ウィルス 性 胃腸 炎 大人。 感染性胃腸炎のウイルス性アデノ・ロタ・ノロ対策に!大人・赤ちゃんも使える消毒液種類は?

【感染性胃腸炎】症状と、簡単にできる治し方は?大人や子供の場合

ウィルス 性 胃腸 炎 大人

スポンサーリンク 子供の場合に急性胃腸炎というのは、症状が重くなる事があるということで、説明をしましたが、大人の場合ですとどうなるのか? 大人の場合ですと、幼少期になにかしらのウイルス性の胃腸炎に感染した過去が或ことが多いので、子供に比べて症状が重くなることが少ないです。 しかしながら、ウイルス性胃腸炎に感染したと言っても、幼少期に感染したウイルスでない場合ですと、過去に経験した免疫が対応しないと言うこともあるので、症状が悪化する事がありえます。 大人の場合ですと、子供と違い1日もしくは2日でたいていの下痢、発熱、嘔吐、吐き気といった症状は緩和されることが多いです。 しかしながら、症状が緩和したとしても、体内にウイルスが残っているといことがあるので外出に関しては、少し用心をする必要があります。 症状が収まってからウイルスが、完全に外に排出されるまでに掛かる、期間といのはだいたい1週間〜1か月となっています。 完全にでるまでは非常に時間がかかるものなのです。 特に感染力が強いノロウイルスに感染をした場合に心配なのが、集団感染になります。 このノロウイルスといのは数百個という比較的に少ないウイルスでも感染するため、症状が緩和して、学校や、会社に行った際に、感染者を媒体にして集団感染といった災害につながることがあります。 スポンサーリンク またこのノロウイルスは感染者の排出物や吐瀉物に20日間ほど放置しても感染してしまうといことがあるので、トイレや洗面台の消毒は特に念入りに行なってください。 この急性胃腸炎についてですが、インフルエンザのように会社学校の出勤、出席を停止するような規定が設けられておりません。 そのため感染者が増えてしまうということも考えられます。 個人の状況にもよりますが、可能であればあ、だいたいは1週間ほど体を休めてそれから出社、出席を考えると周りに関しての感染にも不安が減ります。 もしも不安があれば、病院など医療機関でご相談をして行くのがいいと思います。 スポンサーリンク.

次の

感染性胃腸炎

ウィルス 性 胃腸 炎 大人

スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎は決して珍しくない病気で、大人でも子供でも感染する可能性があります。 細菌性の胃腸炎とは違い、そのウイルスによって効果のある治療薬も異なることや、そもそもウイルス性の胃腸炎に合った治療薬の開発が、あまり進んでいないことから、少々厄介な疾患です。 ウイルス性胃腸炎は子供から大人にうつる? ウイルス性胃腸炎は、しばしば子供の間で大流行します。 ウイルス性胃腸炎といってもあまりピンとこない人も多いかもしれませんが、病院ではよくお腹の風邪ですね!と言われたりします。 ウイルス性胃腸炎は特に冬に流行します。 よく聞く ノロウイルスというのも、ウイルス性胃腸炎の一つです。 その他、乳幼児で大流行しやすいのがロタウイルス、アデノウイルスというのがあります。 これらは感染性胃腸炎という言い方もされ、言葉の通り感染力が強く、人から人へ感染し流行が広がります。 子供の間で流行しやすいとはいえ、大人が感染しないという訳ではありません。 ノロウイルスは特に大人でも子供でも感染することはご存じでしょう。 乳幼児に多いロタウイルスやアデノウイルスであっても、 大人が感染しないという保証はありません。 ノロウイルスに比べて感染力は強くはありませんが、それでも子供の嘔吐物や排泄物を取り扱った際にきちんと除菌されていなければ、感染してしまう可能性があります。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎の潜伏期間 潜伏期間はそのウイルスによって大きく異なりますし、また感染した人の年齢などによっても変わってきます。 ノロウイルスであれば、 子供の場合には最短で24時間以内に発症する可能性もある程かなり潜伏期間は短いですが、他のウイルスは大体2~4日程度と時間があく場合も多いです。 基本的に子供よりも大人の方が潜伏期間は長いことが多いでしょう。 もしも家族の中にウイルス性胃腸炎に感染した人がいれば、 自分に症状が今はなかったとしても既に感染しているという可能性もあります。 そのため、自分の周りにいる人達との関わりには注意した方が良いでしょう。 スポンサーリンク -.

次の

胃腸炎で熱なしはどういう時?出る時と出ない時がある理由!

