ネツァク ロボトミー。 Lobotomy Corporationとは (ロボトミーコーポレーションとは) [単語記事]

Sephirah (せふぃら)とは【ピクシブ百科事典】

ネツァク ロボトミー

ゲブラーとは、• 「」の構成要素「セ」の一つ。 本記事の上部で詳述する。 以下の2. 以後も、このゲブラーから名前を取ったものと思われる。 の「」に登場する。 本記事ので詳述する。 「」「」に登場する「 ゲ」。 本記事の下部で詳述する。 の概要 の秘義的解釈「ラ」に登場する「()」の構成要素である、10種類(解釈によっては11種類)の「ス(セ)」の一つ。 ラでは、この10の「ス」を介してのが現世に顕現し、創造がなされたとみなしている。 発音は現代では「 グヴア」に近い。 では「ゲブラー」と表記・発音されることが一般的である。 としての意味は「勇猛」「的」といったところ。 ラやにおいては、年代が下るにつれてこういった各スの名称や、に生えているとされる「命の木」との関連付け、それぞれのスの対応するや意味が付けされていったと言われる。 その結果、ではゲブラーについて、• よく「生命の」と称される柱状では、ビナーの下、ホドの上、ケセドの横に配される。 峻厳にの不正を裁くような、のきびしさに対応している。 そのため、はを、ではを徴する。 図形は五形をる。 はをる。 は宮の・カマ。 のと呼ばれる事もあるらしい。 と言った特徴づけがなされている。 ちなみにこういったは、伝統的に付けされていったものだけでなく、割と年代の新しい本や本、さらには物などので書き足されることも多い。 しかもそれを見分けるのが難しい。 どこまでが的な内容で、どこからが近年のなのやらさっぱりである。 伝統的なラはあくまでの秘義であり、ただでさえあまり外にをめないのさらに深なのではあまり発信されない。 そのためやと言ったのを通してしかが得られないという事情もある。 ゲブラーを含めたセの総体である「」についての詳細は、記事があるのでそちらを参照されたし。 の概要 「室特設外務庁」、通称ゲブラー。 がに発売した「」に登場する。 同には「」という中に浮かぶ選義が登場するが、ゲブラーはこのの有するである。 の最高権者「」の直轄下にあるという設定。 直接的な地上統治が困難であると判断したらが創設した、地上を間接支配するための組織である。 地上へのや密かな干渉を眼としている。 のゲブラーの的は地上の監視と。 作中で地上「アヴェ」に行っていたように直接的な関与を行う事もある。 士官はので占められており、「ユーゲント」というゲブラー士官専用の養成でされている。 なお、あくまで「外務 庁」であって、の外務 省や、防軍を管理する軍務省は別に存在する。 ただしこれらの組織はゲブラーとべて形骸化しており、「対外業務や行動のどをゲブラーが担っている」という設定となっている。 各部署 組織内の部署としては、統括揮を行う「四元統合部」、それを立案で補佐する「幕僚」、研究・管理などを行う「内局」、地上各を担当する「軍」・「火軍」・「土軍」の「各軍部」などが存在する。 なお「軍」がいのは、担当すべきの地上「ル」が消滅しているため。 に登場する人物では「ラン・サス」がゲブラーとして、「ミァン」がその席副官として、「ータ」・「ネ」・「」・「ドア」の4名が部隊「エレメンツ」として四元統合部に所属している。 また、ミァンは幕僚の議長でもある。 各軍は、元々は地上各の「」を統括していた「エレメンツ」と呼ばれる官に率いられていた。 しかし後述の「」分離の際に、各はの管轄下となり対外的には各の「中央」に変更。 エレメンツも各の官ではなく、ゲブラーの部隊として四元統合部へ引き上げられた。 そのため各軍はそれぞれが対応する(アクヴィ)・火()・土(テラン)の各(中央)の警護担当程度の存在になっている。 各軍の「突入3課」と呼ばれる部署はの武実行部隊として維持されている。 の「エレム・」も火軍突入3課に所属している設定である。 なお作中には「ゲブラー」というも登場するが、この部隊が具体的にゲブラー組織内のどこに所属しているのかは作中でもでも触れられておらず不明。 「教会」 「」の作中に登場する、地上における活動及びの発掘・活動を行っている組織「」。 作中で明かされるように「」は実はの地上支配を担うの一つである。 この「」も元々はゲブラーの一部であったという設定になっている。 地上支配の一環としてゲブラーが担当していた遺跡発掘や流通管理と言った支配が当初の予想以上に重要なものとなったため、ゲブラー内のそれらを担当する部署が「」として分離させられた。 地上人に伏せられている「」の正式名称は「室特設教務庁」である。 先述の、ゲブラーの「突入3課」がなぜ「3課」なのかと言うと、分離の際に「突入1課」は各地の施設として、「突入2課」は各地のとして「」の側に組み入れられたという設定があるため。 の概要 ゲ。 の「」やその第二版「 2E()」に登場する。 全てのの王「ーヴニル」の直系属である数少ない「」の一体であり、"厳正"のゲと呼ばれる。 のとして『不死』であるため外的要因で死はない。 しかし、で一を持っており、死ぬ直前に自身の全ての記憶を引き継いだを遺すことから『転生する』と呼ばれる。 転生し、から孵ったばかりのゲに懐かれる「の保護者」(・ゲ)というが存在するため、騎の様なでからされている事が多い。 ゲに限らず、は皆やラに基づいた名前、設定を持っている。 関連項目• ・ソフ• ・ソフ・オ• ビナー ヴェナー• ケセド• ネツァク• ホド オッド• イェソド イエソード• ダアト•

