シイアンテナ。 アンテナの種類と選び方 【通販モノタロウ】

アンテナ速報

シイアンテナ

アンテナの特性 [ ] 指向性 [ ] 電波の放射方向と放射強度との関係を 指向性という。 指向性が鋭いアンテナは、特定の方向へ強く電波を放射する。 指向性は送信でも受信でも同じ特性となる。 指向性の有無は、アンテナの用途と関係している。 のような無指向性のアンテナは、などの移動する無線機に適している。 一方で、やなどの指向性を持つアンテナは、家庭用アンテナなど、固定された場所同士の通信に適している。 指向性は放射角と放射強度の関係をレーダーチャートにした図で表される。 の特性は2つの円を並べた「8の字」、(垂直面内)の特性は2つの半円を並べた図となる。 利得 [ ] アンテナが放射する電波のを、アンテナの(ゲイン)として(dB)で表す。 表記には2通りあり、半波長ダイポールアンテナを基準とするdBまたはdBd表記と全ての方向に均等に電波を放射する仮想的な等方向性(アイソトロピック)アンテナを基準とするdBi表記がある。 dBi表記はdBd表記より2. 14dB(又は2. 15dB)大きな値となるため、利得の比較には注意が必要である。 指向性を持つアンテナにおいては、が最大となる放射角における電波の強さを利得とするため、指向性が強いアンテナほど利得が大きくなる傾向がある。 偏波(へんぱ) [ ] ()のに対する向きをという。 が常に一つの内に存在する場合をといい直線偏波の中で電界がとな場合を、大地とな場合をという。 例えば素子が大地に対して平行ならば水平偏波、垂直ならば垂直偏波となり首都圏のテレビ放送では水平偏波が多い。 直線偏波とは異なり、電界が方向に向かって回転する場合をといい電波の進行方向に向かって右に回転する場合を右旋円偏波、左に回転する場合を左旋円偏波という。 円偏波は回転する電界の大きさが一定の場合を言うが実際のアンテナでは電界の大きさが一定とならずの形になり、その場合をという。 楕円偏波において、楕円のとの比を軸比という。 円偏波はや等ので使用されることが多く、また円偏波は電波の周囲からの不要な反射(マルチパス)の影響を受けにくいためなどでも使われている。 良好な通信を行うには送信アンテナが水平偏波の場合は受信アンテナも水平偏波、送信アンテナが右旋円偏波の場合は受信アンテナも右旋円偏波というように偏波を一致させる必要がある。 定在波比(VSWR) [ ] 詳細は「」を参照 効率よく通信を行うには、アンテナと又はアンテナとのをさせる必要がある。 の程度を表すものとしてがある。 給電方式 [ ] 高周波電力を供給するためアンテナととを接続する点を 給電点という。 給電点の電流と電圧の関係により、次のように分類できる。 電流給電 給電点において電流が最大で電圧が最小となる給電方式。 ただし、この場合アンテナの地上高は0mになる。 地上高を高くするために大地の代わりに波長に対して十分長いを四方八方に複数、水平に張ることで電気的に接地型アンテナと同じにできる。 この導線を ラジアルと言う。 またラジアルの本数が1本の場合は、もはや接地アンテナとは言えない。 砂地や岩の多い大地では十分にを低くできない。 そこで大地に平行に導線を展張することがある。 これを カウンターポイズ(counterpoise)と言い、大地との間にを形成させることで的に接地と同じ効果を狙ったものである。 アンテナの種類 [ ] 円管柱アンテナ(の中波)• エクスパンディッド・クワッド• スクエアローアンテナ• 広帯域ダイポールアンテナ• (ログペリオディックアンテナ、LPDA)• ファンアンテナ• コニカルアンテナ• (八木アンテナ)• GIP八木• 単線給電アンテナ• (エンドフェッドアンテナ)• ウインドム・アンテナ• スケルトン・スロット• ループ八木アンテナ リングアンテナ• (キュビカル)クワッドアンテナ• 5Aスペシャルアンテナ• DDRR(Directional Discontinuity Ring Radiator)• アルホード・ループアンテナ• 位相差給電アンテナ• スイス・クワッド• ZLスペシャル• アンテナ• Lazy-Hアンテナ• バードケージアンテナ• ツイギー・ビーム• (フラットトップアンテナ)• 接地アンテナ• 非接地型垂直アンテナ• (グラウンド・プレーン・アンテナ)• J型アンテナ• ナスカン アンテナの接続・設置のために用いる関連器具を、あるいは家庭用テレビ受信アンテナ工事では総称して アンテナパーツあるいは アンテナアクセサリーという。 主なアンテナパーツには次のようなものがある。 マスト アンテナを設置するための支柱 サイドベース(マストホルダー) マストを建物の壁面に取り付けるための器具 屋根馬(ルーフベース) マストを建物の屋根上に取り付けるための四本足の器具 支線止め金具 支線止め金具またはステー金具は、マストをステー()で支えるときにマストに付ける金具 ターンバックル はステーの張力を調節する金具 ワイヤーコース(シンブル)、シャックル、ナスカン いずれも支線同士、支線とステー金具、支線とアンカー等とを接続するのに用いる金具類 Uボルト アンテナをマストに取り付ける金具 日本のアンテナメーカー [ ] 主要製品による分類 [ ] 家庭用テレビ受信用 [ ]• マックステル• アマチュア無線用 [ ]• コメット• 第一電波工業• クリエートデザイン• ミニマルチアンテナ• ナガラ電子工業• サガ電子工業• 日高電機製作所• 工人舎 自動車用 [ ]• 業務用 [ ]• 日本電業工作• アンテナメーカーではないが業務用アンテナを製造している企業 [ ]• 東芝テクノネットワーク• NECネットワークプロダクツ• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - アンテナの命名者• (SWR、VSWR)•

