ミシン うわ 糸 が つる ジャノメ。 ミシンの糸の準備

ミシン糸が画像のように途中で千切れるのですが、原因はなんなの...

ミシン うわ 糸 が つる ジャノメ

Q はじめてミシンを使います。 通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。 糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。 なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。 どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。 ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。 説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。 とりあえず上糸と下糸は説明書どおりにやったつもりです。 しかし試行錯誤の上、なんとかミシンが動くようになりました。 布の表からはまともに縫えているように見えるというところまで来ました。 しかし縫った布をひくり返してみると、布の裏側は糸がたまってぐっちゃぐちゃにからまっています。 失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じとでもいいましょうか。 こんな初心者になんとか対処法を教えてやってください。 針と糸は最初からセットされていたものです。 布は薄手のフリースです。 よろしくお願いします。 蛇足ですがミシンど初心者のためのソーイング入門サイト、レクチャー本、学べる場所などご存知でしたら教えてください。 節約のために買ったはずがえらい散財です(><) はじめてミシンを使います。 通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。 糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。 なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。 どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。 ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。 説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。 とりあ... A ベストアンサー とんだ安物買いの、、、でしたね。 さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。 糸調整は生地を縫って確認します。 闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。 >失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。 下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。 ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。 ボビンに糸を巻く時は自動でしょうが、もし巻き乱れがあるなら手で補助して、上から下、下から上に糸が均一になるように巻いてください。 ケースの中に正しい向きで入っていますか?少し糸を引いて回転する方を確認します。 下糸は正しい位置から糸を引いて、ボビンをぶら下げた時、スルスルとゆっくりボビンが下がっていくくらいにします。 ストン!と落ちてしまうくらいならゆるすぎ、手首でツンツンと振ってもボビンが下がらないならきつすぎです。 上糸も正しくセットしたら、綿の生地を2枚重ねて糸調子をチェックします。 2枚重ねるのは、2枚で縫う箇所が圧倒的に多いからです。 まずそのまま15CMくらい縫って、針を刺したまま止めます。 (コントローラー付きなら、足をコントローラーから離して!)表と裏の糸の見え方を比べます。 どちらかの糸が一直線風に見えたら、そちらの糸が強いです。 下糸が強くてもボビンはいじりませんから、上糸調整つまみで上糸を強くします。 『?』と思うかもしれないですけど、糸調整は上と下のバランスを取ると思ってください。 生地の厚みの真ん中で上糸と下糸が絡むのがいい状態です。 それは、見ると針目が表裏とも同じ状態に見えます。 ご自分の服と比べてみてください。 同じ見え方ならまずは良いでしょう。 しばらくそれでなれてください。 さて、オイルの話が出て来てますが、そう頻繁にさしすぎてはいけません。 