恐竜 まみれ。 forums.alienisolation.com:カスタマーレビュー: 恐竜まみれ―発掘現場は今日も命がけ―

太古へいざなう人間ドラマ『恐竜まみれ』『恐竜の魅せ方』

恐竜 まみれ

日本の恐竜研究史で最大の発見とされる全長約8メートルの大型恐竜「むかわ竜」(北海道むかわ町で発見)の全身骨格化石などが13日から東京・上野公園の国立科学博物館で初公開されるのを前に、発掘に携わった北大総合博物館の小林快次(よしつぐ)教授(47)が恐竜学者の日常を描いた『恐竜まみれ』(新潮社)を出版した。 現場は常に命懸けだが、「発見の醍醐味(だいごみ)は何ものにも替えがたい」という。 ファルコン・アイ(ハヤブサの目)-。 広大な大地や砂漠で恐竜の骨を数多く発見することから、小林さんは海外の研究者の間でこんな異名を取る。 「これまでに見つけた骨は数千、全身骨格も数十体はある。 現場に行けば見つかりますよ」 謙遜するが、発見数が多いのは間違いなさそうだ。 その理由を尋ねると、「長身の欧米の学者に比べて、背が低いことでしょうか」。 身長167センチの小林さんは、他の学者との身長差の分だけ地面に近く「その20~30センチの差が大きい」と話す。 実際、地面にしゃがんで用を足す際に発見することもあるという。 もう1つの理由は「ウオークマン」というニックネームを持つように、とにかく現場を歩くことだ。 1日に歩く距離は数十キロに及ぶこともあり、「必ずここに恐竜化石はある」との信念を持ちながら、人が探していない空白地帯を行く。 「探しても見つからないと、まだ目を通していない残された土地に化石が埋もれている確率は相対的に上がることになる。 だからわくわくする」 PR.

次の

弁護士会の読書:恐竜まみれ

恐竜 まみれ

【目次】• 小林快次先生とは 小林快次先生はや新刊「恐竜まみれ」では下記のように紹介されている。 1971年福井県生まれ。 北海道大学総合博物館教授、同館副館長。 ゴビ砂漠やアラスカなど、北環太平洋地域にわたる発掘調査に出ながら、恐竜の分類や生理・生態の研究を行う。 専門は獣脚類恐竜のオルニトミモサウルス類。 95年、米国ワイオミング大学地質学地球物理学科卒業。 2004年、同サザンメソジスト大学地球科学科で博士号取得。 メディア出演多数。 著書に『恐竜は滅んでいない』『恐竜時代I』『ぼくは恐竜探検家!』、監修に『講談社の動く図鑑MOVE 恐竜』『恐竜の教科書』などがある。 ネット検索すると准教授と書かれているサイトが多いが、上記の最新情報(?)に基づき調べたところ、どうやら2019年に教授になられたばかりのようである。 によれば、日本でも若い教授は増えてはいるようだが今でも50代半ばの教授が多いことを考えると日本の大学教授にしてはお若い方なのではないだろうか。 それだけその素晴らしい実績が認められているということなのだろう。 今回のイベントで私が持った小林先生の印象は、全然学者っぽくない、ということ。 冒険好きな少年がそのまま大人になった感じ。 とても気さくな方で話が面白い。 発掘では人が通らない道を選び同じ道は通らないようにしている、ということなので、体力と忍耐力も相当ありそう。 そしてモテそう(笑)。 小林快次先生のイベントへの参加のきっかけ 私が小林先生のことを知ったのは恐竜に興味を持つ息子のために夫が切り抜いてきた日経新聞のを読んだとき。 この記事を読んで、へ~、日本でもこんなにすごい恐竜学者がいるんだね~、息子が恐竜好きのまま育っても仕事があったりするかもね、などと夫と話していた。 その矢先にツイッターで小林先生の新刊「恐竜まみれ」の刊行記念イベントの開催を知り、すぐに申し込んでしまったのだ。 って書いていて初めて気づいたのだが、うちにある恐竜図鑑の監修をされていたのも小林先生だった!息子所有のMOVEの図鑑は4冊。 夫の両親からの誕生日かクリスマスのプレゼントとしてもらったもので1冊ずつ好きなものをリクエストして毎年増えていっている。 小林快次先生のイベントの内容と当日の会場のようす イベントは2019年6月29日 土 14時から西武池袋本店別館8階コミュニティ・カレッジ4番教室にて開催。 主催は三省堂書店池袋本店。 未就学児は無料。 書籍は当日の受付の後の入場の際に会場入口で渡された。 少し早めに着いたと思ったが既に受付は開始されており、チケットに印刷されている番号順に受付をしてもらって本を受け取ってから室内に入れるようになっていた。 つまり、こういうイベントのとき、チケットの申し込みは早ければ早いほど好きな席に座りやすいということらしい。 ファンにとっては嬉しいシステムだろう。 もちろん会場やイベントの内容にもよるのだろうけれど。 椅子を確保してからトイレに行ってもまだ時間があまっていたので息子は「恐竜まみれ」を読んで待っていた。 振り仮名なくても読むのかな、と思っていたのだが、内容に興味があればどうやら大丈夫らしい。 息子より学年が下に見える子も含め、会場にいる他の子供達もみんな夢中で読んでいたように思う。 そして、気のせいかもしれないが会場には眼鏡をかけている本好きっぽい男子が多いように思った。 しかも恐竜の本をたくさん読んでいて恐竜には大変詳しく小林先生が出ている番組は全て制覇している、っていう感じの親子が複数いたような気がした。 息子と私はちょっと場違いなのかな、と思わなくもなかったのだが、小林先生は会場の反応を確かめながら初心者でも楽しめるように易しくトークをしてくださったので問題なかった。 トーク自体は50分ぐらいで、14時50分ぐらいから質疑応答が始まり、15時ぐらいからサイン会が行われた。 質問も子供と大人を含む結構多くの人から受け付けて下さりにこやかに答えていた小林先生の姿が印象的だった。 小林快次先生のトークのようすなど 小林先生は、「恐竜まみれ」にも載っているエピソードを交えて、年間100日以上も過ごされるというモンゴルのゴビ砂漠やアラスカでの命がけの発掘調査での出来事を面白おかしくお話してくださった。 発掘調査中に撮影された写真や動画もご持参のマックブックらしきものを使いながら会場正面のスクリーンにうつし出してくださった。 そのマックブックらしきものは、アップルのマークが付いた14インチより小さいかもぐらいのノート型のマシン。 そういうのをマックブックと呼ぶのかな、という理解に基づきマックブックと書いているだけであるため間違っている可能性もある。 国立科学博物館(東京・上野公園)で2019年7月13日開幕の「」の必見ポイント解説もしてくださった。 これを聞いて「恐竜博行く!」と息子が言ってくれたので嬉しい。 早速前売券も買ってしまった。 トークの途中で小林先生は、七つではとても済まない発掘に必要な道具の代表としてGPSと黄色のフィールドノートとを参加者が回覧できるようにしてくださった。 GPSは残念ながら私たちの席まで回ってこなかったが、フィールドノートはしかと見せていただいた。 フィールドノートには砂漠の砂がはさまっているとおっしゃっていたが、実際に頁が砂のようなものでざらざらしていた。 中のメモは英語(たぶん?)と日本語とが混じっていて、化石の骨の形や足跡のようなもののスケッチもあった。 こんな大切なものを見せていただいて良いのだろうか、という気持ちで有り難く拝見した。 トークを聞いていて、命が何個合っても足りなさそうなこと随分たくさんしているんだな、とビックリしたのだが、小林先生は運も勘も良いに違いない。 発掘は体力も精神力もないと務まらない仕事だと思う。 そんな危険な現場に大学院生を連れて行く、なんて普通の教授には責任が重すぎて出来ないかもしれない。 そしてそんな大学院生を応援できる親ってすごいなと親として思う。 自分にできるだろうか。 息子が本当にやりたいことがあるなら、それを応援できるような親でありたい。 余談だがトークのはじめの方で前の方に座っていたお子さんに小林先生が「大丈夫?」と何度か声をかけていたので気づいたのだが、そのお子さんはトークの最初の方、号泣していて嗚咽が止まらないようだった。 でも悲しそうには見えず。 もしかしたら小林先生の大ファンで憧れのご本人を目の前にして感激のあまり泣いてしまったのかな~と。 熱烈なファンがいるのだな~と勝手に(違うのかもしれないが)感心。 まだ公開できない重要な発掘と分析の結果も色々あるらしいことがトークの端々から伝わってきた。 ニュースやNHKの特集番組でこれから続々と公開されていくのだろう。 長~くなってしまったのでイベントでの質疑応答以降の続きは別記事をご覧いただけると嬉しい。 関連記事:•

