東京 上海。 ¥26,070

上海行きの格安航空券・LCCの飛行機チケット(東京発)【HIS】

東京 上海

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト] 1953年、上海市生まれ。 85年に来日。 『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。 そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。 莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見 地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。 先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。 色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。 道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。 日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。 それは、単なる地下鉄の工事の進捗を超えた内容が隠されているからだ。 7年前の2013年、上海地下鉄11号線が上海市と隣接する蘇州市の境を越え、蘇州市管轄下にある昆山市内の花橋鎮という町まで延伸された。 距離にして約6キロメートルも伸ばしたことになる。 昆山市は、市としては中国の行政編成ラインにおいて、ランクが一番低い存在であるが、1978年から始まる中国の改革・開放の歴史においては、非常に個性的な自治体としてその存在は広く知られている。 当時、開発区などは中国政府の認可を受けないと、その存在は認められなかった。 しかし、開発区になる資格がないにもかかわらず、上海に隣接するという地の利を活かして、上海に投資しようと集まった台湾の中小企業を盛んに誘致した。 台湾や日本の中小企業がある程度集まったら、上級政府に当たる蘇州市や、さらに蘇州市の上級機構にあたる江蘇省から、開発区の認可を無理やり勝ち取った。 言い換えれば、「デキ婚」という形で既成事実をつくって、上級政府に婚姻を認めさせたということだ。 地下鉄11号線が昆山に線路を伸ばしたことは、上海市と昆山市の行政区分の境目を打破しただけではなく、上海市と蘇州市ないし江蘇省との境界をも越えたということだ。 行政区画の境界は、見えない官庁・官僚の壁だ。 だから、上海市の地下鉄が隣接の他の市の市内まで伸びたことは、非常にインパクトの大きい出来事なのだ。 当時、私も昆山市政府からの要請を受けて、何度か現地視察を行った。 担当幹部は「ほら、ここは蘇州市管轄下の昆山の町だ。 しかし、この町に進出した企業も個人も市外局番が021の電話を引けるのだ」といった自慢話も、訪問するたびに聞かされた。 021は上海市の市外局番。 つまり、上海市内を走る地下鉄に乗って、行政管轄が別である花橋まで移動しても、021を省略し、気軽に上海市内へ「市内電話」を掛けられるという環境なのだ。 昆山市の幹部はこうした環境をつくって、企業と人材を昆山ないし蘇州市内に誘致しようとしたのだ。

