エクセル 入力規則 解除。 エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を解除/削除する|Office Hack

【エクセル2010】プルダウンリストを削除(解除)する方法

エクセル 入力規則 解除

【エクセル】入力規則とは? どんなことができる? エクセルの入力規則とは、簡単に言えばセルに入力する数値のルール設定です。 任意のセルに対して入力規則を設定しておくと、そのセルには設定した条件に当てはまる数値以外入力できません。 条件に合わない数値が入力された場合、エラーメッセージが表示されます。 入力規則を用いると、 人為的なミスを防止できます。 例えば、人数など本来であれば整数しかありえない値を入力するセルに小数が入力された場合、正しい結果が算出されない可能性があります。 日付として入力する値には、特定の数列以外ありえません。 入力規則であらかじめ条件指定しておけば、こうした誤入力が防げます。 また、 同じファイルを使用する作業者の間で情報の共有も可能です。 小数点の位の指定や文字数の指定など、作業に応じたルールも指定できます。 入力時にメッセージを表示させることもできるため、複数人での意思疎通が容易です。 【エクセル】入力規則を使ってリストを設定してみよう ここでは、入力規則の中でも代表的な設定である「リスト」による条件指定の方法についてお話します。 まず、入力規則を設定するセルを範囲選択してください(こちらでは、基本的な「はい」「いいえ」を回答するセルを用意しました)。 その状態で、上部の「データ」メニューから「データの入力規則」を選択してください。 設定のフォームが表示されます。 今回は「入力値の種類( A)」から「リスト」を選択しましょう。 表示される「元の値( S)」のボックスに条件に当てはまる値を入力します。 今回の場合は「はい」「いいえ」をカンマで区切って入力してください。 入力が終われば「 OK」をクリックします。 これで入力規則が設定されたセルが完成しました。 今回は「ドロップダウン リストから選択する( I)」のボックスにチェックが入っているため、表示は以下のようになります。 入力時のメッセージや条件外の値が入力された際のエラーメッセージも設定可能です。 以下のようなエラーメッセージを設定してみましょう。 条件外の値が入力されるとエラーメッセージが表れました。 なお、設定した入力規則を解除したい場合は、入力規則のフォームから「すべてクリア」をクリックします。 【エクセル】入力規則で指定できること 入力規則でどんなことができるのか、イメージが湧いてきたと思います。 入力規則の「入力値の種類(A)」ではさまざまな条件を指定可能です。 以下では代表的な条件の例をご紹介します。 整数 整数のみ入力できます。 小数は入力できません。 小数点数 整数・小数のみ入力が許可されます。 リスト リストとして入力してある値以外は入力できません。 複数の値をリストに入れる場合は、カンマで区切ります。 日付 日付のみ入力が許可されます。 時刻 時刻のみ入力が許可されます。 文字列(長さ指定) 指定した範囲の文字数のみ入力が許可されます。 半角・全角を問わず 1文字としてカウントされます。 ユーザー設定 数式を利用して複雑な条件を指定できます。 【エクセル】入力規則を使った上級テクニック 応用編としてユーザー設定を用いた入力規則の方法をご紹介しましょう。 【エクセル】入力規則のユーザー設定のやりかた 「ユーザー設定」を選択すると数式を条件として設定可能です。 数式の結果が「 TRUE(真)」「 0以外の数値」「日付や時間」の場合のみ入力が許可されます。 以下ではユーザー設定の例を紹介します。 ISTEXT関数 「 ISTEXT関数」を使用すると、入力値をテキストに限定できます。 COUNTIF関数 「 COUNTIF関数」では、指定範囲のセルに入力された値と同じ値のみを許可します。 LEN関数、 LENB関数 LEN関数、 LENB関数を使えば入力値を半角のみ制限できます。 複数の条件を指定する 複数の条件を指定した場合、「 OR関数」を用います。 OR関数の中でそれぞれの関数をカンマで区切って入力してください。 いずれかの関数に当てはまる場合のみ、入力が許可されます。 【エクセル】入力規則を設定したセルの色を変えるには 入力規則とは直接関係ありませんが、入力値によってセルの色を自動的に変える設定もできます。 リスト式の回答結果などの分布を一目で確認したい際に便利です。 該当のセルを選択した状態で「ホーム」メニューから「条件付き書式」をクリックし、「セルの強調表示ルール( H)」を選択。 その後、「指定の値に等しい( E)」をクリックします。 表れるフォームで値と対応する色を設定しましょう。 最後に「 OK」をクリックしてください。 値によって自動的に色が変わるセルができました。 入力される情報の種類を統一できる入力規則。 複数人で同一のエクセルファイルを共有する際にはとても便利な機能です。 表計算では入力する数値がある程度決まっているケースが多いでしょう。 入力規則であらかじめルール設定しておき、ミスの防止や効率化につなげてください。

