医療事務 講座 費用。 【保存版】医療事務おすすめ通信講座はどれ?口コミ評判を徹底比較!

【三重県】医療事務講座・学校の資料請求

医療事務 講座 費用

医療事務の通学・通信講座の比較 医療事務の仕事は医療知識や法律の理解など覚えることが非常に多いため、独学では厳しいところがあります。 そのため多くの企業が通学・通信講座を提供しています。 それぞれの講座で学べる内容、目指せる資格は様々で、基礎だけを学ぶのであればお手頃な価格で受講できますし、きっちり勉強するものはそれなりに受講費用もかかってきます。 ここでは勉強内容がある程度わかる目指せる資格と費用について、おすすめの通学・通信講座で比較していきます。 最新の情報は各サイトでご確認ください。 通信講座に関しては4万円前後から受講できるコースがあり、思っていたより値段が安い講座もあると感じる方もいるのではないでしょうか。 資格試験についても各講座で取り扱っているものはさまざまですので、目指したい資格を確認して講座を選択するようにしましょう。 2章で各講座の特徴をそれぞれ紹介していきます。 各通学・通信講座の特徴 2. 1 ニチイ学館 「ニチイ学館」の医療事務講座は1971年に開講して、これまで75万に人以上の修了生を輩出しています。 ここの講座ではメディカルクラーク(医療事務技能審査試験)の資格を目指すことができ、メディカルクラークは診療報酬請求事務能力認定試験と並んで医療事務業界では有名な資格です。 メディカルクラークは診療報酬請求事務能力認定試験に比べれば比較的簡単で、 まず医療事務の基礎を学び、このメディカルクラークを取得しようという人は多いです。 そのためメディカルクラークを目指す人は歴史や実績もあり、満足度も高いニチイ学館を選ぶことが多いと聞きます。 他にも担当制や教育訓練給付制度対象講座、就職サポートなどのメリットもあるのでおすすめ講座の一つです。 メディカルクラークについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 2 ユーキャン 一度はCM等で聞いたことがある 「ユーキャン」。 多くの通信講座をてがけるユーキャンも医療事務講座を提供しています。 まずユーキャンの医療事務講座では「医療事務認定実務者」を目指すことができます。 医療事務認定実務者はメディカルクラーク同様、入門にちょうどいいレベルの資格で在宅受験が可能です。 受講形態も通信講座になるため、受講から資格まですべて在宅で可能になります。 受講費用も他の講座と比べると、お手頃な部類に入るので、お財布と相談したいという方にはおすすめです。 ユーキャンの医療事務講座についてはこちらでも詳しくまとめているので気になる方はご覧ください。 3 ヒューマンアカデミー 社会人のビジネススキルの通学・通信講座を提供する 「ヒューマンアカデミー」。 このヒューマンアカデミーの医療事務講座の特徴はなんといっても、講座の種類です。 目指す資格や学びたい内容に応じて、多くの講座が通学講座、通信講座それぞれで設定されています。 資格についても医療事務の資格のなかでも評価が高い「診療報酬請求事務能力認定試験」を目指すコースも設けられているため、この資格を目指す方にはおすすめの講座となります。 細かいコースの分類等についてはこちらでまとめていますので、ご覧ください。 また、通信講座は通学講座とは別に 「たのまな」というサイトで講座が提供されているもの特徴の一つです。 こちらもコースが多彩で詳細はこちらにまとめていますので、気になる方はぜひご覧ください。 4 フォーサイト 「診療報酬請求事務能力認定試験」の資格が目指せる講座がある 「フォーサイト」。 受講者の合格率も67. こちらの受講形態は通信講座になりますが、DVDやeラーニングに力を入れていて、スマートフォンなどで動画を見ながら勉強することができます。 他の講座と比べて就職サポートはありませんが、 難関資格に挑戦できるにも関わらず受講料は他社とあまりかわりない価格帯ですので、「診療報酬請求事務能力認定試験」を目指す方にはおすすめの講座となります。 