中納言 参り た まひ て 敬語。 「中納言参りたまひて」の敬語の向き・敬語表現と現代語訳

枕草子『中納言参りたまひて』解説・品詞分解

中納言 参り た まひ て 敬語

「黒=原文」・ 「赤=解説」・ 「青=現代語訳」 原文・現代語訳のみはこちら 中納言 参り たまひて、御扇 奉ら せ たまふに、 参る=ラ行四段、参上する、参る。 謙譲語。 動作の対象(参られる人)である中宮定子を敬っている たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。 動作の主体(参る人)である中納言(隆家)を敬っている 奉る=ラ行四段、差し上げる、謙譲する。 謙譲語。 動作の対象(差し上げられる人)である中宮定子を敬っている せ=尊敬所の動詞「す」の連用形、接続は未然形。 助動詞「す」は「使役」と「尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ている時には文脈判断しなければならない。 ここでは文脈判断して「尊敬」の意味でとらえる。 たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。 動作の主体である隆家を敬っている 中納言(隆家)が参上なさって、御扇を(中宮定子に)差し上げなさるときに、 「隆家 こそ いみじき 骨は 得て はべれ。 こそ=強調の係助詞、結び(文末)は已然形となる。 ここでは「はべれ」が結びにあたる。 係り結び。 「強調」の意味があるが訳す際には無視してもよい いみじき=シク活用の形容詞「いみじ」の連体形。 良い意味でも悪い意味でも程度がひどい。 すばらしい、ひどい 骨=名詞、扇の骨 得(え)=ア行下二段の動詞「得(う)」の連用形。 ア行下二段活用の動詞は「得(う)」「心得(こころう)」「所得(ところう)」の3つしかないので、大学受験に備えて覚えておくとよい。 はべり=ラ変、「あり・居(を)り」の丁寧語、ございます、あります。 已然形になっているのは係助詞「こそ」を受けているから。 係り結び。 会話文で使われているので聞き手である中宮定子を敬っている。 また、丁寧語は使った人(言った人・書いた人)からの敬意なので隆家からの敬意である。 「私(隆家)はすばらしい骨(扇の骨)を手に入れております。 それを張ら せて 参ら せ むとするに、 せ=使役の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。 先程とは異なり直後に尊敬語が来ていないため「使役」の意味だと断定してかまわない。 参る=ラ行四段、謙譲語。 動作の対象(扇を差し上げられる人)である中宮定子を敬っている せ=使役の助動詞「す」の未然形、接続は未然形。 直後に尊敬語が来ていないため「使役」の意味だと断定してかまわない。 む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。 本来は『「それを張らせて参らせむ。 」とするに、』となるため、ここの「む」は文末扱いで終止形となっている。 「む」は㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 あとは文脈判断。 それを張らせて差し上げようと思うのですが、 おぼろげの紙は え張る まじけれ ば、求め はべる なり。 」 おぼろげ=ナリ活用の形容動詞「おぼろげなり」の語幹の部分。 なみひととおりのさま、ふつう え=副詞、下に打消しの表現を伴って「~できない。 」 まじけれ=不可能の推量の助動詞「まじ」の已然形、接続は終止形(ラ変は連体形)。 はべり=補助動詞ラ変、丁寧語。 聞き手である中宮定子を敬っている。 話し手である隆家からの敬意。 なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形 ありふれた普通の紙は張れますまいから、(張るのに相応しい紙を)さがしております。 と 申し たまふ。 申し=サ行四段、謙譲語。 申し上げる。 動作の対象である中宮定子を敬っている たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。 動作の主体である隆家を敬っている と申しなさる。 「 いかやうに か ある。 」と問ひ きこえ させ たまへ ば、 いかやうに=ナリ活用の形容動詞「いかやうなり」の連用形。 どのよう、どんなふう か=疑問の係助詞、結びは連体形。 係り結び ある=ラ変動詞「あり」の連体形。 係助詞「か」を受けて連体形となっている。 係り結び。 きこえ=ヤ行下二「聞こゆ」の未然形。 補助動詞、謙譲語。 動作の対象(問われた人)である隆家を敬っている させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。 直後に尊敬語が来ているので「使役」か「尊敬」か文脈判断。 動作の主体(問うた人)である中宮定子を敬っている たまへ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。 