極めて なにか 生命 に対する 侮辱 を 感じ ます。 ここすき1 宮崎駿のうごめくドロドロ|えもいえ|note

宮崎駿氏がゾンビの存在を許さない理由

極めて なにか 生命 に対する 侮辱 を 感じ ます

11月13日の夜くらいからで氏の発言が取り上げられて「お祭り」状態となっている。 そもそもの始まりは、 11月13日に放送された「終わらない人 」で、の会長が持ち込んだCGを氏が批判したことである。 このCGはによって効率的な移動を学習させた人型のモデルを動かしているものである。 以下両氏のやり取り。 川上氏:頭を使って移動しているんですけど、基本は痛覚とかないし、頭が大事っていう概念がないんで、頭を普通の足のように使って移動している。 この動きがとにかく気持ち悪いんで、ゾンビゲームの動きに使えるんじゃないかっていう、こういうを使うと、人間が想像できない、気持ち悪い動きが出来るんじゃないか。 宮崎氏:あのう、毎朝会う、このごろ会わないけど、身体障害の友人がいるんですよ。 ハイタッチするだけでも大変なんです。 彼の筋肉がこわばっている手と、僕の手でハイタッチするの。 その彼のことを思い出して、僕はこれを面白いと思って見ることできないですよ。 これを作る人たちは痛みとかそういうものについて、何も考えないでやっているでしょう。 極めて不愉快ですよね。 そんなに気持ち悪いものをやりたいなら、勝手にやっていればいいだけで、僕はこれを自分たちの仕事とつなげたいとは全然思いません。 極めて何か、生命に対する侮辱を感じます。 川上氏:これって、ほとんど実験なので。 世の中に見せてどうこうと、そういうものじゃないです。 宮崎氏:どこへたどり着きたいんですか? 誰か氏:人間が描くのと同じように絵を描く機械 宮崎氏:地球最後の日が近いって感じだね。 人間のほうが自信なくなっているからだよ。 このやり取りを見て率直に思ったのは、 「宮崎氏は何を言いたいのだろうか」 ということだった。 生命に対する侮辱って…… 何が何でも言いすぎなのではないだろうか。 人型の気持ち悪い動きをするものは、もれなく生命に対する侮辱になるのだろうか… そんなのホラー映画とか全部アウトになるような気がする。 川上氏が生命を踏みにじっている、という批判にもとれる宮崎氏の発言だが、こちらもすこしピントがずれているような気がする。 川上氏が興味を持っているのは、気持ち悪い動きに対してではなく、が気持ち悪い動きを能動的に獲得したということに対してである。 (おそらく)計算知能的で学習された動きが人間の動きと等価にならないこと、また、その獲得された動きが人間の常識から大きく外れていること、この二点に関して興味を抱いているはずである。 このような動きをした理由は簡単で、モデル自身が思考して動いていないからである。 操り人形のように、計算機が支持する通りモデルは動き、計算機は手足をどのように動かすかを知らないから、当然操り人形は人間が想定していない動きを取る。 当然そこには何の意識も存在しない。 計算機からすると「このモデルを効率的に動かして」と支持を受けたから、自分なりに「効率的に動かした」だけである。 それだけ。 計算機が獲得した動きが、決して人間がイメージできないものであるから、面白いのである。 生命に対する侮辱っていうのとは、ちょっと違う。 てかだいぶ違う。 技術云々ではなく、映像そのものがよくない、という批判があるかもしれない。 しかし、あらゆるメディアはテクストを持ち、それをどう解釈するかは人それぞれである。 たまたま宮崎氏が身体の友人を連想し、受け入れられないといった解釈を行っただけである。 よくなどで見かける、件のCGのテクストをそのように解釈できない者は人としておかしい、という論調は単なるテクストの押し売りである。 話がそれてしまった。 気になる人は「テクスト論」で調べてみてください。 そもそも「」という学問は人間の脳の動き(知的活動)を解明するために始まった学問である。 解剖学的なアプローチではなく、情報処理というアプローチから始まった「脳の解明」は、同様の働きをするモデルを作成したら解明したことにつながるという発想からスタートした「」と、徹底的に脳の認知を観察することで解明につなげようとする「」の二つの分野に分かれている。 したがって、どこへたどり着きたいのか、という問いに対して「人間が描くのと同じように絵を描く機械」を目指すと答えるのは全く間違いではない。 むしろそれに対して、人間のほうが自信なくなっているからだ、とコメントを残すほうが検討違いである(宮崎氏の専門ではないので仕方ないことかもしれないが)。 そんなコメントを残されたら研究者たちは自分に自信がない人間の集団になってしまう。 それはよくない。 さて、ではなぜ宮崎氏はこのような感想を抱いたのか。 一番単純な理由としては、川上氏の説明が悪かった、というのが挙げられるだろう。 気持ち悪い動きをさせるのが主眼ではないのに、気持ち悪い動きを強調しすぎである。 気持ち悪い動きを作って喜んでいると思われかねない。 そりゃ、氏の作品とは正反対のものを作って目の前で発表されたら不愉快にもなるわさ。 ……これでほんとに川上氏が気持ち悪い動きに対して喜んでいたらどうしよう… もう一つ考えられるのは、宮崎氏はもともとが嫌いなのではないだろうか。 多くの人間は、心が存在しないに創作活動は不可能だ、と考えている。 私自身も、不可能とは言わないが、仮に実現されるにしても私が生きている間に実現されるとは思えない。 宮崎氏もおそらく、に創作活動は不可能である、と感じているのではいだろうか。 だからこそ、 人間のほうが自信なくなっている、という発言が出てくるのではないだろうか。 人一倍クリエイターとして誇りを持っているからこそ、クリエイターの模倣をしようとするに対して批判的になるのかもしれない。 今回の感想:プレゼンって大事だなぁ mihatsu3939.

