神戸 須磨 小学校 いじめ。 神戸東須磨小で教師がいじめ!小学校教師4人の顔や名前は?処分は?

東須磨小学校の教師いじめの件。結局4人中2人の教諭が懲戒免職に。

神戸 須磨 小学校 いじめ

報じられた内容 【小学校の教員4人が同僚いじめ】 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが分かった。 羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが3日、関係者への取材で分かった。 加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたほか、男性教員の車を傷つけ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を無理やり送らせるなどしていたという。 男性教員は精神的に不安定になり、今年9月から休暇による療養を余儀なくされている。 担任していたクラスには急きょ臨時講師が配置されている。 関係者によると、加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人。 LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要。 男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたりした。 また、コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていた。 男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えているという。 一連の行為について、同校の管理職は今年6月ごろ、別の複数の教員からの相談をきっかけに把握し、加害側の教員を指導。 市教育委員会には、7月に「人間関係のトラブル」などと報告したとされる。 9月になって市教委は、男性教員の家族から男性教員の状態について連絡を受け、事実関係の調査を始めた。 被害の内容や時期、回数など詳細を確認した上で処分を検討するもよう。 加害側の4人は10月に入って休んでおり、市教委は速やかに人事異動などで人員を補充する方針という。 男性教員側は、処分内容や職場の改善状況を踏まえ、刑事告訴について検討するという。 いじめの問題を巡っては、同市垂水区で市立中学3年の女子生徒がいじめを苦に自殺し、いじめについて証言した同級生らのメモが隠蔽(いんぺい)された問題を受け、市教委は9月30日に「組織風土改革のための有識者会議」から最終報告書の提出を受けたばかり。 (出典元:神戸新聞) いじめ行為の内容 被害に遭った男性教師(20代)がどのようないじめ行為を受けていたのでしょうか。 報じられた内容によると• 羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした• LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要• コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせた• 「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていた• 男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼされた• お酒を無理やり飲まされた• 仕事が残っているのに自宅まで送迎を強要 などなど。 このような暴行や暴言などが昨年から長期にわたり続いていたといいます。 【追記】 この件について報じた、 神戸新聞NEXTがいじめ行為の画像を公開しました。 (出典元:神戸新聞NEXT 【追記】 グッディでも取り上げられていました。 羽交い絞めにされ、無理やり激辛カレーを食べさせられたり、顔につけられた理しています。 いじめ行為とされていますが、 罪に問えるのではないか。 というレベルです。 このような行為をする教師が 自分の子供の先生だと思うととても不安で心配です。 一体どんな教師がこのような行為をしていたのでしょう。 同僚をいじめた教師4人について いじめをしていた教師の名前や顔画像について 公表されていませんでした。 現在わかっている情報は、 教員は 30代の男性教師3人、 40代の女性教師1人。 グッディで取り上げられていた写真です。 顔を隠されている人物が加害側の教師4人です。 加害側の教師の中には、 いじめなどに関わる業務を担当する教師が2名いたようです。 