになります。 さらに批判の対象となるのは天皇陛下や皇太子さまなどの 皇族の男性側ではなく、 皇太子妃や内親王など、 女性側に大きな批判が集まる傾向があると言えるのではないでしょうか。 皇后さまや皇太子妃などの女性は、言うなれば 新参者として外部からくるわけですから、立場としては弱いという見方もできます。 いわば弱いものいじめに近い空気も含んでいるのかもしれません。 いつの時代もある『これだから今時の若いものは』という流れと似ているかもしれません・・ かつては美智子さま、雅子さま、現在は秋篠宮家の眞子さまや佳子様にも。 最近ではついには 秋篠宮殿下にまで批判が集まっているところを見ると、小室圭問題が皇室批判にも繋がっているとも言えるので、世間から大きい問題として捉えられていることがわかりますね。 >> 皇室批判で言えば、悠仁さまの刃物事件の 犯人・長谷川薫も犯行動機が『皇室批判』と言っておりました。 >> さらには 播磨屋助次郎という人物は、自身の思想を元に、日本の現状は天皇のせいだと主張し、トラックで大々的に 皇室を批判している人もいます。 >> 現代においては、 皇室批判はそこまでタブーというレベルではなくなっている気がしますし、 皇室が明らかに間違えた選択(小室圭の留学を手助けしたりなど)をした場合は、 意見を述べていくということはとても需要だとも思います。 スポンサードリンク タブーや噂の真相まとめてみた【秋篠宮家のお噂・皇太子】 さて、皇室批判以外にも、何かタブーなどの噂はあるのでしょうか 一部でささやかれている皇室や天皇に関するタブーや噂の真相まと めてみました。 ・雅子さま「適応障害」ではなく『うつ病』だったのではとされている ・天皇家の血統をさかのぼってみると、百姓出身の豊臣家(秀吉の姉の孫)も入っているらしい ・近親婚が繰り返されきた。 などの噂があり、皇室のタブーとしてもありえそうな情報ですね。 その他には、秋篠宮家に関するお噂や、皇太子さまに関する噂もありますが、これはタブーというよりかは、 噂の要素が強いのかと思います。 秋篠宮家の噂とは >> 性格が全然違います >> あくまで噂ですが、雅子さまが適応障害ではなく うつ病というのも、 皇室としては、 自分たちのお世継ぎに関する圧力をかけていたことが明るみになったことも考えるとこれ以上触れて欲しくないところではあるのでしょう。 しかしながら、当時の 適応障害という診断は誤りではないかとの見方をする声も最近になって出てくるようになったのも事実。 タイムリーな話題として感じられるのは、 百姓出身の豊臣家の血が入っているというのもなかなか興味深いですよね。 かなり タブー感を感じる噂なのではないでしょうか。 現在問題となっている女系天皇や女性宮家などの問題に批判的な方たちに対して、 この 百姓という身分はいいのですか?なんていうことは口が裂けても言えないですが、この噂はタブーとしてみていいのではないでしょうか。 というのも、豊臣秀吉の姉の 日秀尼。 その孫である 羽柴完子という人物が公家の九条家に嫁ぐことになり、その後の子孫が 大正天皇に嫁いで 貞明皇后となってるらしいのですが、あれだけ美智子さまなど外部から来た人間や女性天皇、女性宮家を反対しているにも関わらず、 歴史を見てみると百姓も入ってきているのでは。 という噂。 これをあまり声を大にしていう人は少なそうですが・・・ >> 最後の 近親婚なんていうのも実際、かつて 昔の時代ではよくあることでしたでしょうし、 取り立ててやばそうなことではないのですが、皇室側としては、近親婚というワードは声を大にしたくない部分でしょうし、 特に現代においてはそのワード自体がタブーとされていますしね。 こうしてみてみると 噂とタブーの境目みたいなものってなかなか難しいラインがあると感じました。 噂でも触れてはいけなそうなものもあれば、あくまで噂だからと言える情報もある気もしますし。 逆に 皇室が噂に対して本気で火消しをすると、さらに 怪しく見えてくる。 なんてこともありますからね。 まとめ ・ 皇室批判のタブーは現代においては、かつて美智子さまの際にもあった ・ 皇室批判ができるようになったのは、戦後不敬罪という罪はなくなったことも関係している ・ 皇室のタブーや噂をまとめてみた結果、歴史的には事実だったことも多くある まだまだ実際これ以上にも触れてはいけないタブーはありそうですよね。 しかしタブーであるがゆえに表には出てきていない情報も多くありそうです。 いくら不敬罪がなくなったとは言え、 行き過ぎた批判はよろしくないのは皇室であれ一般人であれ変わりはないでしょう。 皇室関連記事はこちら これからも色々と注目される記事を書いていきますので、引き続き宜しくお願い致します!.

次の