天気予報 言い回し。 天気のことわざ12選!天気のつく言葉・格言は?海外・英語の慣用句も!

天気予報で使われる英語表現 ~実例を交えて解説~

天気予報 言い回し

今日や昨日の天気について伝える英語表現 今日の天気は〇〇です。 昨日の天気は〇〇でした。 という時の英語フレーズです。 今日は晴れです。 It's sunny today. 今日は雪です。 It's snowy today. 今日は〇〇です。 という日本語ですが、 Today is ~とは言わず、It's ~と言うのが一般的です。 昨日はくもりときどき雨でした。 It was cloudy with occasional rain yesterday. 昨日のことなので、be動詞はwasです。 with occasional rainで「時々雨」 occasionalは、時折、とか、時々という意味の単語です。 明日は晴れのち曇りでしょう。 It will be sunny and then cloudy tomorrow. 未来のことなので will be~ 晴れのち曇り sunny and then cloudy and thenは、~の後で、という意味なので、 晴れた後で、くもり、ということになります。 It will be partly cloudy tomorrow. partly cloudyは、晴れ時々曇りという意味のお天気用語。 partlyは、半分という意味で、半分晴れて半分くもり、を表現しているのですね。 天気の移り変わりを伝える英語表現 今の天気から、変わっていくことについて話す表現です。 お天気が崩れてきます。 The weather is getting worse and worse. getting を使って、悪くなっていく(worse and worse)、と言います。 お天気は下り坂です。 The weather is going to go downhill. 下り坂、をそのままdownhillというのも面白い表現です。 お天気は回復してきます。 The weather is going to improve. 改善する、という意味のimproveを使います。 雨が降ったりやんだりするでしょう。 It's probably going to rain on and off. on and offは、時々、不規則に、という意味です。 be going to ~で未来の予測を表現します。 英語でお天気について聞く• 天気予報を見ましたか? Have you seen the weather report? weather report で天気予報。 見た経験を聞くので、現在完了のhaveを使います。 今日のお天気はどうですか? How is the weather today? どう?なので、How を使って聞きます。 今日は傘が必要ですか? Do I need an umbrella for today? Should I take an umbrella today? 傘を持って行った方が良いですよ。 と答えるなら You should probably take an umbrella with you. となります。 台風は今どこにいるのでしょう? I wonder where the typhoon is right now. wonderは~かしらと思う、という意味です。 今現在はright now. 最高気温は何度ですか? What's the high temperature today? temperatureは気温。 high temperature で最高気温。 最低気温は low temperatureです。 雨の降る確率は何パーセントですか? What's the chance of rain? 20%です。 Twenty percent. 全然降りませんよ。 None at all today. 英語で暑さ・寒さを伝えるときの言い方 天気、天候に関連して、暑さ寒さについて話題にするときの言い方です。 今日は暑いです。 It's hot today. 今日は暖かいです。 It's warm today. 今日は肌寒いです。 It's chilly today. 今日は涼しいです。 It's cool today. 暑さが厳しいです。 The heat is oppressive. oppressiveは過酷な、蒸し暑い、という意味の単語です。 暑さはそのままheat. 寒さを言う時は、coldを使います。 The heat is terrible today. ひどいという意味の、terribleを使って表現しても良いです。 今日は寒いですね。 It's cold today, isn't it? 会話の中で、付加疑問文を使って「~ですね」と言うのも良いでしょう。 まとめ 英語の天気、天候に関するフレーズをまとめました。 天気に関する単語を覚えておくと表現が広がりますね。 たとえば、.

次の

「一時雨」と「時々雨」どちらが長時間降るのか?