毎日長時間(ミシンが動いている時間が5時間以上)縫っているなら週に1度はチェックしたいですが、そう出なければ、3ヶ月に一度、半年に一度で良いです。 機械はもともとグリスで潤滑をしていますから、オイルは補助的に考えていいと思います。 >上糸調整ダイヤルの鉄のパーツの狭間に糸を挟む これはつまみの裏側に2枚のお皿状のパーツがあると思うんですが、(押さえ金をあげると開きます。 )その間を糸が通過していれば良いんです。 そうでないとつまみの効果がないんです。 初心者にしてはいきなり薄物のフリースというのが厄介ですね。 難しい素材です。 ほんとは普通の綿生地から初めていただきたいところですが、フリースは生地自体がのびるので、ミシンにまかせて縫うというより、「自分が生地送りをしてやる」みたいな感覚で縫わないと、数十センチでもズレが生じます。 薄紙に霧吹きとアイロンをかけぱりぱりの破けやすい状態にした紙を下に敷いて縫うと送り歯に生地が食い込まないかと思います。 参考にしてください。 とんだ安物買いの、、、でしたね。 さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。 糸調整は生地を縫って確認します。 闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。 >失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。 下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。 ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。 ボビンに糸を巻く時は自動でしょう... html >糸・針・ボビン・ボビンケース・釜の掃除・糸張りの部分の掃除・全てやったけど目飛びがあります とのことですが、経験上は針を交換すればクリアできましたね^^; 針が曲がってる。 針の位置がずれている。 向きがずれて設置してる。 ・・・などです。 他には古い針だと磨耗している可能性もありますから新しいものに交換ということもあります。 貼り付けられたURLは拝見しましたが、布はデニムのような気がしましたが? 厚手の布には厚手用の針を使用したほうが良いです。 ミシンは厚手対応でしょうか。 布が厚手だと目飛びすることがあります。 そのときはミシンの速度を遅くして縫ってみてください。 もうひとつ、布の角度を変更するとき(四角く縫うときは4つ角で方向を変更しますね^^)、押さえ(布を押さえるミシンの金属部分)と針と布の関係で針に負担をかけるようになるときがあります。 つまりは方向転換したときに針が曲がってしまう。 これをすると方向転換後すぐに目飛びが出てくるということがあります。 html >糸・針・ボビン・ボビンケース・釜の掃除・糸張りの部分の掃除・全てやったけど目飛びがあります とのことですが、経験上は針を交換すればクリアできましたね^^; 針が曲がってる。 針の位置がずれている。 向きがずれて設置してる。 ・・・などです。 他には古い針だと磨耗している可能性もありますから新しいものに交換ということもあります。 貼り付けられたURLは拝見しましたが、布はデニムの... A ベストアンサー #1様のおっしゃる「布送り」が原因です。 抑え金のしたに「布送り」があり、「下の布を送る」事で、「上の布を連れて行く」やり方になっています。 なので、どうしても「下の布が先に進む」事になり、「縫い上がりがつれる」のです。 解消法は、 *「待ち針」「切り込み」等で、上下の布の「合わせを確認」しながら縫い進む事。 *そうしてしっかり合わせた状態で、「布送りの前後で」、「布をピンと張り(少し布が伸びるくらいに)」、ミシンの「縫いのスピードに並行して、布を送る」事です。 その際、左右の手が「無理な距離を取らないように」気を付けてください。 そうですね。。。 まずは、30センチの間隔に生地をしっかり持ち、「合わせがずれないよう」にしたまま、抑え金に挿み、そのまま縫う。 (その時、布を掴んだ両手は「ミシンから浮き」ます。 「しっかり掴む」には、そうするしかありませんので。 ) そして、また「持ち替えて」、同じ手順で。。。 と言う事を「繰り返す」と良いと思います。 要は、上下の送りのスピードのズレを「強制的に合わせてあげる」のです。 なので、ご自分の「手の送り」と「ミシンの送り」が「同じスピード」にならねばなりません。 絶対に避ける事は、「ミシンより早く送る」事。 慣れないうちは、「手前に引き気味」で、送ると失敗しません。 *(それでもつれる時は)上布を「少し浮かせて合わせ」、後は同様に「張る」事と、「スピードを合わせる」事に注意して縫うとよろしいかと。 