たわけ もの。 「たわけもの」と「うつけもの」の違いとは?分かりやすく解釈

Index of /

たわけ もの

「たわけもの」とは? 意味や語源 「たわけもの」の意味と語源を紹介します。 意味 「たわけもの」は、 「愚か者」 「バカ者」という意味です。 自ら滑稽なことをしたり、イタズラが過ぎたり、よく考えずに愚かな行動をする人のことを言います。 語源 「たわけもの」の語源は以下の2つです。 1つめは 「田分け」から来ているという説です。 大きな農家が、自らが所有している田畑を代々子供達に平等に分け与えて行くと、自分の田畑の面積が狭くなり、収穫量が減ってしまいます。 その為に家が衰退してしまうということから、自らの田畑を分け与えてしまう愚かな人のことを 「たわけもの」と言う様になったのです。 2つ目は、 「ふざける」という意味の 「戯く たわく 」という動詞が名詞化して、 「たわけ」になったという説です。 「うつけもの」とは? 意味や語源 「うつけもの」の意味と語源を紹介します。 意味 「うつけもの」は 「うっかりしている人」 「ぼんやりとしている人」 「間抜けな人」という意味です。 ぼーっとしていて中身がなく、変わり者のことを言います。 因みに 「織田信長」は 「うつけもの」と呼ばれていたと言われています。 語源 「うつけもの」は、 「からっぽ」という意味の 「空ける うつける 」という動詞からきているという説があります。 「たわけもの」と「うつけもの」の違い! 「たわけもの」は、 「自ら愚かな行為をする者」のことです。 「うつけもの」は、 「ぼーっとしている変人、奇行に走る人」のことです。 することが 「愚かで迷惑かどうか」という点で違いがあります。 まとめ 「たわけもの」と 「うつけもの」は、同じ 「愚か者」でも内容が違います。 時代劇で使われている時にはどの様なキャラなのかよく観察してみましょう。

次の

「たわけ」の意味と語源!方言で名古屋弁なの?「たわけ者」の使い方も解説!

たわけ もの

たわけの意味 まず初めに、その意味についてご説明します。 「たわけ」または「たわけ者」と言われる場合がありますが、どちらも「 愚か者」「馬鹿者」を表わし、おもに人を罵る際に使われる言葉です。 実際に言われたことはなくても、「この、たわけ者が!」というセリフ、一度はどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。 名古屋弁だと「たぁけ」 この「たわけ」「たわけ者」という言葉、今では全国で通じますが、 もともとは名古屋のほうで昔から使われている言葉です。 名古屋風に発音する場合は、「わ」をはっきり言わずに「たぁ~け」と言います。 用例 「お前んたらぁ、あんましたぁけたことばっかしとったらかんぞ!」 (おまえなぁ、ふざけたことばっかしてんじゃねえぞ) なお、 最上級の表現として「どたぁけ」「くそたぁけ」とも言われるようです。 たわけの語源 次に、その語源についてご説明しましょう。 調べてみると、次の2つの説が出てきました。 「田分け」説 たわけは「田分け」から来ており、 田畑を子どもの人数で分割して相続していくと、どんどん代を重ねるごとに田畑の面積は小さくなり、収穫高も減って家系が衰退することから、そのような愚かなことをする者を「たわけ者」と呼ぶようになったという説があります。 親の財産を平等に分けても、結局は誰もが食べていけなくなる、そんなことはせずに、 財産は家督を継ぐ長男にくれてやれ、それ以外の子供たちは冷や飯を食えというんだとか。 「戯け」説 「たわけ」という言葉は、もともと 「馬鹿げたことをする」「ふざける」などの意味を持つ「戯く(たわく)」という名詞がもとになっています。 実はもともと奈良時代から使われていた言葉だというから驚きです。 かの有名な古事記にも「たわけ」という言葉が登場しています。 当時は「タファケ」と言いましたが、その意味は現代と同じ「馬鹿者」です。 どうですか? どちらも最もらしい内容ですよね。 でも、正しいのは後者の「戯け」説です。 実は、「田分け」説は、「田分け」と「戯け」を洒落た俗説で正しい語源ではありません。 ちなみに、これは 昔から落語や漫談でよく使われるネタだったそうです。 知恵袋などで、たわけの意味の回答として「田分け」説を書いている人もけっこう見られたので、こちらを正しい語源だと勘違いしている人も多いようです。 たわけた歌!? 今回、この記事を書くに当たって「たわけ」について調べていると、面白い歌を発見したので最後にご紹介しましょう。 東映版のスパイダーマンに登場した曲らしいのですが、 スパイダーマンの敵組織が作った「歌って踊る殺人ロック」なるものだそうです。 「たわけた歌」というのは正式な曲名ではなく、これを聞いたアマゾネスというキャラクターが「こんなたわけた歌を聴いている暇などございませんぞ!」と言ったことから、この名前で広まっているようです。 たわけという言葉が奈良時代にはすでにあったというのが驚きでした。 また、 最後にご紹介した「たわけた歌」も、妙にクセになる感じなので、興味のある方はぜひご覧ください。

次の

「たわけ」の意味と語源!方言で名古屋弁なの?「たわけ者」の使い方も解説!

たわけ もの

「たわけもの」とは? 意味や語源 「たわけもの」の意味と語源を紹介します。 意味 「たわけもの」は、 「愚か者」 「バカ者」という意味です。 自ら滑稽なことをしたり、イタズラが過ぎたり、よく考えずに愚かな行動をする人のことを言います。 語源 「たわけもの」の語源は以下の2つです。 1つめは 「田分け」から来ているという説です。 大きな農家が、自らが所有している田畑を代々子供達に平等に分け与えて行くと、自分の田畑の面積が狭くなり、収穫量が減ってしまいます。 その為に家が衰退してしまうということから、自らの田畑を分け与えてしまう愚かな人のことを 「たわけもの」と言う様になったのです。 2つ目は、 「ふざける」という意味の 「戯く たわく 」という動詞が名詞化して、 「たわけ」になったという説です。 「うつけもの」とは? 意味や語源 「うつけもの」の意味と語源を紹介します。 意味 「うつけもの」は 「うっかりしている人」 「ぼんやりとしている人」 「間抜けな人」という意味です。 ぼーっとしていて中身がなく、変わり者のことを言います。 因みに 「織田信長」は 「うつけもの」と呼ばれていたと言われています。 語源 「うつけもの」は、 「からっぽ」という意味の 「空ける うつける 」という動詞からきているという説があります。 「たわけもの」と「うつけもの」の違い! 「たわけもの」は、 「自ら愚かな行為をする者」のことです。 「うつけもの」は、 「ぼーっとしている変人、奇行に走る人」のことです。 することが 「愚かで迷惑かどうか」という点で違いがあります。 まとめ 「たわけもの」と 「うつけもの」は、同じ 「愚か者」でも内容が違います。 時代劇で使われている時にはどの様なキャラなのかよく観察してみましょう。

次の