オキシトシン 一人。 愛のホルモン「オキシトシン」は、男女によって真逆の効果をもたらすこともある

職場で実践! 3つの幸せホルモンを出す10個のヒント

オキシトシン 一人

スポンサーリンク 人間でなくてもいいって!? 「一人の方ご安心ください。 」 実は、オキシトシンが増加するための愛情の対象は人間でなくても良いのです。 オキシトシンの増やし方はペットでもいい!? 一人の場合のオキシトシンの増やし方は、ペットでもいいんです。 心臓病で入院をしたことがある人の余命を調べた調査では、退院1年後、ペットを飼っている人のほうが、飼っていない人よりも元気でいることが多いという結果が出ています。 実際に、飼い犬と遊ぶ前後のオキシトシン濃度を調べると、飼い犬と遊ぶことによって血中のオキシトシンが増加することもわかっています。 オキシトシンの増やし方は植物でもいい!? また、植物の世話をすることによっても健康状態は改善するのです。 植木の世話をする老人ホームのグループは、何もしない老人ホームのグループと比べると、長生きをする人が多いという研究結果があります。 なかなか良いパートナーに巡り会えない方は、まずはペットや植物に愛情を注ぎましょう。 大事なことは愛情をしっかり注ぐことですネ。 異性に注ぐように、ペットや植物にもたっぷりの愛情を注ぐことが、一人であってもオキシトシンの増やし方なんです。 スポンサーリンク ハグをするとオキシトシンが増えて健康になる!? はじめにオキシトシンは 「愛情物質」であると説明しましたが、オキシトシンの放出には恋愛感情や愛情行動が大きく関わっています。 ある研究結果によると、 ハグをする回数が多いカップルほど血中のオキシトシンの量が多く血圧が低い傾向があったそうです。 また、他の調査では、 夫婦150組を対象に「結婚生活に関する会話の内容」から、「仲の良い夫婦」と「仲の悪い夫婦」に分類してみたところ・・・ 仲の悪い夫婦はオキシトシンの量が少なく、動脈硬化の傾向が顕著に見られました。 このように、愛情を感じられることによってオキシトシンは増加し、身体の健康にもつながります。 愛情を注ぐことがオキシトシンの増やし方で一番大切なポイントです。 パートナーがいらっしゃる方は、お試しくださいネ。 ・特別なお店にお食事に誘ってみたり… ・二人っきりの時間をつくってみたり… 出会った頃の新鮮な気持ちを思い出して健康になりましょう。 手を繋ぐことで手足の皮膚に気持ち良い刺激を与えますが、その刺激が脳に届き、脳の神経細胞を成長させる「NGF」を分泌させてくれます。 手つなぎは認知症の予防にもなるんですネ。 認知症の予防についてこちらの記事でも紹介していますので、ぜひご覧くださいネ。 簡単なことですから、手つなぎお試しくださいネ。 「オキシトシン」ホルモンが身体と心を変える 人は感情や行動によって様々なホルモンが出て、それが身体や心に影響を及ぼします。 最近、ホルモンの一種として新たに注目されているのが「オキシトシン」という物質です。 オキシトシンは「愛情物質」「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」とも呼ばれることがあるくらい、人間の恋愛感情や愛情行動と関係があるものなんです。 スポンサーリンク 「愛情物質」オキシトシンとは オキシトシンには、ストレスを解消させたり、幸せを感じさせたりする作用があります。 「幸せを感じさせる作用」と言っても ピンとこないかもしれませんが、これはつまり、 私達が普段「幸せだなあ」と感じている時は、オキシトシンが出ている状態であるということです。 その他に、身体にとっての具体的な作用として、免疫力を高めて炎症を抑えたり、血管を広げて血圧を下げたりする働きがあります。 こうしたことから、日頃イライラしていたり、落ち込んでいたりする人が体調を崩しがちであることは、オキシトシンが不足していることが原因とも考えられます。 まとめ 人間は本来、集団生活をする生き物です。 愛情を持った行動によって 心や身体が良い変化をすることで、集団生活がうまくいくようになっていると考えられます。 こうした人の身体の仕組みをうまく活かして、愛情の力で日々を快適に過ごしましょう。 ここまでお読みいただきありがとうございます。