次の

アンテナの種類と選び方 【通販モノタロウ】

シイアンテナ

アンテナの特性 [ ] 指向性 [ ] 電波の放射方向と放射強度との関係を 指向性という。 指向性が鋭いアンテナは、特定の方向へ強く電波を放射する。 指向性は送信でも受信でも同じ特性となる。 指向性の有無は、アンテナの用途と関係している。 のような無指向性のアンテナは、などの移動する無線機に適している。 一方で、やなどの指向性を持つアンテナは、家庭用アンテナなど、固定された場所同士の通信に適している。 指向性は放射角と放射強度の関係をレーダーチャートにした図で表される。 の特性は2つの円を並べた「8の字」、(垂直面内)の特性は2つの半円を並べた図となる。 利得 [ ] アンテナが放射する電波のを、アンテナの(ゲイン)として(dB)で表す。 表記には2通りあり、半波長ダイポールアンテナを基準とするdBまたはdBd表記と全ての方向に均等に電波を放射する仮想的な等方向性(アイソトロピック)アンテナを基準とするdBi表記がある。 dBi表記はdBd表記より2. 14dB(又は2. 15dB)大きな値となるため、利得の比較には注意が必要である。 指向性を持つアンテナにおいては、が最大となる放射角における電波の強さを利得とするため、指向性が強いアンテナほど利得が大きくなる傾向がある。 偏波(へんぱ) [ ] ()のに対する向きをという。 が常に一つの内に存在する場合をといい直線偏波の中で電界がとな場合を、大地とな場合をという。 例えば素子が大地に対して平行ならば水平偏波、垂直ならば垂直偏波となり首都圏のテレビ放送では水平偏波が多い。 直線偏波とは異なり、電界が方向に向かって回転する場合をといい電波の進行方向に向かって右に回転する場合を右旋円偏波、左に回転する場合を左旋円偏波という。 円偏波は回転する電界の大きさが一定の場合を言うが実際のアンテナでは電界の大きさが一定とならずの形になり、その場合をという。 楕円偏波において、楕円のとの比を軸比という。 円偏波はや等ので使用されることが多く、また円偏波は電波の周囲からの不要な反射(マルチパス)の影響を受けにくいためなどでも使われている。 良好な通信を行うには送信アンテナが水平偏波の場合は受信アンテナも水平偏波、送信アンテナが右旋円偏波の場合は受信アンテナも右旋円偏波というように偏波を一致させる必要がある。 定在波比(VSWR) [ ] 詳細は「」を参照 効率よく通信を行うには、アンテナと又はアンテナとのをさせる必要がある。 の程度を表すものとしてがある。 給電方式 [ ] 高周波電力を供給するためアンテナととを接続する点を 給電点という。 給電点の電流と電圧の関係により、次のように分類できる。 電流給電 給電点において電流が最大で電圧が最小となる給電方式。 ただし、この場合アンテナの地上高は0mになる。 地上高を高くするために大地の代わりに波長に対して十分長いを四方八方に複数、水平に張ることで電気的に接地型アンテナと同じにできる。 この導線を ラジアルと言う。 またラジアルの本数が1本の場合は、もはや接地アンテナとは言えない。 砂地や岩の多い大地では十分にを低くできない。 そこで大地に平行に導線を展張することがある。 これを カウンターポイズ(counterpoise)と言い、大地との間にを形成させることで的に接地と同じ効果を狙ったものである。 