次の

¥26,070

東京 上海

上海のオシャレなストリートとして有名な安福路には、東京からやって来た石川リエさんが経営するプリントシルクの生地を使いセミオーダーができるブティックがある。 上海のオシャレなストリートとして有名な安福路には、東京からやって来た石川リエさんが経営するプリントシルクの生地を使いセミオーダーができるブティックがある。 振り返ってみると、彼女が上海にやって来て14年の月日がたったという。 澎湃新聞が伝えた。 そして、2005年に結婚し、夫の赴任先である上海にやって来て、新しい生活を始めた。 そんな東京女子が夢中になったのが、上海の歴史の発祥地・上海老城廂にある生地市場。 彼女はそこで、生地を選び、「ニーハオ」と「シエシエ」の2つの単語だけで交流し、服をオーダーメイドしてもらうことが楽しくて仕方なくなったという。 友人たちの間でも、石川さんが着ているオシャレな服、そのデザイン、使っている生地などが大好評になった。 ある時、集まっていた友人の一人が、「Tシャツの店を閉めるつもりなんだけど、自分の店を開いて、一人でも多くの人にあなたがデザインする服を見てもらったら」と勧められ、「いいわね」と一つ返事で店を経営することが決まった。 そして、一連の準備期間を経て、2007年6月に、安福路で「COUTURIER Shanghai」がオープンした。 「COUTURIER」というのはフランス語で「仕立て屋さん」という意味で、その店名は非常にシンプル。 白い枠の大きなウィンドウに、中国語と英語、日本で書かれた店の紹介が貼られている。 12平方メートルの店の内装はシンプルで、ウィンドウも季節の花と布地で作ったボールだけで飾り付けられている。 この14年の間、店内の飾り付けはほとんど変わらず、試着室の水玉模様のやわらかいオレンジ色のシルクのカーテンも、定期的に洗うだけで、変えたことはない。 なぜなら、「好きなものは大切に扱えばずっと使える」というのが石川さんの信念だからだ。 服のデザインを勉強したこともない女性が、異国の地でセミオーダーができるブティックを経営するというのは、今振り返ってみても、とても勇気のいることだった。 仕事について、石川さんはかつて、「中国の人口は日本の10倍なのだから、自分も10倍頑張らなければ」と語っている。 商品の縫製は現地の職人に発注しており、正確で、科学的に体に合わせて服を作る方法や良い生地の見分け方なども、職人に教えてもらっているという。 そして、「職人はプロ。 ずっと教えてもらった方法で縫製をやっている」と謙虚に語る。 また、彼女にとって、職人は固定の提携パートナ—でもあり、「家族と同じほど大切な存在」と説明する。 店内の全ての生地は石川さんが自分で選んだもので、中国のプリントシルクがメイン。 中国伝統の要素や欧州特有のデザインがプリントされた生地もある。 作業机の上の本棚には、ファッション雑誌や縫製関連の本がたくさん並んでいる。 2014年にはカメラマンの安井真喜子さんが数年にわたって撮影した同店を通してみる上海の街、上海で暮らす人々の生活、風景などをテーマにした写真集「上海節奏(上海リズム)」を出版した。 安福路にはたくさんの外国人が住んでおり、オープンしてから数年間、店の客は近くに住む日本人や欧州人がほとんどで、中国人は2割ほどだったという。 「2015年頃から、地元の人が増えてきた。 ウェディングドレスの注文も3回あった。 人生で一番重要な服の製作を私に任せてくれるなんて、私のことを認めてくれているということで、とても励みになった」と石川さん。 「こんなに他の人から評価を得て、気に入られ、認められる秘訣は?」との質問に、石川さんは、しばらく考えてから、首を振り、「本当に分からない。 私はただ、真剣に相手の話を聞き、その好みや望みを記録し、会話を交わしながら、相手の性格を理解し、その人にぴったりの、世界に一つしかない服を作ろうと努力している。 そして、こつこつと頑張って、お客さんがほしいと思っている服を作ってあげたいと思っている」と答えた。 今年のコラムでは、「ライブ通販」を紹介し、新型コロナウイルス流行を機に、衣食住のさまざまなブランドがインターネットのライブ中継を活用した通信販売をするようになったことを紹介したり、武漢市の服飾デザイナーを独占インタビューしたりしている。 ライターの仕事は、彼女と故郷を繋ぐ架け橋でもある。 石川さんは毎年、家族と東京に帰り、親戚や友人と会う。 そんな石川さんは、「東京に帰ると、私はよその人。 日本人は礼儀正しすぎるところがあり、規則に厳しすぎるところもある。 そして、みんな、思っていることを心にしまい話さない。 どうしてだろうと思う」と率直に話す。 石川さんは、中国語で書いた文の中で、今年2月に東京に帰った時に、駅でマスクをしていない駅員を見た時のことについて、「マスクをしたままで客や目上の人にサービスを提供すると失礼という印象を与えてしまう。 日本人は他の人の目をとても気にし、自分の考えを優先することはない。 そして、他の人の見方に基づいて、自分の行動を変えることが習慣になっている。 このような状況下でも、そんなルールを守るために、駅の職員はマスクをしないのだろうか」とつづっている。 また、娘のクラスの担任から毎日、電子版の教科書のリンクやオンライン授業の予定、細則などが送られてくることについて、「密接につながっていると感じる。 国外にいても授業が受けられる現代の生活は、本当に感謝すべき」とつづっている。

次の

上海市政府が東京をモデルにして「グレーターシャンハイ」を目指す理由

東京 上海

Please choose a different destination from origin. Please adjust the number of travellers for your search. Please provide the ages of children below. Tell us where you're flying from. Tell us where you're flying to. Please complete the highlighted origin field below. Please complete the highlighted destination field below. Please complete the highlighted departing date field s below. The departing dates must occur after the previous departing date. Please correct the departing date s. Each infant in lap must be accompanied by a traveler age 12 or older. Your partial check-in and check-out dates must fall within your arrival and departure dates. Please review your dates. The drop-off date and time must occur at least two hours after the pick-up date and time. Make sure your pick-up time is 2 hours after the current time. Please provide the driver's age below. Please select origin from the options provided. Please select destination from the options provided. The number of railcards cannot exceed the number of travellers Please provide a rails card type. The returning date and time must occur after departure date and time. Please provide the ages of youth below. Please provide the ages of seniors below. Some of your BahnCards cannot be used together. Tokyo to Shanghai route information Origin Airport Narita Intl. Destination Airport Pudong Intl. Regardless of the reason, a flight from Narita to Shanghai will do just the trick! Go on, plan to see all the famous landmarks and eat your weight in the local cuisine. Your trip is beckoning, so answer the call by packing your suitcase and filling your travel itinerary with exploring Shanghai. Here at Expedia. Ready to temporarily leave behind Narita for new horizons? Browse through our cheap airfare, and filter by flight times and dates until you find just what you had in mind. You can even bundle your flight to PVG with hotels and car rentals to score even bigger savings. All set to hit the clouds? Book your travel arrangements with us today and have left-over money to put toward your travel outings and adventures.

次の