「布を張る」事についてですが。 今回は「伸びない生地」のようですが。 今後「ベロア」等の「伸びる生地」や、「異なる生地を合わせて縫う」時等は、「必須事項」となります。 縫い上がりがとても綺麗になりますので、憶えておかれると、役立つと思いますよ。 #1様のおっしゃる「布送り」が原因です。 抑え金のしたに「布送り」があり、「下の布を送る」事で、「上の布を連れて行く」やり方になっています。 なので、どうしても「下の布が先に進む」事になり、「縫い上がりがつれる」のです。 解消法は、 *「待ち針」「切り込み」等で、上下の布の「合わせを確認」しながら縫い進む事。 *そうしてしっかり合わせた状態で、「布送りの前後で」、「布をピンと張り(少し布が伸びるくらいに)」、ミシンの「縫いのスピードに並行して、布を送る」事です。 その際、... Q こんにちは。 必要に迫られ、子供用のドレスを作らなければならなくなったのですが、 これまでサテン生地を扱ったことがなく、裁縫も特技とゆうほど得意なわけではありません。 (袋物を縫ったり、かろうじてスカートが縫える程度) サテンはミシン掛けするとき「すべる・つれる・ずれる」とかなり難しいと聞きました。 よろしくお願いします。 既出の質問でしたらすみません。 サテンは、生地の端の処理 ホツレないようにする の ジグザグミシンをかけるときに苦労していました。 ミシン自体(針自体・・)がジグザグ動くので、必ず、 サテンのツルツル生地もつられて、ゆがんでいました><; 私も、教えていただいたのですが・・・ ミシンの「押さえ」(プラスチック製のもの)が、手芸屋さんで市販 されています。 ミシンに付属しているときもあるそうですが、 私のミシンにはついてなかったので、手芸屋さんで購入しました。 これが、金属製のものに比べて なかなかの優れものでした^^ ニット用の押さえのようで、「滑りがよい」とのことでしたが 私が使用した感じでは、しっかり押さえてくれる!!ってイメージ でした。 しっかり押さえられる分、ゆがんで滑ったり つったり・・・ ってこともなく、苦手なジグザグもキレイに縫いあがりました。 一度、普通に縫ってみられて・・・・ (糸の調子を変えたり、針を細いもの変えたり・・・試されてから) やはり滑ったり、つれたりするようなら この「押さえを変える」を 試されても良いかと思います^^ 私は、手芸屋さんで、588円で購入しました。 詳しい方からすると、ミシンは相性だそうです。 サテンは、生地の端の処理 ホツレないようにする の ジグザグミシンをかけるときに苦労していました。 ミシン自体(針自体・・)がジグザグ動くので、必ず、 サテンのツルツル生地もつられて、ゆがんでいました><; 私も、教えていただいたのですが・・・ ミシンの「押さえ」(プラスチック製のもの)が、手芸屋さんで市販 されています。 ミシンに付属しているときもあるそうです... Q 6月現在1歳7か月の男児です。 夏にTシャツの下に肌着を着せるべきか悩んでい ます。 1年前の0歳児のときは2枚着せると暑そうだったので、上は半袖ボディスーツ1 枚で過ごしていました。 今年もそうしようと思ったのですが、周囲の同年代の 子はみんなシャツをズボンから出して着ているので、半袖ボディスーツ1枚ら しき子はいません。 Tシャツ1枚だとすぐにお腹が出てしまうのが気になってしかたがありませんし、 ノースリーブのボディスーツ肌着をTシャツの下に着せると、6月でさえ暑そう にしています。 周囲のママさんたちに聞きたいのですが、若いママさんたち自体がヘソ出しス タイルをしているので、聞けなくて困っています。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 今3歳の息子がいます。 去年の夏、暑くてかわいそうだと思ってTシャツ一枚で過ごさせていたら、あせもだらけになってしまいました。 Tシャツは下着ほどには汗を吸いません。 こまめにシャワーを浴びせて治し、かつ下着を着せるようにしたらあせもは治りその後再発しませんでした。 お腹が出るのが気になるのはなぜですか?冷えるから?だとしたら真夏は冷房に気をつければ冷えないと思います。 それとも気持ちの問題としてお腹が出るのが気になるのですか?だとしたらボディスーツタイプを着せるしかなさそうですが…。 ちなみに私は気分的にお腹が出ているのは好きでないので、この冬までは息子にボディスーツタイプの肌着を着せてました。 さすがにサイズが大きくなるとボディスーツタイプはなくなるので今はランニングタイプの肌着です。 でもボディースーツタイプより風通しがよくて本人にしてみたら暑い時期はこのほうがいいかも、と最近は思ってます。 Q 最近初めてミシンを購入しました。 電子ミシンで、本体は3万円ほど。 不器用なので、自動糸調子機能付きのものにしました。 