人格 良い画数。 五格の姓名判断

【姓名判断】名前が21画の人の運勢と性格は?画数の意味についても!

人格 良い画数

総格・人格・地格の3つの画数を吉数にすると良い 総格・地格・人格にはそれぞれ役割があり、意味が異なります。 もし改名で、新しく吉名を作るという場合には、 総格、人格、地格の3つすべてを良くするのがベストです。 総格とは 苗字+名前の部分を総格と言います。 総格の画数は、苗字と、下の名前の漢字全ての画数を全部足すことによって出すことができます。 姓名判断の名前の画数の鑑定において、その人の運にもっとも影響を大きく与える画数は総格の画数=総画(そうかく)となります。 ですので総格は、 他の人格、地格と比べても、重要な画数ということになります。 総格の画数は、人生全般に影響してきますが、 特に、晩年(55歳〜)の運勢に強く影響が出てきます。 総格が悪いと晩年苦労しやすいということになります。 人格 苗字の末尾+名前の先頭を人格といいます。 人格の画数は、苗字の最後の1文字の画数と名前の最初の1文字の画数を足すことによって出すことができます。 人格の画数は、 特に中年時代(28歳〜54歳)の運勢に強く影響してきます。 中年時代というと、働き盛りで、仕事をがんばる時期ですよね。 よって人格は、社会との関係性なども表しますし、人格の画数をみれば、対人関係や上下関係などの傾向、良し悪しなどもわかるということになります。 地格とは 地格とは、下の名前すべてを指します。 地格の画数は、名前の文字すべての画数を足すことによって出すことができます。 地格は主に、27歳までの初年運に強く影響します。 また、地格の画数は、個人の内面性や個性を表していきますので、地格の画数が良ければ、内面が明るく前向きで建設的だったり、感情が穏やかだったりという長所が引き立ちますが、地格の画数が悪いと性格が激しかったり、悩みがち、落ち込みやすいなどの短所が出やすくなります。 地格は画数も大事ですが、五行の要素もとても大事になってくる部分です。 参考: 天格とは 上に挙げた総格、人格、地格以外にも、天格という部分がありますのでご紹介しておきます。 天格とは、苗字のすべてを指します。 天格の画数は、苗字すべての文字の画数を足すことによって出せますが、 通常天格だけでは運勢の良し悪しというものは発生しません。 なぜなら、天格というのはご先祖様から引き継ぐ部分であり、天から与えられるもの、という意味があるからです。 しかしながら、名前との組み合わせによっては、総格も変わってきますし、天地配合や陰陽、五行と言った他の要素にも影響してきますので、名前との組み合わせによって、吉凶が出てくるということになります。 政治家の方や経営者など影響力が大きい方は、天格の画数の影響もみていく場合があります。 以上、今回は姓名判断の基本中の基本である画数の見方についてご紹介しました! 姓名判断をこれから勉強されたいという方や改名を考えていらっしゃる方は参考にされて見て下さい。 姓名判断を学びたい方へ、通信講座を開催しております。 ご案内は下記よりご覧下さい。

次の

【姓名判断】名前が21画の人の運勢と性格は?画数の意味についても!