次の

ASDとオキシトシン

オキシトシン 一人

オキシトシンとは? オキシトシンは、脳内ホルモンの一種で、「幸せホルモン」とか「愛情ホルモン」などと言われます。 脳の視床下部というところで作られ、出産の時に子宮収縮や母乳の分泌を促す働きを持っています。 そのオキシトシンは、最近の研究で、ストレスを和らげる効果があることが分かってきました。 オキシトシンは、気持ちを安定させる働きのあるセロトニンややる気を起こさせるドーパミンの分泌も促すので、オキシトシンの分泌を増やせば、幸せ感が増してストレスが緩和でき、不安な気持ちが減っていくのです。 オキシトシンを簡単に増やすには? こんなにありがたいホルモン、オキシトシンの分泌を増やして、この大変な時期を乗り切りたいですよね。 このオキシトシンは簡単に増やすことができるのでしょうか? 答えは「はい!」です。 オキシトシンは以下のようなことで増やすことができます。 人や動物と触れ合う。 互いに見つめ合う。 家族団らんの時を持つ。 おしゃべりをする。 一緒に食事やお茶会をする。 プレゼントしたり料理を作ったりして誰かを喜ばせる。 触れ合うというのは、握手、手を握る、肩を叩く、抱擁するなどいろいろ含まれています。 それから誰かを喜ばせようとしたり、感謝を伝えようとすることもオキシトシンを簡単に増やす方法です。 人ってやはり、一人では生きられない。 誰か大切な人がいることによって幸せになるんですよね。 一人でもできるオキシトシンを増やす方法 でも、新型コロナの感染拡大が心配される今、私達は友達と会うことも難しい状況です。 一人暮らしをしている人は、一日中、誰とも会話もすることなく過ごしているかも知れませんね。 また入院している人は、誰もお見舞いに来ることができず、孤独の中におられることでしょう。 近くに誰もいない、一人の時でもオキシトシンを増やす方法があります。 それは以下のようなことです。 何かに感動する。 感情を表現する。 人に感謝する。 人のことを考える。 入浴する。 ツボ押しをする。 本を読んで感動する、あるいはテレビドラマを観て涙を流す、こういう体験はオキシトシンの分泌を増やします。 そして、その感動を少し大げさに表現しましょう。 誰もいなかったら恥ずかしがることもないですよね。 また、せっかく一人で考える時間が与えられているので、自分がしてもらって嬉しかったことを思い返し、感謝の気持ちを膨らませましょう。 そうするとオキシトシンが分泌されて、幸せな気持ちに満たされるでしょう。 また入浴は体も心もほっとリラックスしますよね。 その心地よい刺激が脳に伝わり、オキシトシンが分泌されるのです。 それからツボ押しもオキシトシンを増やすのに有効です。 それ以外に、サプリやアロマオイルなどの方法もありますが、まずは感動したり気持ちを表現したり、誰かを思ったり、そういう時間を増やすように心がけましょう。