ところが・・・いざ使ってみると、この「自動糸調子」が全く機能していないのです! 何度試し縫いしてみても上に出てくる縫い目がひきつれているというか、一直線のようになってしまうのです。 そこで上糸の調子を最大限「よわく」までまわすと・・・ようやく普通の縫い目になりました。 (どこが自動じゃ!) そこで質問です。 このミシンが不良品ということはありますか? ボビンの巻き方、糸の選択などが誤っていたのでしょうか? それとも自動糸調子なんてこんなものなのですか? お詳しいかた、よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 電子ミシンを購入されたとの事ですが、どちらのメーカーの機種なのでしょうか・・・ 自動糸調子付きで3万円とはかなりお値打ちな価格だと思います。 上糸の調子を変えられたとの事なので下糸は触ってないと解釈すると水平釜のミシンかと思います。 水平釜だと初心者の方では内釜は触らないほうが良いでしょう。 取り扱い説明書を再度確認して使用方法に誤りが無いか、針と生地の組み合わせの間違いなどは無いでしょうか? 60番手のミシン糸を使用した後に同じ針で30番手の糸を使うと投稿者様と同じような症状が出ることがあります。 こういう場合は自動糸調子ミシンであっても針を変えたり、糸調子を変えたりすることは必要になります。 自動糸調子でも100%正しく糸調子が取れるワケではなく条件が整えばキレイな糸調子が取れると考えたほうが良いそうです。 一番良いのは購入されたお店で聞いてみるのが一番です。 万が一ミシン自体の不良であれば修理なり交換なりしてくれると思いますよ。 shimada-mishin. 上糸の調子を変えられたとの事なので下糸は触ってないと解釈すると水平釜のミシンかと思います。 水平釜だと初心者の方では内釜は触らないほうが良いでしょう。 取り扱い説明書を再度確認して使用方法に誤りが無いか、針と生地の組み合わせの間違いなどは無いでしょうか? 60番手のミシン糸を使用した後に同じ針で30番手の糸を使うと投稿者様と同じよう... A ベストアンサー 水仙の種類は何ですか? 球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?) 原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。 (日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。 ) 一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。 (特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。 球根生産農家では親球根の花雷を摘んでしまいます。 花や種に栄養を消費させないで球根を太らせ花芽を作らせます。 そして#1のsattinnさんの言う通りの作業をします。 (出荷まで何年か繰り返します。 ) >植え替えは球根の堀り上げは葉がすっかり枯れてからします。 掘り上げた球根は風通しのよい場所で乾燥させ,涼しいところに貯えておきます。 生産者は特別な冷蔵庫に入れて冬を疑似体験させて、植え付け後の成長を早くするようにしています。 ) 一般家庭でのポイントは 1)花が終わったら早めに花茎を切り落とすこと。 (種を作らせない。 余分な栄養を浪費させない。 ) 2)お礼肥えを充分に与え、日光によく当ててやる。 】 をしてやるのが良いと思います。 (毎年咲くはずです。 ) これをしないと球根は年々弱って行きます。 (特にチューリップは顕著です。 ) 鉢植えやプランターのようにシーズンオフを球根が腐らないように乾燥状態を保てる場合は #3のmikaoさんの言うように鉢に植えたままでも良いと思います。 >3年ほどしたら植え替えたほうが良いでしょう。 これでダメな場合は土質が水仙にに不適なのかもしれません。 適した土質に改良・交換が必要だと思います。 肥料や土質は本屋で立ち読みするか、園芸店で品物を見ればわかると思います。 水仙の種類は何ですか? 球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?) 原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。 (日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。 ) 一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。 (特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。 球根生産農...

