いい人は早く亡くなる。 「いい人」過ぎると、寿命は縮まる!(SBCr Online)

死期が近い亡くなる直前の人がとる不可思議な行動まとめ【該当したら本気で注意してください!】

いい人は早く亡くなる

いい人が早く死ぬ理由 僕はすでに二人の友人を失っている。 一人は高校時代の一番の親友で高橋和博。 彼は小金井で八百屋をやっていたが、急性心不全とやらで逝ってしまった。 もう一人は高垣直史というカメラマンで、彼は昔スイッチという雑誌で僕のことを撮ってくれた人。 彼は癌で逝ってしまった。 二人ともすごくいい人だった。 この「いい人」という表現がふつう過ぎてもどかしく、かえって分らないだろうが、それくらいいい人だった。 そんな彼らが早く死んでしまったのをこないだDというディアボロ名人と話していたら、ミスターDは、「きっと神様が一定量いいことした人から召していくのではないか」という説を唱えた。 生きていくうえでした「いいこと」をその大きさによってポイントがあり、それを加算していって、それが2万ポイントくらいになったら、神様はその順番にもっと素晴らしい世界に連れていくのだと。 そうなのかもしれない。 僕たちはこの世でもけっこう楽しいことがあるから、忘れがちだが、仏教ではこの世は「苦」だと教えている。 そして死んでから逝くとされているうちの次の世界のうち、極楽は輪廻の世界の中で一番素晴らしい世界なのだ。 だとしたら、いいことをたくさんしてポイントがたまると、この苦の世界から抜け出すことができるのかもしれない。 まあ死んだ後は死んでみなければ分らないのでこの説も一応ありということです。 そう考えると、あのきんさんぎんさんは、なかなかポイントたまらなかったんだと思った。 生きている間はあんまりいいことしなかったのかなあと思えると少し笑えた。

次の

死ぬ時くらい、いい人だったよねと言われたいと思う今日この頃です。

いい人は早く亡くなる

初めてサラリーマンとして働いた時の話です。 25歳の時に初めて社員として社会に出ました。 キャリアショップ運営と携帯屋の会社です。 (携帯屋って最近見ない…)iPhoneがまだ出る前でガラケー全盛の頃です。 僕は本社の在庫管理や端末の登録が主な仕事だったのですが、その時に居た上司の方の話です。 電話の応対からメールの文章、excelの使い方とかキリが無いのですが本当に何も知らなかった僕に一から全てを叩き込んでくれた方でした。 ただ25歳当時の僕はめちゃくちゃに尖っててその方をウザいとしか思ってなかったのです。 さらに全く言うことも聞かず店舗の店長としょっちゅうケンカするような最低な奴でした。 ある時に先輩の方と飲む機会があり上司の方の話になった時に「おまえが言う事聞かない」ってずっと泣いてたぞ。 と言われました。 それを聞かされても当時の僕は「上司なんだから何とかしろよ。 俺は知らないし」って言った覚えがあります。 課のみんなでMTGした時にあまりにも僕が言うこと聞かないので目の前で泣かれた事もありました。 当時の僕はそれでも俺は悪くないし仕事出来てるから黙れよ。 くらいに思ってたはずです。 大きな勘違いとも知らずに…… しばらくして違う課に異動になるのですが異動しても、いつも「大丈夫?」とか心配してくれました。 本当に今思えばとてもありがたい事でしたが、その時の僕には当然気付くはずもありませんでした。 『努力・感謝』は一番ダセー!って本気で思ってました。 そして5年勤めてその会社を辞めました。 辞めて何年かした後に、その会社の後輩から電話がありました。 珍しいな。 って思い電話に出てみると「上司さんが亡くなりました」「?!」「は?おまえ何言ってんの?」「昨日、亡くなりました。 ずっと病気で入院してたそうです」 「……」言葉になりませんでした。 この頃は本屋で働いて違う環境にいて、前の会社のありがたさと上司の方のありがたさが十分に理解出来ていて、いつかちゃんと謝罪と感謝を伝えないと。 と思ってたのでショックが大き過ぎました。 とりあえず後輩は「何日に葬儀があるので絶対来て下さい!」って言って電話が切れました。 その上司は女性だったけどいつも元気でエネルギーに満ち溢れていて病気なんかするわけ無いって感じの方だったのに。 葬儀に行きました。 前の会社の子達に、こんな形で会うとは。 部長にも会いました。 部長も当時は僕にうるさく言って来て上司と同じくらい苦手でした。 「久しぶりだな。 元気か?」「はい…」「アイツ(上司)はいつも、おまえを一番可愛がってたもんな」「はい…」「本当にいつも心配してたよ。 俺の前でもよく泣いてた」「はい…」 「ちゃんと最後に挨拶して来い」 ずっと泣きながら聞いてました。 もう全てが遅かったのです。 お焼香で久々に上司の顔を見ました。 元気じゃねーかよ!ってくらいの写真でした。 「当時は本当にすいませんでした。 今の僕は努力も人に感謝する事も出来ます。 あなたが僕みたいな奴にも諦めずに教えてくれなかったら色々な所で恥をかく所でした。 出来れば直接言いたかったのですが、こんな形になってしまいました。 本当にありがとうございました。 ゆっくり休んで下さい。 」 こんな感じだったと思います。 今の僕は色々な方に優しいね。 とか言われるのですが、それは全部この上司の方のおかげなんです。 それまでは本当にどうしようもない奴だった。 だから「ありがとう」とか感謝を言いたい人がいるなら直ぐに伝えて下さい。 僕みたいにならないでください。 僕は未だに後悔してます。 後悔してますが「ありがとう」も感謝も直ぐに言うようにしてます。 それでいいですよね。 松井さん。

