北洋 の イージス 艦。 イージス艦

海自イージス艦こんごう型、あたご型、まや型どう違う? 似ていても異なる仕様の背景

北洋 の イージス 艦

出典:Public Domain海上自衛隊 イージス護衛艦「こんごう」 これは共同で一括発注すれば、調達価格を下げる事が出来るための措置だ。 ここで変数が生じた。 中国が建造を進めている『中国版イージス艦』と呼ばれる055型駆逐艦が13隻まで増え、追加で11隻が建造中だ。 中国初の空母「遼寧」が就役中で、さらに現在3隻の空母を建造中だ。 ようやくシステムが安定し信頼性を確保した段階で、これを量産し配備するには、今しばらく時間が必要な状況だ。 しかし、この様な報道は、日本では報じられていない。 この案を提案してきた時期は今年の初めとしか書いていない。 ソウル経済は、米国のこの提案について日本が難色を示しているとまで書いている。 さらに日本の新型イージス艦は2020年に就役するため艤装中だ。 韓国は日本よりもイージス艦建造のスケジュールに余裕があるが、事業が進行中であることは変わらない。 その上、この提案は米国政府からの公式な提案ではないという点が気がかりだとも書いてある。 少なくとも管理人の私は見たことも、聞いたこともない。 仮に、この様な提案があったとしても、日本側が断るのが当然だろう。 韓国側の次期イージス艦建造は、早くても来年以降に着工され、2番艦着工は数年先の話だ。 もし米国側から、この様な提案があったとしても、物理的には対応可能だろう。 5倍はすると言われている。 これらの手続きだけで数年の時間が必要になるはずで、イージス艦の完成は数年レベルの遅延では済まない話になるだろう。 果たして、こんな話が現実的なのかと言えばNOだ。 こんな提案が実際にあったのかと言えば、何とも言えない。 しかし韓国らしい記事と思えば、非常に納得できる内容だと思う。 SPY-1B はタイコンデロガ級巡洋艦の 13番艦プリンストン以降、27番艦ポート・ロイヤルまで搭載された、巡洋艦用のレーダーです。 駆逐艦に搭載されたことはありません。 アーレイ・バーク級に積まれているのは最初からすべて SPY-1D およびその改良型の SPY-1D V です。 そしてアーレイ・バーク級駆逐艦の近代化改修は、レーダーそのものではなく、レーダー以外のコンピューターやソフトウェアなどからなるイージス戦闘システム(AWS)を、旧式の BASELINE 4 から BASELINE 9C など最新世代の機材に更新するというものです。 これはもう終わったと思いましたがまだ途中なんでしたっけ?? 次の改修となると、アーレイ・バーク フライトII の22番艦マハンから 28番艦ポーターまでの BASELINE 5 搭載艦となりますが、27番艦まで、というのが意味不明です。 もしかして、タイコンデロガ級巡洋艦とアーレイ・バーク級駆逐艦を混同してらっしゃる? ポート・ロイヤルを現役復帰を前に近代化改修する話はありますが、レーダーを SPY-1D に換装するなんてことは考えられません。

次の

海上自衛隊五大基地の概要(横須賀・呉・佐世保・舞鶴・大湊)

北洋 の イージス 艦

詳細は「」を参照 アメリカ海軍は、末期より、全く新しい艦隊防空火力として(SAM)の開発に着手していた。 も、の発達に伴う経空脅威の増大を受けて開発は拡大され、1956年には、1959年に、そして1962年にが艦隊配備された。 これらは3Tと通称され、タロスは、テリアはミサイル(DLG)、そしてターターは(DDG)に搭載されて広く配備された。 また経空脅威の増大が続いていることを踏まえて、からは、早くも3Tの次の世代の防空システムとしての開発を開始していたが、これは要求性能の高さに対する技術水準の低さ、統合システムの開発への経験不足により難渋し、1963年にキャンセルされた。 ただしその過程で開発された改良型のは、テリアとターターの共通化を進めた発展型であるに引き継がれた。 タイフォンの挫折を受け、1963年11月より先進水上ミサイル・システム(ASMS)計画が開始され、1969年にはイージス計画と改称した。 1967年の、1970年にソ連が行なったオケアン70演習を受けて開発は加速され、1973年からはテストサイトでの地上試験、そして1975年には試作機を実験艦「」に艤装しての洋上試験が開始された。 