腰に優しい寝方。 ハンモックの寝方って知ってる?体に悪いのは使い方が原因!

腰が痛い?寝方は何がベストか、身体に優しい寝方ランキング

腰に優しい寝方

腰痛と寝方の影響!横になったとき(寝姿勢)に感じる腰痛は、安眠阻害の大きな要因に! 腰痛症(腰痛)の75%以上は、明確な痛みの原因がわからないものとなっているのが実情と言われています。 それ程、腰痛の要因には多様性があるということなのでしょうね。 そんな腰痛症において、もっとも厄介なのが布団に横になったとき(睡眠姿勢)に感じる腰の痛みです。 寝姿勢(寝方)をとったら早々に腰痛を感じる状況の場合は、「入眠障害」を引き起こすことに。 入眠時は問題なくとも、 睡眠中に、腰の痛みを感じる場合は、「中途覚醒」をもたらす要素となります。 いずれのケースでも、慢性的な睡眠不足を招くとともに、寝不足によって、「体調不良(倦怠感)」「疲労の蓄積」 「体力低下」「免疫機能低下」などに繋がることも少なくありません。 寝姿勢時に腰痛(寝方)を感じることは、 単なる腰の痛みに留まらず、その他大きな体調不良を招く要素となってしまうのです。 5 正しい寝方!睡眠時の腰痛は、寝方の工夫で痛みを緩和しましょう。 睡眠時に腰痛を感じる場合には、寝方の工夫で少しでも痛みを緩和するようにしたいものですよね。 ただ、腰痛症は、冒頭に記したように、その要因は多様なもの。 すべての人にとって、共通で効果的な寝方などは ありません。 人によって、痛みが緩和できる寝姿勢は異なるということです。 寝姿勢を大きく分類すると 「仰向け寝姿勢」と「横向き寝姿勢」があります。 寝方は、一種のクセのようなもので、普段、 仰向け寝姿勢の人にとっては、腰痛だからといって、横向き寝姿勢で寝ようとしても、なかなか上手く熟睡を 得られなかったりするもの。 逆も然りで、普段、横向き寝姿勢が主体となっている方は、腰の痛みを感じる からといって、仰向け寝姿勢とすることは、なかなか難しいものだったりします。 そういう意味では、まずは、普段の寝姿勢(仰向けor横向き)をベースとした、腰痛緩和の寝方の工夫を試して みていただければと思います。 それでも、あまり痛みの緩和に繋がらなかった時には、次に、普段とは逆の寝姿勢 での腰痛緩和を試してみていただければと思います。 下記には、最もベーシックな腰痛緩和のための寝方の工夫を横向き寝姿勢及び仰向け寝姿勢それぞれにて、記して おきますので、ご参考にしていただければと思います。 1)腰痛と寝方:横向き寝姿勢その1!足の間にタオル・クッションなどを挟む。 腰痛症の大半は、腰椎周辺の神経が何かしらの要因によって、刺激(圧迫刺激など)を受けることにより引き起こされているものです。 ゆえに、原則的な考え方としては、腰部位(腰椎周辺)に少しでも余分な力(重さなど)が加わらないようにすること が、圧迫刺激を少なくすることとなり、腰痛緩和に繋がるものと考えることが出来るのです。 睡眠時にて、腰部周辺に加わる大きな力となるのが「内臓の重さ」です。 仰向け寝姿勢において、内臓の重さは、腰部周辺 に圧迫刺激を加える力となるもの。 そこで、一般的に腰痛を緩和するための寝方の工夫として、最初におすすめされているのが、「横向き寝姿勢」なのです。 この時、腰痛を緩和するために、注意しておかなければいけないのが、 「頭部・首(頸椎)・背骨・腰椎のラインが なるべく一直線がキープできるような寝姿勢とする」ことです。 一直線といっても、それはあくまで 胸前正面から見たときの話し。 寝姿勢を上から見下ろしで見たときには、背中全体はやや丸めた猫背姿勢となっているのが 理想的な寝姿勢となります。 横向き寝姿勢にて、課題となるのが骨格(頸椎・背骨・腰椎)が横方向に歪む形となりやすいこと。 横方向に骨格が歪む 寝姿勢となってしまっていては、腰痛緩和どころか、逆に腰痛・背中痛を生じさせる要因となってしまいます。 横向き寝姿勢にて、背骨軸を直線に保つための具体的な工夫となるのが 「自分の肩幅を考慮した、少し高めの枕を活用する」 「肩部・骨盤部の出っ張りが丁度沈み込んでくれる程度の軟らかさのあるマットレスを使用する」 「足の間に座布団などを挟んで寝る」という3つの要素です。 季節な軟らかさを有するマットレスを使用していないときには、「枕下にタオルなどを折りたたみ挟んで、しっかり高くする」 ことと、「横腹部とマットレスの間に隙間が出来ないように、タオルなどを折りたたんで挟みいれておく」という工夫を追加して いただければと思います。 2)腰痛と寝方:横向き寝姿勢その2!抱き枕の活用。 前項「1」でご紹介した腰痛緩和の横向き寝姿勢をもっと、簡単に実現させることが出来る方法のひとつが 「抱き枕の活用」です。 軟らかめの抱き枕を使用することで、案外簡単に「頸椎・背骨・腰椎」の位置を直線に(胸前から見て)保つことが 可能となるのです。 頭の位置を高めにキープすることと、足の間に座布団など挟むことが、ひとつの抱き枕によって、 同時に対処することが可能となるからなんですね。 抱き枕全体的に、体の重さ(体重)を預けることが可能となるのも、背骨・腰痛へ加わる力の削減に繋がるものと なります。 ただ、寝返り時に抱き枕共々寝返りをする必要がありまして、少し慣れが必要となる可能性があるものと感じています。 寝返りと共に枕を見失ってしまったりすることで、中途覚醒に繋がってしまうことが考えられるからなんですね。 3)腰痛と寝方:仰向き寝姿勢!膝下にクッションなどを置く。 普段、仰向け寝姿勢の方にとっては、腰痛だからといって、急に横向き寝姿勢を主体として寝ることには、抵抗を 感じてしまうものですよね。 そこで、仰向け寝姿勢での腰痛緩和の工夫として、おすすめなのが 「膝下に座布団やクッションなどを敷き挟む」ことです。 もちろん、人によっての程度の差は大きいのですが、「出尻体形」の方ほど、膝を伸ばした寝姿勢だと、 腰部(腰椎)が反ってしまいやすい(曲がる)のです。 腰が反るということは、腰椎に圧迫刺激が加わることを意味していますので、睡眠時に腰の痛みを生じさせる大きな要因 のひとつとなっているのです。 膝を軽く曲げた寝姿勢とすることで、この反り腰が生じにくくなります。 睡眠時に 腰部へ余分な力が加わりにくくなることを意味しています。 寝方に合せて硬さを選ぶ!硬さが選択可能な特殊高反発ウレタン仕様の機能性マットレス「モットン」 基本的に腰痛を有している時には、「体の姿勢&骨格形状をしっかりと保てる寝方」を心がけることが大切な要素となります。 『高い支持力を有している』ことは、特に腰痛時においてマットレスの必須条件となるものです。 さらに、大切な要素となるのが『適切な身体形状への追随性』です。 ただ、身体形状を維持していたとしても、 マットレスに体が沈み込も過ぎてしまうのは、寝返りを妨げる要因となるもの。 身体形状を維持するのに、必要な範囲で マットレスの沈み込みが最小限で済むものが最善なのです。 肩や腰部位が マットレスに沈み込んでくれることによって、身体姿勢が維持されるのです。 重要なのが『マットレスの硬さの選択』なのです。 ただ、現在一般市場にて、販売されている機能性マットレス(高反発)には、「硬さを選択できる商品がほとんどない」のが実情です。 体重や硬さの好みに応じて、「100N(軟らかめ)」「140N(中間)」「170N(硬め)」の3種類ラインナップから選択できる のが特徴となっています。 硬さが選べる高反発マットレスは、貴重なアイテムと言えるのかもしれません。