いじめを行った男性教師1名は、 自分が面白ければよかった もともと悪ふざけで行っており、被害教師が嫌がっていると思わなかった 悪ふざけがすぎた 女性教師は、 仲が良かった中で起きたこと 被害教師がこんなにつらい思いをしていたことはわからなかった とコメントを出していました。 SNSの時代なので、 これだけの情報が出ていればこの4人の教師は すぐ特定されるのではないでしょうか。 加害側の女性教師 加害側の女性教師は40代だといいます。 この下記の画像は、卒業アルバムに書いたメッセージだといいます。 『 置かれた場所で咲きなさい』 これからの人生で自分が希望する環境にいつもいられる訳ではありません。 自分が置かれた場所に不平不満を言うのではなく、そこで精一杯自分なりの花を咲かせましょう。 これは、先生の大好きな言葉です。 かんばってね。 ということが書かれています。 しかもこの女性教師は、生徒の前でいじめをしていた事を言っていたといいます。 これは、この女性教師の生徒だった男の子(元教え子)が証言していました。 「カレーを無理やり食べさせた」 「ポンコツな先生だからポンちゃん。 みんなの前でポンちゃんと呼んでいた」 と話していました。 女性教師はこのような事を笑いながら生徒の前で話していたといいます。 加害側の男性教師1名はいじめを厳しく指導する教師だった 加害教師の中には、 いじめを厳しく指導する男性教師もいたといいます。 その加害教師のクラスでいじめが明らかになった際、 いじめた生徒を呼び出し 「自分が何をしたのか考えろ」というと20分間いじめ行為について叱ったといいます。 また、普段の口癖も「いじめをしない」「暴力しない」などと言っていたといいます。 その加害男性教師が卒業アルバムに書いたメッセージがこちら。 1年という短い間でしたが、たくさんの思い出が出来ましたね。 楽しかったこと、そうでなかったことすべての思い出を大事にしてください。 きっとこれから先、みんなにとっての宝物になることでしょう。 そして広い世界に向かって羽ばたいていきましょう。 みんなの活躍を心から祈っています。 こんな言葉を言いながら、 裏では若い先生に対し、いじめを繰り返していたんです。 いじめをした教師の処分について いじめ行為をした教師4人は10月に入って休んでいるようです。 市教育委員会によると、 被害の内容や時期、回数など詳細を確認した上で処分を検討。 速やかに人事異動などで人員を補充する方針。 としています。 人事異動だけではまた同じことが繰り返されるのではないでしょうか…。 子を持つ親としては、いじめをしていた教師が赴任したらとても不安で心配になります。 二度と教育現場に戻らない方がいいのではないでしょうか。 さきほども言いましたが、 SNSで特定され、人事異動先でも教師として 働くのは難しいのではないでしょうか。 【追記】 東須磨小の校長は会見にて 今後一切、東須磨の子供の前で指導を行わせない という判断をしたことを発表していました。 免職などという処罰は下されていないので別の学校で、生徒の前に立つ可能性はあるということになります。 被害男性について 被害に遭った男性は、 東須磨小の20代の男性教師ということでした。 この男性教師は精神的に不安定になり、 今年9月から休暇による療養を余儀なくされているようです。 処分内容や職場の改善状況を踏まえ、 刑事告訴について検討するということです。 これだけ酷いことをされてきたのですし、 これからの教育のためにも、 刑事告訴で頑張って戦っていただきたいと思います。 まずは身体をゆっくり休めていただきたいです。 【追記】 この先生は、2年目の先生で生徒からとても親しまれていた先生だといいます。 休み時間の鬼ごっこの時、走って一生懸命にされる先生だったと保護者も話していました。 また、面白く信頼が厚かった先生だったようです。 コメントを発表【コメント全文】 10日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)で今回の問題を特集し、放送。 被害を受けた男性教師が同番組にコメントを寄せています。 1000RT:【コメント全文】神戸・いじめ被害の教員「吐いて泣きながら学校に向かう毎日だった」 TBS系『グッとラック!』にコメントを寄せ「夢見た教員が思い描いていた世界とは違った」と綴った。 — ライブドアニュース livedoornews 私は中学生の頃から教師を夢見てきました。 そして、家族の支えがあり、教育学部に進学することができました。 教育実習でも、大変やりがいを感じ、素敵な先生方にご指導いただきました。 「絶対に教師になる」そんなことを考えながら教員採用試験の勉強をしていました。 家族や友人、大学の先生方に支えられて、教員採用試験も合格しました。 