次の

実店舗のご紹介

ミシン うわ 糸 が つる ジャノメ

Q はじめてミシンを使います。 通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。 糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。 なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。 どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。 ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。 説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。 とりあえず上糸と下糸は説明書どおりにやったつもりです。 しかし試行錯誤の上、なんとかミシンが動くようになりました。 布の表からはまともに縫えているように見えるというところまで来ました。 しかし縫った布をひくり返してみると、布の裏側は糸がたまってぐっちゃぐちゃにからまっています。 失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じとでもいいましょうか。 こんな初心者になんとか対処法を教えてやってください。 針と糸は最初からセットされていたものです。 布は薄手のフリースです。 よろしくお願いします。 蛇足ですがミシンど初心者のためのソーイング入門サイト、レクチャー本、学べる場所などご存知でしたら教えてください。 節約のために買ったはずがえらい散財です(><) はじめてミシンを使います。 通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。 糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。 なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。 どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。 ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。 説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。 とりあ... A ベストアンサー とんだ安物買いの、、、でしたね。 さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。 糸調整は生地を縫って確認します。 闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。 >失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。 下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。 ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。 ボビンに糸を巻く時は自動でしょうが、もし巻き乱れがあるなら手で補助して、上から下、下から上に糸が均一になるように巻いてください。 ケースの中に正しい向きで入っていますか?少し糸を引いて回転する方を確認します。 下糸は正しい位置から糸を引いて、ボビンをぶら下げた時、スルスルとゆっくりボビンが下がっていくくらいにします。 ストン!と落ちてしまうくらいならゆるすぎ、手首でツンツンと振ってもボビンが下がらないならきつすぎです。 上糸も正しくセットしたら、綿の生地を2枚重ねて糸調子をチェックします。 2枚重ねるのは、2枚で縫う箇所が圧倒的に多いからです。 まずそのまま15CMくらい縫って、針を刺したまま止めます。 (コントローラー付きなら、足をコントローラーから離して!)表と裏の糸の見え方を比べます。 どちらかの糸が一直線風に見えたら、そちらの糸が強いです。 下糸が強くてもボビンはいじりませんから、上糸調整つまみで上糸を強くします。 『?』と思うかもしれないですけど、糸調整は上と下のバランスを取ると思ってください。 生地の厚みの真ん中で上糸と下糸が絡むのがいい状態です。 それは、見ると針目が表裏とも同じ状態に見えます。 ご自分の服と比べてみてください。 同じ見え方ならまずは良いでしょう。 しばらくそれでなれてください。 さて、オイルの話が出て来てますが、そう頻繁にさしすぎてはいけません。 毎日長時間(ミシンが動いている時間が5時間以上)縫っているなら週に1度はチェックしたいですが、そう出なければ、3ヶ月に一度、半年に一度で良いです。 機械はもともとグリスで潤滑をしていますから、オイルは補助的に考えていいと思います。 >上糸調整ダイヤルの鉄のパーツの狭間に糸を挟む これはつまみの裏側に2枚のお皿状のパーツがあると思うんですが、(押さえ金をあげると開きます。 )その間を糸が通過していれば良いんです。 そうでないとつまみの効果がないんです。 初心者にしてはいきなり薄物のフリースというのが厄介ですね。 