ウィルス 性 胃腸 炎 大人

スポンサードリンク 幼児の胃腸炎 大人にも簡単にうつる! インフルエンザが流行る頃、同じく乳幼児に流行り始めるのが「胃腸炎」です。 この胃腸炎はいわゆる「急性胃腸炎」というもので 主な症状は嘔吐と下痢です。 治療は(汚いお話になりますが)経口補液(白湯やOS-1など)を飲んで 上からでも下からでもいいからウィルスを外に出してしまうことです。 つまり自然治癒するのを待つわけです。 ロタウイルス・アデノウイルス・ノロウイルスなどが有名ですね。 (ロタウイルの予防ワクチンは平成23年11月に発売されています) 家族に感染させない工夫をしないで、いつも通り過ごしていると 半日から1日で症状の重さは違えど、簡単に感染します。 おいおい!こんな基本情報は知っているよ。 という皆さん。 お待たせ致しました。 ここまで無駄な行だったかもしれませんが、 「知っている」から、「毎回やっている」と 「知っている」けど、「現場ではできなかった」は 「事件は会議しつで起こってるんじゃない!」状態になるっていう 筆者の失敗談をお話ししますです。 胃腸炎は大人にうつる!うちのダメ行動はこうだった! 娘2歳になったばかり、おしゃべりができるようになってきたとはいえ まだまだ自分の思いや体調など伝えたくても伝えられないお年頃。 そして、まだ保育園に通っていない冬のお話。 娘に関して特に病気に関しては注意しなきゃと思っていました。 なので乳幼児の育児に関するホームページや 病院に予防接種を受けに幾たびに注意喚起をよくよんでいました。 なので胃腸炎やウィルス感染に対する予防知識があった(つもり)でした。 お外にお散歩に行って帰っていたら、娘には泡石けんで手を洗う まねごとをさせて、習慣付けもやっていたし、自分も一緒にやっていました。 さて、冬のある日 娘はイチゴが大好きで、毎朝イチゴをたべてました。 情報番組で 「朝イチゴを食べると風邪をひきにくくなる。 」というのを 知ってから、積極的に食べていたんですよね。 で、そのイチゴがなくなったので、隣町の大型ショッピングモールへ ドライブがてら、お気楽にお出かけしたのです。 ショッピングモールには、子供が大好きな車型のショッピングカートがありますよね。 娘もアレが大好きで見つけると「のる」といって自分から取りに行くほどなのです。 「早く早く」とせがまれて、そのまま乗せて生鮮食品売り場へ。 娘もカートに乗れてご機嫌! イチゴ及び食材は無事に買えて、買い物袋の保冷バッグに入れ車に戻りました。 娘の乗っているカートを元に戻してこなくてはいけないので また売り場入り口まで戻ります。 ついでに 「ちょっとお店を見ていこうか〜」と そのまままた店内に戻って、広い売り場を一周ウインドウショッピングしました。 しかも娘が興味を示した物は手に取って見せてあげました。 (買わないけど) 夕食は、 大好きなハンバーグと野菜スティック&おにぎり 食後はおじいちゃんにミカンをむいてもらい喜んでいました。 そして、21時頃就寝。 何事!と思い隣で寝ている娘を見ると夕食を少し履き戻していたので 食べ過ぎかしら?と思った筆者。 娘も何事もなかったかのように、眠っていたので 大丈夫かな?と、そっと娘を移動しシーツを外して、 また吐くかも?とタオルを敷いておきました。 娘の汚れた口回りや髪の毛をウエットティッシュで拭いて 汚れたシーツは明日洗えばいいかと布団の脇に置いておきました。 すると1時間後、また「グッグッ・・・」っと聞こえたので慌てて起きると 今度はゲーゲーと激しく嘔吐したのです。 さすがに娘も目が覚めて、訳が分からず大泣きしていました。 筆者も娘がこんな嘔吐をしたのは、初めてだったので、慌てて 娘を抱きかかえティッシュで口を拭っていました。 娘は横になると吐く様子だったので、片時も離れることができません。 嘔吐物の処理も着替えもままならないので 寝ている筆者の母(おばあちゃん)に携帯で電話して、 部屋に来てもらうことにしました。 おばあちゃんはシーツや服についた嘔吐物を流しで落として 洗濯機に入れて洗ってくれました。 娘は嘔吐が落ち着くと娘は眠くなりウトウトするのですが 大丈夫かな〜と思って横にすると嘔吐があり、 結局6回にわけて全部を嘔吐してしまいました。 その度に、大泣きするので娘をあやしながら バスタオルを取り替えて口周りの汚れを拭きました。 「水が飲みたい」というので、1度は水を飲ませましたが 結局それも胃液と一緒に吐いてしまい、これはいけないと思い それ以降は、水が欲しいといっても我慢させました。 結局眠れたのは朝方4時。 8時まで一緒に眠って、水も飲みたくないという状態だったので 朝食もとらず9時にかかりつけの病院に行くと 胃腸炎と診断されました。 