ピサロ 渡辺 謙。 ピサロ

PARCO劇場

ピサロ 渡辺 謙

For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer. Please agree after confirming the following items. The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct. In addition, our company holds no responsibility for translations. The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services. Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made. Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan. 이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다. 외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다. 다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오. 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다. 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다. 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다. 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.

次の

ピサロ

ピサロ 渡辺 謙

山崎努や岸田今日子は「親鳥のようだった」という 国内外で大活躍する俳優、渡辺謙が久しぶりに東京の中規模劇場の舞台に立つ。 3年半ぶりに新装開場した渋谷のパルコ劇場で「オープニングシリーズ」第1弾として上演を予定する「ピサロ」に主演する。 「観客に自分を委ねる舞台では俳優の持つエネルギーが試される。 演じること、自分でないものになることの恥ずかしさとすがすがしさも舞台で育まれた」 16世紀のスペインによるインカ帝国征服を題材にした英劇作家ピーター・シェーファーの戯曲だ。 遠征隊を率いる60代の将軍フランシスコ・ピサロと30代のインカ王を軸に、血みどろの戦いが描かれる。 「スケールの大きいスペクタクルから、パーソナルな心象にフォーカスが絞られていく」。 「アマデウス」などで知られる劇作家の筆に力がこもっている。 この作品が1985年に同じ劇場で上演された際、インカ王役で出演した。 当時は25歳。 「自分の演劇的体幹に芯が通り、それ以降いろんな作品と対峙してもぶれなくなった。 俳優としての起点になった舞台だった」。 その時は山崎努が演じたピサロ役に今回、60歳で挑む。 ハリウッド大作への出演で海外でもおなじみに。 2015年からニューヨークとロンドンで上演したミュージカル「王様と私」の王様役でも高い評価を得た。 「観客に自分を認めてもらう戦いで鍛えられた。 でも、そこで培ったものを今回の役に生かさないと意味がない。 それが演劇の怖さでもあり、楽しみでもある」 20代で山崎や岸田今日子らの演技に接した経験が今も生きている。 「自分に起こった感情に身を任せていいんだということを見せてもらったのが大きかった。 最初に肥料をもらい、いい育て方をしてもらった」 なお新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月13日を予定していた公演初日が20日に延期された。 (上原克也).

次の

渡辺謙舞台「ピサロ」チケット先行は?上演日程や劇場は?キャストやあらすじは?

ピサロ 渡辺 謙

東京・渋谷に新開場した「PARCO(パルコ)劇場」のリニューアルお披露目会見が1月15日、同所で行われ、3月から来年5月にかけてオープニング・シリーズとして上演される舞台14作の俳優、脚本家らが出席した。 先陣を切る「ピサロ」(3月13日~4月20日)に主演する渡辺謙は「パルコは僕の演劇人生でエポックになった劇場。 1発目のプレッシャーはあるけれど、客席のイスまで命を吹き込みたい」と意気込みを語り、東京五輪期間に3作品を演出する三谷幸喜氏は「東京五輪と丸かぶりだけど、スポーツに興味がない方は見に来て」と笑わせた。 「ピサロ」は1985年、旧PARCO劇場で山崎努主演により上演され、相手役を務めた渡辺はこの舞台で若手の有望株として注目された。 35年ぶりの公演となる今作では渡辺が主演のピサロ役。 当時、渡辺が演じた役は宮沢氷魚が演じる。 「『ピサロ』は渡辺の出世作だけにコメントにも感慨深さが表れていましたが、渡辺とパルコ劇場との縁は『ピサロ』だけではありません。 2016年の旧パルコ劇場の最終公演は『ラヴ・レターズ』で、元妻・南果歩と夫婦共演を果たしました。 また『ピサロ』で共演する宮沢は、渡辺の娘婿である東出昌大と一昨年の舞台で共演。 (鈴木十朗).

次の