洗濯 槽 クリーナー。 洗濯槽クリーナーおすすめ人気ランキング20選【2019年最新比較】

洗たく槽カビキラー(塩素系)|カビキラー|ジョンソン株式会社

洗濯 槽 クリーナー

塩素系洗濯槽クリーナーの特徴 塩素系洗濯槽クリーナーは、 次亜塩素酸ナトリウムというアルカリ性の成分が主な原料です。 主な特徴は3つあります。 強い殺菌力を持っている 塩素系のクリーナーなので、カビキラーのように 殺菌力が非常に強いです。 人によってはニオイが気になるということもあるでしょう。 また、殺菌力が強いぶん 肌への刺激が強いことにも注意が必要ですね。 ニオイに敏感な人には特にオススメです! 掃除に時間がかかる ただ、洗浄力が弱い分、塩素系洗濯槽クリーナーよりも 多くのお掃除時間がかかってしまいます。 パパッとお掃除を済ませたい人には向いてないですね…。 ユアマイスタイルではも大公開しています! ぜひチェックしてください! どう使い分ければいいの? 塩素系と酸素系、2つの洗濯槽クリーナーは 掃除をする頻度によって使い分けるのがベストです。 1年以上掃除していない場合、1種類の洗剤だけでは汚れが落としきれない可能性があります。 最初に酸素系洗濯槽クリーナーを使って汚れをはがし、そのあと塩素系洗濯槽クリーナーで残った見えない汚れを落としましょう。 半年に1回掃除する場合は、塩素系クリーナーだけでも汚れを落とせます。 どうしても臭いや肌への刺激が気になるときは、酸素系クリーナーを使うのも1つの方法です。 1カ月ごとや2カ月ごとなど、こまめに掃除する場合は酸素系クリーナーだけでも十分に汚れを落とせますよ! 最後にオススメの商品を紹介! 最後にオススメの商品を塩素系・酸素軽蔑に紹介します。 実際に購入した方の声を聞いても、今まで購入していた洗濯槽クリーナーでは落ちなかった汚れがごっそり取れた、なんてご家庭もありましたよ! N-W2 洗濯槽クリーナー ドラム式専用 この商品にはカビを除去してくれるだけでなく、防止させるための成分も含まれています! 洗濯槽のお掃除は大変なので、一回掃除したら、もうできるだけ掃除したくないですよね。 ただ、アリエールの商品はつけ置き要らずなので、短時間でお掃除が完了終わるんですよ! もちろん除菌率も99. 洗濯槽クリーナーももちろん環境に優しいもので作られています。 ツンとしたニオイもなく、安心して使うことができますよ! 洗濯槽カビキラーもおすすめ! おすすめの洗濯槽クリーナーをいくつか紹介しましたが、 洗濯槽カビキラーもおすすめ! カビキラーの持つ強いパワーで、洗濯槽内の汚れをごっそりきれいにしてくれます。 「洗濯槽カビキラーは他の商品とどう違うの?」 「使用する場合は、どんな手順なの?」 次は、そんな疑問にお答えいたします! 普通の洗濯槽クリーナーと何が違うの? 洗濯槽カビキラーは、 塩素系の洗濯槽クリーナーです。 それでは、その他の塩素系洗濯槽クリーナーとどこが違うのでしょうか? 奥の汚れまでをしっかり落とし切る、洗濯槽カビキラーの特徴をみてみましょう。 カビ除去率が凄い! 塩素系の洗濯槽クリーナーは、 カビ除去率が高いという特徴があります。 その中でも、カビ対策のプロである洗濯槽カビキラーは、カビ胞子除去率がなんと 99. 9% カビの除去率が高いことで、抗菌タイプの柔軟剤を使わなくても、生乾きの臭いに悩まされなくなったり、黒い洗濯クズと遭遇しなくなったりなど、メリットがたくさん待っています。 実は非塩素タイプもある! 「カビはしっかり除去したいけど、塩素系の臭いが苦手」 という方も多いですよね。 そんなお悩みにこたえるべく、実はアクティブ酸素で落とす、 パウダータイプの洗濯槽カビキラーも販売されているんです。 こちらも、カビ胞子除去率99. 9%の優れものですが、ドラム式には使えないというデメリットも……。 縦型タイプを使用中で、塩素の臭いが気になる方は、非塩素タイプを選んでみましょう。 洗濯槽カビキラーの使い方 洗濯槽カビキラーには、塩素系、非塩素系がありますが、その使い方は、どちらも同じです。 今すぐ簡単にできる、洗濯槽カビキラーの使い方をみてみましょう。 標準コースで洗濯する 洗濯、すすぎ、脱水の順に1サイクル洗濯機を回します。 洗濯機内に汚れが残っていなければ、お掃除完了。 残っている場合は、汚れがなくなるまで再度すすぎ、脱水を繰り返してください。 お掃除の頻度は 1~2か月に1回が目安です。 つけ置きなしで使用できますが、長期間掃除をしていないという場合は、 3時間程度つけ置きするとよりカビをすっきり落とせます。 また、 「頑固な汚れを落としたいから……」 という理由で、熱湯と混ぜてしまうと、せっかくの成分が分解されてしまいます。 水、もしくはぬるま湯で使うのが正解です。 まとめ いかがでしたか? 洗濯槽を掃除する際は、洗濯槽クリーナーを使用するのがベストです。 洗濯槽クリーナーは見えないところや手の届かないところにたまったカビを落とし、洗濯槽を清潔な状態に保ってくれます。 塩素系洗濯槽クリーナーと 酸素系洗濯槽クリーナーはそれぞれ違う特徴を持っているので、掃除する頻度に合わせて上手く使い分けていきましょう!.

