タワーマンション 2ch。 不動産業者が本当のこと言っちゃいます!タワーマンションを買ったら後悔する7つのデメリット。

【ホームズ】千代田区の賃貸「タワーマンション(高層マンション)」 物件一覧

タワーマンション 2ch

八王子市 12• 立川市 51• 武蔵野市 23• 三鷹市 57• 青梅市 6• 府中市 14• 昭島市 0• 調布市 9• 町田市 23• 小金井市 55• 小平市 8• 日野市 8• 東村山市 11• 国分寺市 15• 国立市 1• 福生市 0• 狛江市 0• 東大和市 0• 清瀬市 9• 東久留米市 0• 武蔵村山市 0• 多摩市 8• 稲城市 25• 羽村市 0• あきる野市 0• 西東京市 18• 西多摩郡 0• 大島支庁 0• 大島町 0• 利島村 0• 新島村 0• 神津島村 0• 三宅支庁 0• 三宅島三宅村 0• 御蔵島村 0• 八丈支庁 0• 八丈島八丈町 0• 青ヶ島村 0• 小笠原支庁 0• 小笠原村 0 構造• 鉄筋系• 鉄骨系• ブロック・その他 表示情報• 本日の新着物件• 新着 2-7日前• 物件動画付き• パノラマ付き• 間取り図付き• 写真付き 位置• 1階の物件• 2階以上• 最上階• 角部屋• 南向き 室内設備• 室内洗濯機置場• 洗面所独立• フローリング• メゾネット• ロフト• 防音室• 地下室• 家具家電付き 冷暖房• エアコン付き• 床暖房• 灯油暖房• ガス暖房 バス・トイレ• バス・トイレ別• 温水洗浄便座• 浴室乾燥機• 追い焚き風呂• シャワールーム キッチン• ガスコンロ対応• IHコンロ• コンロ2口以上• オール電化• システムキッチン• カウンターキッチン 建物設備• 駐車場あり• 駐車場2台以上• 敷地内駐車場• 駐輪場あり• バイク置場あり• エレベーター• 宅配ボックス• 敷地内ゴミ置場• バルコニー付• ルーフバルコニー付• 専用庭• 都市ガス• プロパンガス• バリアフリー セキュリティ• オートロック• 管理人有り• TVモニタ付きインタホン• 防犯カメラ• セキュリティ会社加入済 入居条件• 即入居可• 女性限定• ペット相談可• 楽器相談可• 事務所利用可• ルームシェア可• 高齢者歓迎• LGBTフレンドリー• カスタマイズ可• DIY可• 定期借家を含まない テレビ・通信• インターネット接続可• BSアンテナ• CSアンテナ• ケーブルテレビ• インターネット無料 収納• 床下収納• シューズボックス• トランクルーム• ウォークインクローゼット 周辺環境 下記の施設まで.