原子力艦の検討と挫折 [ ] 幻に終わったCGN-42 想像図 もともとイージスシステムは、次期原子力ミサイル駆逐艦(DXGN)の後期建造艦に搭載される予定であった。 この頃には、DXGN計画から発展したが既に建造に入っていたが、同級にそのままイージスシステムを搭載することは困難であった。 このことから、イージス搭載に適合化した原子力ミサイル駆逐艦としてDG N 計画が着手され、1974年1月の時点では満載10,708トンとなる予定であった。 しかし同年7月、ホロウェイ大将はこの計画は消極的過ぎるとして中止させ、かわって(CSGN)計画を推進した。 概念設計は1975年5月に完了し、満載12,700トンの強力な戦闘艦とされたが、当然のように高コストの艦でもあった。 このことから、ズムウォルト大将が検討させていたような主機のミサイル駆逐艦の案が復活することになり、CSGN 8隻と在来動力型ミサイル駆逐艦(DDG)16隻によるハイ・ローミックスが予定された。 この在来動力型ミサイル駆逐艦はの派生型として予定されており、これが本級の源流となった。 DDGは1977年度計画から、CSGNは1978年度計画からの建造が予定されていたが、はこれらの計画を差し止め、かわりに「」をCSGNのとして改装するよう予算を振り替えた。 しかし1977年1月17日、政権は改修を中止させ、続く政権はCSGN計画の見直しを指示した。 かわってバージニア級を発展させたCGN-42の設計が着手されたものの、当初5隻が予定されていた建造数は、1978年3月には1983年度計画の1隻のみに削減され、1981年2月にはその建造も中止された。 一方、スプルーアンス級はもともと、ミサイル駆逐艦としての設計変更を前提として設計されていたこともあって、同級の設計・建造にあたっていたリットン・インガルス造船所では、同級をもとにイージスシステムを搭載する案を独自に作成し、1974年に海軍に提案した。 海軍は、この案はさしあたり採用しないことにしたものの、外部のコンサルティング会社であるJJMA社に検討を依頼した。 JJMA社では、スプルーアンス級をもとにイラン海軍が発注していた防空艦(後にとしてアメリカ海軍に編入)を土台として検討を進めた結果、大規模な改設計とマージンの見直しを必要とするものの、イージスシステムの搭載は可能と結論した。 これらの検討を踏まえて、上記の通り、1975年にはスプルーアンス級をもとにイージスシステムを搭載する案が正式に推進されることになり、海軍装備局(NavSea)による検討を経て、1978年9月、リットン・インガルス造船所が詳細計画と建造を受注した。 これによって建造されたのが本級である。 このような経緯から、当初はミサイル駆逐艦(DDG-47級)として計画されていたが、期待される任務や性能を考慮して、1番艦の建造途中の1980年1月1日、ミサイル巡洋艦(CG-47)に種別変更された。 設計 [ ] 「」も参照 船体 [ ] 上記の経緯より、基本設計はスプルーアンス級のものが踏襲されており、2層の全通甲板を備えた遮浪甲板型を基本として、後端部を切り欠いた長船首楼型という船型も同じである。 ただしの搭載に伴う排水量増加を吸収するため、隔壁甲板を第1甲板から01甲板に変更し、これに伴い艦内区画なども一部変更された。 また多機能レーダーのアンテナを取り付けるため、上部構造物も大型化するとともに、アンテナの精度を保つために所定の剛性を確保している。 艦首にはブルワークが追加されたが、これはスプルーアンス級の運用成績を加味したものと考えられている。 またスプルーアンス級が後に改修されたのと同様、枢要部には装甲が施されている。 しかし1979年2月に提出された受注後初回の重量重心計算書では、初期設計と比して、満載排水量は360トン増の9,270トン、キール上重心高さ(KG)は0. 22フィート上昇して23. 57フィートと、重量・重心面の問題が顕在化した。 これを受けて、造船所は383トンに達する重量削減策を策定したが、海軍はこのうち開発に時間がかかるものや設計変更の範囲が大きいものは採用せず、80年8月の時点では、上部構造内のアルミニウム製フォールス・デッキのハニカム材への変更や通路敷物の廃止、排気系の変更など47トンの削減となった。 