5 DAIEI(大栄) 資格スクールである 「DAIEI(大栄)」。 資格合格を目標に多くの講座を提供しているDAIEIですが、医療事務の講座では医療事務管理士技能認定試験合格を目標にカリキュラムを組んでいます。 通常の基礎講義だけでなく、試験対策や模擬試験まであるので、資格取得に重点を置いている方はおすすめです。 6 日本医療事務協会 最後に紹介するのは 「日本医療事務協会」の講座になります。 こちらは通学講座・通信講座ともに短期集中型で学ぶカリキュラムになっています。 お値段も今回紹介している中では一番安いですので、スピードとお値段を重視する方は検討してみてもいいかもしれません。 資格については入門資格の医療事務検定試験となるので、メディカルクラークや診療報酬請求事務能力認定試験の資格を目指す方は他の講座をおすすめします。 通学・通信講座を選ぶポイント 医療事務のおすすめ通学・通信講座を2章で紹介してきました。 ここでは講座を選ぶにあたって、どこに気を付ければいいかについて、下記の3つに焦点をあて紹介していきます。 受講形態を選ぶ• 目標を設定する• 費用を検討する この3つをそれぞれ検討すれば、おのずと自分に合った通信講座が絞れてきます。 1 受講形態を選ぶ まずは通学講座にするか、通信講座にするかを選びましょう。 通学講座は講師からのサポートも受けられ、わからないことがあってもすぐに確認できます。 一方で、場所や時間の制約を受けやすく、受講費用も通信講座よりは高くなっています。 決められた時間できっちり勉強して、習得していきたいという方や一人で勉強するのは心配、さぼってしまうかもという方は通学講座がおすすめです。 通信講座は講師への質問回数は限られていることが多く、わからないことがあってもすぐには確認できません。 しかしながら、場所や時間にとらわれず自分のペースで勉強してくことが可能です。 まとまった時間がなかなか取れない方やある程度医療事務について知識があり一人でも勉強できるという方は通信講座がおすすめです。 2 目標を設定する 勉強をするうえで目標を設定しましょう。 目標を設定しないと、だらけて取り組まなくなってしまうことが多いです。 そのため極力具体的な目標を設定して、勉強に取り組みましょう。 例えば、「メディカルクラークの資格を取得する」「講座をこの期間で修了して、医療事務の仕事に就く」「医療事務の知識をつけ、給料アップにつなげる」など様々な目標が設定できると思います。 とくに資格取得は各講座の目標にもなっているので、 資格取得を自分の目標としても設定するのが取り組みやすいですし、講座の選択にも役に立ちます。 医療事務の資格については下記でまとめていますので、どの資格を取得するかを悩んでいる方は参考にしてみてください。 3 費用を検討する 通学講座・通信講座どちらをとってもそれなりに受講費用はかかってきます。 まずは 生活に支障をきたさないレベルで受講費用を検討しましょう。 また、こういった通学講座・通信講座は自らに投資することになるので、受講費用を払ってこれから勉強することが、本当に今後の自分のために役に立つのかという視点でも少し考えてみてください。 自分への投資はうまく活用できれば、今後の大きな財産になるので、今受講費用が少し高いかなと思っても、今後勉強したこと・資格を取得したことが自分の人生に役立つと思えれば、ぜひ受講しましょう。 また、多くの講座で分割払いも可能ですので、受講期間や収入とも相談して分割払いを検討してみてもいいかもしれません。 まとめ:医療事務の通学・通信講座 医療事務の通学・通信講座について、各講座の比較を行いました。 どの講座もそれぞれ特徴があるので、目指したい資格、受講費用、ライフスタイル等から自分にあったものを検討しましょう。 いくつか候補が絞れましたら、資料請求して詳細な内容を確認し、受講へと進んでいきましょう! 最後にこの記事のまとめとなります。

