副 鼻腔 炎 治す ツボ。 副鼻腔炎の治し方(症状・原因・治療法)セルフケアまとめ|カラダネ

【健康誌イチオシ特報】鼻ヨガ「ほお骨プッシュ」で鼻トラブル8割が改善!慢性副鼻腔炎にも効果 (1/2ページ)

副 鼻腔 炎 治す ツボ

脳への酸素供給量増加 筋肉の柔軟性 うつ 肩コリ 頭痛 めまい 天迎香は下記の図の箇所を軽く指で斜め45度に軽く押して、少し痛みを感じる場所です。 天迎香を押す時の注意点は まぶたを押しても圧迫を感じない程度の力でよいということです。 普通のツボと同じような力で押しては返っていけないようです。 また、 2本の指で同程度の力で押します。 そして片方だけでなく、 左右両方を一緒に押します。 自分は右側だけ鼻がつまっているからといって右だけすると、返ってよくない結果が出ます。 押す時は 2分以上は押してはいけません。 また、一度行ったら、1時間~2時間くらいは空けるようにします。 やり過ぎると返っていけないデリケートなツボですから、行う時は事前に下記の動画をご覧ください。 天迎香のツボを発見した荻原さんが大切なポイントを説明しています。 天迎香の押し方には2つあり、一つは皮膚の上から押す方法ともう一つは2本の指を口に入れて上歯ぐきのつけ根から天迎香へ向けて斜め45度で押します。 口の中に入れてから押すほうがより効果的です。 人前ではちょっとできないですけどね。 参考文献「鼻の横を押すと病気が治る」萩原秀紀 上星(じょうせい)の効能と箇所 上星も鼻づまりを改善し、鼻水・膿の排出を促し、アレルギー性鼻炎、花粉症、蓄膿症に効果のあるツボです。 場所は頭の左右の真ん中で、髪の生え際から2センチくらい上の箇所です。 指の先端で下へ(鼻のほうへ)押します。 印堂の効能と箇所 印堂は鼻づまり、鼻水・膿(蓄膿症)、風邪、精神の安定、ニキビなどの改善に効果があります。 場所は眉間の中央です。 ゆっくりと指先で押して、そのまま数十秒押したままにして、3秒前後かけて放していきます。 ツボ押しの注意点 ツボ押しは蓄膿症の改善法としては簡単にできるという利点がありますが、強く押し過ぎたり長く押したり、あるいは頻繁に押したりすると返ってよくないということがあります。 また、 発熱時、痛みが酷い時に強く押すこと、アルコールを飲んだ後は控えたほうがよいでしょう。 (関連記事: ) ツボの箇所にケガをしている場合も押すのは控えましょう。 ツボ押しは専門家が行うと効果が現れやすいですが、一般の人が行うと効果の現れ方は人それぞれです。