天気予報 言い回し

「晴れ」を表現する英語 「sunny」は陽光あかるい晴れ渡った天気 「晴れ」と聞いて真っ先に思い浮かべるのが sunny でしょう。 sunny は、太陽の光で明るく照らされている状況を表します。 まさに「晴れ」と言いたい時にはぴったりの単語でしょう。 「clear」は雲ひとつない快晴 clear は、「はっきりと見える」という意味から、雲や霧がなく晴れている様子を表します。 sunny で、かつ雲ひとつないときには clear を使うと良いでしょう。 「fine」は晴れて乾いた天気 fine は晴れて乾いた天気を表します。 日本語では「快晴の」「晴天の」と訳されます。 主にイギリスで使われている表現です。 同じ意味の単語に fair があります。 「nice」「beautiful」も日常でよく使う表現 「晴れ」は sunny 以外でも表現できます。 例えば、 nice(良い)や beautiful(美しい)のような間接的な表現を使って「晴れ」を表すこともできるのです。 また、 perfect(完璧)を使って、「晴天」を表すこともあります。 こうした間接的な表現は、日常生活の中では頻繁に登場します。 覚えておくと良いでしょう。 「曇り」を表現する英語 「cloudy」は「くもり」、雲が一部でも全部でも cloudy は、空が雲に覆われている状況を表します。 雲の量の多い少ないに関わらず使えます。 晴れのち曇り: cloudy after fine• 晴れ時々曇り: occasionally cloudy• 曇り時々雨: cloudy with intermittent rain 「overcast」は一面が雲に覆われた空 overcast は、灰色の雲によって空一面が覆われている状況を表します。 気象学では、10分の9以上が雲に覆われているときに使われるそうです。 「gloomy」は気が塞ぐような曇天 gloomy は気持ちを表す単語としても使われています。 気持ちを表すときには、「不幸で」「希望がなく」を意味します。 天気についても、気持ちが暗くなるような天気を表します。 例えば、曇っているため、辺りが暗くなっている状況などです。 日本語では「どんよりした」と訳されます。 「dark」は日の光も遮られるような暗雲の空 dark は、光が全くない、又はほとんどない状況を表します。 天気について dark を使った場合、雲に覆われていて暗くなっていることを意味します。 「雨」を表現する英語 「raining」は雨降りを指す幅広い表現 raining は、雨の降り方の程度にかかわらず使うことができます。 」で済ませても良いでしょう。 「drizzle」は静かにしとしとと雨の降るさま drizzle は、静かに「しとしとと」降っている雨を表します。 雨粒が目に見えるか見えないか分からないくらいの雨です。 日本語では「細雨」「霧雨」と訳されます。 drizzle は名詞としては「霧雨」「細雨」を意味し、また動詞としては「霧雨が降る」を意味します。 「sprinkle」は降り始めのぱらつく雨 sprinkle は水などをぱらぱらまく、雨がぱらぱら降る、といった意味の動詞です。 雨が「ぽつぽつと」降り始めた頃に使える表現です。 日本語では「小雨」と訳されたりします。 同じく「小雨」を意味する表現として light rain もあります。 「shower」は唐突に短く降るにわか雨 shower は、短時間に降る、比較的弱い雨を表します。 日本語では「にわか雨」と訳されます。 「夕立」や「通り雨」も shower を使って表されます。 evening shower:夕立• passing shower:通り雨 「pour」はバケツをひっくり返したような豪雨 pour は、「なみなみ注ぐ」という意味の動詞です。 pour を使って、激しく降る「土砂降りの雨」を表すことができます。 It is raining heavily. = It is pouring. ひどい土砂降りだ 「downpour」はさらにひどい集中豪雨 「集中豪雨」や「ゲリラ豪雨」は、 localized heavy rain もしくは downpour で表すことができます。 downpour の方がより一般的に使われているようです。 「rainstorm」は雨と風が襲う暴風雨 強い風と大雨を伴う天気は rainstorm で表すことができます。 「狂暴な」を意味する tempestuous も「大嵐の」「暴風雨の」を表します。 豪雨の産物は洪水(flood) flood は「洪水」を表します。 雨が大量に降ることによって川などが氾濫した状況です。 flood がさらに酷くなると、 deluge(大洪水)が使われます。 「雪」を表現する英語 「snowy」は白い雪が舞い降るさま snowy は、雪が降っている状況を表します。 雪の中でも、特に、白い雪が降っているときに使われるようです。 「sleety」はみぞれが降るさま sleety の名詞形 sleet は「一部溶けた雪」を意味します。 日本語で言う「みぞれ」です。 みぞれ交じりの雨は、 sleety rain と表現します。 「hail」はあられが降るさま hail は、雨のように空から降ってくる、小さくて硬い雪のつぶを意味します。 日本語で言う「あられ」や「ひょう」です。 