ジョン リエル カシメロ。 井上尚弥戦の延期状態 米滞在4か月カシメロがホームシック「俺はフィリピンに戻る」

ジョンリエル・カシメロの武器と弱点。「俺が本物のモンスター」と挑発

ジョン リエル カシメロ

ルイス・ネリーの自滅や必然とも言えたアップセットのゾラニ・テテ戦の11月を経て、トップランク契約した井上尚弥のアメリカデビューは急転直下で誰も話題にしなかったWBO新王者、3階級王者のジョンリエル・カシメロに決まりそうだ。 ロードウォリアーのカシメロは日本でいいと言っているが、状況からしてアメリカ開催だろう。 その方が世界の井上尚弥としてもふさわしい。 東京でWBO総会もあり、両者、関係各位前向きとあっては実現の可能性は極めて高い。 ほぼ決定だろう。 ということでジョンリエル・カシメロを改めて見直してみた。 29勝20KO4敗 とのことだが、はて4敗って誰だっけ? ラモン・ガルシア・ヒラレスにSD モルティ・ムザラネに5回TKO(負傷棄権) アムナット・ルエンロンにUD 両者反則のオンパレード) ジョナス・スルタンにUD(体力ある相手に空回り) 完敗はなくアムナットを再戦でKOしているように、地力で負けていたわけでは決してないというものばかり。 つまり、耐久力など、タフネスの底は未だ知れない。 昔から、リアルハリマオ、怪物君的要素があるカシメロが好きだった。 日本人と戦わない系のフィリピンボクサーが好きだ。 強いから。 かつては井岡の周辺にカシメロはいつもいた。 とはいえ、カシメロの歴史をそんなに追いかけてきたわけではない。 昔はもっと細くて、荒いが、スピードがあった。 今は筋肉質になり、強靭なスタイルが確立されたようにみえる。 プロらしい天然の才能はうらやましいほどだ。 これで、なんとなくカシメロの特徴はわかる。 なぜゾラニ・テテに勝ったのかさえわかる。 自由奔放にパンチを打ちたいからガードは低い。 身長もリーチもないが、相手のパンチも届かない距離、あるいはスウェーやステップで軽打も食わないようなポジショニングをとりながら、タイミングを図っていきなりの右や左フック、アッパーで飛び込んでいき相手を怯ませる、その繰り返しというパターン。 中間距離で技術戦を展開するようなタイプではない。 教科書的なジャブやワンツーもない。 感性に任せたタイミングの一発で相手を潰す。 一気に距離、間合いを詰めて放つパンチが強く、下半身、全身のバネを効かせて身体ごとねじ込むように打つ。 アッパーとフックの中間のような下から突き上げるパンチが特に得意で強力だ。 ボディも強い。 相手がガード、ダッキングしていても、身体ごとぶちかますような体重ののったアッパーフックでアゴを跳ね上げ、グイグイ追撃する。 相手が固まると、顔面というか、ほとんど後頭部にフックを当てて倒してしまう。 クリーンヒットでなくても強引な強襲と後頭部打撃で相手を倒す。 これをみると、つくづくテテの生命線は遠距離からのジャブやストレート、シャットアウトしかなかったなとおもわずにはいられない。 流れを掴む前に捕まってしまった。 昔のカシメロよりも、WBO暫定王者になったこの試合の方が参考になる。 当時23勝20KO2敗という高いKO率のメキシカン、リカルド・エスピノサはパワーもプレッシャーもあり、終始前に出てカシメロにプレスをかけている。 カシメロはガードは低いまま、スウェーやボディワークで芯には食わない。 エスピノサの攻撃に身を任せながらタイミングの強打で応戦している。 バックステップやディフェンスが意外に上手いが劣勢だ。 6回にカシメロの右フックで効いて止まったエスピノサに右フックを後頭部に追撃しなぎ倒すようにダウンを奪ったカシメロ。 テテ戦とパンチは違うが状況は似ている。 一発で効かせ、相手が止まった後にもう一発。 その後も展開としては変わらないが、プレスしても当てられないエスピノサに対し、捌きながら強打を叩きこむカシメロのファイトが効果的で、ラスト12ラウンド、ついに頑丈な強打者エスピノサも力尽きた。 ダメージの残る負け方だ。 ダウンがなければ手を出したエスピノサの勝利だったかもしれないが、相手に合わせ効率よく倒したカシメロがうわ手だ。 この試合にカシメロの特徴と強さがよく表れている。 過去の負けをみても、12ラウンド、スピードでアウトボクシング、完封してしまえばカシメロは何も出来ない。 エスピノサには馬力はあってもスピードがなかった。 井上のスピードとパワーを駆使すれば、勝つことは問題ないようにみえる。 色気を出して近距離で打ち合ったり、ふいのタイミングを間違えると強打をドカンと食らう危険性もあるが、井上のスピードとパワーを前にすればカシメロの優位性も消えて何もできない気がする。 カシメロには エスピノサのようなプレスとパワーを捌ききってしまう意外な上手さとパワー テテやアムナットのようなな距離も克服してしまう熟練さ そして何より、どこまでタフなのか、得体の知れなさ がある。 遠距離も近距離も克服するカシメロだが、井上が一番得意とする中間距離とスピードで、両者の差は出るのではないか。 ワシル・ロマチェンコVSニコラス・ウォータース のような怖さと現実がある。 普通に考えると、井上尚弥のレッスンになるだろう。 カシメロは一発逆転の隙を探すしか術はない。 その隙がみつからないままズルズルと12ラウンドが過ぎるのか、圧倒されて倒されてしまうか。 ノーマスもある。 独特の強さ、特に化け物じみたフィジカルパワーと野生の勘を感じるカシメロだが、速くて凶悪なパワーを誇る井上尚弥には通じないとおもわれるが、果たして・・・ 前半決着が一番いいです、ハイ。 kk on このまえのナバレッテといいベルチェルトといい、まじめに調整してないんでしょうね いつ試合が組まれるか、それとも流れるか分からないような状況では、モチベが上がらないのも仕方ないかと• マイティ on マネが感染しただけで試合が流れる現状ですから、選手もなかなか調整に身が入り辛そうで気の毒です。 マイティ on スティーブンソンさん、何もかも失い過ぎて草も生えない。 八 on 確かにこのスタイルはカッコいいんですよね。 顔もいいけどそれ以上にイイ。 同様にビボルにも感じるものがあります。 八 on ベルチェルトのみならず今の時期は皆このくらいの出来なのかもしれません。 さすがのコンビネーションはありましたが、キレや迫力はまだ本調子じゃない感じです。 ただ、バルデスのパンチが効いてしまうようなヤワ….