次の

【洗濯ハカセが教える】洗濯槽クリーナーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

洗濯 槽 クリーナー

洗濯槽クリーナーは、 汚れを溶かして落とす「塩素系」と、汚れをはがして落とす「酸素系」の2種類にわけることができます。 それぞれの特徴をまとめたので、ぜひ参考にしておうちに適したタイプを選んでくださいね。 塩素系の洗濯槽クリーナーの特徴 次亜塩素酸ナトリウムという成分が主な原料で、 非常に強い殺菌力を持っています。 そのため、目に見えない汚れや菌を溶かせるんです。 ただし、殺菌力が強い分、正しい使い方をしないと洗濯槽を傷めてしまったり手肌が荒れてしまったりすることがあります。 すすぎ残しがあると衣類の色落ちを引き起こすことも。 小さな子供がいるなどで成分に抵抗がある人には向きませんが、 半年に1回くらいのペースでお掃除する人におすすめです。 酸素系の洗濯槽クリーナーの特徴 過炭酸ナトリウムという成分が主な原料で、 強い発泡力で汚れをはがして落とすタイプ。 塩素系にくらべて殺菌力は穏やかですが、 手肌にも環境にもやさしく扱いやすいのが特徴です。 1〜2ヶ月くらいの短いスパンでお掃除するなら、酸素系クリーナーのみでピカピカにキープできますよ。 ただし、剥がれた汚れが大量に浮いてくるので、 ゴミ取りネットなどで取り除く必要があります。 しっかりすくわなければ、それが排水口に詰まって故障につながることがあるので、注意しましょう。 洗濯槽クリーナーの種類によって落とし方にちがいがあるため、 対応できる洗濯機も異なります。 まちがったアイテムを選ぶと、洗濯機の故障の原因になる可能性もあるので、「どの洗濯槽クリーナーを使っても同じ」と思わず、 おうちの洗濯機が「縦型」か「ドラム型」かを確認しておきましょう。 縦型洗濯機 縦型洗濯機であれば、「塩素系」でも「酸素系」でも 一般的な洗濯槽クリーナーであれば使用できます。 縦型洗濯機は、ドラム型の洗濯機にくらべて使う水の量が多くて洗濯槽が汚れやすいので、洗濯槽クリーナーを使った定期的なおそうじを習慣づけておきましょう。 ドラム型洗濯機 「酸素系」クリーナーは「ドラム型には使用不可」とされている商品が多くあります。 これはドラム型洗濯機は精密なパーツが多く、取れたゴミが詰まって故障を引き起こす恐れがあるからなんです。 「塩素系」を選べばまちがいはないですが、必ずドラム式に対応しているかを確認しましょう。

次の

洗濯槽クリーナーのおすすめ11選!パナソニックや日立の商品も

洗濯 槽 クリーナー

洗濯槽カビキラー使用したことありますが、汚れがごっそりとれて気持ち良かったです。 定期的に使用したいと思ってます。 洗濯槽カビキラーをよく使います。 とても良い商品です。 洗濯曹カビキラーにはいつもお世話になってます。 洗たく槽カビキラーは我が家の必需品で必ず2本はストックしています。 気持ちいいほどに洗たく槽の汚れが落ちるのでやりがいがあります。 小さい子供がいるので定期的に洗濯槽クリーナー使用しています。 こちらの洗濯槽クリーナーをいつも購入させて頂いております。 毎月1回こちらで掃除します。 よく汚れが落ちて大変助かっています。 価格もお手頃でジョンソンさんといったらよく汚れが落ちるというイメージです!トイレのこすらず落とすクリーナーも愛用しています。 ふち裏までよく落ちて本当に助かります。 洗濯槽カビキラー、綺麗に落ちるので愛用しています。 初めて洗濯層カビキラーを使用しました。 洗濯物につく黒い汚れが気になっていたのですが、つかなくなりました。 洗濯機の嫌な匂いも取れました。 今の洗濯機を使い始めて9年です。 洗濯槽の汚れはとても気になり、二ヶ月に一度は洗濯槽クリーナー使っています。 せっかく洋服を綺麗にするのに、それを洗う洗濯槽が汚いのは実に嫌です。 なので、洗濯槽クリーナーは常備しています。 いつもジョンソンさんの洗濯槽クリーナーを愛用しています。 目にはあまり見えないのですが、洗濯槽クリーナーをした後の洗濯物のサッパリ感が全然違う感じがして3カ月に一度位でリピートしてます。 洗たく槽カビキラーの実力は本当にすごい!!見えない奥のカビ菌や洗たく槽の汚れを驚くほど綺麗に除去してくれるので、使い始めたら定期的にやらないと気持ち悪いです。 夏はたくさん汗をかいた洋服を洗うので、しっかりカビ菌除去した綺麗な洗濯機で洗いたいです。 とても必需品で欲しい商品です。 匂いや菌がきになるので、定期的に使っています。 カビキラーは定期的に使用してます。 使用後は安心して洗濯が出来ます。 2〜3カ月に1回カビキラーをしていますよ。 ドラム式洗濯機にも使えるのがいいです。

次の