次の

【掲示板】アトラスタワー小山城山町ってどうですか?|マンションコミュニティ

タワーマンション 2ch

これは私たち夫婦ではなく、両親の話です。 タワーマンションに住むのって一種のステータスな気がしませんか。 親が購入した時、正直かなりビックリしました。 まさかうちの親が購入するなんて... 新しい実家に行ってみると、セキュリティ万全のゲート、1階のロビーはホテルかと思うくらいお洒落なロビー。 更にはバーベキュースペースや、イベントホール、ゲストが泊まれるスペースにシアタールームも完備。 本当に勝ち組マンションとは(自分の親は普通のサラリーマンですが)、この事なんだなと思うくらいです。 しかし、それから2年後、親がマンションを売却し低層マンションへ引っ越しました。 え!?なんで!?と思うかもしれません。 私自身がそう思ったくらいです。 今回はなぜタワーマンションに住むのをやめたのか。 買った後では遅かった失敗談をお話します。 Contents• 私の親について• 父は都内在住の非上場企業のサラリーマン(趣味は仕事とゴルフ)• 母は専業主婦のかたわら自宅で着付け教室の講師 世間一般的な呼び方をすれば、至って普通の親です。 私が幼少の頃に、東京郊外の団地にマンションを購入しましたが、転勤が多かったため売却し、ずっと賃貸マンションで生活してました。 タワーマンションのスペック• 山手線の下半分にある某駅から徒歩1分• 40階建ての30階で2LDK• 1階には広く綺麗なロビーラウンジ(共有)• ゲストルーム(共有)• バーベキュースペース(共有)• シアタールーム(共有)• フィットネス(共有)• 展望ラウンジ(共有)• 24時間待機のコンシェルジュ常駐(宅配からクリーニング受付まで) タワーマンションの購入理由 地方転勤を繰り返した父も50歳になり東京本社に戻り、定年まで10年。 そろそろ老後のことも考え、憧れだったタワーマンションを購入しました。 一般的には誰もが羨むマンションだったと思う。 私自身もタワーマンションに住む父と母はすごいなあと思っていました。 だからこそ、タワーマンションを出て低層マンションに引っ越すと聞いた時は本当にビックリしました。 タワーマンションの売却理由(デメリット)• 夏が暑すぎる• 騒音がひどい• エレベーター各駅問題• タワマン引きこもり問題 夏が暑すぎる タワーマンションのメリット。 それは高層に行けば行く程、景色が綺麗な事だ。 しかし、夏の期間に1日中カーテンを閉め切ってしまったらどうだろうか。 せっかくタワーマンションに住んでるのに、景色を見れないなんて全く意味がない。 これはタワーマンションに住んでる人に多い話らしいが、高層がゆえに遮る建物が他になく、強い日光を一日中浴びる事になるらしい。 冬の間は良いだろうが、夏の昼間は地獄だと言う。 建物が熱くなったせいで、夜も熱さが残り、結果として1日中エアコンをつけなくてはいけないとの事だ。 駅直結は騒音がひどい 駅直結と聞くと、非常に便利かと思うが、実際住んでみるとそうでもないらしい。 理由は電車の騒音が酷いとの事だ。 とにかく朝5時から夜12まで、ずっと電車の音だ。 せっかく大金を払ってタワーマンションを購入したのに、一日中電車の音では萎える。 電車の音がうるさいと窓を開けなくなる。 その上夏はカーテンを閉め切る。 空気がたまり、家がどんよりした空気になる。 結果エアコンをガンガンにつけ、電気代が凄まじい額の請求がくるという負のスパイラルに陥る。 朝のエレベーターは各駅停車 朝の通勤時間に実家にいたことはないが、とにかく渋滞するらしい。 エレベーターも常に各駅状態で、下につく頃には定員いっぱいに乗るらしい。 駅直結とうたっていても、結局10分以上かかると、とても便利とは言えない。 タワーマンションに住むと引きこもりになる 特に高層に住めば住むほど、下まで行くのが面倒になり、出不精になってしまう。 サラリーマンなら毎日嫌でも外に出なくては行けないが、退職した後の老後で出不精になってしまったら、何にもできなくなる。 よく老後を送る人で、外に出ない人は曜日感覚がなくなると言うが、タワーマンションの高層階に住むと、曜日感覚もおろか、人と会わない事で、生活が荒み、部屋も掃除せず、とにかく異臭が立ちこめるという話も聞く。 父と母はここでは老後が楽しくないと判断し、老後を迎える前に出たが、それは今でも正解だと思っている。 タワーマンションを売却し低層マンションに引っ越した 最終的に父と母は、タワーマンションを引きはらい、比較的静かで緑の多い、都内の低層マンションに引っ越した。 訪れる側はタワーマンションの方がよかったが、住んでいる親の顔を見ると、タワーマンションに住んでいた頃よりもイキイキしている。 そんな父も定年をむかえ、今は週3程度の勤務になり、空いてる日は孫と遊んだり習い事に出かけたりしている。 これがタワーマンションだったら、毎日昼間からお酒でも飲んでいたのかな・・・ まとめ タワーマンションの購入を検討してる方は、下記3点について改めて考えて見てください。 夏が暑すぎる• エレベーター各駅問題• タワマン引きこもり問題 もちろん年齢や職業によってはタワーマンションがベスト物件になることもあるので、全てを否定するつもりはありません。 - , , , , , こんな記事も読まれています.