次の

2つの懸念/井上尚弥VSジョン・リエル・カシメロ

ジョン リエル カシメロ

ョンリル・カシメロ(John Riel Casimero、1990年2月13日 - )は、フィリピンのプロボクサー。 元WBO世界ライトフライ級暫定王者。 元IBF世界ライトフライ級王者。 元IBF世界フライ級王者。 世界2階級制覇王者。 プロモーターはサンプソン・ボクシング所属。. 16 関係: 、、、、、、、、、、、、、、、。 世界ボクシング機構世界王者一覧 せかいボクシングきこうせかいおうじゃいちらん は、プロボクシング世界王座認定団体の「世界ボクシング機構」 WBO の認定した世界王者の一覧表。. 新しい!! 計量オーバー、計量失敗、体重オーバーと表記されることも有る。 体重超過となった場合、アマチュア競技では失格で試合中止となる場合がほとんどであるが、プロ興行においては選手間およびプロモーター間で協議を行い、罰金や罰則を科した上で試合を続行する場合が多い。. 新しい!! シナロア州マサトラン出身。 元WBC世界ライトフライ級王者。 強打者ながらも繊細な戦術を武器に堅実な試合運びでKOを狙うスタイルが売りの選手。 弁護士免許を取得している。 弟はレオ・サンタ・クルスと山中慎介に挑戦経験があるアルベルト・ゲバラ。 プロモーターはプエブロ所属。. 新しい!! 第20代IBF世界ライトフライ級王者。 プロモーターはサンフェル所属だが、マネージメントはエリック・モラレスのチームに所属している。. 新しい!! 第18代IBF世界フライ級王者。. 新しい!! ブエノスアイレス州マル・デル・プラタ出身。 第17代IBF世界ライトフライ級王者。 技巧派として数多くの試合を経験し、世界タイトル挑戦には名のある選手との積極的に対戦する一方、キャリアの敗戦数 11敗 のうち4敗が失格負けという悪質なラフファイトが多くアルゼンチンのプロボクサーで屈指のヒール(悪役)で知られている。. 新しい!! 中継はラジオ放送局やテレビ局がプロモーター(興行主催者)と契約を結ぶことにより放送権(テレビは放映権)が成立する。 accessdate. 新しい!! 新しい!! 元ムエタイ選手。 チョンブリー県シーラーチャー郡出身。 IBF世界フライ級王者。. 新しい!! ハリスコ州グアダラハラ出身。 第14代・第18代IBF世界ライトフライ級王者。 「アーチー」 Archie の愛称を持つ。 フェルナンド・ベルトランが代表を務めるサンフェル所属。 元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者ホルヘ・ソリスは実兄。. 新しい!! すべてのランカーに断られた挙句、一時決まっていたクリス・ユーバンク・ジュニアの試合が最終条件でユーバンク・ジュニア陣営がファイトマネーを欲しがったため交渉が決裂する結果になったWBA・WBC・IBF・IBO世界ミドル級スーパー王者ゴロフキンがアンダーカードでWBO世界ウェルター級王者ジェシー・バルガスとの王座統一戦が内定していたが、ゴロフキン挑戦に名乗り出た2階級下のIBF世界ウェルター級王者ブルックとの対戦。 イベント名は『ゴロフキンVSブルック』。 アンダーカードは3年ぶりの対戦となるIBF世界バンタム級王者リー・ハスキンスと元IBF世界バンタム級王者スチュアート・ホール第2戦、IBF世界フライ級王者ジョンリル・カシメロがポール・ウェアーに次ぐイギリスのボクサーで2番目に早い8戦目での王座獲得を狙うチャーリー・エドワーズと対戦、WBO世界スーパーウェルター級王者リアム・スミスの弟WBC世界スーパーミドル級シルバー王者カラム・スミスの世界前哨戦並びに兄ポウル・スミスのスミス兄弟揃い踏み、WBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネルの双子の弟ギャビン・マクドネルのスーパーバンタム級進出戦、元世界2階級制覇王者ナイジェル・ベンの息子コナー・ベンがイベントのトップバッターとして花を添えた。 この試合はイギリスではBスカイBのスカイ・ボックス・オフィスがペイ・パー・ビューで、アメリカではHBOがワールドチャンピオンシップボクシングの録画中継 ただしHBOラテン語放送は生中継 で放送された。. 新しい!! 身長163cm。 元WBA世界ライトフライ級暫定王者。. 新しい!! 本部は設立当初はアメリカ合衆国ニュージャージー州イーストラザフォードであったが、現在は同じニュージャージー州のニューアークを経て、同じくニュージャージー州のスプリングフィールドに移転している。. 新しい!! 新しい!! 雲南省文山州出身。 元WBC世界ミニマム級王者。 第18代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者。 中華人民共和国男子プロボクサー初の世界王者。. 新しい!! 新しい!! これは、それぞれの概念との関係の簡単な定義を与えます。 これは、概念図の基礎となる巨大なオンライン精神的な地図です。 これを使うのは無料で、各記事やドキュメントをダウンロードすることができます。 それは教師、教育者、生徒や学生が使用できるツール、リソースや勉強、研究、教育、学習や教育のための基準、です。 学問の世界のための:学校、プライマリ、セカンダリ、高校、ミドル、大学、技術的な学位、学部、修士または博士号のために。 論文、報告書、プロジェクト、アイデア、ドキュメント、調査、要約、または論文のために。 ここで定義、説明、またはあなたが情報を必要とする各重要なの意味、および用語集などのそれに関連する概念のリストです。 日本語, 英語, スペイン語, ポルトガル語, 中国の, フランス語, ドイツ語, イタリア語, ポーランド語, オランダ語, ロシア語, アラビア語, ヒンディー語, スウェーデン語, ウクライナ語, ハンガリー語, カタロニア語, チェコ語, ヘブライ語, デンマーク語, フィンランド語, インドネシア語, ノルウェー語, ルーマニア語, トルコ語, ベトナム語, 韓国語, タイ語, ギリシャ語, ブルガリア語, クロアチア語, スロバキア語, リトアニア語, フィリピン人, ラトビア語, エストニア語 と スロベニア語で利用できます。 すぐにその他の言語。 すべての情報は、から抽出し、それがクリエイティブで利用することができます。 Google Play、Android および Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