次の

副鼻腔炎で頭が痛くなるってホント?治療のためのお薬3タイプ

副 鼻腔 炎 治す ツボ

もくじ• 副鼻腔(びくう)炎とは 副鼻腔炎ってどんな病気? 副鼻腔とは、鼻腔(鼻の穴)にある空洞です。 この副鼻腔の粘膜にウイルスや細菌などが感染すると炎症が起こります。 その炎症が頭痛の原因です。 また、副鼻腔と鼻腔の通り道は狭いので、粘膜が炎症を起こして腫れると通り道はふさがってしまいます。 すると、副鼻腔の換気や分泌物の排せつができなくなり、膿(うみ)が副鼻腔にたまります。 この状態を「急性副鼻腔炎」と言い、三カ月以上続いた場合を「慢性副鼻腔炎」と言います。 どんな症状がでるの? 鼻の症状は、主に次のようになります。 鼻づまり• 膿性鼻水(黄色や緑色の鼻水)• 頰の痛み• おでこの痛み• 痰(たん)がからむ咳(せき)など 頭を下げると、頭やおでこなどの痛みが強くなることもあります。 とりわけ副鼻腔内に鼻水がたまると、頭や頬に痛みを感じることがあります。 どうやって診察されるの? 診察は、細い内視鏡を鼻の中に入れて観察する他、エックス線検査やCT検査も行います。 副鼻腔に影がみられたら慢性副鼻腔(びくう)炎と診断されます。 副鼻腔炎とちくのう症って違う病気? 副鼻腔炎とちくのう症は同じ病気です。 以前は膿のような鼻水がでることから「蓄膿(ちくのう)症」と呼ばれていましたが、現在は「副鼻腔(びくう)炎」の病名が使われています。 ちなみに、蓄膿症は医学用語ではありません。 どんなお薬が処方されるの? 抗菌薬(細菌の発育を阻止する物質)、消炎薬、痰や鼻水を出しやすくするお薬などが処方されます。 ただし、抗菌薬は軽い副鼻腔炎にはあまり効果が期待できません。 抗菌薬 ペニシリン系の抗生物質「ワイドシリン」「サワシリン」などが処方されます。 これらが効かない場合や症状がひどい場合はセフェム系の「メイアクト」「フロモックス」が処方されます。 他にマクロライド系の「クラリシッド」「ジスロマック」などがあります。 消炎薬 粘膜の炎症を抑えるスプレー式の点鼻薬「フェニレフリン」「オキシメタゾリン」などがあります。 痰(たん)や鼻水を出しやすくするお薬 「カルボシステイン」「アンブロキソール」などがあります。 まとめ 副鼻腔(びくう)炎は放っておくと悪化してしまいます。 頭痛、鼻詰まりなどが長く続くと不快感も続き、生活の質が低下します。 嗅覚障害が起こることもあります。 頭痛には他の病気が隠れているかもしれません。 気になる症状があったら、早めの受診をぜひおすすめします。

次の

【健康誌イチオシ特報】鼻ヨガ「ほお骨プッシュ」で鼻トラブル8割が改善!慢性副鼻腔炎にも効果 (1/2ページ)