次の

チッチー

いい人は早く亡くなる

先ほども話に出たように、「亡くなる」という言葉は元々身内に対して使用する言葉でした。 「私の母が亡くなりまして」というように、身内が亡くなった際にのみ、この表現方法がなされていたのです。 したがって、今ではあまり違和感がなくなりましたが、死去された方との関係性を考えると、状況によっては失礼に当たる可能性もあります。 そこで知っておくべき表現として、「亡くなる」「死ぬ」といった言葉の敬語表現です。 より丁寧な言い方を知っておくことで、自分から見て目上の立場の人が死去された際、失礼なく伝えることができます。 丁寧な言い方で、正しく伝えたいのであれば「お亡くなりになる」という言葉が伝わりやすく、正しい表現方法となります。 「お亡くなりになられた」という言葉も耳にしますが、こちらは二重敬語となってしまうため、間違った言い方となります。 類語 「亡くなる」という言葉には多数の類語が存在します。 「亡くなる」の意味でもある「死ぬ」という言葉であっても、直接的な表現となりますが類語の1つですし、ここまで何度も登場した「死去」という言葉も「死ぬ」という意味を持つ直接的な表現方法です。 他にも永遠の眠りに就くという意味を込めて「永眠」という言葉も使われることがあります。 先ほど敬語で紹介できませんでしたが、「死去」「亡くなる」といった直接的な表現の敬語といて、「逝去(せいきょ)」が挙げられます。 こちらも敬語表現であり、類語の1つです。 敬った言い方となるため、自分よりも目上の方が亡くなった場合には、子の表現を使用するようにしましょう。 また特別な表現方法として、天皇や皇后、皇太子、皇太后など、宮中の人物が亡くなる際には「崩御」という言葉が用いられます。 こちらも合わせて覚えておきましょう。 基本的に「亡くなる」という英語表現を思い浮かべる際、"die"を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 もちろん、間違いではありませんが、非常にストレートな言い方となり、少々冷たい印象を受けることがあります。 日本語で言うところの「死んだ」という言い方の印象と似ているでしょう。 より柔らかく「亡くなる」というような表現を英語で伝えたい場合には、"pass away"を用いることができます。 例えば「友人が亡くなった」を伝えたい場合には、"My friend passed away. "と言うことで、柔らかく丁寧な言い方にすることができます。 他にも"gone"という表現もありますが、これは「亡くなった」という表現をより詩的にしたものと言えます。 「亡くなった」という表現よりは「もうこの世にいない」「消えてしまった」「いなくなってしまった」というような意味で用いられます。 前述したとおり、友人や家族など、非常に自分と近い人物でなく、職場の上司や目上の人、あるいは離れた年輩の方に対して使用する際は、失礼がないよう「お亡くなりになる」という表現方法が正しいです。 「亡くなった」よりも丁寧な言い方になります。 しかし、「きちんと敬わなければ」という一心で「お亡くなりになられた」と言ってしまうと間違った使い方となるため注意が必要です。 「お亡くなりに」という時点で敬語表現(丁寧語)となっているため、その後さらに「なられた」と付け加えてしまうと二重敬語となってしまいます。 