次の

Excel(エクセル)のセルを編集、変更できないようにロックする方法|入力、数式、データを保護するやり方

エクセル 入力規則 解除

「リストの元の値は、区切り文字で区切られたリストか、または単一の行または列の参照でなければなりません。 」というエラーメッセージが出る• 指定したはずのデータがリストに表示されていない 上記のいずれかに当てはまるなら、今すぐ解決できますよ! この記事では、上記トラブルの原因と、その解決方法をお伝えします。 設定できない原因 原因は、 データの入力規則「元の値」の指定ミスです。 「ホーム」タブの「データの入力規則」を押して、ダイアログボックスを表示しましょう。 「設定」タブの 「元の値」に注目です。 トラブル状況によって、下記の設定がなされていないか確認してみましょう。 エラーメッセージが出る エラーメッセージが出る場合は、 次のいずれかが原因です。 エラーメッセージの原因• 元の値に複数の列(または行)を指定している• 元の値に指定するセルを結合している まず、エラーメッセージの意味を説明しますね。 「リストの元の値は、区切り文字で区切られたリストか、または単一の行または列の参照でなければなりません。 」 メッセージ後半の「 単一の行または列の参照でなければなりません」というのは、「 セルの参照は1列(または1行)に指定してくださいね」ということです。 上記のケースはどちらも、これに違反しているのです。 元の値を、複数の列(D列とE列)のD2~E4セルと指定した場合を見てみましょう。 また、 セルを結合すると、1列を指定したつもりでも、2列になってしまいます。 もちろん、1行に指定すべきところを複数の行に指定したり、セルを結合して複数行になってしまった場合も、同様のエラーになります。 エラーメッセージは、上記のケースで表示されるのです。 なお、メッセージ前半の「 区切り文字で区切られたリスト」というのは、元の値を手入力する際に「 2つ以上のデータは、1つずつ半角カンマ『,』で区切ってくださいね」ということです。 これが出来ていなくても、エラーメッセージは表示されません。 しかし、一応の設定はできるものの、リストには 1つのデータのかたまりとして表示されてしまいます。 半角ではなく全角カンマでデータを区切り、「りんご,いちご,ぶどう」と指定した場合はこうなります。 データがリストに表示されない このトラブルは、 元の値に指定したセル範囲が相対参照になっていることが原因です。 正確にいうと、下記です。 1列の連続する複数セルにプルダウンメニューを設定したケースのトラブル• プルダウンメニューを設定したセル B列のB2~B6セル• リストに表示するデータ(りんご・いちご・ぶどう) D列のD2~D4セルに入力済み• これだと、プルダウンを設定したB2セルは全てのデータが表示されますが、 B3セル以降では困ったことになってしまいます。 B3セルは「いちご」と「ぶどう」と「空白」 B4セルは「ぶどう」と「空白」と「空白」 B5セルとB6セルでは、空白が3つで、データは全く表示されていませんね。 行列の違いはありますが、どちらも元の値に指定したセル範囲の相対参照が原因です。 プルダウンメニューを設定したセルによっては、リストデータの一部が表示されない(あるいは全く表示されない)という現象になるのです。 エクセルの初期設定では絶対参照で指定されますが、何かの意図があって相対参照にする方もいらっしゃると思いますので、一応説明させていただきました。 原因が分かったら解決は簡単です! 後項で、解決方法を説明しますね。 エラーメッセージが出る場合の解決方法 元の値に指定している 複数の列(または複数の行)を、1列(または1行)することで解決します。 まずは、指定したセル範囲の内容を修正しましょう。 リストに表示したいデータを、2列にしている場合は1列にまとめます。 2行にしている場合は、1行にまとめます。 セルの結合をしている場合は、解除しましょう。 修正が済んだら、再度「データの入力規則」ボックスの「元の値」に、正しいセル範囲を指定してあげれば完了です! データがリストに正常に表示されない場合の解決方法 絶対参照で指定すれば、解決します。 1列にプルダウンメニューを設定している場合は、 行を絶対参照にしましょう。 元の値に指定したセル範囲を選択し、「F4」キーを数回押して 行を絶対参照にします。 行が絶対参照になったら完了です! 1行にプルダウンメニューを設定している場合は、 列を絶対参照にしましょう。 元の値に指定したセル範囲を選択し、「F4」キーを数回押して 列を絶対参照にします。 列が絶対参照になったら完了です! 行とか列とかややこしいですが、初期設定にしたがい行列ともに絶対参照にするのが、無難ですね。 最後に プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)が設定できない原因は、「元の値」のちょっとした指定ミスにあります。 セルの結合は、複雑な表などをつくる際にデータを見やすくするというメリットはあります。 その反面、今回のようなトラブルの元になることがあるので、注意が必要ですね。 また、絶対参照と相対参照の違いも押さえておきたいですね。

次の

エクセルで入力制限を解除する方法!画像つきでわかりやすく解説!