次の

ジョンリエル・カシメロvsセサール・ラミレス カシメロもう30歳か

ジョン リエル カシメロ

カシメロも強い 初回山下がキビキビ動きやる気を見せます。 ただやられに来たのではなく勝ちに来ています。 新人王の頃と比べるとかなり早くなりました。 相手がカシメロというのもあって横着しません。 カシメロの攻撃はホールドで封じました。 これは咄嗟にという感じは全くなく、恐らく事前に決めていたのでしょう。 復習通りカシメロは後ろに重心の残して前進するので顔面は遠い。 腹を狙いたいですが、ほとんど出ません。 カシメロは余裕を持って様子見。 山下の忙しいフットワークと対照的にどっしりと構えていきなり振ってきます。 理由はわかりませんが、2ラウンドから山下はアウトボクシングを捨てて前進、腹を狙います。 ジャブは当たりますが、その次が続かない。 その後は山下は気合で前進しますが、カシメロのパワーパンチを浴び続けてました。 感想 山下はキビキビ良く動いてこの試合のためにしっかり準備してきたのは感じましたが、基礎的な技術が未熟でした。 警戒心がそうさせたのもあるかとは思いますが、踏み込みに力をあまり感じない。 強く体を前へ押し出せないので、上半身をやや前傾させて距離を稼ぎパンチを届かせようとする。 すると重心が崩れてしまう、次の動作を安定させる為に重心を作り直して時間を浪費。 準備段階で防がれるか慌てて振るので右に力が乗らない。 山下と対照的にカシメロは踏み込みで体を強く前へ押し出す技術があります。 着地と同時に重心を後ろから前へ一気に切り替えて右を強振。 失敗したら後ろに重心も戻す。 シンプル。 体格で勝る山下より力強い。 アッパーカットを上手く使っていました。 しかしカシメロはよくも悪くもフィリピン人。 力強く動ける技術や機能的な守りの型を持っていますが、大雑把でワンパターン。

次の