しかしその後も重量増加と重心上昇の傾向が続き、82年4月の予想ではKGは27. 74フィートとなったことから、スケグに110トンの鉛バラストが入れられることになった。 これらの施策により、引き渡し時の満載排水量は約9,500トンになる見込みとなったが、区画浸水計算上の排水量限度が9,700トンであり、面の余裕が少なすぎることが問題になった。 海軍装備局の検討により、後日装備予定ののための艦尾開口部がネックになっていることが判明したことから、TASSの投揚収時には非水密、曳航時には水密を保つ機構が開発され、これによって限度は10,200トンまで引き上げられた。 また当初の計算では、今度は船体強度が排水量10,200トンに耐えられないと見積もられていたが、再計算の結果、実際には既に十分な強度が確保されていることが判明した。 これは重量分布が最初の計算よりも曲げモーメントを減らす方向で変わっていたことと、型鋼の寸法規格について、スプルーアンス級ではフィート式であったのに対して本級よりメートル式に変更したことで、寸法が大きくなって断面係数が増えており、船体縦強度部材の強度が最初の計算よりも大きくなっていたためであった。 1981年度計画の3・4番艦では、01甲板と船側外板について、従来のHTSから、より強度が大きいHY-80高張力鋼に変更して板厚を減少、艦首ブルワークをHTSからアルミニウム合金に変更、4脚マストを3脚式に変更してその主脚を電路に転用するなど、よりいっそうの重量低減策が講じられた。 そして82年度計画の6番艦以降ではミサイル発射機をに変更することになり、よりいっそうの重量低減・重心降下策が必要となったことから、海軍とインガルス造船所は共同でTOTS(Take off Tons Sensibly)計画を発足させた。 HY-80高張力鋼の採用範囲拡大、局部強度部材への高強度低合金鋼(HSLA)の導入、主船体の再設計、艦外受電設備の見直しによる受電ケーブル・関連回路遮断器の削減などにより、満載排水量は9,410トン、KGは23. 21フィートとなった。 もしTOTS計画がなければ、それぞれ10,100トン(バラスト250トンを含む)と23. 35フィートになっていたとみられている。 機関 [ ] 主機はスプルーアンス級で採用された4基で2軸を駆動する方式が踏襲された。 一方、イージスシステムの搭載に伴っては強化された。 は4基に増備され、出力も2,000キロワットから2,500キロワットに強化された。 この増設余地は、もともとスプルーアンス級からミサイル駆逐艦としての改設計に備えて確保されていたものであった。 装備 [ ] 詳細は「」を参照 上記の経緯より、本級の中核的な装備となるのがである。 1および武器管制システム(WCS)Mk. 1に連接されている。 AWSは継続的な改良を受けて多数のバージョンが生じており、これらは大まかにベースラインとして区別される。 本級の新造時には、1・2番艦ではベースライン0、3 - 5番艦ではベースライン1、6 - 12番艦ではベースライン2、13 - 18番艦ではベースライン3、19 - 27番艦ではベースライン4が搭載された。 ベースライン0搭載艦のシステムは程なくしてベースライン1にアップデートされたほか、より、ベースライン4搭載艦のシステムはベースライン5フェーズIII仕様にアップデートされ、(JTIDS)によるの運用に対応した。 ミサイル [ ] 24番艦「」のMk. 41 mod. 0 VLS としては、従来のスタンダードミサイル()を発展させたを採用した。 その発射機としては、当初は連装のを使用していた。 これは先行する向けに開発されて、およびにおいて、スタンダードSM-1MRを運用していたものと同系統であり、本級の場合、艦首尾側いずれも44発を収容できるMk. 26 mod. 1が設置されていた。 その後、6番艦以降より、新開発のであるが搭載されるようになった。 これは61セルのMk. 158発射機2基を前後に搭載したもので、垂直発射方式の採用により、抗堪性、即応性、連射能力のいずれもが向上した。 