人格 良い画数

総格 姓と名前のすべての画数の合計のことです。 人生の全体を表します。 一般的に晩年になるほど影響力が出てくると言われています。 他の場所が凶数であっても総格が吉であれば、あまり凶にはなりにくいと言われているので、命名を考える場合はまず総画が吉数になるようすることが大事です。 霊数は加えません。 天格 姓(苗字)の合計で、生まれた時からか決まっているので変えることは出来ませんね。 家系的な運勢を表します。 吉数であれば男系で男性を中心に栄えます。 凶数であれば女系の家系となりやい傾向です。 50才以降の晩年気がどうなのかに影響があります。 人格 姓の最後の下一文字と名前の上一文字の合計ことです。 性格や才能を現します。 20才~50才ぐらいまでの、中年期の運勢に影響があります。 女性の場合結婚運も見ます。 主運とも言われ、命名の中心とも言われます。 家庭・仕事・結婚運など、人格が吉数であれば性格面で良い影響が現れ、逆に凶数であれば悪い影響が現れる。 人間の内面を見ます。 地格 名前の合計で、幼少期から20才ぐらいまでの運勢に影響があります。 親子関係や、家庭環境を表すので、凶数だと寂しい育ち方をすることがあります。 幼児期は将来の対人関係への愛情に強い影響があるので愛情運などにも影響が出てきます。 人格が人間の内面を表し、地格は、他人に対する自分の印象を表す数と言われています。 吉数であれば、他人から良い目で見られるので社交性に富み逆に凶数であれば、他に良い印象を与えないとなります。 霊数は加えません。 (一部加える流派もあります) 外格 総格から人格を引いた画数です。 姓の一番上と名前の一番下の文字の合計画数と言うほうがわかりやすいも。 20代以降の運気です。 周囲からの影響を表します。 自ら選べない外的な要素ということです。 社会的信用度などに影響があるので、外格が凶数だと人間関係に恵まれず、逆に吉数ならば良い友人や配偶者、上司、先輩に恵まれるということです。 「外格と人格」は同じにならないように注意します。 一字姓、一字名に霊数を加えます。 姓も名前も一字の場合は 2 を足します。 実社会での地位や名誉が得られるか、金銭運はどうかを判断します。 周りから引き立てがあるかどうかを見ます。 親子の関係、夫婦関係を見てその人の内面を見ます。