上記の「させ」と同様に中宮定子を敬っており、二重敬語である。 この章で二重敬語を使われているのは中宮定子だけであるので、この人が一番敬われている。 「(扇の骨は)どのようなのですか。 」とお尋ね申し上げなさると、 「すべて いみじう はべり。 『 さらにまだ見 ぬ骨のさま なり。 』と なむ人々 申す。 いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの。 良い意味でも悪い意味でも程度がひどい。 すばらしい、ひどい はべり=補助動詞ラ変、丁寧語。 話し手である隆家から、聞き手である中宮定子への敬意 さらに=下に打消し語を伴って、「まったく~ない、いっこうに~ない」 ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形 なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形 なむ=強調の係助詞、結びは連体形。 係り結び 申す=サ行四段「申す」の連体形。 係助詞「なむ」を受けて連体形となっている。 係り結び 「すべてにおいてすばらしいのです。 『未だ全く見たことのない骨のようだ。 』と人々が申します。 まことに かばかり のは 見え ざり つ。 」と、 言高く のたまへ ば、 かばかり=副詞、これほど、このくらい、これだけ の=格助詞、用法は準体格。 言高く=ク活用の形容詞「言高し」の連用形。 大きな声で。 得意げな様子が表されている。 のたまふ(宣ふ)=ハ行四段、「言ふ」の尊敬語。 」と、声高におっしゃるので、 「さては、扇 の にはあら で、くらげ の な なり。 」と 聞こゆれ ば、 の=格助詞、用法は準体格。 「の」が準体格なため省略されているが、直前に「骨」という体言が来ている で=接続助詞、打消しの意味が含まれている。 の=格助詞、用法は準体格。 」 な=断定の助動詞「なり」の連体形「なる」が音便化して「なん」となり、さらに無表記化して「な」となったもの。 接続は体言・連体形。 直前が準体格の用法がされている「の」があるため分かりづらいが、直前に「骨」という体言が省略されているので、「断定」の意味だと分かる。 「伝聞・推定の助動詞の「なり」」の方ではない。 なり=推定の助動詞「なり」の終止形、接続は終止形(ラ変は連体形)。 直前に音便化したものや無表記化したものがくると「推定・伝聞」の意味の可能性が高い。 文脈判断でもよい。 聞こゆれ=ヤ行下二「聞こゆ」の已然形、謙譲語、「申し上げる」。 動作の対象(申し上げられた人)である隆家を敬っている。 (作者・清少納言が)「それでは、扇の骨ではなく、クラゲの骨なのでしょう。 』と「まことにかばかりのは見えざりつ。 」に対するユーモアで機知に富んだ返し。 「これは隆家が言(こと)に し て む。 」とて、笑ひ たまふ。 し=サ変「す」の連用形。 て=強意の助動詞「つ」の未然形、接続は連用形。 基本的に助動詞「つ・ぬ」は完了の意味だが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などがくると「強意」の意味となる。 む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 あとは文脈判断。 たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。 動作の主体である隆家を敬っている。 (隆家は)「これは私が言ったことにしてしまおう。 」と言ってお笑いになる。 かやうのこと こそは、 かたはらいたきことのうちに 入れ つ べけれど、 こそ=強調の係助詞、結びは已然形。 本来の結びは「べけれ」の部分であるが、接続助詞「ど」が来ているため、結びの部分が消滅してしまっている。 これを「係り結びの消滅」と言う。 「べけれ」は已然形だが、これは「ど」を受けてのものである。 かたはらいたし(傍ら痛し)=形容詞ク活用、はたで見ていて苦々しい、見苦しい、聞き苦しい、気の毒だ 入る=ラ行下二、中に入れる、加える。 ラ行四段の場合には意味が変わり「入る、加わる」と言う意味になるので注意。 つ=強意の助動詞「つ」の終止形、接続は連用形。 基本的に助動詞「つ・ぬ」は完了の意味だが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などがくると「強意」の意味となる。 べけれ=当然の助動詞「べし」の已然形、接続は終止形(ラ変は連体形)。 このような話は、聞き苦しいことの中に入れるべきだが(書くべきではないことだが)、 「一つ な落しそ。 」と言へ ば、いかがは せ む。 な=副助詞、落し=サ行四段動詞の連用形、そ=終助詞 「な~そ」で「~するな(禁止)」を表す。 接続は未然形。 前の「いかが」に係助詞の「か」含まれているため係り結びが生じて連体形となっている。 「一つたりとも書き落とすな」と人々が言うので、どうしましょうか。 」という作者の気持ちが表されている。 lscholar.