「これで夢見た教師になれる」と思い、配属先の学校が決まるのを胸をワクワクさせながら待っていました。 しかし、夢見た教員が思い描いていた世界とは違いました。 初任の夏頃からいじめられるようになりました。 自分の中でいじめられていることをいじられていると勝手に頭の中で考えるようになった。 相手にしてくれている、笑ってくれている、そう自分に言い聞かせながら、苦しい中思ってもないことを言わされたり、やらされたり… 「しないと無視される」という考えがずっと頭にあった。 実際にしなかったらいつも「お前、面白んな。 もう知らんからな。 」と言われて何度か無視されるようになった。 しかし、コロッと態度が変わり凄まじいことをしてきたりとついていけなくなりそうなこともあった。 本当にきつかったです。 今年の期首面談の後、校長は加害教諭に指導をしたと言いながらも、どのように指導したかなどという話は一切なかった。 何より相手にしてもらっているというねじ曲がった考えでいる方が、無視されるよりずっと楽だと思った。 だから校長には僕から訴えたりはしていない。 校長と教頭に「されてきたことを言いなさい」と言われて初めて期首面談で言った。 「無視されたら怖いので僕が言ったと絶対に言わないでください。 」「ここまで我慢してきて、あと半年なんです」と言うと、「だめ。 このままじゃあかん。 」「無視されることも受け入れないと。 」と言われた。 その後、指導をしたと言った直後から180度態度が変わり、空気のように無視されるようになった。 はたまた、君のせいで、君と話せないからなどと嫌味を言う人もいた。 また4月には信頼していた教員にも裏切られていたので、もう僕の場所は職員室には無かった。 常に悪口を言われているような感じがし、職員室が怖いと思った。 6月あたりからは、毎朝吐いて泣きながら学校に向かう毎日だった (出典元:スポーツ報知 読んでいてとても胸が痛くなります。 東須磨小学校について この問題が起こった小学校は、 神戸市須磨区の市立東須磨小学校ということでした。 (出典元;グーグルマップ) 〒654-0032 神戸市須磨区堀池町1-2-1 Googleマップの口コミにはすでにいじめの事が書かれていました。 東須磨小学校のHPを確認しようとサイトをクリックしても アクセス集中のためサイトが開けませんでした。 この事件が起こったせいでしょうか。 学校側の対応 学校側は、 今年6月ごろ、別の複数の教員からの相談をきっかけに把握し、加害側の教員を指導。 市教育委員会には、7月に「人間関係のトラブル」などと報告した。 と報じられました。 「指導した」「人間関係のトラブル」として処理しただけで、 他にはどんな対応・対策をしたのでしょうか。 そこの甘さも問題ではないでしょうか。 【追記】 この小学校は7月、「過度のからかいによる人間関係のトラブルがあったが指導して解決済み」とだけ市教委に報告していたといいます。 校長がこの件でどんな対応をしたかというと、• 校長が職員室にいる時間を増やした• 被害男性教師との距離を取るよう伝えた• 直接、加害教師に指導した(指導内容は明らかにしていない) このような対応をしたといいます。 職員室が広いからって… 言い訳もひどすぎます。 校長が指導した後も、加害教師は被害教師に「お前と話すとパワハラになる」などと言っていじめ行為は続き、収まることはなかったようです。 【追記】 今年4月に新しい校長が着任しましたが、関係者によりますと、男性教員は去年9月から今年3月まで前の校長にいじめについて相談していたということです。 市教委は、初めて学校がいじめを把握したのは別の教員が相談した今年6月と発表していましたが、それより早く学校は事態を把握していたことになります。 現在の東須磨小の校長は今年4月に着任したばかり。 前校長がこの相談を受けていたようです。 着任をする際、何も引き継ぎはされなかったのでしょうか…。 ネットの反応 いじめをなくそうと言うべき立場の教師側がこれでは、ダメダメ過ぎて胸が痛い。 こういうことをする人って、脳の器質的な問題があると思う。 嗜虐性に歯止めを掛けられないのはおかしい。 イジメをするような教師の存在が許されることがないように。 神戸新聞NEXT|総合|羽交い締め、目に激辛カレー わいせつLINEを強要 小学校の教員4人が同僚いじめ さんから — オレンジ mu3154 最低過ぎてあきれる。 クビでしょ…… 神戸新聞NEXT|総合|羽交い締め、目に激辛カレー わいせつLINEを強要 小学校の教員4人が同僚いじめ さんから — はいばら haibara0505ki れっきとした成人による行状だろ。 「いじめ」なんてフィルターをかけず、加害側を刑法により処断すべき。