次の

ストーリーの考察

ネツァク ロボトミー

恐怖に直面し、を創る , B the Fute Lobotomy Corporationとは、の がのである。 のに正式版がされた。 における本が付けられているのうち、一部のは版 旧Ver です。 新Verと旧Verではに面が大きく異なるのでご注意下さい。 わかりやすく言うと『 のようなものを管理する施設を管理する』である。 財団と違い、的はあくまで「収容対の発するの利用」、いわゆる発電所のようなもので、「確保・収容・保護」をとし、収容対の研究と封じ込めを行う財団とはこの点で異なる。 財団側からすれば要注意団体が的には近いかもしれない。 は、ント 雑用係 に示を出し「」から 「エンケボックス 通称E-BOX 」と呼ばれるを生成し、1日のノまで貯めるのが的である。 ただし、扱いを間違えるとントが すぐに死ぬ。 いわゆるに部類されるで、になっても観測記録と装備などを引き継いだうえでその日の最初からタート可。 ただし、場合によっては前回のの一部も引き継がれるので注意。 で対応している言はとのみだったが、有志作成のがに内に導入された事により、では特別な作業を行わずとも言設定から化することが可になっている。 アブノーマリティ このの徴である、様々な姿形をした奇妙な存在。 きちんと対処を行えばくしていてくれるものの、対応を誤ればを引き起こす。 最初は番号くらいしかわからない状態でやってくるが、作業を行う事でからE-BOXと呼ばれる資を収集し、それを使用する事で(エンロペ)を開放することができる。 これによりのや危険度、対処方法といったの閲覧、職員用の防具の生産などが可になる。 このエンロペを充実させるのも楽しみの一つ。 また、ごとに「 ZAYIN・ TETH・ HE・ W・ 」と表記される5段階の危険度が設定されている。 最も危険度の低い「ZAYIN」だからといって必ずというわけもなく時には死人が出ることもある。 逆に最も危険度の高い「」だからと言ってばかりというわけでもなく、作業に成功すれば大な量のE-BOXを生産でき、にグッと近付く。 またと呼ばれる、具として扱う事ができるも追加された。 上手く使えばより管理を安全に行う事も出来るようになるだろう。 上手く使えば。 特殊能力 Ability をたらしめる最大の要素。 にはそれぞれ固有の特殊を持っており、の条件を満たすと発動される。 発動された場合は大抵は軽度から致命的な損を部門や職員に与えるが、時に恩恵を得る事もある。 新Verになりの発動 と脱走 の条件がそれまでの「気分値の悪化」から、「 収容室のォトが0になった場合」に変更された。 このォトはごとに初期値が設定されており、概ねは作業結果が良くない場合に減少する。 一部のを除き放置しても出すという事がなくなりはやや低下したが、代わりに作業結果が脱走やの発動に強くするようになり、より正確な示が必要になっている。 主なアブノーマリティ ここでは、ごく一部のについて簡単に説明を行う。 詳細はをしよう。 和訳では『たった一つの罪と何もの善』。 必ず最初に来るでもある。 通称『罪善』さん。 作業結果が良いと職員の精を回復させる。 一度の作業で最大数の-BOXを生産するとなんと部門全体の精を回復させる。 和訳では『』。 本作の的存在で、機嫌がいい際はにだが、機嫌が悪くなると何か様子がおかしくなり、最終的には…。 的にも押しているのか、紹介はとなっている。 ので遂に現行Verにされた。 