次の

恐竜まみれ / 小林 快次【著】

恐竜 まみれ

インディージョーンズ博士のリアル物みたいなもの想像してたんですが、割とあっさり目で通勤片道で読み終わってしまいました。 ちゃんと科学的なディスカバリーも入っているので、もっと図や写真入っていればボリュームも出るし、理解も深まるのに残念(Kindle版で読んだせい?)。 xxという恐竜とxxという恐竜の話が出てきたときにその図があればいいのになと何度も思いました。 発掘作業の大変さもストーリーとして入ってるのですが、科学者的な演出の入っていない淡々さがあり、それもあっさり感の原因かも。 もちろん、変な過大演出も嫌ですけど。 恐竜物でないけど「バッタを倒しにアフリカへ」の方がフィールド研究者のこってりライフ感あっておすすめ。 買ってよかったです。 実に面白い。 はじめは,帯の「超スリリングな発掘記!」というコピーから, 命がけの発掘体験談が満載なのかと思っていました。 確かにグリズリーに襲われたり,洪水に巻き込まれたりというお話もありましたが, この本の本当の主役は,作者の小林先生が言うところの「サイエンスの魅力」です。 化石の発見と,そこから得られる新事実, それらと既知の情報を組み合わせて,恐竜の姿や暮らしを推理し さらに証拠となるデータや化石を探し出す… その過程のドキドキ感こそが本書の「スリリングさ」の本質なのだと思います。 「研究」という,一見地味な分野でありながら スリルに満ちた興奮を味わえるお話でした。 一方で, 発見の価値が伝わらず,自分の感じている興奮を、取材に来た記者の方々と共有出来ないもどかしさや, 盗掘により,化石から得られるはずの(研究に必要な)情報をすべて捨て去って, 見栄えのよい部位だけを愛好家に売りつける人たちへの憤りなど, 価値観の異なる人々に対する複雑な思いも,読んでいて印象に残りました。 確かに,むかわ竜,デイノケイルスと,今話題の恐竜が中心の本書ですが, ただタイムリーなだけではなくて, エンタテインメントとしても十分楽しめます。 多くの人に読んで欲しいと感じました。

次の