次の

タワーマンション賃貸物件の家賃相場を都市別に公開しちゃいます

タワーマンション 2ch

デメリット1.タワーマンションの強風問題 知っていますか? タワマン(タワーマンション)って窓が開けられないことを。 高層階って風が強いんですよね。 それはもう、ちょっと強い、ではなく、かなりの 強風レベル。 重量の軽い洗濯物なんてベランダに干した日には・・・ ハイ。 飛んでいきま~す。 洗濯バサミごとです笑。 サヨナラ~~~~~ そんな訳で、ベランダでは洗濯物が干せないと決まっているタワマンが多いです。 だから、 浴室乾燥機で乾かすか? 乾燥機付洗濯機で乾かすか? の 洗濯 選択を迫られます。 (ダジャレ言ってゴメンナサイ) それぐらい風が強いので、窓が開けられませんよ。 開けた瞬間に部屋の中が大惨事に・・・ となる可能性は大! 安全のために、開けられたとしても、 ほんのわずかしか開けられないようになっていたりします。 換気も換気設備に頼るしかないし、 どう考えても、それって デメリットじゃないの? だってその分お金かかるから、 マンション価格は 高くなるし、 管理費だって 高くなるんだよ? やすやま と思わずにはいられないワタクシ。 そんなにマンション内にジムいりますか? 思わずツッコミいれてしまいますw。 勘違いしないで欲しいと願う2点。 まず、 これらの設備は全てタダ じゃないこと。 もちろん 物件価格にこれらの設備価格分も上乗せされていますよね。 そして、 その運営費用はマンションに住んでいるあなたが払う管理費 でまかなわれている こと。 マンション購入時はもちろん、その後もマンションに住み続ける限り、いつまでも負担し続けることになるんですからね!! ちょっと目を覚ましてください。 運営が苦しくなってきて、 「じゃあ、あの施設はもう閉鎖しよう!」 となっても、管理組合で話し合い、意思決定しなくてはいけません。 はっきりいって大変ですよ! 人がたくさん集まれば集まるほど、いろんな意見があり、まとめるには 時間と労力が要りますからね。 もう一度聞きます。 そんなにマンション内にジムが要りますか? デメリット4.タワーマンションの眺望問題 なんと言っても、タワマンのメリットといえば、コレ! 超高層から見える景色、夜景が一番の魅力ではないですか? (ワタクシにはわかりませんが・・・) そして、その景色を思う存分堪能できるように、 大きな開口がとられた窓。 きっと開放感も素晴らしいことでしょうね。 でもね。 周りには日光を遮る建物はありませんし。 景色がよく見えるように大きな窓がつけられています。 どう考えても日差しが強くて暑いでしょ~~~!! その日差しの強さは、 冬でも暑さを感じるタワマンがあるほどです。 日焼けしてしまうぐらいって言います。 夏なんて、カーテン+24時間クーラーが当たり前の場合もあります。 (窓の方角によるので、全てのタワマンがそうだというわけではありません。 ) せっかくの景色。 でも、日中はカーテンを閉めていないといけなかったら・・・ なんのためのタワマンなの? ってなりませんか・・・ デメリット5.タワーマンションの地震問題 タワマンの耐震構造は、耐震じゃなく免震!!! つまり、揺れに耐えるという概念ではなく。 揺れてタワーが倒れないように、地震に合わせて一緒に揺れてしまおう~~~! やすやま という構造です。 そのため、小さな揺れでも大きな揺れに感じたりします。 また、強い風でも揺れます。 東北・関東の大震災の時、ワタクシ、梅田センタービルの中にいました。 地震の後も数時間ず~~~っと建物自体が揺れていました。 気持ち悪くなってしまう人もいたほど。 あと、もっと困るのが、何かの非常事態で電気が止まった場合です。 タワマンでは、 停電時用に 自家発電装置で動く 非常用エレベーターの設置が義務付けられています。 なので、エレベーターが使えなくなる、ということは考えにくいのですが。 非常用のエレベーターの取り合いになるでしょうね。 運転には重油が使われますし、重油の確保が難しいような状況になれば、さらに使用頻度が制限される危険はあります。 いざとなっても、30階まで階段で昇って降りて、は厳しいですよね。 デメリット6.タワーマンションの修繕問題 ただでさえ問題の多いマンションの 修繕問題。 でも、 タワマンは格別です。 普通のマンションだと、外壁の補修やメンテナンスは足場を組んで行います。 でも、 タワマンは高すぎるので足場が組めません。 なので、タワマンでは上からゴンドラを吊るして点検や工事を行います。 (ちょっと乗ってみたい気もするw) もちろん足場を組むより費用はかかります。 時間もかかります。 ゴンドラゆえに風が強い日はできません。 タワマンは 資産価値がある!!! 評論家 と言われる人も多いです。 だ・け・ど。 上に書いたような デメリットやランニングコストの実情はまだ広くは知られていません。 でも、だんだんと認知され始めるようになると・・・ タワマンの中古価格が一気に下がる可能性は大いにあります。 また、20年ほどの歴史しかないということは、 技術的な面でも、今後どんな問題がでてくるのか? 未知数です。 確実なことは誰にも言えません。 一つ言えることは、 技術的な問題は資産価値に間違いなくマイナスの影響を与える、ということです。 さ・ら・に。 普通のマンションでは、販売価格帯に大きな差がないので、購入者層が大きく異なることもありません。 ですが、タワマンは違います。 低層階と 高層階で販売価格が大きく異なるんです。 そのため購入者層も幅広い層となり、所得や資産の差が普通のマンションより大きくなります。 「タワマンカースト」 聞いたことありますか? テレビドラマで有名になりましたよね~(笑) 本当にあんなカンジなんですよ。 (ワタクシの友人は豊洲のタワマンに住んでいるので聞いてみました) だから、 マンション住民の合意形成が難しい。 管理組合の運営も相当大変なようです。 管理組合が意思決定できないとなると・・・ 「マンションは管理が命!」 ですからね。 管理 が行き届かないと 資産価値 は下がります。 安山 泰民 マンション診断士/宅地建物取引士/リノベーションプランナー/色彩コーディネーター/整理収納アドバイザー 不動産・住宅業界で10年以上働いたのち、現在は マンション診断(インスペクション)をメインにやっています。 また自社で リノベーションによる不動産再生も請け負っています。 兼業なので、総資産10億円以上・年間家賃収入1億円以上の収益不動産管理会社にも勤務中。 保有物件の管理実務や新規取得物件の情報収集・調査を行っています。 『マイホーム塾』では不動産・住宅業界で長年働いてきたプロの目と専門知識をフル活用して、 マイホーム選びの迷子さんが抱える悩み・不安や疑問にマンツーマンでお答えしています。 不動産会社の営業でも住宅会社の営業でもありません。 あなたに家を売りつけたりしませんので、安心してご相談くださいね。

次の