なおMk. 41には、スタンダード用のショート・モジュールとの運用にも対応したロング・モジュールがあり、当初は、上記のように船体の重量・重心が危惧されていたこともあって、一部はショート・モジュールにすることも検討されたが、運用の柔軟性を考慮して、結局は全てロング・モジュールとされた。 その後、近接防空能力向上の為、AMOD改修の際に、の運用能力が付与された。 またこの際、(Mk. 15)もブロック1Bにアップデートされている。 なお艦対空ミサイルの終末誘導を担当するのがで、本級の場合、を前後に2基ずつの計4基搭載した。 ミサイル防衛 [ ] 一部の艦にはを搭載し、の運用に対応する改修がなされている。 2002年より、まず「レイク・エリー」において試験が開始された。 また「」(CG-67)はイージスBMD3. 6システムを搭載し、2006年6月の試験によって能力を確認したのち、に配備された。 その後、2013年までに、CG-61、CG-70、CG-72、CG-73がイージスBMDシステムを搭載しており、更に少なくとも5隻の改修が見込まれている。 これらのイージスBMD搭載改修の成果はAMODで統合され、2014年度から2016年度にかけて、ベースライン4搭載艦ではBMD5. 0の適用が予定されている。 対潜戦 [ ] 装備は、当初は基本的にスプルーアンス級の構成が踏襲されており、としてはをバウ・ドームに収容して搭載、水中攻撃指揮装置はMk. 116 mod. 4であった。 またとしてはを装備したほか、Mk. 26 GMLSからを発射できた。 その後、1983年度計画の8番艦よりの搭載が開始された。 116 mod. 6に更新された。 対水上戦 [ ] 54口径127mm砲とハープーン 4連装発射筒 はバージニア級以来の構成が踏襲され、艦首尾に1基ずつのを搭載し、の管制を受けた。 本級のMk. 160 mod. 11に換装され、Mk. 34 mod. 4 GWSを構成するようになった。 としては、艦の後部にの4連装発射筒2基を装備した。 ただし多くの艦では、平時の搭載数は4発のみとなっている。 電子戦 [ ] 電子戦システムとしては、・両用の V 3電波探知妨害装置を搭載した。 ただしAMOD改修では、では新型のSEWIP電波探知妨害装置への換装が盛り込まれているのに対し、本級では対象外となっている。 1999年には、CG-58・59および63で、Mk. 137を用いてNULKAアクティブ・デコイを発射する能力が付与された。 その後、AMOD改修によって、専用のMk. 53 mod. 5発射機が追加搭載されている。 航空機 [ ] としては、当初のベースライン0では航空艤装がトップヘビーにつながることを危惧して、比較的簡素・軽量な装備で運用できるヘリコプターを用いたが用いられていた。 その後、ベースライン1以降では、より大型で強力なを用いたLAMPS Mk. IIIに更新され、これにともなってが搭載された。 なおヘリコプター用として、短魚雷36発分の弾薬庫が設置されている。 ヘリコプター対潜水艦飛行隊(HSL)はヘリコプター海上攻撃(HSM)飛行隊に変更され、2006年から2015年の間にSH-60BからMH-60Rに更新された。 SH-60Bは2015年5月11日に米海軍から正式に退役している。 諸元表 [ ] ベースライン0, 1 ベースライン2 - 4 6,997 t 7,242 t 9,460 t 9,763 t - 10,010 t 全長 172. 46 m 全幅 16. 76 m 水線幅 18. 0 m 吃水 7. 46 m (最大10. 51 m) 機関 方式 (21,500bhp 16. 7 m 165 m 172. 46 m 155. 3 m 全幅 21. 0 m 18. 6 m 21. 4 m 16. 