演出が大幅に強化され、より一層かわいくなっている。 機嫌が悪い時の演出ももちろん強化された。 のにより他にもがされた為か、観測3以降での名称がThe of H 和訳では『の』 に変更された。 和訳では『』。 職員からは「おちびちゃん」と呼ばれている。 く「遠い所から来た」らしい。 はのを渡す事。 新Verになってから初の新規。 当てで新Verに移行するも多いとか。 Bd 大きく丸いのようなの。 和訳では『』。 元々はに棲む怪物の存在を人々に警告する存在だったが、次第に救う方法がんでいって…。 同様に多くのに登場する、本作の顔のような存在でもある。 新Verになり色々と強化されて戻って来た。 和訳ではそのまま『』。 観察了後は 『罰』 に「」というが出たら十中八九の事。 何故かって?管理すれば分かる。 ではォトが増加した事により、だいぶしくなった。 …と思いきや、中層・下層に伴い間接的に管理が上昇。 やっぱりと呼ばれる事に。 和訳では『』。 依頼を行う事が可で、依頼標への射撃を行ってくれる。 であろうと、どんなや障があろうとも、標への射撃を成功させてくれる。 和訳では『の』。 元々はので、あるを追っている。 このは特殊な部類で、脱走したの鎮圧を依頼できる。 その特殊な行動や見たから =サンとも呼ばれていたりする。 ので現行Verにされ、良くも 悪くも強化されて戻って来た。 和訳では『の祭典』。 に出てくるような可らしい姿ので、数匹で1つのである。 作業によっては職員たちをてくれる。 懐くと収容室の外までついてくることも。 基本エグイものが多いLoにおいて、重な だったら良かったのにね。 [済み] [済み] l D の格好をした。 和訳では『』。 の行動をとると接したントに祝福という効果が付き、祝福済ントのが強化される。 また、祝福された人数が増えるごとに姿が変わっていく。 和訳では『巨木の液』。 にある名の大から採取されたもの。 職員に摂取させるとく間に傷が治るらしい。 前述の経緯もあってまるでに出てくる回復のような存在だが……。 和訳では『の』。 内部には長期間滞在できるように大量の食糧などの備蓄品があるほか、外自体も極めて頑丈に出来ており、外部がどんなに的な状況になろうとも安全が保たれるような作りになっている。 和訳では『への』。 頭蓋と岩によって作られており、上部には消した電がに4つ並んでいる。 独房の中には暗闇から怪しくる眼がこちらを見ている。 しかし実はこれは…… なんと。 中に居るのは論。 職員に切符を買わせる事が出来るが……? エージェント 実際にに接して世話をしたり脱走したを鎮圧したりする実働部隊。 いわばの手足。 彼らが などの操作状態、あるいは するとになる。 ントにはそれぞれ基本の他にに行える作業、が設定されている。 通常はLOB()1で初期状態の新人ントを雇う事になるが、追加でを支払うことでより強な職員を雇う事もできる。 さらに追加で1消費することで自分で用意した、顔を適応させることもできる。 また、を消費する事で職員を強化する事も可。 危険極まりないたちと直接接するため、によって 豊かにされたり惨殺されたりさせられたりする。 その扱いからか、色の強いなどでは「D」と呼ばれることもある。 Dとはのの囚のこと ただしこちらは囚などではなく、罪もないのなので、より悲惨。 ステータス 職員は 、 知識 W 、 自制 RON 、 の4種類のパラメーターを持っており、は最大に、知識は最大に、自制は作業効率と成功率に、は職員の移動と攻撃にする。 