次の

ベッドで寝ると腰が痛い。腰痛ベッドの選び方とおすすめマットレス3選!

腰に優しい寝方

後悔しています・・・といっても、どうしてもっと早く買わなかったのか!の後悔です。 私は、10年程前にムチウチ症を患い、それ以来、首の痛みに耐えながらの生活でした。 それに伴い、肩こり・不眠症がひどくなり、若いころからの腰痛持ちということもあって、夜寝るのが、苦痛でした。 そしてここ最近から、ひどく痛くなったこともあって、枕を変えてみました。 しかし 首の痛み・肩こりは改善せず、いろいろ調べて高反発マットレスを買うことにしました。 すると肩こりと首の痛みもかなり少なくなっています。 ムチウチ症自体が治るわけではないので、長時間 事務仕事をしていると、首に痛みが出てきますが、それも夜寝れば痛みが和らいでいます。 もっと早く気づけばよかったです。 低反発を愛用して数十年、寝心地はいいけど、最近は朝起きると腰が重くて痛かったです。 たまたま腰痛の雑誌を読んでいると、それは年のせいではなく、低反発のせいかもしれないと 涙。 そこで、高反発のマットレスなるものを購入。 本当に戻るのかと心配になりましたが、半日もかからず膨らみました。 レビューを読んで気になった臭いも、私はそんなに気になりません。 寝心地は低反発に慣れてるから、硬い?と思いましたが適度な沈み、なにより初日から腰が痛くないので良さそう。 腰痛対策マットレスは良い口コミが多い 悪い口コミとして最も多いのが『硬かった』、『私には合わなかった』というものです。 特に猫背が強かったり、腰の反りが強いなど姿勢の歪みが大きい人は身体の一部に圧がかかるので硬く感じるようです。 姿勢の歪みが大きいと、高反発マットレスで寝姿勢を正そうにも身体への負担が大きくなってしまいます。 そのような方は低反発マットレスが合いますよ。 高反発マットレスよりも低反発マットレスを調べてみてくださいね。 また、意外なことに悪い口コミで多かったのがにおいでした。 私自身も『ちょっときついな』とにおいが気になることもありました。 ちなみに私の旦那さんは気にならなかったようです(鼻が悪い? 笑 )。 においが気になると、睡眠どころか気分まで悪くなってしまうので最悪ですよね。 また、当たり前かもしれませんが、 1万円以下の安い高反発マットレスは、『腰痛がひどくなった』、『耐久性が低い』、『においが気になる』、『ボコボコしている』、『マットレスのしわが治らない』などの口コミがみられました。 特に高反発マットレスを購入して後悔されている人の中には『試せたら良かったのに・・・』という声が多く聞かれました。 最近はマットレスもインターネット通販で購入する方が多くなっています。 マットレスは持ち運びが超大変ですからね 笑。 それでも、お店で試すのと、家で使うのは使い心地が異なりました。 お店ではどうしても人の目が気になったり、実際に眠ることができないので、細かくは感じることができません。 逆に良い口コミでは多かったのは 『腰の痛みが取れた』や『よく眠れる』などです。 全体的には良い口コミが6割、どっちでもない口コミが3割、悪い口コミが1割という感じです。 企業は良いことをいっぱい言ってくれるので、悪い口コミを探すのは大変です。 でも参考になるのは悪い口コミの方です 笑。