76 m 20. Gates 1984年 8月31日 1985年 12月14日 1987年 8月22日 2005年 12月14日 2 CG-52 USS Bunker Hill インガルス造船所 1984年 1月11日 1985年 3月11日 1986年 9月20日 非改修 CG-53 USS Mobile Bay 1984年 6月6日 1985年 8月22日 1987年 2月21日 CG-54 USS Antietam 1984年 11月15日 1986年 2月14日 1987年 6月6日 AMOD CG-55 USS Leyte Gulf 1985年 3月18日 1986年 6月20日 1987年 9月26日 CG-56 USS San Jacinto 1985年 7月24日 1986年 11月14日 1988年 1月23日 CG-57 USS Lake Champlain 1986年 3月3日 1987年 4月3日 1988年 8月12日 非改修 カリフォルニア州 サンディエゴ海軍基地 CG-58 USS Philippine Sea バス鉄工所 1986年 4月8日 1987年 7月12日 1989年 3月18日 AMOD 3 CG-59 USS Princeton インガルス造船所 1986年 10月15日 1987年 10月2日 1989年 2月11日 非改修 カリフォルニア州 サンディエゴ海軍基地 CG-60 USS Normandy バス鉄工所 1987年 4月7日 1988年 3月19日 1989年 12月9日 バージニア州 ノーフォーク海軍基地 CG-61 USS Monterey 1987年 8月19日 1988年 10月23日 1990年 6月16日 BMD CG-62 USS Chancellorsville インガルス造船所 1987年 6月24日 1988年 7月15日 1989年 11月4日 AMOD 神奈川県横須賀市 横須賀基地 CG-63 USS Cowpens バス鉄工所 1987年 12月23日 1989年 3月11日 1991年 3月9日 カリフォルニア州 サンディエゴ海軍基地 CG-64 USS Gettysburg 1988年 8月17日 1989年 7月2日 1991年 6月2日 フロリダ州 メイポート海軍補給基地 4 CG-65 USS Chosin インガルス造船所 1988年 7月2日 1989年 9月1日 1991年 1月12日 カリフォルニア州 サンディエゴ海軍基地 CG-66 USS Hue City 1989年 2月20日 1990年 6月1日 1991年 9月14日 改修中 フロリダ州 メイポート海軍補給基地 CG-67 USS Shiloh バス鉄工所 1989年 8月1日 1990年 9月8日 1992年 7月18日 BMD 神奈川県横須賀市 横須賀基地 CG-68 USS Anzio インガルス造船所 1989年 8月21日 1990年 11月2日 1992年 5月2日 AMOD バージニア州 ノーフォーク海軍基地 CG-69 USS Vicksburg 1990年 5月30日 1991年 9月7日 1992年 11月14日 フロリダ州 メイポート海軍補給基地 CG-70 USS Lake Erie バス鉄工所 1990年 3月6日 1991年 7月13日 1993年 7月24日 BMD カリフォルニア州 サンディエゴ海軍基地 CG-71 USS Cape St. George インガルス造船所 1990年 11月19日 1992年 1月10日 1993年 6月12日 AMOD CG-72 USS Vella Gulf 1991年 4月22日 1992年 6月13日 1993年 7月12日 BMD バージニア州 ノーフォーク海軍基地 CG-73 USS Port Royal 1991年 10月18日 1992年 11月20日 1994年 7月9日 () 後継艦 [ ] アメリカ海軍は、より、次世代水上戦闘艦としてSC-21( Surface Combatant for 21st Century)のコンセプト開発に着手しており、本級の後継艦としてCG-21計画艦も盛り込まれていた。 その後、CG-21はに発展し、の後継となるDD X とファミリー化して開発されることになっていた。 しかしDD X はとして結実したものの、建造費用高騰もあって建造数は削減され、かわりに度よりフライトIIAの建造が再開された。 そしてにはCG X 計画の中止が決定され、その代替も兼ねて、度からはフライトIIIの建造が開始されることになった。 その後、のの登場や戦力の拡充などを受けて、水上艦戦力の拡充が図られることになり、巡洋艦の開発計画も再開されることになった。 アメリカ海軍の2021年度予算案には次期巡洋艦の開発費用が盛り込まれており、計画では、2025年までに1番艦建造に必要な全ての作業を終わらせることを目標にしている。 