次の

オキシトシンを増やす方法とは?【裏技】

オキシトシン 一人

オキシトシンはホルモンの一種です。 これが盛んに分泌されると、ストレスがなくなる・愛情深くなる・幸せな気分になれる、といったところから、「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」などの別名があります。 もちろん、自分自身の体の中で分泌させることで、普段の生活をいい方向に変え、気分だけではなく、本当に幸せになることができます。 また、彼氏や夫、あるいは今振り向かせようとしている男性がいれば、その人たちにオキシトシンが分泌されるように仕向けてみましょう。 それで、自分が望むようなタイプの夫や彼氏になってもらったり、自分のほうを振り向かせることも可能です。 オキシトシンの秘密にちょっと迫ってみましょう。 オキシトシンの効果 1-1. 浮気を防ぐ これはドイツ・ボン大学、ディルク・シューレ博士らによる研究です。 独身男性27人と既婚男性30人にオキシトシンのスプレーを鼻から吸わせ、45分後に魅力的な女性をそばに行かせました。 それで次第に女性の方から男性の方に距離を詰めます。 男性には「一番グッとくる距離」でストップをかけさせるのです。 すると明らかに、既婚男性のほうが遠い距離を空けてしまいました。 また、その女性に対する評価も低かったそうです。 一方独身男性の方は、オキシトシンを吸っても、ほかのニセ薬を吸っても結果には変わりはありませんでした。 つまり、「すでにパートナーのいる男性にオキシトシンを使うと、ほかの女性を遠ざけるようになる」ということですね。 シューレ博士らは「オキシトシンは一夫一妻制を保つメカニズムに関係している」とまで考えるようになったそうです。 また、ほかの研究では、「オキシトシンを投与した男性の方が、自分のパートナーに魅力を感じる」という結果も出ています。 1-2. イクメンになってもらう 新しくパパになった男性で、オキシトシンの分泌量と子どもと遊ぶ時間の長さの調査も行われています。 このふたつには高い相関関係がありました。 つまり、オキシトシンの分泌量が多いパパほど、よく子どもと遊んでいました。 1-3. 自分に夢中にさせる オキシトシンには、「社交性を高める」「人への信頼感を高める」という効果もあります。 「気になる男性にアプローチしてみたけど、あまり相手が乗ってこない」と悩んでいるのならば、その相手にオキシトシンを分泌させるように作戦を考えてみましょう。 きっと、「あれっ、今までと反応が違う」ということがあるはずです。 また、「ストレスを軽減する」こともわかっています。 もし、ささいなことでケンカして、気まずくなっているのならば、この時もオキシトシンを思い出しましょう。 「ちょっとイライラしていたんだ。 ごめんね」といった言葉が出てくるかもしれません。 1-4. ・疲れた心をいやしてくれます。 ・ストレスが解消します。 ・社交性が高まり、周りの人と良好な関係を築けます。 ・記憶力が高まり、学習意欲もわいてきます。 「幸せホルモン」と呼ばれるのも納得ですね。 ・「免疫機能をアップさせるのではないか」と考えている専門家もいます。 ・まだ、動物実験の段階ですが、どうやらアンチエイジング効果もあるらしいです。 まだ十分に証明されているわけではありませんが、健康にも役立ちそうです。 特に「アンチエイジング」には期待する女性も多いでしょう。 男性のオキシトシンの分泌を増やす方法 だれでも、「好きな男性を振り向かせる」といったノウハウに興味を持ったことはあるでしょう。 女性誌などでもよくテーマに取り上げられているのが、その証拠です。 実は、そう意識していなくても、このノウハウの内のいくつかは、「彼氏のオキシトシンをアップさせる方法」だったのです。 もし、今まで彼氏を振り向かせるのに失敗していても、オキシトシンに注目することで、今までより成功する確率がアップするはずです。 2-1. 一緒に食事を取る 「お互いに忙しくて、一緒に食事をする時間がない」なんていわないようにしましょう。 少しぐらいおなかが減っていても、パートナーの帰宅を待って一緒に食卓を囲みます。 また、その食事がおいしい、会話が弾むといったことでも、オキシトシンの分泌量は増えます。 いろいろな意味で食事は大事なんですね。 ただ、オキシトシンはホルモンではありますが、食事で直接とることはできません。 もし、オキシトシンが含まれている食材があったとしても、消化・吸収する際に分解されてしまいます。 2-2. 恋愛映画を一緒に見る 恋愛映画を見たり、恋愛小説を読むことでもオキシトシンは増えます。 それも無駄ではないのですが、一人で見ると、自分一人だけが増えてしまいます。 パートナーを誘って、一緒に見るようにしましょう。 もちろん、映画館でなくて、テレビ放送やDVDでもOKです。 また、スポーツを一緒にする・一緒に観戦する、ゲームをするなども同様の効果があります。 ただし、熱中できるもの・感動できるものが条件です。 2-3. スキンシップを盛んにする 最もいいスキンシップはセックスです。 そこまでいかなくても、日常的にスキンシップをするようにしましょう。 ハグをする、さり気なく体に触れるなどです。 じっと目を見つめるのも、大いに効果があります。 こうすることで、自分にも相手にもオキシトシンが増えます。 