森崎 智美。 森咲智美、限界Y字水着に記者陣も驚嘆「着てよかったです」

“日本一エロいグラドル”森咲智美「恥ずかしかった」限界突破の撮影を回顧 異例の人気の裏にコンプレックスも<モデルプレスインタビュー>

森崎 智美

色んなことにチャレンジしているんですけど、ダメだったらそれまでだなと思って(笑)。 ほぼ毎日投稿はしていますし、常にネタになるものを探しています。 自分だったらやっぱりセクシーさに特化しているので、そこにインスタ映えをプラスしてみたりしています。 オフの時に「これを今度撮ろう」と思いついたものを、オンの時に撮ったりしています。 寝る前もInstagramで外国の方のセクシーな写真を探して、保存して…という。 もちろん、たまに参考にさせていただくことはあるんですけど、私は海外のオープンな感じが好きです。 森咲:そうですね。 やっぱり水着を着るとピリッとします。 なので、全然恥ずかしくはないんですけど、「エロすぎるグラビア」と言われた時に、「さて、どうしたものか…」と(笑)。 最初は少し「エロすぎるってどこまで脱いじゃうんだろう?」という不安もありましたが、今は「どうしたらエロくなるのかな?」と、色んな「エロい」を探しています。 例えば、爽やか系だったり、暗い艶やかな感じだったり。 森咲:嬉しいです。 爽やかなエロというのをあんまりやったことがなかったんですけど、今回は「笑顔多め、だけどエロい」という写真集になりました。 それもグラビアの中では中々ない増刷になったので、よかったと思います。 もともと、私は撮影会で着る水着の面積が小さくて、変形が多かったことと、雑誌などで撮り下ろしする時にセクシーなものが得意だったことから、「エロで行こう!」となったんだと思います。 シーンの1つでSキャラをやったんですけど、カメラを踏んだんですよ(笑)。 すごく楽しそうに踏み踏みして…。 最初はちょっと「え、カメラ大丈夫?」って心配だったんですけど、やると意外と楽しくって(笑)。 「私、Sっ気あるのかもしれない」と新しい発見がありました。 それから、コンシェルジュの制服もすごく胸を露出したセクシーなものになっているので最初から楽しんでください!私は変形水着を着ることが多いんですけど、さらに変形を着ているのでそこも見どころです。 ですが、グラビアを始めて昨年「グラビア・オブ・ザ・イヤー」(キネマ旬報社)をいただいて、しっかりと自信が持てました。 それまでは「どうすれば何千といるグラビアタレントの中で抜けることができるんだろう?」と考えていたので、賞が頂けた時は「今までやってきたことは間違ってなかったんだな」と思えました。 森咲智美(C)モデルプレス悩みは…衣装が多くて大変です(笑)。 自分で買いに行ったり、リースショップに借りに行ったりするので、どんどんどんどん増えていってしまって…。 私の場合はファンの人が基準です。 「自分はなんでもOK」みたいなタイプの人間なので、ファンの人が喜んでくれそうな際どいものとか、下乳とか横乳が出ているものとか!普通の三角水着とかではなく、やっぱりちょっと胸が出ているものを選んじゃいますね。 自分の体型的にグラビアが合っているんじゃないかと思って調べてみたら、グラビアの先輩たちがすごく綺麗で魅力を感じたんです。 そこからがなりたいと思ったきっかけでした。 だがら、まさか自分が今こうやって芸能界1本でやっているのが信じられないくらい。 驚きです。 森咲:そうですね。 あの受賞をきっかけに「自分は本当にグラビアアイドルとして確立されたんだな」と実感しました。 今更なんですけど(笑)。 「しっかりしなきゃ」という気持ちにもなれましたね。 今年はもっともっと飛躍していきたいと思っています。 森咲:「常に言い続ける」ことだと思います。 私の場合は名古屋のアイドル時代にグラビアを好きになって、4年ほど思い続けて、やっとグラビアアイドルになれました。 振り返ってみると、当時「こうなりたい」と人に言い続けていましたね。 言い続けていると、その夢に向かって意識も変わっていくので、やっぱり叶うんです。 なので言い続けることが大事だと思います。 あとは「グラビア・オブ・ザ・イヤー」で2冠を獲ることが目標です。 森咲:大泉洋さんがすごく好きで目標なんです。 演技もバラエティも何でもマルチにできる個性的な人になりたくて。 「水曜どうでしょう」のような体を張ったロケもやってみたいです。 NGなしでやっていけたらいいなと思っています。 「世界の果てまでイッテQ!」にもすごく出てみたいです。 森咲智美の色っぽさに思わずドキッ• モデルプレス 2020-06-27 19:00• モデルプレス 2020-06-27 17:00• モデルプレス 2020-06-27 12:00• モデルプレス 2020-06-27 07:00• モデルプレス 2020-06-26 19:00• モデルプレス 2020-06-26 12:00• モデルプレス 2020-06-26 08:15• モデルプレス 2020-06-26 06:00• モデルプレス 2020-06-26 06:00• モデルプレス 2020-06-26 06:00• モデルプレス 2020-06-25 19:00• モデルプレス 2020-06-24 19:00• モデルプレス 2020-06-23 19:00• モデルプレス 2020-06-23 19:00• モデルプレス 2020-06-23 13:00• モデルプレス 2020-06-22 19:30• モデルプレス 2020-06-22 19:00• モデルプレス 2020-06-21 20:00• モデルプレス 2020-06-20 20:00• モデルプレス 2020-06-20 08:00.