そして、現在、隣町では子供達に胃腸炎とインフルエンザが 流行していることをドクターから知らされるのです。 これが筆者に娘の胃腸炎がうつった一連の流れです。 知識がおありの方がお読みいただくと分かる通り、 感染症に対する予備知識が全く活かされていないことがわかると思います。 失敗ポイントを振り返ってみましょう。 第1失敗ポイント 【情報収集を怠った】 隣町の幼稚園や小学校で 胃腸炎・インフルエンザによる学級閉鎖が増加 していることをちょっと耳にしていたのに学校のことだから関係ないと思ってしまった。 これがまず失敗です。 ウィルス性のもの、例えばノロウィルスは感染してから 症状が出るまで1~2日の潜伏期間があります。 症状が治まってからも、最低でも1週間は他人に感染させてしまう危険もありますね。 もしも、その潜伏期間の人がショッピングモールを歩いていたら? という危機管理が薄かったのです。 ウィルス性の感染症が流行している時期は、情報収集が必要です。 第2失敗ポイント 【予防を怠った】 次に娘が乗ったカートです。 目の前にお店側が用意してくれた「消毒液」があるのに、 カートと娘の手を消毒せずに乗せてしまったことが失敗です。 小さい子供は、手で何でも触る。 そしてなめますよね。 だからウィルスが流行していない時期でも カートは消毒しておいた方がいいのですが、 娘がご機嫌に乗っていたので ついついそのまま買い物へ行ってしまったのです。 当然、筆者も消毒なし。 マスクなしヾ。 第3失敗ポイント 【余計な行動】 買い物をしたら、そのまま帰宅すれば良かったのに、 不用意に店の中を歩いてしまいました。 ショッピングモールや各お店の人には大変申し訳ないのですが、 お店に陳列してある商品は他の誰が触った物か分からない。 特に子供が好むものは、実は危ない可能性があるのです。 なので、なんでも触った後は、消毒または手洗いをさせるべきでした。 持って歩くべきでしたね。 家にあるのに・・・。 第4失敗ポイント 【嘔吐の片付け】 汚れたタオルやパジャマ、嘔吐物の処理も 焦っていたので、おばあちゃんに頼んでしまい キッチンの流しで洗い流して、洗濯機へポン!してしまいました。 とっても危険ですね。 第5失敗ポイント【手洗い・消毒をしなかった】 ウィルス性の感染を防ぐには、きちんとした手洗いと消毒ですよね。 なのに、筆者は何度も嘔吐するので、娘を抱っこしたまま 手袋もせず、ウエットティッシュで拭き取ってあげていました。 汚れたティッシュはビニール袋に入れてありましたが、封はしていません。 そして、最終的に吐き終わった4時。 胃液がついた手もそのままにして一緒にぱたりと寝てしまったのです。 実際いつ吐くのか分からないので、もう吐かないと思ったらちょっと安心してました。 すぐ感染がはじまる 通院し、休息を取らせる為に娘に添い寝していると、 だんだん胃がムカムカしてきておかしいぞ?と思っていたら 夕方には筆者も吐き、寒気に襲われ さらに夜中には激しい胃痛にみまわれ、下痢になりました。 そして、その翌日におじいちゃんも嘔吐と下痢。 元気だったのはおばあちゃんだけ。 後から考えたのですが、おばあちゃんはその3日前から 風邪薬を医師に処方されていて、毎日飲んでいたので 感染しなかったのでは?ということになったのですが、これは定かではありません。 下痢が4日続き、お尻が荒れてきたので再通院し 娘の主治医に念のため「胃腸炎ってうつります?」質問したところ。 はっきり「うつります」と答えが返ってきました。 「しっかり予防策をとってもらえばうつりませんけど、 書かれていることを確実に実践するのはなかなかね・・・」 とも言っていました。 筆「うつるんですね?では、胃腸炎になったら外出はできませんか?」 と聞いたところ Dr. 「症状が治まって来たら、外出してもいいですよ インフルエンザほどではありませんから」 Dr. 「ただ、下痢の間はなるべく避けた方がいいですよね。 オムツ処理のこともあるし」 といっていました。 外出のオムツ替えでも注意が必要ってことでしょうか・・・ 使い捨てのゴム手袋を持っていくしかないのか? まとめ いかがでしたか? 予備知識があっても、見事なこの失敗っぷり。 心のどこかに「うちは大丈夫」みたいな気持ちがあったのかもしれません。 その油断がうんだ胃腸炎感染だったと反省しています。 今では手ぴかジェルは常に持ち歩き、 カートも乗る前は必ず消毒液を使っています。 嘔吐物の為にビニール手袋もオムツセットの中に常備してあります。 もしもの為の準備ってほんと必要なんだなと感じた一件でした。 みなさんも心の油断をせずに、お子さんの健康を見守ってくださいね。 長々と失敗談を記載し、最後までお読みいただきありがとうございました。

次の