次の

東須磨小学校の教師いじめの件。結局4人中2人の教諭が懲戒免職に。

神戸 須磨 小学校 いじめ

【教員いじめ】神戸市東須磨小学校いじめの構図 まず最初に、今回のいじめ問題は、 多数の加害教員と被害教員がいますので、その 関係性を整理しておきます。 【いじめの構図】 いじめた教員 ・40代女性教諭(主犯格) ・30代男性教諭(準主犯格) ・30代男性教諭 ・30代男性教諭 いじめられた教員 ・20代男性教諭(体調を崩し休職中の方) ・20代男性教諭 ・20代女性教諭 ・20代女性教諭 上記、いじめた教員と被害を受けた教員の年齢から、今回のいじめ問題は 、基本的に『パワハラ』の構図になっていることがわかります。 学校の先生というのは、公務員と言えども民間企業となんら変わらず上下関係がある職場です。 また 派閥が出世や昇進に関わるため、人間関係が面倒くさいとも言われていますね。 「若い先生ばかり雑用をさせられる」というもの聞いたことがあります。 元々あった『 教員の体質』『 教員の風土』が今回のいじめ問題の発端になったのかもしれません。 (もっとも、まともな先生がほとんどです。 この教員の体質は民間企業となんら変わりなく、普通ならその雰囲気の中でもこのようないじめはありえませんね) 【教員いじめ】神戸市東須磨小学校いじめの時系列まとめ 簡単に 時系列でまとめておきます。 こんなんでいじめとは思わんでな」 と 脅す。 頭がおかしいとしか思えません。 内容が具体的に明らかになるにつれて『いじめだと思わなかった』という言葉の違和感が増幅します。 こどもたちに教育をする立場の『教員』の言葉だなんて、信じられません。 これは完全に犯罪です。 しかもさらに胸が痛いのは、子どもたちには好かれていた 保護者に頼りにされていた 教員がこの行為を行っていたということ。 裏切られた気持ち、体験は一生癒えることがないでしょう。 私は小学校時代、大好きな先生がいて、先生になりたいと思ったほどだったので、もしその先生がこういう行為をしていたら…と思うと恐怖です。 【教員いじめ】カレーの動画 こちらの動画は、ニュースでは流してほしくない内容です。 見る度に苦しくなるからです。 でも これが現実です。 加害教員たちの悪事を許さないためにもあえてここに掲載しておきます。 神戸東須磨小学校の教職員間でと思われる集団強要動画 激辛カレー。 S田Y介・Sとみ俊、などメインに4人の教員同僚以外にもいると見られ加害者は有給をとっており血税のムダ遣い、同僚いじめの実名報道を切に願う。 姫路市高丘中学校でも今年6月に教育実習生へのパワハラがあり次にこれも来そう… — お天道さんは知る tentosama しかも主犯格の40代女性教諭は、この件について、 児童の前で笑いながら話していたということです。 加害男性教諭は性行為を強要した? これは休職中の被害男性教諭ではない、別の教諭に対して行われたいじめです。 時期は昨年末ごろ。 加害教師4人組の1人で、30代男性のA教師が、後輩教師の男女に対し、「お前ら、今日やらんかったら知らんぞ」などと脅迫の上、性行為を強要し、その証拠画像を撮影して送るよう指示していた。 さらに「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」と命じた上、動画が報道されている「激辛カレー強要事件」の被害者であるX先生の携帯に、その画像を送らせたことも分かった。 もはや犯罪ですよね。 これで「いじめているつもりはなかった」「嫌がっていなかった」なんて信じられません……… 【教員いじめ】加害教員の処分と実名公表 それでは、こんなに非人道的な行為を笑いながら行っていた 加害教員4名とはどんな人物なのでしょうか。 職員カーストとは? 今まで報道されている内容によると、 主犯格の40代女性教員は、子どもたちや保護者からも信頼されており、教員の中でも力があったそうですね。 この女性教員だけは、絶対に2度と教壇に立てないようにしてほしいと切に願います。 2の30代男性教員 ・ とても優しくクラスを引っ張っていく存在 ・体育の授業中、児童を骨折させたことがある ……2つ目はその事実だけ切り取るのはどうかと思いますが、でもカレーの動画やいじめの内容から、骨折させる気質を持ち合わせた教員であることは間違いないですね。 現校長は、10月9日の会見で 職員カーストについてこのように話しています。 課題を改善をする力量がある校長でなかったのでしょうね。 いじめた加害教員の実名公表は? さて、これだけひどいことをしておいて 雲隠れしている加害教員4名 有給消化中 ですが、まだひとりも実名が公表されていません。 おかしいですよね。 特に主犯格の40代女性教員のやったことは実名報道されて然るべきだと思うのですが…… ですが、ネット上では加害教師の特定が進み、 実名や顔写真が拡散されていますね。 神戸東須磨小学校の教職員間でと思われる集団強要動画 激辛カレー。 S田Y介・Sとみ俊、などメインに4人の教員同僚以外にもいると見られ加害者は有給をとっており血税のムダ遣い、同僚いじめの実名報道を切に願う。 姫路市高丘中学校でも今年6月に教育実習生へのパワハラがあり次にこれも来そう… — お天道さんは知る tentosama ですが、ネットの情報は 簡単に信じて良いものではありません。 (東須磨小学校の保護者説明会では4名の名前が読み上げられているので、そこからの情報であればほぼ間違いないのですが、その保証はどこにもありません。 ) ここでは氏名は掲載しません。 