が尽きれば職員はし、が尽きれば状態となり操作、他職員への攻撃を始めてしまう。 自制が低いと作業が成功しにくくなり =脱走を許しやすくなる 、が低いと鎮圧や試練で不利になりやすくなる等、いずれのパラメーターも施設を安全に保つにはになっている。 は装備の装備条件にもなっており、によっては一定以上、あるいは一定以下のを持った職員に作業させないと深刻なを引き起こす困った個体もいる。 の合計が一定以上になると職員は昇級する。 O 後述 もある。 作業 Works ントがに対して行える作業のこと。 本作業 it Work 、 洞察作業 Inht Work 、 着作業 hm Work 、 抑圧作業 Surion Work の4種類があり、によって効果が異なる。 行う作業によっての機嫌とするE-BOXの量が大きく変わり、後述するォトの増加もあるので作業対や作業内容は慎重に選びたい。 クリフォト暴走ゲージ 画面のいの事。 作業を行う度に増加し、最大まで溜まると後述の 試練、もしくは ォトが発生する。 ォトが発生するとに選ばれた収容室にいとマーが設置される。 このマーが0になると、強制的に ォトントが0になるか、元々ォトが存在しないの場合は ノ用のが減少するペナルが発生する。 マーは対のの作業を行う事で消える。 つまり、の少ないだけ管理して、を稼ぐ事は出来ないという事である。 特性 Traits ントの個性。 微少ながらもントのにを及ぼす。 最初から2つ持っているほか、の作業中に「E. Oギフト」という形でされることがある。 上記のント作成でもこの項だけは設定できない。 装備 E. O 新Verから追加された。 から収集したE-BOXの中から由来の成分を抽出し、生産する武具。 いわゆると防具で、職員に装備させることで様々な恩恵を得ることができる。 装備にもの危険度と同じ「ZAYIN」~「」の格付けがされており、格が高ければ高いほど基本的には高性。 また、鎮圧対の危険度に対してE. Oのが低すぎる場合、 被が大幅に増加し、与が大幅に減少する。 危険度に対しE. Oのが高すぎる場合はその逆になり、鎮圧で有利になる。 つまり、ZAYINの初期や罪善さんの防具を着たままWやの鎮圧に行かないように!もれなくミンチにされてしまう。 周回をやり直す時にも引き継がれるが、装の職員がするとその装備は消滅するので注意。 ダメージタイプ RWBP 職員が与える、受けるには4あり、それぞれで効果が異なる。 いわゆる。 は通り的な攻撃によってもたらされ、職員のにを与える。 が0になるとする。 精 は心理的なを意味する。 を見せたり、や衝動を呼び起こしたりと様々。 職員のにを与え、0になると状態になり操作に。 更に放っておくとを試みたり他職員への攻撃などを行うようになる。 複合 はとに両方にを与えてくる。 と知識の両方が育っていないと対処できない上にこの攻撃を持つはなものが多く、とても難儀する。 LE 割合 はの最大値に応じて一定のを与えてくる。 耐性を持つ防具が少なく、対策をするのが難しいだが、幸いこの攻撃方法を持つは少ない。 これらのは装備によって軽減することができる。 どのをどの程度軽減できるかは装備によって異なり、逆にのが苦手な装備も存在する。 危険度の高いへ作業を行ったり鎮圧を命ずる場合は、このをよく考えて職員の装備を選ぶ必要がある。 試練 新Verから追加された。 前述のォトが最大まで溜まると発生する事がある。 