次の

森咲智美 Aventure #2

森崎 智美

さすが日本一エロいグラドルの面目躍如な大胆水着を披露してくれているが、撮影は野外で行ったという。 「海で撮影したんですよ。 人がいないプライベートビーチみたいなところで撮ってたので、おそらく人には見られていないと思います。 今までもかなり際どい水着を着てきましたけど、さすがにこれを着るのは勇気がいりました」とコメントした。 実際に着てみた感想を聞かれると「数あるグラビアアイドルを見てきた記者さんが「オー!」って言ってくれたくらいなので、これは「やったぞ」という気持ちになりました。 着てよかったです」としてやったりの笑顔。 「全体に全部エロで仕上げていますけど、みんなが好きそうなのは裸エプロンですかね。 エプロンでご飯を作って、どんどん脱いでいっちゃったりとか、食べ物をペロペロしたりとかしているので、誘惑している感じがしっかり出ています」とおすすめシーンを挙げた森咲。 中でも一番のエロいシーンについて聞いてみると「赤いボンテージの衣装がエロ度は高いですよ。 コールガールを演じているときに、私を呼んでくれたお客さんに対していじめているんです。 ムチを持ちながらビシビシやっています。 でも私ってムチは向いていないと思いました。 本当に上手くできないんですよ。 実際に私はMなので大変でしたけど、それでもエロくできているので見どころです」と納得の表情を見せた。 自分はMと告白した森咲だが、お金持ちの男性にいじめられたいそうだ。 我こそはと思う男性はアプローチするチャンスかも?.