Twitterや他のブログ記事には氏名や顔写真が掲載されているので、どうしても知りたい方は検索されてみてください。 ただし、 その情報がどこから発表されたものかをきちんと確認してくださいね。 ネット上で「特定班」と呼ばれる人たちが、この加害教師の特定をしていますが、 本来これは警察がやるべきです。 教育委員会の調査など待たずに、 警察が暴行事件として調査し、加害者を犯罪者・容疑者として実名公表すべきです。 遅くなってもいいので、しっかり調査して内容や罪を明らかにして、実名を公表してほしいです。 東須磨小学校の教員いじめ、あってはならないことだけど、もしこのまま実名公開しない、訴訟もしないってなると、特定してネットリンチしたり、人違いで責められる人が出てきそうで怖いな。 加害者の教員免許剥奪して実名報道してほしい。 こんなやつらを教育の現場で仕事させちゃいけない。 — ココナッツ siya0che 教員のいじめ。 大人なんだから。 クビだろうが、退職だろうが予備校や塾で、すく働けちゃうじゃん。 教員免許剥奪したって、予備校じゃ不要だし。 せめて、起訴しとかないと。 教員いじめの加害者の実名報道をごり押ししましょうよ。 報道では実名がないと、事件の全容が分からないんでしょう? 今こそ加害者の実名報道が必要なときですよ。 — なら 物欲センサーいらない na1025ra0 多くの方が、この事件に 怒りや悲しみを覚え、実名での公表をのぞんでいるのがわかります。 今後の市教委、そして警察の動きを待ちましょう。 【教員いじめ】被害教員の現状と刑事告訴 被害教員の現状と 刑事告訴の可能性について、詳しく説明します。 まず、先程の【いじめの構図】にもあるように、被害教員は 合計4名です。 そのうちの1名の20代男性教諭が体調を崩し2019年9月から休職中となり、この問題が明るみに出ました。 『先生も頑張る。 みんなの成長が楽しみ。 困ったときは周りに相談しようと言っていた先生自身、相談できなかった。 でもみんなには改めて言いたい。 困ったとき辛いときは周りに相談しよう』 刑事告訴の可能性 被害教員は『 処分内容や職場の改善状況を踏まえ、刑事告訴を検討している』とのこと。 (優しいです…) 現段階では、刑事告訴するかしないかについては、これ以上の情報が出ていません。 しかし、連日報道される内容はすべて「 神戸市教育委員会による調査」となっているので、 警察は動いていないようです。 10月11日:追記 被害教員が警察に被害届を出しましたね! ー 略 ー 男性教諭の代理人の弁護士は、こうした行為について、強要や暴行、器物損壊にあたる可能性があるとして、11日夕方、警察に被害届を出しました。 カレー以外にもキムチ鍋のスープを飲まされた、かばんに氷を入れられたなど。 (いじめの内容の欄にも追記してありますが、11日の報道発表でかなり ひどいいじめの内容が明らかになりましたね) 今後一切指導を行わせない そして、10月9日、東須磨小学校の校長が会見で、 「教員として、人として許されるべき行為ではなく、行為の重大性から委員会とも相談の上、4名を公務から外し、 今後一切、東須磨の子どもたちの前で指導を行わせないという判断を行った」 といじめ加害者側の教師に対する処分を発表。 このことから、 被害教員が刑事告訴を行わない可能性も高くなったと考えられますね。 この校長の言い方がいやらしいですが、「東須磨小学校では教師をしない」というだけで、 免許剥奪ではないですよね。 ですがこの教員を知らない児童であっても、こんな教員から教育を受けるなんて可哀想すぎます。 私が保護者なら絶対に嫌です。 ですのでやはり、免許剥奪しかないと私は思っています。 10月9日、前校長にパワハラ疑惑が浮上したと報道されました。 それによると、前校長は今回被害に遭った20代の男性教員(療養中)に対し「 女性と遊ぶ暇があったら一人前になれ」などと職員室で叱責したこともあったという。 関係者の一人は前校長について「 教員の好き嫌いが激しかった」と話した。 市の窓口に相談があったのは、前校長が昇任する前の18年1~2月ごろ。 現場の教員に対し「 裏切ったらどうなるか分かるやろ。 完全に切る。 だから誰についたらいいか分かるやろ」といった発言があったことが報告されていた。 市教委によると、この相談内容がどのように扱われたかは「調査中」 ミミズ腫れの報告を受けながらも市教委に「解決済み」と報告した 現校長の責任も問われていますが、それよりも 前校長の問題も大きそうです。 前校長が40代の主犯格の女性教諭を呼び寄せたと言われていますし、この『パワハラ気質』のある校長の言動が影響して、被害教諭がターゲットにされた可能性もありますね。 神戸方式のヘッドハンティングとは? 主犯格の40代女性教諭は、前校長によるヘッドハンティングによって東須磨小学校に赴任してきました。 このように神戸市では、校長同士の話し合いによってお気に入り職員をゲットできるという制度があります。 10月11日:追記 前校長が、被害教員に対して いじめを受け続けるよう強要するようなヒアリングをしていたことが明らかになりました。 学校側の対応の問題点も訴えています。 去年12月、男性教諭は前の校長と期末面談を行いました。 この中で前校長から、嫌がらせをされていないか尋ねられ、男性教諭は「お世話になってます」と答えると、前校長からは「 じゃ、おまえはいじめられてないんやな」と念を押されたとしています。 おかしいと思ってましたこの前校長。 主犯格の40代女性教諭をヘッドハンティングしてくるくらいですからね…….