難しい素材です。 ほんとは普通の綿生地から初めていただきたいところですが、フリースは生地自体がのびるので、ミシンにまかせて縫うというより、「自分が生地送りをしてやる」みたいな感覚で縫わないと、数十センチでもズレが生じます。 薄紙に霧吹きとアイロンをかけぱりぱりの破けやすい状態にした紙を下に敷いて縫うと送り歯に生地が食い込まないかと思います。 参考にしてください。 とんだ安物買いの、、、でしたね。 さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。 糸調整は生地を縫って確認します。 闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。 >失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。 下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。 ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。 ボビンに糸を巻く時は自動でしょう... html >糸・針・ボビン・ボビンケース・釜の掃除・糸張りの部分の掃除・全てやったけど目飛びがあります とのことですが、経験上は針を交換すればクリアできましたね^^; 針が曲がってる。 針の位置がずれている。 向きがずれて設置してる。 ・・・などです。 他には古い針だと磨耗している可能性もありますから新しいものに交換ということもあります。 貼り付けられたURLは拝見しましたが、布はデニムのような気がしましたが? 厚手の布には厚手用の針を使用したほうが良いです。 ミシンは厚手対応でしょうか。 布が厚手だと目飛びすることがあります。 そのときはミシンの速度を遅くして縫ってみてください。 もうひとつ、布の角度を変更するとき(四角く縫うときは4つ角で方向を変更しますね^^)、押さえ(布を押さえるミシンの金属部分)と針と布の関係で針に負担をかけるようになるときがあります。 つまりは方向転換したときに針が曲がってしまう。 これをすると方向転換後すぐに目飛びが出てくるということがあります。 html >糸・針・ボビン・ボビンケース・釜の掃除・糸張りの部分の掃除・全てやったけど目飛びがあります とのことですが、経験上は針を交換すればクリアできましたね^^; 針が曲がってる。 針の位置がずれている。 向きがずれて設置してる。 ・・・などです。 他には古い針だと磨耗している可能性もありますから新しいものに交換ということもあります。 貼り付けられたURLは拝見しましたが、布はデニムの... A ベストアンサー #1様のおっしゃる「布送り」が原因です。 抑え金のしたに「布送り」があり、「下の布を送る」事で、「上の布を連れて行く」やり方になっています。 なので、どうしても「下の布が先に進む」事になり、「縫い上がりがつれる」のです。 解消法は、 *「待ち針」「切り込み」等で、上下の布の「合わせを確認」しながら縫い進む事。 *そうしてしっかり合わせた状態で、「布送りの前後で」、「布をピンと張り(少し布が伸びるくらいに)」、ミシンの「縫いのスピードに並行して、布を送る」事です。 その際、左右の手が「無理な距離を取らないように」気を付けてください。 そうですね。。。 まずは、30センチの間隔に生地をしっかり持ち、「合わせがずれないよう」にしたまま、抑え金に挿み、そのまま縫う。 (その時、布を掴んだ両手は「ミシンから浮き」ます。 「しっかり掴む」には、そうするしかありませんので。 ) そして、また「持ち替えて」、同じ手順で。。。 と言う事を「繰り返す」と良いと思います。 要は、上下の送りのスピードのズレを「強制的に合わせてあげる」のです。 なので、ご自分の「手の送り」と「ミシンの送り」が「同じスピード」にならねばなりません。 絶対に避ける事は、「ミシンより早く送る」事。 慣れないうちは、「手前に引き気味」で、送ると失敗しません。 *(それでもつれる時は)上布を「少し浮かせて合わせ」、後は同様に「張る」事と、「スピードを合わせる」事に注意して縫うとよろしいかと。 「布を張る」事についてですが。 今回は「伸びない生地」のようですが。 今後「ベロア」等の「伸びる生地」や、「異なる生地を合わせて縫う」時等は、「必須事項」となります。 縫い上がりがとても綺麗になりますので、憶えておかれると、役立つと思いますよ。 #1様のおっしゃる「布送り」が原因です。 抑え金のしたに「布送り」があり、「下の布を送る」事で、「上の布を連れて行く」やり方になっています。 なので、どうしても「下の布が先に進む」事になり、「縫い上がりがつれる」のです。 解消法は、 *「待ち針」「切り込み」等で、上下の布の「合わせを確認」しながら縫い進む事。 *そうしてしっかり合わせた状態で、「布送りの前後で」、「布をピンと張り(少し布が伸びるくらいに)」、ミシンの「縫いのスピードに並行して、布を送る」事です。 その際、... Q こんにちは。 必要に迫られ、子供用のドレスを作らなければならなくなったのですが、 これまでサテン生地を扱ったことがなく、裁縫も特技とゆうほど得意なわけではありません。 (袋物を縫ったり、かろうじてスカートが縫える程度) サテンはミシン掛けするとき「すべる・つれる・ずれる」とかなり難しいと聞きました。 よろしくお願いします。 既出の質問でしたらすみません。 サテンは、生地の端の処理 ホツレないようにする の ジグザグミシンをかけるときに苦労していました。 ミシン自体(針自体・・)がジグザグ動くので、必ず、 サテンのツルツル生地もつられて、ゆがんでいました><; 私も、教えていただいたのですが・・・ ミシンの「押さえ」(プラスチック製のもの)が、手芸屋さんで市販 されています。 ミシンに付属しているときもあるそうですが、 私のミシンにはついてなかったので、手芸屋さんで購入しました。 これが、金属製のものに比べて なかなかの優れものでした^^ ニット用の押さえのようで、「滑りがよい」とのことでしたが 私が使用した感じでは、しっかり押さえてくれる!!ってイメージ でした。 しっかり押さえられる分、ゆがんで滑ったり つったり・・・ ってこともなく、苦手なジグザグもキレイに縫いあがりました。 一度、普通に縫ってみられて・・・・ (糸の調子を変えたり、針を細いもの変えたり・・・試されてから) やはり滑ったり、つれたりするようなら この「押さえを変える」を 試されても良いかと思います^^ 私は、手芸屋さんで、588円で購入しました。 詳しい方からすると、ミシンは相性だそうです。 サテンは、生地の端の処理 ホツレないようにする の ジグザグミシンをかけるときに苦労していました。 ミシン自体(針自体・・)がジグザグ動くので、必ず、 サテンのツルツル生地もつられて、ゆがんでいました><; 私も、教えていただいたのですが・・・ ミシンの「押さえ」(プラスチック製のもの)が、手芸屋さんで市販 されています。 ミシンに付属しているときもあるそうです... Q 6月現在1歳7か月の男児です。 夏にTシャツの下に肌着を着せるべきか悩んでい ます。 1年前の0歳児のときは2枚着せると暑そうだったので、上は半袖ボディスーツ1 枚で過ごしていました。 今年もそうしようと思ったのですが、周囲の同年代の 子はみんなシャツをズボンから出して着ているので、半袖ボディスーツ1枚ら しき子はいません。 Tシャツ1枚だとすぐにお腹が出てしまうのが気になってしかたがありませんし、 ノースリーブのボディスーツ肌着をTシャツの下に着せると、6月でさえ暑そう にしています。 周囲のママさんたちに聞きたいのですが、若いママさんたち自体がヘソ出しス タイルをしているので、聞けなくて困っています。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 今3歳の息子がいます。 去年の夏、暑くてかわいそうだと思ってTシャツ一枚で過ごさせていたら、あせもだらけになってしまいました。 Tシャツは下着ほどには汗を吸いません。 こまめにシャワーを浴びせて治し、かつ下着を着せるようにしたらあせもは治りその後再発しませんでした。 お腹が出るのが気になるのはなぜですか?冷えるから?だとしたら真夏は冷房に気をつければ冷えないと思います。 それとも気持ちの問題としてお腹が出るのが気になるのですか?だとしたらボディスーツタイプを着せるしかなさそうですが…。 ちなみに私は気分的にお腹が出ているのは好きでないので、この冬までは息子にボディスーツタイプの肌着を着せてました。 さすがにサイズが大きくなるとボディスーツタイプはなくなるので今はランニングタイプの肌着です。 でもボディースーツタイプより風通しがよくて本人にしてみたら暑い時期はこのほうがいいかも、と最近は思ってます。 Q 最近初めてミシンを購入しました。 電子ミシンで、本体は3万円ほど。 不器用なので、自動糸調子機能付きのものにしました。 ところが・・・いざ使ってみると、この「自動糸調子」が全く機能していないのです! 何度試し縫いしてみても上に出てくる縫い目がひきつれているというか、一直線のようになってしまうのです。 そこで上糸の調子を最大限「よわく」までまわすと・・・ようやく普通の縫い目になりました。 (どこが自動じゃ!) そこで質問です。 このミシンが不良品ということはありますか? ボビンの巻き方、糸の選択などが誤っていたのでしょうか? それとも自動糸調子なんてこんなものなのですか? お詳しいかた、よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 電子ミシンを購入されたとの事ですが、どちらのメーカーの機種なのでしょうか・・・ 自動糸調子付きで3万円とはかなりお値打ちな価格だと思います。 上糸の調子を変えられたとの事なので下糸は触ってないと解釈すると水平釜のミシンかと思います。 水平釜だと初心者の方では内釜は触らないほうが良いでしょう。 取り扱い説明書を再度確認して使用方法に誤りが無いか、針と生地の組み合わせの間違いなどは無いでしょうか? 60番手のミシン糸を使用した後に同じ針で30番手の糸を使うと投稿者様と同じような症状が出ることがあります。 こういう場合は自動糸調子ミシンであっても針を変えたり、糸調子を変えたりすることは必要になります。 自動糸調子でも100%正しく糸調子が取れるワケではなく条件が整えばキレイな糸調子が取れると考えたほうが良いそうです。 