このように急速な開発が求められたことから、新技術の導入は避けて実証済みの技術のみで構成し、開発期間の短縮とリスクを軽減する計画とされている。 登場作品 [ ] 映画 [ ] 『』 多数の同型艦が登場。 洋上を移動するを追跡し、でを行う。 『』 多数の同型艦が登場。 やと共に近海のモナーク第54前進基地「キャッスル・ブラボー」付近に集結する。 水没したでの戦闘では1隻が撃沈される他、での戦闘にも参加する。 『』 名称不明の艦が登場。 に占拠されたにトマホークを発射する。 『』 多数の同型艦が登場。 に参加しているが、が発生させたバリアの範囲外にいたため、エイリアンとすることはなかった。 アニメ・漫画 [ ] 『』 第24話に同型艦が2隻登場。 を覆い尽くした巨大植物に対応すべく近海にしたのに含まれている。 『』 Dr. オクトと戦うパーマンたちを支援すべく出動したの艦艇として、同型艦が2隻登場。 オクトの飛行要塞を南の島の近海で攻撃し、している。 『』 第4巻(アニメ版第12話)に所属の「シャイロー」が登場。 が発射した4発のを、「」および、「」「」とともにで迎撃する。 『』 PKN艦隊所属艦として同型艦が多数登場。 第1話では、多数の同型艦が架空の巨大「アポロノーム」の護衛に当たっているが、敵対組織USRの「UX」の攻撃を受けて全滅。 第2話では、USR艦隊攻撃作戦「オペレーション・レッドスクリーム」に参加した「ヴァリー・フォージ」が、「UX」の攻撃によってされたことが台詞で触れられている。 『』 第9話にニブル所属艦として同型艦が2隻登場。 超大型の製「ミストルテイン」を用いたドラゴン「バジリスク」に対する攻撃に参加する。 『』 特別平和維持部隊所属艦として「トーマス・S・ゲイツ」や架空艦「J・ガーランド」(ハルナンバー49)などのベースライン1の同型艦が多数登場。 「J・ガーランド」はを務めており、第1話ではにて地空人の釣鐘要塞およびリングと交戦し、「J・ガーランド」以外の少なくとも2隻が撃沈された。 第2話では「J・ガーランド」以下の同型艦が、海底軍艦「」を接収すべくの菅原海洋開発基地へと赴き、「羅號」を攻撃。 その後、地空人の海底軍艦「リバティ」の振動波攻撃によって1隻以上が撃沈されている。 『』 第8話に太平洋艦隊所属艦として「タイコンデロガ」が登場。 旧沖遭遇戦にて、と交戦するの足場にされている。 『』 第4話に国連軍南極海派遣艦隊所属艦としてベースライン0もしくは1及び2以降の同型艦が数隻登場。 超空間通路から出現した異星体「ジャム」と交戦し、うちハルナンバー「DD-1025」がジャム機の体当たりによって大破している。 『』 未来機関の治安維持部隊所属艦として登場。 ジャバウォック島周辺に展開している。 『』 アメリカ海軍と怒国海軍のとして登場。 第1巻では、怒国海軍所属艦が国連軍PKF部隊に参加し、潜航中の「」を「重波動爆雷」という新型を用いて攻撃。 第2巻では、アメリカ海軍の架空艦「パララックス」ほか1隻がへ向かう架空の空母「スペースワスプ」を護衛しているほか、第1巻のものと同一の怒国海軍艦が「まほろば」に飛び越えられ小破している。 『』 「ヴェラ・ガルフ」などの同型艦が多数登場。 架空の「」とを繰り広げる。 『』 第47話にアメリカ艦隊所属艦として同型艦が登場。 少なくとも1隻が、ネオランガが逃げ込んだバロウ島の包囲に従事している。 『』 第1・第2・第12話などにUDF(連合防衛軍)所属艦として「カウペンス」ほか数隻の同型艦が登場。 近海で巨大敵性体「アローン」と交戦しているが、有効な攻撃は行えていない。 『無の黒船 クライシスIII』 第1巻に国際協同協力艦隊所属艦として架空艦「トラビスIII世」が登場。 作中での艦級名は「アラモ級ミサイル駆逐艦」で、群を護衛するために展開していた際に、国籍不明の潜水艦が放ったが艦尾に直撃し、のスーパーナガン級ミサイル巡洋艦「マリュートカ」(架空)による救助を受ける。 『』 第2部に「サン・ジャシント」が登場。 ヤマタイカのマツリによって復活した「」の攻撃に向かう「」を中心とした艦隊に所属していたが、艦尾に「大和」の主砲弾の直撃を受けてしまう。 『』 第3話から第6話に同型艦が少なくとも2隻登場。 架空の「パブッシュ」を中心とする艦隊に所属しており、「パブッシュ」とともに造反してに展開する。 