次の

ハロワ職業訓練の医療事務講座って?費用や内容、申し込みはこんな感じ

医療事務 講座 費用

こんばんは、東雲です。 医療事務の仕事を就くにあたって、やはり専門性やら思うと、さてはて資格検定や講座を受けた方がいいなーと考えたんですが、なにぶんにもなるべくお金はケチりたいところ。 実際、やってみようかとは思っても、本当に自分にできるのか?って部分もあり、やってみたはいいけど、ダメだった…って時のダメージを少しでも減らしたいというか…。 さて、講座はさまざまありますが、運良くハローワークの職業訓練で医療事務講座を受けることができまして、これ予算的にも、とっても助かりました。 医療事務講座を受けるにあたって、職業訓練での医療事務講座はどんな内容なのか?費用面や申し込み方法、受講決定までまとめてみます。 (なお、講座によってはもらえないものもあるようなので、詳細は窓口で確認してくださいね。 ) その地域や時期によって講座は様々なんですが、パソコン実務や簿記関連はほぼ毎回ありますし、介護系、電気設備系、とあります。 私が見た中で一番驚いたのは「ロボット工学」でしたね~。 だいたい3ヵ月くらいから半年前後と講座によって期間も違います。 私が受けたのはその中の「医療事務・調剤薬局事務科」でした。 目安は3ヵ月ということですが、月3万と考えると結構家計的にはキツイですよね。 以前働いていたけど、今は主婦だったり求職中だった場合、職業訓練を受けられるかもしれません。 全員が受けられるわけではなく、条件や面接があったりなんですが、受けられれば、かなりお得に医療事務の講座が受けられますよ! 医療事務講座の期間や時間は? 医療事務講座の受講期間は、長めの 約6ヵ月。 ニチイ学館さんの設定より長いですよね! 平日月曜日から金曜日まで、朝9:30~16:10(お昼休み1時間)びっしりでした。 本当に学生に戻った気分でした。 でもその間、条件はありますが雇用保険の失業給付を受けつつ、勉強ができて、当然認定日に関してもきちんと授業に出席していて、月一回失業証明書の書類を提出すればクリアできます。 うーん、なんともありがたいですよね。 医療事務科の内容はどんな感じ? 医療事務科は調剤薬局事務もセットになっていることも多いので、どちらも気になる方にはうってつけですね。 (ちなみに、単発の医療事務科だと3か月前後のようです。 ) どうやら講座に関してはハローワークから「ニチイ学館」さんが受託して行ってることが多いようです。 私の時もそうでした。 なので教材もニチイ学館さんのものを使用してました。 もちろん、先生もニチイ学館さんに所属の先生です。 受講内容も、教材がそうなのですから基本はニチイ学館さんの医療事務のカリキュラム+接遇関係+ハロワ関連のスキルアップ講習です。 今はどうか分かりませんが、私の時には医事オペレータ(パソコン技能)と介護事務なんかも追加でとれましたよ。 ネットでも公表しているので、チェックだけでしたらそちらでもできますよ~。 それには科名だったり、募集期間だったり、訓練期間などなど簡単な一覧になってますので、気になったものがあったら早めにハローワークのスタッフさんに相談。 スポンサーリンク 私が医療事務科希望でスタッフさんに相談したところ、所定給付日数の残り日数と、これまでの経験の有無や勤務経験などをみながら適性の有無について少しお話がありました。 なぜ所定給付日数?ってなりますよね。 これは訓練開始日にどれくらい日数が残っているかで応募区分が変わってくるそうです。 応募区分というのは優先順位になるようで、その区分次第では希望しても落選したり…といったことがあるとのことでした。 もちろん、 日数が多く残っている方が有利になるので、退職後や求職し始めるとハロワで諸々手続きされるかと思いますが、職業訓練の受講を希望するのであれば早めの方がいいですよ~。 応募区分についてなど、もっと詳しく聞けば教えてくれたのかもしれませんが、「東雲さんの応募区分は大丈夫」と言われ、そのままスルーしてしまったので詳細不明です。 あと聞かれたことで覚えているのは、人前にでることは嫌いではないか?きちんと通えるか(やる気はあるか)?くらいですね。 そのあと、パンフレット・申し込み用紙をもらい、必要事項を記入したり写真添付したりして、提出すれば申し込みは終わりです。 5㎝)があったかと思うので、用意していくと行ったり来たりで二度手間にならなくていいですよ~。 『行ったり来たり』についてですが、職業訓練の申し込み、私の時は郵送はダメでした。 窓口に行って、 失業保険の受給者資格をみせないと受理してくれないんです。 当時ハローワークから距離のあるところに住んでいたため、本当毎度行くのが憂鬱で。 ハンコが必要と言われ、「え?持ってきてないです…。 」「じゃ、持ってきてくださいねー。 (超笑顔)」なんてことも。 以降、ハロワに行くときは、受給者資格証はもちろんのこと、認印は必ず持参してました。 ま、職業訓練申し込みの時は証明写真も必要だったので、後日持参になりましたが…。 ・だれでも受講OK!ではないので注意! どの科もそうなんですが、定員があります。 人気の講座だと結構早々に申し込みが定員いっぱいとなることもあるみたいなので、募集期間はあるものの早めに出した方がいいですよ。 また、科によっては、 筆記試験や面接があります。 私が受けたのは結構前なのですが、筆記試験は1時間ほどの学科試験的なものを受けた覚えがあります。 面接は、筆記試験後に短時間でしたが、ありました。 志望動機や医療事務を受けた後の展望的なことを聞かれたように覚えています。 私は東北は岩手盛岡で受けたので、それほど厳しくなかったのかもしれませんが、都市部などはまた人数も多いと思いますので、そのあたりの違いはあるかもしれませんね。 申し込みの結果はどんな形でくる? 申し込み・試験後、結果がでるまでは当然待ちになります。 結果は郵送で書類が届くとお話がありました。 私の時は、試験後から2週間ほどで茶封筒にて届きました。 受講開始の通知と、受講開始日についてのアレコレといったものが入ってました。 嬉しかったですねー。 やっぱり新しいことにチャレンジできるのも楽しみですし、仕事を辞めて家でのんびりも悪くないのですが、さすがにずっとそのままではちょっと焦りもでてきます。 なにせ生活してるだけで、お金も減ってきますしね。 しかもそんな講座が、条件付きではあるもののお金をもらいながら無料に近い金額で受講できる! とあれば、受けない理由はありません。 医療事務に限らずハローワークの職業訓練、一度チェックしてみると面白いですよ。 上でもちょっとご紹介しましたが、いろんな講習がありますよ~。