一番良いのは購入されたお店で聞いてみるのが一番です。 万が一ミシン自体の不良であれば修理なり交換なりしてくれると思いますよ。 shimada-mishin. 上糸の調子を変えられたとの事なので下糸は触ってないと解釈すると水平釜のミシンかと思います。 水平釜だと初心者の方では内釜は触らないほうが良いでしょう。 取り扱い説明書を再度確認して使用方法に誤りが無いか、針と生地の組み合わせの間違いなどは無いでしょうか? 60番手のミシン糸を使用した後に同じ針で30番手の糸を使うと投稿者様と同じよう... A ベストアンサー 水仙の種類は何ですか? 球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?) 原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。 (日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。 ) 一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。 (特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。 球根生産農家では親球根の花雷を摘んでしまいます。 花や種に栄養を消費させないで球根を太らせ花芽を作らせます。 そして#1のsattinnさんの言う通りの作業をします。 (出荷まで何年か繰り返します。 ) >植え替えは球根の堀り上げは葉がすっかり枯れてからします。 掘り上げた球根は風通しのよい場所で乾燥させ,涼しいところに貯えておきます。 生産者は特別な冷蔵庫に入れて冬を疑似体験させて、植え付け後の成長を早くするようにしています。 ) 一般家庭でのポイントは 1)花が終わったら早めに花茎を切り落とすこと。 (種を作らせない。 余分な栄養を浪費させない。 ) 2)お礼肥えを充分に与え、日光によく当ててやる。 】 をしてやるのが良いと思います。 (毎年咲くはずです。 ) これをしないと球根は年々弱って行きます。 (特にチューリップは顕著です。 ) 鉢植えやプランターのようにシーズンオフを球根が腐らないように乾燥状態を保てる場合は #3のmikaoさんの言うように鉢に植えたままでも良いと思います。 >3年ほどしたら植え替えたほうが良いでしょう。 これでダメな場合は土質が水仙にに不適なのかもしれません。 適した土質に改良・交換が必要だと思います。 肥料や土質は本屋で立ち読みするか、園芸店で品物を見ればわかると思います。 水仙の種類は何ですか? 球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?) 原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。 (日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。 ) 一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。 (特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。 球根生産農...

次の

【ミシンの糸調子が合わない】糸調子ダイヤルはさわらないで!その前にコレ!|ミシンママのブログ

ミシン うわ 糸 が つる ジャノメ

ロックミシンの使い方 ロックミシンをお持ちのお客様で、縁かがり縫い(一般的なロックミシンの使い方)しか使って見えない方が意外と多いと思います。 ロックミシンはスピードは速いし、仕上がりもきれいだし、簡単だし、普通の縁かがり縫いが出来れば十分なのですが、もう一つのロックミシンの使い方「巻き縫い」に挑戦してみて下さい。 「巻き縫い」というロックミシンの使い方を身につければ、今まで以上に「ロックミシン持ってて良かったー」と感じられると思います。 それでは、「巻き縫い」で何をするのか。 ハンカチを作って下さい。 お好みの生地の縁をぐるっと巻き縫いするだけです。 はぎ手芸店では、この季節Wガーゼで作ったハンカチがよく売れます。 Wガーゼを適当な大きさに切って「巻き縫い」というロックミシンの使い方で縫うだけですから、とっても簡単です。 Wガーゼはこのところよく売れているので素敵な柄がたくさんあります。 手芸屋さんでお好みの生地を探してぜひ挑戦して下さいね。 「巻き縫い」というロックミシンの使い方について 古いタイプのロックミシンは、「巻き縫い」に切り替えるのに針板の切替が必要だったりしてめんどくさかったのですが、最近の機種は取扱説明書に書いてある通りに各つまみを調整するだけですから、すぐに出来ると思います。 巻き縫いをきれいに仕上げるコツ• 縫い初めは、カラ縫いした糸を軽く向こう側へ引き気味にして縫うときれいに仕上がります。 上ルーパーの糸にウーリーナイロン糸を使って下さい。 ウーリーナイロン糸は糸の表面がもわもわしているので、巻き縫いの仕上がりがきれいに見えます。 「巻き縫い」というロックミシンの使い方は、薄い生地を得意とする縫い方です。 薄い柔らかな生地でスカーフを縫う時などにはもってこいの縫い方ですよ。

次の