2-4. パートナーの健康に気をつける オキシトシンもホルモンの一種なので、健康状態が悪くなると、分泌量が減ります。 ですから、夜ふかしをしない・食事内容のバランスに気をつける・ストレスをためない、といったごく一般的な健康のための用心も必要です。 「妻(彼女)が自分の健康を気にかけて、あれやこれや努力してくれる」というのは、単純に男性が感謝してくれるだけではなく、その裏には「オキシトシンの分泌の条件がよくなる」というのがあったわけです。 2-5. 子どもと触れる時間を増やす 夫にイクメンになってもらいたいのならば、できるだけ子どもとスキンシップをするように仕向けます。 これは自分とパーナーの間でスキンシップを増やすのと同じ理屈です。 オキシトシンが増えれば、自然とスキンシップをしたい気分が高まりますし、スキンシップをしているうちにオキシトシンも増えます。 相乗効果がある、ということですね。 ある実験では、「男性に子どもを抱っこさせた場合、15分後からオキシトシンが分泌され始める」という結果も出ています。 ただ、ようやく夫が子どもに興味を持ち始め、スキンシップしている様子を見て、「あなたにも育児の大変さがわかったでしょう」といったネガティブな言葉をかけてはいけません。 そこはグッとこらえて、夫をほめるようにしましょう。 ほめてもらうことでも、オキシトシンの分泌は増えるのです。 そもそもオキシトシンとは オキシトシンはもともと体の中にあるホルモンです。 神経組織で作られ、脳下垂体から分泌されます。 「脳下垂体」というのは、その名前にあるように、「大脳にぶら下がるようについているちっちゃな部分」です。 「後葉」は「その後半分」ということですね。 かつては「ピツイトリン」の名前のほうが一般的でした。 9種類のアミノ酸からできています。 ホルモンの一種です。 中枢神経の中で情報を伝える「神経伝達物質」としても働いています。 人間関係が良好にいっている時に、たくさん分泌されていることがわかっています。 また、たくさん分泌されると、いっそう人間関係がよくいくような精神状態になります。 子宮や乳腺を収縮させる作用があるために、陣痛誘発剤や乳汁分泌促進剤(お乳の出がよくなる)として使われています。 産婦人科では以前からおなじみの医薬品です。 このようにすでに十分に検証されているものなので、安全性には大きな問題はなさそうです。 最近では、自閉症や発達障害などの精神障害の治療薬としても期待されるようになってきています。 3-1. 注射、点滴 これらのように病院で使うときは、点滴や注射を使って、体内に入れます。 今は通販などで、オキシトシン入りのスプレーも見つかります。 舌の裏に吹きかけたり、鼻から吸い込むものです。 これらは医師の処方せんがなくても買えます。 「恋愛ホルモン」「対人関係改善スプレー」などとされていることが多いようです。 ただし、まだ商品の数が少なく、いずれも輸入品ばかりです。 こういった使い方での効果や安全性はまだ十分に検証されていません。 トラブルがあったときに、補償してくれる相手もはっきりしていません。 今の状況で購入するのならば、そういったマイナス面も十分に頭に入れておかなければいけません。 オキシトシンが減る原因 ・核家族化。 ・家族と過ごす時間が少ない。 ・スマホやパソコンへの依存。 ・人や子供、動物などが周囲にいない。 ・ストレスなどによるホルモン分泌の乱れ。 つまり、現代人の暮らし方は、オキシトシンを分泌させるにはマイナスのようです。 オキシトシンと薬 ・オキシトシンスプレー 鼻から吸い込むタイプ ・オキシトシンスプレー 舌の下に吹き込むタイプ ・オキシトシン錠剤 医師の処方が必要 通販などで一般的に見られるのは、スプレーの方です。 ただし、扱われている商品は多くありません。 しかも輸入品ばかりです。 まだオキシトシン自体が注目されるようになってからそれほど時間がたっていません。 効果や安全性を考えると、もう少し待ってからのほうがいいかもしれませんね。 医療にも使われるオキシトシン ・オキシトシンはかつては「ピツイトリン」と呼ばれていました。 子宮筋を収縮を促進させる効果があり、陣痛誘発剤としておなじみのものです。 ・乳腺の筋繊維を収縮させる効果もあります。 このことから、「乳汁分泌促進薬」としての使いみちもあります。 「お乳の出が良くなる」ということですね。 ・「自閉症」や「発達障害」といった「人間関係がうまくいない精神障害」の治療薬・症状改善薬としての臨床実験も始まっています。 オキシトシンは、もともと人間の体の中にあるホルモンです。 そのため、比較的安全性には問題はないようです。 ただし、陣痛誘発剤として使うときは、注射や点滴で体に入れます。 もちろん、お医者さんがいるところでないと扱えません。 オキシトシンが注目されるわけ ・オキシトシンは、脳下垂体から分泌されるホルモンの一種です。 ・別名は「幸せホルモン」「抱擁ホルモン」「恋愛ホルモン」です。 ・その名前の通り、スキンシップをしていたり、幸せな気分の時にたくさん分泌されます。 ・「ストレスをいやす効果がある」として、ここ2、3年急に注目が高まっています。 ついに、あの「NHKスペシャル」でも、「愛情を深くするホルモン」として紹介されました。 オキシトシンの存在は、これからどんどん知られていくことでしょう。

次の