次の

医療事務の資格取得には、費用はどれくらいかかる?

医療事務 講座 費用

資格:メディカルクラーク 医療事務技能審査試験• エリア:三重県(津市,四日市市,鈴鹿市,名張市) 45年以上の歴史を誇るニチイの医療事務講座では、受付・会計業務から、医療事務の要である点数算定とレセプト点検までをしっかり指導。 医療事務スタッフとして総合的な実力を身につけることができます。 修了まで、担当講師がしっかりナビゲートします。 資格:診療報酬請求事務能力認定試験(医科) 医療事務管理士技能認定試験• 全国90校以上・当日予約も電話一本 全国90校以上の校舎を展開し、平日は朝10時30分から夜21時まで、土日も開講していますので通いやすい。 電話一本で当日に授業の予約OK!だから通いやすい。 キャリアナビゲーターによる学習管理 学習管理の専門スタッフ キャリアナビゲーターが、定期的にカウンセリングを行い、学習計画を立てていきますので、効率よく試験範囲を網羅できます。 わかりやすいオリジナルテキスト 実際の医療現... 資格:メディカルクラーク 医療事務技能審査試験 メディカルオペレータ• 万が一欠席した時も、「無料振替制度」があるので安心です。 医療事務スタッフとして... 医療事務関連エリア・ジャンル 市区町村• 東海エリア• 関連ジャンル• 三重県で医療事務の講座数が多い市区町村ランキング• 4 医療事務の資料請求者属性データ 性別 男:4.

次の