次の

枕草子大納言殿参りたまひて293段品詞分解

中納言 参り た まひ て 敬語

「中納言参りたまひて」の現代語訳中納言(藤原隆家)が部屋に参上なさり、中宮定子様に扇子を差し上げるつもりでいます。 そのときのために、私、藤原隆家は素晴らしい骨を手に入れました。 扇子に紙を張らせて中宮様に差し上げようと思っているのですが、せっかく差し上げるのに、ありきたりな紙を張ることなどとてもできないので、中宮様にふさわしい紙を探しています、と申し上げました。 この場面では、中納言(藤原隆家)が身分の高い女性(中宮定子=藤原定子)に扇子を献上するときの様子が描かれています。 藤原隆家は偶然にも素晴らしい扇子の骨を手に入れたので、その骨に紙を張って中宮定子様に差し上げたいと言います。 しかし、中宮様は大変高貴な方なので、ふさわしい紙を用意することは大変難しいことです、となげていているのです。 [ad co-1] 品詞分解 「中納言参りたまひて」を品詞分解すると、「参る」はら行四段活用である「まゐる」の連用形です。 「たまひ」は作者から中納言に向けた尊敬の補助動詞で、は行四段活用の連用形となっています。 最後の「て」は接続助詞として使われていますね。 ここで言われている中納言とは、藤原隆家のことで、藤原隆家が清少納言たちに対して話しかける様が描かれています。 敬意の方向 「参る」とは作者から中宮に向けられた謙譲語であり、「たまひ」は作者から中納言に向けた尊敬の補助動詞です。 は行四段活用の連用形となっています。 [ad co-1] 副詞の呼応 「おぼろけの紙はえ張るまじければ、求めはべるなり」の部分には、入試などでよく問われる副詞の呼応があります。 「え」という副詞は、一般には呼応の副詞と呼ばれます。 呼応の副詞とは、ある副詞の後には必ず決まった助動詞が来ることを意味しています。 ここで、「え」という副詞は、打ち消しの助動詞である「まじける」と呼応しています。 「え~まじける」は「とても~できない」を意味する言葉です。 結果として、この一節は、「ありきたりな紙を張ることなどとてもできないので、(相応の紙を)探しています」という意味となります。 [ad co-1] 枕草子ってどんな作品?作品の背景を知ると古文はもっと理解できるよ! 「中納言参りたまひて」が登場するのは、清少納言によって書かれた「枕草子」という作品です。 作品の概要と背景をきちんと踏まえておくと、古文はもっと読みやすくなりますよ。 枕草子とはどんな物語? 枕草子とは、清少納言によって書かれ、日本文学において随筆文学の傑作とされている作品です。 藤原定子に仕えていた清少納言は、枕草子の中で、華やかな宮中での暮らしやそこで出会った人々についての感想をつづりました。 当時の宮中の暮らしぶりがわかる貴重な資料でもあります。 鴨長明の方丈記、吉田兼好の徒然草と並んで、日本三大随筆に数えられる名作です。 [ad co-1] 中納言参りたまひては古文のテストに出る! 中納言参りたまひては、古文のテストにも出る有名な一節です。 特に上で説明した副詞の呼応の部分や敬語の方向などが問われやすくなりますので、注意しておきましょう。 特に、古文における敬語は、丁寧語・尊敬語・謙譲語などに分けられるため、使われている敬語がどれに該当するかをきちんと理科しておくことがテストでは重要となります。 [ad co-1] まとめ 今回は、枕草子に登場する一節「中納言参りたまひて」について解説しました。 本文で紹介しましたが、「中納言参りたまひて」の一節は、日本三大随筆の一つである枕草子の有名な一節であるため、日本人にとっては非常に重要な意味を持つ一節です。 「中納言参りたまひて」の一節の意味について知らなかった方はぜひ参考にしてみてくださいね。 [ad co-1].

次の

『中納言参りたまひて』の品詞分解 枕草子(助動詞・敬語など) / 古文 by 走るメロス

中納言 参り た まひ て 敬語

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、 中納言(隆家)が参上なさって、御扇を(中宮定子に)差し上げなさるときに、 「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。 「私(隆家)はすばらしい骨(扇の骨)を手に入れております。 それを張らせて参らせむとするに、 それを張らせて差し上げようと思うのですが、 おぼろげの紙はえ張るまじければ、求めはべるなり。 」 ありふれた普通の紙は張れますまいから、(張るのに相応しい紙を)さがしております。 と申したまふ。 と申しなさる。 「いかやうにかある。 」と問ひきこえさせたまへば、 「(扇の骨は)どのようなのですか。 」とお尋ね申し上げなさると、 「すべていみじう はべり。 『さらにまだ見ぬ骨のさまなり。 』となむ人々申す。 「すべてにおいてすばらしいのです。 『未だ全く見たことのない骨のようだ。 』と人々が申します。 まことにかばかりのは見えざりつ。 」と、言高くのたまへば、 本当にこれほどのものは見たことがなかった。 」と、声高におっしゃるので、 「さては、扇のにはあらで、くらげのななり。 」と聞こゆれば、 (作者・清少納言が)「それでは、扇の骨ではなく、クラゲの骨なのでしょう。 』と「まことにかばかりのは見えざりつ。 」に対するユーモアで機知に富んだ返し。 「これは隆家が言(こと)にしてむ。 」とて、笑ひたまふ。 (隆家は)「これは私が言ったことにしてしまおう。 」と言ってお笑いになる。 かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、 このような話は、聞き苦しいことの中に入れるべきだが(書くべきではないことだが)、 「一つな落しそ。 」と言へば、いかがはせむ。 「一つたりとも書き落とすな」と人々が言うので、どうしましょうか。 」という作者の気持ちが表されている。 解説・品詞分解はこちら lscholar.

次の