副 鼻腔 炎 治す ツボ

副鼻腔とは 鼻の中には、鼻腔(鼻の穴の中)だけでなく、副鼻腔という大きな空間があります。 副鼻腔は、鼻腔を取り囲むように、ほお骨の下や眉間の下にあり、自然口という小さな穴で鼻腔とつながっています。 副鼻腔は、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)の全4種類で、左右で合計8つあるそうです。 副鼻腔炎とは 文字どおり、8つの副鼻腔のどこかで炎症が起こるのが副鼻腔炎です。 炎症によって、副鼻腔に入った鼻水や膿がうまく外に出せずにたまってしまいます。 ひどくなると、発熱や頭痛、歯痛などの症状が現れます。 また、鼻水が鼻腔から出るだけでなく、のどに流れる「後鼻漏」を引き起こすといいます。 後鼻漏はサラサラな鼻水であれば、大きな問題はありませんが、ネバネバだと違和感が強くなります。 咳が続いて安眠を妨げるなど、不快な症状の原因となるのです。 副鼻腔炎と蓄膿症(ちくのうしょう)の違い 結論からいえば、副鼻腔炎と蓄膿症(ちくのうしょう)は同じ病気です。 蓄膿症は、文字通り膿がたまる病気ですが、CT(コンピューター断層撮影)の普及などにより、膿がたまっていなくても、炎症が起きていることがあるとわかったそうです。 そのため、炎症だけの人を含め、蓄膿症から副鼻腔炎に呼び名が変わりました。 急性副鼻腔炎の原因と症状 副鼻腔炎には、急性、慢性、好酸球性の3種類があります。 急性副鼻腔炎は、主に鼻かぜが原因で起こり、頭痛や発熱などの症状があります。 早期に治療すれば、症状に応じた薬を使ったり、膿を取り除いたりすることで治るケースがほとんどだそうです。 慢性副鼻腔炎の原因と症状 症状が3カ月以上続くと慢性副鼻腔炎と診断されます。 慢性化する主な原因は、「副鼻腔と鼻腔をつなぐ自然口がふさがる」「鼻水を排出する繊毛(細胞表面の細毛状の小器官)の働きが衰える」という2つ。 膿がうまく排出できなくなると、炎症が悪化する悪循環に陥るといいます。 慢性副鼻腔炎は、頭痛、歯痛や発熱のほか、ひどいときは嗅覚や味覚に障害が起こり、においや味がわからなくなることもあるようです。 好酸球性副鼻腔炎の原因と症状 好酸球性副鼻腔炎は、厚生労働省から難病に指定されている難治性の副鼻腔炎で、近年その患者数が増えているといわれています。 白血球の一種である好酸球が過剰に活動し、副鼻腔に炎症が起こります。 好酸球性副鼻腔炎は、鼻タケ(鼻ポリープ)が多発するのが特徴です。 鼻づまりがひどくなり、早い段階で嗅覚障害が起こるそうです。 局所療法や薬物療法などの保存療法 慢性副鼻腔炎の治療の柱は「局所療法」「薬物療法」「手術」の3つです。 そのうち、局所療法と薬物療法が保存療法と呼ばれます。 局所療法とは病院に行くとみなさんがよく受ける治療法で、鼻腔や服鼻腔にたまった膿や粘りけの強い鼻水を生理食塩水などで洗浄・除去したり、患部に抗菌薬を噴霧したり(ネブライザー治療という)します。 薬物療法は、主に抗生物質による治療が中心で、症状が軽ければ薬物療法でよくなるケースが多いといいます。 手術療法 局所療法と薬物療法で十分な作用が見られない場合は手術が検討されます。 もちろん、局所療法が困難な場合は先に手術療法を行う場合もあります。 以前は、副鼻腔炎の手術といえば上唇の裏側から歯茎を切開したりするなど、かなり大がかりなものでした。 しかし、最近は技術が進んで副鼻腔炎においても内視鏡を使った内視鏡下服鼻腔手術(鼻腔に内視鏡や手術器具を入れてモニターに映し出された画像を見ながら行う術式)が主流になりました。 それによって、以前は術後に何カ月も入院していたのが、内視鏡手術なら1週間程度で退院できる場合が多いようです。 内視鏡手術は器具の進歩も著しく、マイクロデブリッターという手術器具も登場しています。 この器具は、病変部の切除と出血などの吸い取りが同時にできるということで、手術時間も短縮できるようになったそうです。 器具が便利になっているとはいえ、その器具を使って手術を行う医師は人です。 やはり副鼻腔炎の手術件数が多い(ホームページなどで調べられる)医師や病院で手術をしてもらうことが重要ではないでしょうか。 セルフケアはもちろん大切ですが、みなさんは田七ニンジンという植物をご存知でしょうか? 高麗ニンジンなどと同じように、中国では漢方薬として使用されている植物で「カテキン」と「サポニン」の成分を多く含む食品です。 「茶カテキン」と言えば、聞いたことがある人もいるかもしれませんが、カテキンは健康維持への働きが期待されており、特に【ズルズルや詰まり】があって思ったような呼吸ができない人におすすめとされています。 また、サポニンはウコギ科の植物やマメ科の植物に多く含まれています。 含まれる植物によって構造が異なり、性質や働きに多少の違いがあるようですが、田七ニンジンや高麗ニンジン由来のものは「ニンジンサポニン」といい、詰まって黄色いネバネバの人、いつもすすっている人には有用な成分と考えられています。 カラダネ編集部は、これらの成分をしっかりと摂取できるお茶を見つけました。 それが 【白井田七。 茶】というお茶。 田七ニンジンに含まれるサポニンはもちろん、化学肥料を使用しない有機栽培された茶葉を使用しており、安心して飲むことができるのです。 お茶に含まれる茶カテキンもしっかりとれるのもうれしいポイント。 茶】も試してみてはいかがでしょうか。 鼻うがい 生理食塩水(血液や組織液と浸透圧が等しい約0. 9%の食塩水)を鼻から注入し、鼻腔内の鼻水や膿、細菌、花粉などの異物を取り除く鼻うがい。 鼻うがい用の器具は市販されていますが、100円ショップで売っているドレッシング容器とイヤホンパッド(シリコン製)でも作れます。 さらに、ネバネバ鼻水の人におすすめなのが重曹鼻うがいです。 重曹には、粘性を弱める働きがあり、鼻うがいの作用を高めるのです。 くわしくは下の記事をご覧ください。

次の