次の

森咲智美、橋本梨菜らも参加 『第2回サンスポGoGoクイーンオーディション』が今年も開催(2019年6月27日)|BIGLOBEニュース

森崎 智美

色んなことにチャレンジしているんですけど、ダメだったらそれまでだなと思って(笑)。 ほぼ毎日投稿はしていますし、常にネタになるものを探しています。 自分だったらやっぱりセクシーさに特化しているので、そこにインスタ映えをプラスしてみたりしています。 オフの時に「これを今度撮ろう」と思いついたものを、オンの時に撮ったりしています。 寝る前もInstagramで外国の方のセクシーな写真を探して、保存して…という。 もちろん、たまに参考にさせていただくことはあるんですけど、私は海外のオープンな感じが好きです。 森咲:そうですね。 やっぱり水着を着るとピリッとします。 なので、全然恥ずかしくはないんですけど、「エロすぎるグラビア」と言われた時に、「さて、どうしたものか…」と(笑)。 最初は少し「エロすぎるってどこまで脱いじゃうんだろう?」という不安もありましたが、今は「どうしたらエロくなるのかな?」と、色んな「エロい」を探しています。 例えば、爽やか系だったり、暗い艶やかな感じだったり。 森咲:嬉しいです。 爽やかなエロというのをあんまりやったことがなかったんですけど、今回は「笑顔多め、だけどエロい」という写真集になりました。 それもグラビアの中では中々ない増刷になったので、よかったと思います。 もともと、私は撮影会で着る水着の面積が小さくて、変形が多かったことと、雑誌などで撮り下ろしする時にセクシーなものが得意だったことから、「エロで行こう!」となったんだと思います。 シーンの1つでSキャラをやったんですけど、カメラを踏んだんですよ(笑)。 すごく楽しそうに踏み踏みして…。 最初はちょっと「え、カメラ大丈夫?」って心配だったんですけど、やると意外と楽しくって(笑)。 「私、Sっ気あるのかもしれない」と新しい発見がありました。 それから、コンシェルジュの制服もすごく胸を露出したセクシーなものになっているので最初から楽しんでください!私は変形水着を着ることが多いんですけど、さらに変形を着ているのでそこも見どころです。 ですが、グラビアを始めて昨年「グラビア・オブ・ザ・イヤー」(キネマ旬報社)をいただいて、しっかりと自信が持てました。 それまでは「どうすれば何千といるグラビアタレントの中で抜けることができるんだろう?」と考えていたので、賞が頂けた時は「今までやってきたことは間違ってなかったんだな」と思えました。 森咲智美(C)モデルプレス悩みは…衣装が多くて大変です(笑)。 自分で買いに行ったり、リースショップに借りに行ったりするので、どんどんどんどん増えていってしまって…。 私の場合はファンの人が基準です。 「自分はなんでもOK」みたいなタイプの人間なので、ファンの人が喜んでくれそうな際どいものとか、下乳とか横乳が出ているものとか!普通の三角水着とかではなく、やっぱりちょっと胸が出ているものを選んじゃいますね。 自分の体型的にグラビアが合っているんじゃないかと思って調べてみたら、グラビアの先輩たちがすごく綺麗で魅力を感じたんです。 そこからがなりたいと思ったきっかけでした。 だがら、まさか自分が今こうやって芸能界1本でやっているのが信じられないくらい。 驚きです。 森咲:そうですね。 あの受賞をきっかけに「自分は本当にグラビアアイドルとして確立されたんだな」と実感しました。 今更なんですけど(笑)。 「しっかりしなきゃ」という気持ちにもなれましたね。 今年はもっともっと飛躍していきたいと思っています。 森咲:「常に言い続ける」ことだと思います。 私の場合は名古屋のアイドル時代にグラビアを好きになって、4年ほど思い続けて、やっとグラビアアイドルになれました。 振り返ってみると、当時「こうなりたい」と人に言い続けていましたね。 言い続けていると、その夢に向かって意識も変わっていくので、やっぱり叶うんです。 なので言い続けることが大事だと思います。 あとは「グラビア・オブ・ザ・イヤー」で2冠を獲ることが目標です。 森咲:大泉洋さんがすごく好きで目標なんです。 演技もバラエティも何でもマルチにできる個性的な人になりたくて。 「水曜どうでしょう」のような体を張ったロケもやってみたいです。 NGなしでやっていけたらいいなと思っています。 「世界の果てまでイッテQ!」にもすごく出てみたいです。 森咲智美の色っぽさに思わずドキッ• モデルプレス 2020-06-27 19:00• モデルプレス 2020-06-27 17:00• モデルプレス 2020-06-27 12:00• モデルプレス 2020-06-27 07:00• モデルプレス 2020-06-26 19:00• モデルプレス 2020-06-26 12:00• モデルプレス 2020-06-26 08:15• モデルプレス 2020-06-26 06:00• モデルプレス 2020-06-26 06:00• モデルプレス 2020-06-26 06:00• モデルプレス 2020-06-25 19:00• モデルプレス 2020-06-24 19:00• モデルプレス 2020-06-23 19:00• モデルプレス 2020-06-23 19:00• モデルプレス 2020-06-23 13:00• モデルプレス 2020-06-22 19:30• モデルプレス 2020-06-22 19:00• モデルプレス 2020-06-21 20:00• モデルプレス 2020-06-20 20:00• モデルプレス 2020-06-20 08:00.

次の