試練が発生すると、施設内に攻撃的な存在が現れ、職員たちに襲い掛かって来る。 試練は ・ ・ ・ ・ の5種類が存在し、発生した回数によって更に明・・夕暮・に分かれる。 はに近付けば近付くほど跳ね上がり、の試練は色に関わらず級の鎮圧に匹敵するとなる。 試練が発生した場合、鎮圧をするか1日を終えるまで試練は続く。 鎮圧せずに1日を終えてもペナルはないが、ノに達しておらず、鎮圧できるほどの戦もい場合は試練を避けながらの作業を強いられる事になる。 試練を終わらせればとして時間帯に応じたノ用のが手に入る。 のようながで選ばれた廊下に集団で出現、職員たちに攻撃を加える。 1体1体は大したことないが、集団で出てくるのでに。 跳ね回るのでが短いや振りが遅いでは鎮圧に苦労する事になる。 少数で鎮圧に行くと袋にされるので、こちらも数で当たるのがの鍵。 小さなが各部門の廊下に出現。 さまざまな「イタ」を行う。 収容室前にたどり着くとイタを始め、イタされた収容室はを一失ってしまう。 さらに放置し続けると、ォトントが1つ減少してしまう。 その行動から装備が整った後半でも油断ならない試練で、特に高危険度のを収容している場合は一の油断が命取りになりかねない。 のが数体ほど施設をするようになり、職員たちに攻撃を加える。 このが職員にメを刺した時、死体を惨たらしく刺しにする事で同じに居る他の職員に心理的 を与えてくる。 最初にされた記念すべき試練。 訳が定まっていなかった頃は「」と身も蓋もい名前で呼ばれたり、に来る事が多いことから「労基署の人」「絶対許さないマン」と呼ばれたりもしていた。 なんだ良い人じゃないか。 臓器のような形をしたの物体がな廊下に出現する。 攻撃も低く移動も遅いが、放置すると強くいたのち自壊し、 同じ部門のすべての職員にを与え、同じ部門のすべてののォトントを0にする。 弱いからと言って放置すると大変な事になる。 と呼ばれることもある。 自身に感情があると言っているが…。 旧Verでは文章のみの登場だったが、新Verからまさかのが付いた。 胸が大きい。 当初は雰囲気にそぐわないとだったが、の胡散臭さをより掻き立てているとはある程度受け入れられている。 にらんだ時の顔が。 元気が良くだがドジでな。 厳格な性格で思いやりがない。。 に厳しく、や他セにさえ容赦がない。 いつも疲れはてたような表情をしている。。 気だるそうにしているが、時折な発言をする。 気弱だが親切で面倒見が良い。。 優しい性格をしており、の中では最も職員たちの身を案じている。 レト 中央本部担当の。 の方は強気で自信満々。 や他セに対してもキツい態度を崩さない。 の方は寡黙で控えめ。 に対しても柔らかい姿勢で接してくれる。 自他ともに厳しく、粗暴な。 に対し強い嫌悪感を示している。 いつも眠たげで落ち着いている。。 含みのある、皮めいた態度を取る。 で大抵死ぬが、次ので問題なくする。 高い発生頻度と、一向に修正される気配がない とも ことから 「職員に擬態するでは?」「系かも」等と一部でにされていたが、ついに 開発から あまりに修正に苦戦したのか 汚染に。 最近になってようやく 修正鎮圧が了した。 オマージュ 開発者によるとと「」を参考にして作られたとのこと。 特にの色は強く出ていて、エンロペディアのや一部の管理方法などはのをひしひしと感じることができる。 関連動画 プレイ動画 旧Ver版 新Ver版 その他 関連静画 関連項目• 関連リンク•