無理に何重にも敬語を重ねれば、より敬った言い方になるということではありません。 二重敬語にならないよう、正しい言い方を心がけましょう。 まずは犬の場合です。 犬や猫の場合は、必ずこの行動を取ったら亡くなる前兆であるという確定的な事実はありません。 なぜならば、その犬、猫それぞれに性格もありますし、考えていることも違うからです。 しかし、中には共通して行われる行動や様子という物も存在します。 そのうちの1つが生活習慣の変化です。 主に大好きだったことを拒否するようになるといった変化が見られるようになり、飼い主も「何かおかしい」と異変を感じる人が多いです。 犬の中には家族への愛が深いために、「最期は家族全員に会ってさようならしたい」と感じている子もいるようで、急いで家族が帰ってきて会うことができた後、すぐに息を引き取ったという例も珍しくありません。 猫の場合 自分の身内ではなく、他の人の身内が亡くなった際、その遺族の方々に対し、どのように声をかけるべきか迷ってしまうという人は少なくないでしょう。 お悔やみの気持ちをしっかり伝えたいけれど、相手を気遣い、どのように伝えるべきかわからないこともあります。 基本的には「この度はご愁傷様でした。 心よりお悔やみ申し上げます」という言葉が多く使用されます。 他にも親しい間柄であれば、何かお手伝いできることはないかと力になって差し上げるなど、行動で表すというのも良いでしょう。 身内が亡くなった直後という非常に悲しくつらい中、お通夜や告別式など様々な段取りを済ませたり、挨拶をしなければいけないなど、遺族の方々はしなければいけないことが非常に多いです。 そのため、お悔やみの言葉を述べるだけでなく、相手を気遣う配慮をすることが大切です。 詩的な表現で言い換える場合、「旅立つ」という言葉を「亡くなる」の代わりに用いることもあります。 やはりこちらも「亡くなる」よりも柔らかい印象を受けます。 「旅立たれた」という言葉は少々前向きな印象も含まれます。 例えば亡くなり方であっても、大往生した後、多くの家族や友人に看取られ亡くなった場合、亡くなった事実は非常に悲しいことですが、幸せな一生を過ごすことができたと考えると「新しい世界へ旅立った」という前向きな印象のこの言葉も適します。 しかし、突然の不幸で亡くなられた場合、あまり良い死に際だったとは言えません。 そのため「旅立たれた」と前向きな意味合いのある言葉は、ご遺族の胸中を思えば使用しない方が賢明でしょう。 この世を去る 身内が亡くなった際、「訃報」と呼ばれる亡くなった報告をすることになります。 基本的には家族や親族は既にその場にいることが多いため、亡くなられた方の友人や職場の方、また昔付き合いのあった方などに連絡をする事になります。 この場合、お通夜や告別式に来ていただくため、故人から見て関係のより深い人物から連絡することが重要です。 まずは家族、次に親族、友人、会社関係、近所の方、最後にお世話になっているお寺へ連絡をすることが一般的とされています。 この際、まだお葬式の日時や場所が決まっていないことが多いため、「後ほど詳しいことは連絡します」と伝えましょう。 亡くなった報告をする際は、基本的に早さを重視し電話でする事が多いでしょう。 その際、亡くなった方の名前や亡くなった日時、どのような理由でなくなったかなどを伝えることが多いです。 最後にお葬式の日時は後ほど連絡するとして、自分の連絡先を伝えておきましょう。

次の