次の

神戸・東須磨小教員間いじめ 加害教諭2人を免職処分、2人は停職と減給

神戸 須磨 小学校 いじめ

問題発覚直後の記者会見で質問に答える神戸市立東須磨小の仁王美貴校長=神戸市中央区で2019年10月9日午後5時40分、峰本浩二撮影 2018年夏、神戸市立東須磨小学校に保護者から一本の電話があった。 「先生たちの間でいじめが起きているのではないでしょうか」。 女性教諭E(40)が児童の前で男性教員Y(20代)を厳しく叱責したと知り、不安視していた。 1年以上たった19年10月、東須磨小では教員同士で激辛カレーを無理やり食べさせるなど過激ないじめが多数発覚し、刑事事件にまで発展した。 EやYは、いずれも一連の問題の当事者とは別の教員たちだ。 保護者の指摘は、生かされていなかった。 数々のハラスメントがありながら見過ごした東須磨小。 20年2月21日、弁護士3人による調査委員会は、最終報告書を神戸市教委に提出した。 報告書には、激辛カレーを食べさせられた男性教諭X(25)に対するハラスメントとは別に、東須磨小が抱えていた問題も次々に挙げられた。 その内容と取材からは、教員間でいじめやトラブルが多発的に起き、学校全体が「機能不全」に陥っていた当時の状況が浮かび上がる。 冒頭の保護者の電話は、18年6~7月ごろにあった一つの出来事がきっかけだった。 Yのクラスに出向いたEが児童に「Yが嫌やったらうちにおいで」と言い、実際に半分以上の児童がEの教室に机ごと移動したのだ。 EとYは同じ学年の担任同士。 Yのクラスは、児童らが担任の言うことを聞かず、授業が成り立たない「学級崩壊」を起こしていた。 Eは児童らを移動させた後、Yに対し「なぜ(自分のクラスの児童を)迎えに来ないのか」としかった。 電話をかけた保護者は、それを知り「いじめ」と疑った。 当時の仁王美貴教頭(55)=現校長=はすぐにEを呼び、「保護者から電話があったんだけど」と話を切り出した。 その途端、Eは大きな泣き声を上げ、何も言わずに部屋を出て行った。 以来、仁王教頭はその話を二度としなかった。 Eは後日、調査委の聞き取りに対し、児童らに教室の移動を促していないと一部を否定したが、報告書によれば音楽教諭(56)ら「専科」の教員とも頻繁にトラブルを起こし、「仁王教頭に対してあからさまに反発していた」という証言もあったという。 同校では中堅の立場だった。 Eだけでなく、教職員間の確執は絶えなかった。 職員室では互いを呼び捨てにし、「死ね」「カス」といった暴言や下ネタが日常的に飛び交った。 いじりやからかいがあっても、注意する人はほとん….

次の