アンテナの種類 [ ] 円管柱アンテナ(の中波)• エクスパンディッド・クワッド• スクエアローアンテナ• 広帯域ダイポールアンテナ• (ログペリオディックアンテナ、LPDA)• ファンアンテナ• コニカルアンテナ• (八木アンテナ)• GIP八木• 単線給電アンテナ• (エンドフェッドアンテナ)• ウインドム・アンテナ• スケルトン・スロット• ループ八木アンテナ リングアンテナ• (キュビカル)クワッドアンテナ• 5Aスペシャルアンテナ• DDRR(Directional Discontinuity Ring Radiator)• アルホード・ループアンテナ• 位相差給電アンテナ• スイス・クワッド• ZLスペシャル• アンテナ• Lazy-Hアンテナ• バードケージアンテナ• ツイギー・ビーム• (フラットトップアンテナ)• 接地アンテナ• 非接地型垂直アンテナ• (グラウンド・プレーン・アンテナ)• J型アンテナ• ナスカン アンテナの接続・設置のために用いる関連器具を、あるいは家庭用テレビ受信アンテナ工事では総称して アンテナパーツあるいは アンテナアクセサリーという。 主なアンテナパーツには次のようなものがある。 マスト アンテナを設置するための支柱 サイドベース(マストホルダー) マストを建物の壁面に取り付けるための器具 屋根馬(ルーフベース) マストを建物の屋根上に取り付けるための四本足の器具 支線止め金具 支線止め金具またはステー金具は、マストをステー()で支えるときにマストに付ける金具 ターンバックル はステーの張力を調節する金具 ワイヤーコース(シンブル)、シャックル、ナスカン いずれも支線同士、支線とステー金具、支線とアンカー等とを接続するのに用いる金具類 Uボルト アンテナをマストに取り付ける金具 日本のアンテナメーカー [ ] 主要製品による分類 [ ] 家庭用テレビ受信用 [ ]• マックステル• アマチュア無線用 [ ]• コメット• 第一電波工業• クリエートデザイン• ミニマルチアンテナ• ナガラ電子工業• サガ電子工業• 日高電機製作所• 工人舎 自動車用 [ ]• 業務用 [ ]• 日本電業工作• アンテナメーカーではないが業務用アンテナを製造している企業 [ ]• 東芝テクノネットワーク• NECネットワークプロダクツ• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - アンテナの命名者• (SWR、VSWR)•

次の

アンテナ

シイアンテナ

汎用型自作PCまとめ• アニゲー速報VIP• 森きのこ• ゆるりとひじきそくほう• 竜速(りゅうそく)• 理想ちゃんねる• オトコの本音• まとめたニュース• スマッシュ速報• ツバメ速報@ヤクルトスワローズまとめ• ゲハード• カンダタ速報• ぐら速• ハロン棒ch• seiyu fan• やみ速• ファ板速報• PS4速報• 登山ちゃんねる• 女性様• チャリ足• 結婚・恋愛ニュースぷらす• ってなんじぇですかー• HUNTERxHUNTERx• 働くモノニュース• 鬼女速• ダイエット速報• なんじぇいスタジアム• 読み速• メシニュース• ねこのあまやどり• 芸能-JAM-• スパロボまとめ速報• SKE48まとめはエメラルド• WorldFootballNews• もえぽんず• ワールドトリガー• NBAまとめ!• 鬼女の浮気速報• すらるど• わんこーる速報• もきゅ速• 投資ちゃんねる• エアライン本舗• 音まとめ• アニはつ• Zチャンネル• Samurai GOAL• たろそく.

次の