エクセル 入力規則 解除

[シートの保護]ダイアログボックスで、 そのまま[OK]を押すだけです。 クリックして選択はできますが、データを消したり、編集はできなくなります。 文字を入力しようとすると、下の画面が表示されて入力が拒否されます。 選択もさせたくない場合は、下の2か所のチェックを外しましょう。 選択もできないので、数式を見られることもありません。 パスワードを付けたい場合は、 [シートの保護を解除するためのパスワード]に好きなパスワードを入力します。 ちゃんと、確認の画面も出てきます。 使用した場合は、 くれぐれもパスワードを忘れないようにしましょう。 万が一のことを考えて、 操作ミスを防ぎたい程度であれば、パスワードを設定しない方が良いかもしれません。 ワークシートの一部をロックする 一部をロックしたい場合に注意すべきことは、 ロックしたい場所の設定を変更するのではなく、ロックした後に、 操作を許可する場所の設定を変更する ことです。 頭のイメージと逆な感じですね。 操作の流れとして2つ紹介します。 では、やってみましょう。 編集を許可する場所を選択して、 右クリックのショートカットメニューから、[セルの書式設定]をクリックするか、 もしくは、[ホーム]タブの各場所にある、 右下のボタンをクリックして、 [セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。 1番右側の [保護]タブをクリックします。 左上の[ロック]にチェックが入っていますね。 このチェックが入っていると、保護の命令をした時にロックされるということです。 チェックを外しましょう。 これで、選択した場所だけ、シートを保護した後も編集が可能になります。 赤枠の部分はロック(保護)されましたが、表の左は編集可能になっています。 ワークシート全体のロック設定を解除しておく方法 ワークシートを保護する前に、すべてのセルのロックを解除しておいて、その後から必要なセルをロックする方法です。 まず、ワークシート全体を選択します。 行列の 左上の角をクリックしましょう。 ワークシート全体が選択されます。 右クリックのショートカットメニューから、[セルの書式設定]をクリックするか、 もしくは、 [ホーム]タブの各場所にある、右下のボタンをクリックして、 [セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。 1番右側の [保護]タブをクリックします。 [ロック]にチェックが入っているので、 外します。 これで、後で [シートの保護]機能を使用しても、全てのセルが編集可能になりました。 次に、 ロックしたい範囲を選択して、 先ほどと同じ、[セルの書式設定]画面を表示して、 [ロック]のチェックを入れます。 赤枠部分だけロックされました。 ロックできる種類 ロックできる場所は細かく選ぶことができます。 上から順番に見てみましょう。 ロックされたセル範囲の選択• ロックされていないセル範囲の選択• セルの書式設定• 列の書式設定• 行の書式設定• 列の挿入• 行の挿入• ハイパーリンクの挿入• 列の削除• 行の削除• 並べ替え• オートフィルターの使用• ピボットテーブルレポートを表示する• オブジェクトの編集• シナリオの編集 以上の種類を個別にロック設定できます。 ロックする場合は、編集全体をロックしたい場合がほとんどだと思うので、あまり個別に設定する必要はないかもしれません。 初期設定の、上2つだけチェックされている状態のままで大丈夫なことがほとんどでは。 勘違いしてはいけないのが、 チェックを入れたものをロックするのではなく、 チェックを入れたものだけが使用できるようになるということです。 通常、この場所は[シートの保護]という名前になっています。 すでに保護機能が働いている場合だけ[シート保護の解除]ボタンになっています。 パスワードが掛かっている場合は、下の画面が表示されます。 パスワードを入力しましょう。 間違えると・・・。 このような画面が表示されますよ。 まとめ 初期状態で保護を設定すると、ワークシート全体が保護されてしまうのがポイントです。 保護したくない場所だけ設定の変更が必要なので、少し理解し難いかもしれません。 また、パスワードを設定する場合は慎重に。 万が一忘れてしまったら、解除が不可能になってしまいますよ。

次の