次の

人格(人運・主運)の意味と15画などの大吉数:個人の才能を表す最重要画数

人格 良い画数

しかし女の子は多くの場合、結婚後に苗字が変わってしまいます。 では、女の子の赤ちゃんの名付けには姓名判断にこだわる必要はないのでしょうか? 結論から言うと、是非こだわってあげてください。 苗字が変われば結婚後、当然名前以外の画数は変わってしまいますが、それでも 生まれてから結婚するまで使う名前の字画がいいのか悪いのかは、姓名判断が統計学を基にしているものである以上、大きな違いがあります。 それに、今は生涯独身を貫く男女も少なくないですから、女性らしい、いい名前をつけるかどうかというのは将来子供が結婚できるかどうかにも関わりかねない、といっても過言ではありません。 もちろん結婚しない人生を否定するわけではありませんが、それでも最初から結婚しない人生ありきに考える方はほとんどいないでしょう。 ですから、赤ちゃんの性別関係なく、良い字画の名前をつけて損をすることはないのです。 ですが、 名付けにおける考え方は、男の子と女の子とでは若干違ってきますので、女の子の赤ちゃんの名付けのポイントについて説明をしていきたいと思います。 天格とは、苗字の画数を足した数。 (苗字が一字姓の場合、霊数と呼ばれる1を足します)先祖代々からの徳を見ます。 ここではサンプルとして、現役引退を表明されたフィギュアスケートの浅田真央選手、サッカーの長友佑都選手と結婚された、平愛梨さん、プロテニスプレーヤーとして活躍された杉山愛選手、アンジャッシュの渡部さんと結婚を発表された佐々木希さん、アメリカのTIME誌による、2017年世界の100人に選ばれた東京都知事の小池百合子さんの画数を見ていきながら説明したいと思います。 (霊数は加えない)主に中年期以降の40歳くらいから、晩年までの運勢をあらわす数です。 ただ、 姓名判断には非常に多くの流派が存在し、それにより画数の考え方や計算方法も異なります。 特に苗字や名前に一字姓がある方は、霊数を加えるか加えないかによっても、結果がまるで違う場合もあるでしょう。 全てのサイトにおいて良い名前をつけようとするのは不可能ですから、まずはいくつかのサイトで自分や友人の名前を見てみて納得できるかどうかを基準としてもいいでしょう。 そして、それら 五格が運勢に影響を及ぼす時期から、こちらでは女の子の名前の画数においての優先順位を、人格>地格>外格>総格>天格と考えたいと思います。 いくつか名前の候補を出して五格を出してみると分かるのですが、 五格すべてにおいてパーフェクトな名付けをすることは、とても難しいです。 そもそも苗字などは選べませんから、苗字に凶数があればパーフェクトは無理な話になります。 もちろん、出来る限り五格すべてにおいて凶数は避けるのがベストではありますが、避けられない場合、少なくとも地格と人格、外格くらいまではしっかりと吉数で揃えてあげた方がいいと思います。 次に女の子の名付けに良い画数とは、どのような画数でしょうか。 凶数を避けるのはもちろんですが、画数の意味も考える必要があります。 以下に、画数の大まかな意味を記してみたいと思います。 それぞれの五格で、同じ画数が2つ、3つとある場合は、その画数の意味が強まります。 1 こうと決めたら譲らない。 姉御肌。 健康運・財運良し 3 明るくて出しゃばり。 コミュニケーション力あり 5 好き嫌いがはっきりしているが、優しく面倒見のよい家庭的な女性 6 人やモノ、お金に恵まれる数。 結婚生活も良好。 7 芸能系に向いている数(美空ひばりさんなど、芸能界で活躍する人には、7の誘導が働いている人が多いのです) 8 スポーツ選手に向いている数。 意志が強く努力家。 13 頭脳明晰な優等生。 明るく元気で時にでしゃばりな一面も 15 マイペースでおおらかな自由人。 家庭運も良好で人から好かれる。 16 みんなから頼られる縁の下の力持ち。 恵まれすぎて人の気持ちが理解できない面も 17 やる気溢れる頑張り屋。 テンションの差で不和が生じやすいので、一歩下がる慎み深さが必要 18 頑固で強情だが根性があるので人から信頼される 24 コミュニケーション力と蓄財の能力がある。 地に足をつける現実は。 家庭運良好。 25 意識が高く、家庭には収まらないが、両立できる仕事を持ちバランスをとると上手くいく 31 才媛才女の数。 人への気配りもでき、仕事と家庭を両立できる。 32 チャンスに強い。 仕事と家庭を両立できるが、何でも独りよがりで物事を進めると破たんする。 35 女性にとって大吉数。 女性ならではの細やかな気配りで内助の功を発揮できる数。 37 頭脳明晰で家庭だけでなく仕事でも能力を開花できる数。 人に合わせることができればより運が舞い込む数。 41 才能溢れる明るい性格。 仕事と家庭を両立できる。 45 親しみやすい性格で誰からも好かれる。 仕事もできる実力はある数。 47 明るいキャラクターで人望があり、家庭的にも社会的にも上手くいく。 48 女性としてはやや強い数だが、実力で認められ、家庭と仕事を両立していく。 52 開拓精神があり、持って生まれた才覚を発揮し仕事でも家庭でも幸せになれる。 63 幸運に導かれる数。 仕事と家庭を両立できる。 65 何事もスムーズに進み、社会的にも成功する。 67 目上の人に可愛がられる数。 玉の輿運あり 81 81は1の数と同じ数意を持つ。 物事の始まり。 成功を暗示する数。 今でこそ姓名判断で画数を調べて名付けをする人が少なくなくなりましたが、それでも姓名判断を全く信じないという人もいます。 そうした方たちの言い分として多いのは、「同姓同名の人間でも同じ人生を歩むわけではない」事実から、姓名判断の信ぴょう性に疑問を持たれているのではないでしょうか。 例えば、杉山愛という名前をつければ、誰でもプロスポーツ選手になれるのか?小池百合子という名前をつければ、誰でも政治家になれるのか?という疑問が湧きます。 逆説的なようですが、そもそも遺伝や環境要因を除外して考えても、人の運命は姓名判断だけでは決まりません。 生まれた日の四柱推命により先天運を調べ、その先天運と対立しない、先天運を補うような名前をつけるのが良い名付けと言われています。 例えば、四柱推命による本人の気質がマイペースな芸術家肌であるのに、姓名判断ではスポーツ選手に向くような数をつけてもちぐはぐなだけなのです。

次の