次の

姿勢別!体にいい寝方とは?睡眠の質を上げる寝方のコツを紹介!

腰に優しい寝方

体は一箇所が曲がると重心(バランス)を真ん中に保とうとするため、膝が曲がった分、体全体で膝が曲がった方向とは逆の動きをします。 それにより、 背骨全体が後ろに少し曲がり(背中を丸めた状態になり)、腰の部分の背骨(腰椎)も猫背のような形になります。 本来、腰の背骨部分は軽く反っている(お腹の方に出っ張る)ため、元々の背骨の形が崩れると、椎間板に負担を掛ける原因にもなります。 腰に悪い寝方が習慣化するだけでも、このような『本来とは違う背骨の形』が長期間続いてしまうため、 腰痛や坐骨神経痛(腰から足先までの症状)の原因になります。 仰向けでも椎間板に負担が掛かる姿勢 仰向けでも『枕が高すぎる寝方』だと、頭の位置が天上に近くなるため、ほんの少しだけ体が『くの字』に曲がります。 そうすると、横向きで寝たときと同じように、 頭が前方に来た分だけ、背骨全体が後ろに曲がる原因を作ってしまいます。 それにより 腰の椎間板に負担が掛かりやすくなり、さらには背中全体の筋肉のコリにもつながるため、肩こりや腰痛の症状が出やすくなります。 『椎間板にかかる負担』の内容をまとめますと、 腰に良い寝方が習慣化するだけでも腰痛予防になり、軽い症状であれば改善法にもつながる、ということになります。 仰向けは骨格の歪みを作りにくい 仰向けは『体の歪みの原因になりづらい』ため、腰痛の予防法や対処法にもなり、言い換えますと『 症状を遠ざける寝方』だとも言えます。 詳しい理由について、うつ伏せと横向きと比較してお話したいと思います。 うつ伏せが骨格の歪みを作る理由 肩がつぶれた場合は『肩の高さの背骨にネジれ』が起こるのですが、それに対応するのが『 腰の上側の背中』になります。 教科書通りの症状は決して多くありませんが、 横向きの寝方が続くことで 腰椎のネジれが慢性化して歪みになり、腰痛の原因になることも考えられます。 また、うつ伏せで寝る習慣がある方は、左右どちらかを向いて寝ることも習慣化していて、ほとんどの場合で 背骨の首部分(頚椎:けいつい)全体が歪んでいます。 先ほどのロベット・ブラザーチャートだと、 背骨の首部分(頚椎)は全ての腰の骨(腰椎)と連動しているため、首が歪みが腰の歪みの原因にもなってしまいます。 その結果、うつ伏せで左右どちらかを向いて寝ることが、 頭痛や肩こりの症状だけではなく、腰痛の原因にもなりうるのです。 つまり、人間は頭の上から足先まで『全身でバランスを保っている』ため、 腰痛を予防するためには、体全体の歪みを考えた姿勢を意識する必要があります。 背骨の腰部分が反り過ぎない 『仰向けで寝ると腰が痛い』という方に限っては、『仰向けは腰痛予防になる』と言いながらも、腰が反ってしまい痛みの原因になります。 つまり、 『うつ伏せで寝ると腰が痛い』というケースは、 腰の背骨部分が本来の形よりも強く反ってしまうため、腰痛として出てくるのです。 その腰の反りが、椎間板に負担を掛ける原因になったり、腰痛の症状を引き起こすキッカケになったりします。 腰痛予防に最適な寝方は仰向けです うつ伏せや横向きと比較してきましたが、腰痛を予防したり改善を目指すのであれば、『 仰向けが腰に最も優しい寝方』だと言えます。 実際の所、『仰向けで寝ると腰が痛い』という方も少なくないのですが、それについても痛みが出る理由はいくつも考えられます。 次のページでは、 『仰向けになると腰が痛い』という場合の7つの原因と、仰向けで痛みが出なくするための改善法や対処方法についてお話させて頂きます。

次の