『』 第21話に所属の「シャイロー」が登場。 とによる合同に参加しており、が第7艦隊を攻撃するというシナリオの演習の中で、対艦攻撃を仕掛けると護衛機のを迎撃する。 『』 第7話にて第七艦隊所属の同級が登場、提督に化けていたデーモンの命令で戦術核兵器を発射するが神によりロトの妻と同じく塩にされた。 小説 [ ] 『』 第7巻に所属の架空艦「マハラタ・フォフ」が登場。 の巨大ロボット「降下兵」をで攻撃するが、ダメージは与えられていない。 なお、僚艦として「リークリフ」という架空のも登場しているが、こちらの艦級は不明。 また、第20巻でも、艦名不明の同型艦2隻がにし、巨大ロボット「ARIEL」と「」が着陸したの封鎖に従事している。 『』 第4巻にへ向かう所属艦が登場。 に現れたの宝具「光輝の大複合神殿」を攻撃したために反撃され、ごと消滅した。 『群青神殿』 第7艦隊に所属する「カウペンス」と「ヴィンセンス」が登場。 巨大な海中生物「ニューク」の捕獲作戦を実行すべく近海へと展開するが、実行中にの中でニュークの大群の襲撃を受けて両艦ともされる。 『』 第6巻に架空艦「アパラチア」が登場。 に出現した2頭のを攻撃すべく、他艦とともに内へと向かい「サンフランシスコ大海戦」に参加するが、レッド・ドラゴンの放った凍結波によって氷結したところにホワイト・ドラゴンの体当たりを受け、船体を両断されて沈没する。 『』 湾岸戦争時に「」の護衛艦として「タイコンデロガ」「バンカー・ヒル」が登場、SM-2で日本民主主義人民共和国(北日本)対イラクのを迎撃するが、その途中で対艦ミサイルによる飽和攻撃を受け、「タイコンデロガ」がにより撃沈される。 統一戦争時には「アンツィオ」「ヴェラ・ガルフ」「フィリピン・シー」「レイテ・ガルフ」「プリンストン」が登場。 北日本による奇襲攻撃により「アンツィオ」「ヴェラ・ガルフ」「フィリピン・シー」「レイテ・ガルフ」が撃沈され、「プリンストン」が大破している。 ゲーム [ ] 『』 不完全ではあるが、「ヴァリー・フォージ」のモデルがゲーム内に存在する(エディタに収録されている)。 『』 のとして登場。 を起こした、リチャード・ホークに従っており、で、マイケル・ウィルソンが乗る「メタルウルフ」と交戦する。 が実艦のものから強化されており、を4基有するほか、後部と上に8連装の大型が増設されている。 『 ()』 パインバレー攻防戦や攻防戦にて、前者は沖合に停泊している「」の護衛艦として、後者はの1隻として、マップ外部に配置されている。 『』 多くの作品において「(AEGIS)」のグラフィックモデルとして登場する。 『』 物語終盤に「アンツィオ」が登場。 防衛のためににするが、数機の特攻を受け大破、火器管制装置、、通信機器の大半が能力を損失し、艦長代理が離艦を決定しポトマック川を漂流する。 エースコンバットシリーズにおいて実在のが登場するのは、これが初となる。 『』 友軍の艦艇として登場。 プレイヤーが使用するの護衛をしている。 『』 敵艦として登場。 『』からはプレイヤーも使用可能となる。 『』 の基本装備として組み込まれている。 『』 アメリカの基本装備として組み込まれている。 出典 [ ]• 921-923. 848-849. , pp. 219-225. 342-347, 394-395. 2011年. 2017年8月19日閲覧。 1997. The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. 116-119. Friedman, Norman 2004. Destroyers: An Illustrated Design History. Naval Institute Press. 342-347, 394-395. Prezelin, Bernard 1990. Saunders, Stephen 2009. 2013. The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. ロッキード・マーチン「米イージス艦--その近代化計画と将来構想 特集 イージス艦のすべて 」『』第730号、海人社、2010年10月、 90-97頁、。 