次の

Lobotomy Corporationについて語る【キャラクター編】

ネツァク ロボトミー

DAY23 魔弾さんの赤色バージョンのようなのと、青いハートに足が生えまくったようなアブノーマリティ登場。 足のアブノーマリティ「蒼星」は高ステータスかつ白ダメージ強耐性装備職員がいてくれて何とかなった。 情報を見てみると低ランク職員絶対殺すアブノーマリティだった。 作業中も脱走中も一定ライン以下の職員はガンガン死んでいく。 これがもっと早く来ていたら作業を受け持てる職員がいなくて詰んでいたかもしれない。 「赤ずきんの傭兵」はこれがファンにアブノーマリティスレイヤーサンといわれている奴だと分かった。 顔がめっちゃナラクっぽい。 試しに脱走させて戦わせてみたが、HEとは桁違いに強い。 シールドを張りつつ頑張ったが後衛に犠牲が出てしまった。 DAY24 蜂の巣のモンスターとキャンバスのアブノーマリティが来た。 「女王蜂」は良い作業結果を出し続けないとパンデミックを引き起こすので、現時点ではチマチマとしかエネルギーを稼げない。 DAY26 懲戒チームの新セフィラ「ゲブラー」さんが来た。 テーマカラーは赤でいかにもな武闘派。 どう見ても童話の「赤い靴」モチーフのアブノーマリティが来た。 思った通り魅了タイプのアブノーマリティだった。 しかしアンジェラが警告してくれるのでWAWの魅了系に比べればだいぶましな方ではある。 管理人Xに創業者Aの記憶が同期されていく。 DAY27 新しく来た「地中の天国」はシャーデンフロイデの逆のアブノーマリティだった。 記録は暗にロボトミー社のことを揶揄しているような感じだった。 DAY28 アナ雪に出てきそうなアブノーマリティが来た。 連続でいまいちな作業結果を出した職員を氷漬けにするようだ。 勇気の高い職員なら助けられるのでそれなりに育成に役に立つ。 記録を見るとアンジェラ起動時のことが書いてあるのかな? Aはアンジェラに良い第一印象を抱かなかったようだ。 DAY29 Aはどこの翼にも行けるほどの優秀な人間だったらしい。 値が張ったフラスコのようなアブノーマリティが来た。 DAY27 エリヤ(マルクト)は若き研究員で身の丈に合わない上昇志向の無知主だったようだ。 コギト?の投与失敗により悲惨なことになった。 アンジェラ、セフィラたちが管理人に対して怨嗟と絶望に飲み込まれることを望んでいるのをわざと伝えてなかったろ! これが噂のボス戦か。 ガブリエル(イェソド)はマルクトの事件後心を病んでしまったらしい。 その最後の一押しをしてしまったのがAみたい。 ネツァクからのホドへのアドバイスが重篤な中毒者が新人を引き込もうとするスタイルで笑える。 ついにホドの自分をいいひとと思っている人特有の傲慢さが爆発。 いい人であることに感謝を求めたらそれはもういい人ではないのだ。 ミシェル(ホド)はロボトミー社の前身を密告か何かして裏切ったらしい。 だからいい人に固執していたのか。 これで3セフィラがボス戦に突入。 ボス戦と新アブノーマリティのエネルギー稼ぎとミッションを同時にこなすのは自分にはきつい。 分けてクリアしていこう。 DAY27 天秤を首にかけたひょろ長い鳥のアブノーマリティが来た。 マルクト戦は作業内容がランダムに変更され、安全なアブノーマリティで作業して変更後の作業をマルクトのようにメモするのが得策。 マルクトのボディが割れて中身が出てるけどちゃんとペンもメモも持ってる… 長い鳥のアブノーマリティは青ダメージだけど同じ部門に青ダメージ耐性装備の職員がいて助かった。 「審判鳥」のEGOはどちらもALEPH。 本体のランクはWAWなのに優秀すぎる。 ゲブラーさんのミッションはとにかく鎮圧を求められるので、ぜひ作っておきたい。 この日のうちに装備は作れなかったが、マルクトコア抑制に成功した。 DAY28 情報の開示が中途半端だった「笑う死体の山」を再度呼んだ。 このアブノーマリティは本当に職員の死体の山から生まれた二次災害的なアブノーマリティのようだ。 この日々犠牲が出る職場への怒り、悲しみ、絶望や呪いなどが死体の山と折り重なって生まれたのだろうか。 DAY27 イェソド戦開始。 画面にノイズがかかり、イェソドの担当している「情報」を阻害してくる。 イェソドのように心に留めておくことが大事ということだろうか。 とにかく見えづらいので各アブノーマリティの対処法、作業を割り当てる職員、鎮圧に向かわせる職員の確認が非常に困難だった。 イェソドの中身はドロドロで本当に腐りかけていた。 ノイズの影響で寄生樹の魅了の緑色のマークが広がって見えて逆にわかりやすくなった。 イェソドはこれ以上人の死を観たくなくてルールに固執するようになったのだそう。 人の良さが裏目に出て毒蛇と呼ばれるようになるとは哀れである。 これをループし続けてるAヤバいな。 イェソドボックスはテープでぐるぐる巻きだった。

次の