次の

ここすき1 宮崎駿のうごめくドロドロ|えもいえ|note

極めて なにか 生命 に対する 侮辱 を 感じ ます

74 ID:mJvD0WBq0. net 宮崎駿「障がい者を馬鹿にしてるのか?君たちは痛みを知らないんだね。 59 ID:EhwNSQYl0. 68 ID:UUSifF3j0. 11 ID:zAHN4xxo0. 32 ID:aDLTQqF50. 76 ID:utF4XIze0. 89 ID:304F2jcv0. net 川上「脳の刺激になりますからね。 40 ID:f9gYg6qS0. net これはゴリラと焼肉へのメッセージ 総レス数 9 2 KB.

次の

宮崎駿監督がドワンゴ川上量生氏の提案に怒り ネットでは称賛の声

極めて なにか 生命 に対する 侮辱 を 感じ ます

スタジオの監督に密着したNHKのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 終わらない人 宮崎駿」が2016年11月13日に放送された。 宮崎さんが番組中で長編アニメ制作に再び意欲をみせたことが話題を呼ぶ一方、インターネット上では、・川上量生会長のプレゼンに不快感を示した場面が注目を集めている。 人工知能によるCGで「気持ち悪い動き」披露 2013年に長編アニメからの引退を表明した宮崎さんは、その後、自身初となるCGを使った短編アニメ「毛虫のボロ」の制作に取り組んでいる。 番組では、同作の制作現場に2年間にわたって密着。 若きCGアニメーターたちと触れ合い、時に新たな表現の壁に直面しながら、悩み、前進する姿を追った。 その中で、ドワンゴ会長の川上量生さん率いるCGチームが自社の技術を説明しに訪れる場面があった。 人工知能で動きを学習させたCGを見せに来たのだ。 プレゼンでは、人間の形をしたキャラクターが体をくねらせ、頭を足のように使うなど不自然な動きで移動する映像が紹介された。 川上さんはこれを「これは『早く移動する』ことを学習させた。 基本は痛覚とかないし、頭が大事という概念がないので、頭を普通の足のように使って移動している」と解説し、 「この動きがとにかく気持ち悪いんで、ゾンビゲームの動きに使えるのではないかと(考えている)。 こういう人工知能を使うと、人間が想像できない、気持ち悪い動きができるんじゃないか」 とアピールした。 すると宮崎さんは少し間をおいてから、ある友人男性のことを話し始めた。 男性には身体障害があり、筋肉がこわばるため、ハイタッチすることも大変なのだという。 「極めて何か生命に対する侮辱を感じます」 宮崎さんは「彼のことを思い出してね。 僕はこれを面白いと思って見ることできないですよ」と指摘すると 「これを作る人たちは痛みとかそういうものについて何も考えないでやっているでしょう。 極めて不愉快ですよね」 と一蹴。 さらに 「そんなに気持ち悪いものをやりたいなら勝手にやってればいいだけで、僕はこれを自分たちの仕事とつなげたいとは全然思いません。 極めて何か生命に対する侮辱を感じます」 と怒りをにじませた。 これにはCGチーム一同沈黙。 困った表情の川上さんがようやく口を開き「あの... これってほとんど実験なので、世の中に見せてどうこうというものじゃないんです」と釈明したが、宮崎さんは「それは本当によく分かってるつもりですけど」と返し、依然納得できない様子だった。 鈴木敏夫プロデューサーからもCGチームに対して「どこにたどり着きたいんですか?」との質問が飛んだ。 宮崎さんの一連の「説教シーン」はネット上で大きな反響を呼んだ。 「ゾンビみたいなCGを知り合いの障害者に照らし合わせたのも偏見に思えた」「障害者に例える宮崎監督も障害者に対して失礼な気もする」といった声も少なくないが、「スカッとした」「凄く格好よかった」「厳しい言葉だけど本当にそう思いました」といった称賛の声が目立つ。 コミックエッセイ「中国嫁日記」の作者・希有馬(井上純一)さんはツイッターで「宮崎駿はアニメーターで、その原点は感情移入にある。 何もないところに感情移入するから、ただの線が生命を帯びる。 線の連なりが人間になる。 それはAI制御された動画にも及ぶ」などと怒りの背景を分析した。 川上さんは2011年、鈴木プロデューサーに弟子入りする形でドワンゴ会長のままスタジオジブリに入社している。 そのため、今回のやりとりは宮崎さんと川上さんの2人の人間関係を踏まえて捉えるべきだとする声もある。 外部サイト.

次の