大塚, 好古「1番艦進水へ! DDG-1000級の超絶技術 特集 近未来の米水上艦隊 」『世界の艦船』第788号、海人社、2013年12月、 82-85頁、。 「現用イージス・システムの防空能力」『世界の艦船』第667号、海人社、2006年12月、 76-83頁、。 泉, 徹「注目のフライトIIIはこんなフネ!? 」『世界の艦船』第769号、海人社、2012年11月、 78-83頁、。 「紆余曲折を経た「ズムウォルト」級開発の経緯 特集・米次期DDG「ズムウォルト」級を解剖する 」『世界の艦船』第676号、、2007年7月、 76-81頁、。 野木, 恵一「イージス艦の発達-その誕生から今日まで 特集 イージス艦のすべて 」『世界の艦船』第730号、海人社、2010年10月、 75-81頁、。 藤木, 平八郎「イージス・システム開発の歩み 特集・イージス艦発達史 」『世界の艦船』第667号、海人社、2006年12月、 69-75頁、。 吉原, 栄一「スプルーアンス・ファミリーの技術的特徴」『世界の艦船』第484号、海人社、1994年8月、 70-87頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

日本のイージス艦「はぐろ」は中国の駆逐艦に見劣り?中国軍事専門家の見方を中国メディアが「盲目的な自己満足」とバッサリ|レコードチャイナ

北洋 の イージス 艦

出典:Public Domain海上自衛隊 イージス護衛艦「こんごう」 これは共同で一括発注すれば、調達価格を下げる事が出来るための措置だ。 ここで変数が生じた。 中国が建造を進めている『中国版イージス艦』と呼ばれる055型駆逐艦が13隻まで増え、追加で11隻が建造中だ。 中国初の空母「遼寧」が就役中で、さらに現在3隻の空母を建造中だ。 ようやくシステムが安定し信頼性を確保した段階で、これを量産し配備するには、今しばらく時間が必要な状況だ。 しかし、この様な報道は、日本では報じられていない。 この案を提案してきた時期は今年の初めとしか書いていない。 ソウル経済は、米国のこの提案について日本が難色を示しているとまで書いている。 さらに日本の新型イージス艦は2020年に就役するため艤装中だ。 韓国は日本よりもイージス艦建造のスケジュールに余裕があるが、事業が進行中であることは変わらない。 その上、この提案は米国政府からの公式な提案ではないという点が気がかりだとも書いてある。 少なくとも管理人の私は見たことも、聞いたこともない。 仮に、この様な提案があったとしても、日本側が断るのが当然だろう。 韓国側の次期イージス艦建造は、早くても来年以降に着工され、2番艦着工は数年先の話だ。 もし米国側から、この様な提案があったとしても、物理的には対応可能だろう。 5倍はすると言われている。 これらの手続きだけで数年の時間が必要になるはずで、イージス艦の完成は数年レベルの遅延では済まない話になるだろう。 果たして、こんな話が現実的なのかと言えばNOだ。 こんな提案が実際にあったのかと言えば、何とも言えない。 しかし韓国らしい記事と思えば、非常に納得できる内容だと思う。 SPY-1B はタイコンデロガ級巡洋艦の 13番艦プリンストン以降、27番艦ポート・ロイヤルまで搭載された、巡洋艦用のレーダーです。 駆逐艦に搭載されたことはありません。 アーレイ・バーク級に積まれているのは最初からすべて SPY-1D およびその改良型の SPY-1D V です。 そしてアーレイ・バーク級駆逐艦の近代化改修は、レーダーそのものではなく、レーダー以外のコンピューターやソフトウェアなどからなるイージス戦闘システム(AWS)を、旧式の BASELINE 4 から BASELINE 9C など最新世代の機材に更新するというものです。 これはもう終わったと思いましたがまだ途中なんでしたっけ?? 次の改修となると、アーレイ・バーク フライトII の22番艦マハンから 28番艦ポーターまでの BASELINE 5 搭載艦となりますが、27番艦まで、というのが意味不明です。 もしかして、タイコンデロガ級巡洋艦とアーレイ・バーク級駆逐艦を混同してらっしゃる? ポート・ロイヤルを現役復帰を前に近代化改修する話はありますが、レーダーを SPY-1D に換装するなんてことは考えられません。

次の