snow pellets とも言います。 動詞として使われるときには、「あられが降る」を意味します。 sleet のように、y を付けて形容詞(sleety)として使うことはないので注意しましょう。 「snowstorm」は吹き付ける大雪 snowstorm は、強い風によって吹き付けてくる大雪を表します。 日本語では「吹雪」と訳せます。 snowstorm をさらに激しくしたのが、 blizzard です。 大雪によってほとんど視界が見えないような状況を表します。 「霧」を表現する英語 「hazy」は熱気でかすんださま hazy は、「かすんだ」「もやがかかった」を意味します。 名詞形 haze は「霧」「もや」を意味します。 似たような意味の単語に fog や mist もありますが、haze はそれらよりも薄い「霧」「もや」を意味します。 In summer it often gets hazy in this area. この地域では夏に頻繁に霧が立つ 「misty」は遠くが見えにくいさま misty は、霧やもやで覆われている状況を表します。 hazy よりも霧が濃くなり、遠くの方が見えにくい時に使われます。 「foggy」は深い霧に覆われたさま foggy は、深い霧に覆われている状況を表します。 misty よりも、さらに霧が濃くなったときに使われます。 「風」を表現する英語 「balmy」は心地よい風に吹かれる感じ balmy は、「さわやかな」「すがすがしい」を意味します。 心地よいくらいの風が吹いているときに使われます。 ちなみに、全く風がなく穏やかな天気は calm で表現します。 「breezy」は若干強いけど爽快な風が吹く感じ breezy は、心地良い風が吹いている状況を表します。 日本語では「そよ風が吹く」と訳されます。 balmy も breezy も「心地良い風」を表しますが、balmy がほんの少し風が吹いている状況であるのに対し、breezy は強めの風が吹いている状況を表します。 「windy」はけっこう強い風が吹くさま windy は、強い風が吹いている状況を表します。 心地良さはありません。 「gale」はかなり強い風に吹かれるさま gale は、とても強い風(=strong wind)を表します。 特に、海から来る強い風を指して使うようです。 日本語では「強風」と訳されます。 It is blowing a gale. 強風が吹いている 「gusty」は突然吹く強い風 gust は、「突然の強い風」を意味します。 gust の形容詞形 gusty は、「突風の多い」「突風の」と訳されます。 「stormy」暴風というか嵐 storm は、強い風と激しい雨、そしてしばしば雷をともなう天気を指します。 日本語で言う「嵐」です。 storm の形容詞形 stormy で、「嵐のような」「暴風が吹く」を意味します。 そして、stormy をさらに激しくした天気を tempestuous と呼びます。 「blusterous」は突発的な強風・暴風 blusterous は、突発的な強い風を表します。 storm(嵐)の雨がないバージョンと考えて良いでしょう。 特殊な暴風:typhoon typhoon(台風)は、storm(嵐)の中でも、インド洋や大西洋で発生する熱帯暴風を指します。 特殊な暴風:tornado tornado(竜巻)は、回転する風によって漏斗形の雲が発生し、嵐と同じシステムで移動します。 恐ろしい破壊力を持ち、特に西アフリカやアメリカで発生します。 特殊な暴風:hurricane hurricane(ハリケーン)は、回転しながら動く、破壊的な風を指します。 特に西大西洋で発生します。 「雷」を表現する英語 日本では、「雷鳴」と「稲光」を分けて言及することはまれで、その全体像を指して「雷」という単語が使われます。 しかしながら、海外では雷鳴と稲光を分けて使うことが一般的です。 「thunder」は雷鳴 thunder は、嵐の最中に、突然空から聞こえてくる大きな音を表します。 日本語で言う「雷鳴」に該当します。

次の

天気予報で使われる英語表現 ~実例を交えて解説~

天気予報 言い回し

天気 まずは天気や自然現象にまつわる単語を見ていこう。 天気 n Wetter ヴェッター 悪天候 n Unwetter ウンヴェッター 晴天 m Sonnenschein ゾンネンシャイン Sonnenscheinは晴天や日光という意味を持つ。 また、自分にとって重要な人を指してこの言葉を使うこともある。 風・雨 風 m Wind ヴィント 強風 m Sturm ストゥルム 雲 f Wolke ヴォルケ 雨 m Regen レーゲン 嵐 n Gewitter ゲヴィッター 霧 m dichter Nebel ディヒテ・ネーベル 雪・氷 雪 m Schnee シュネー 霜 m Raureif ラウライフ 雹 m Hagel ハーゲル 氷 n Eis アイス 雷 稲妻 m Blitz ブリッツ 雷鳴 m Donner ドナー ドイツ語では、雷の光はBlitz、と落下の際の衝撃音はDonnerと呼ぶ。 両方を指して使う場合は、Blitz und Donnerと言う。 虹・蜃気楼 虹 m Regenbogen レーゲンボーゲン 蜃気楼 f Fata Morgana ファータ・モルガーナ 天気を表現するフレーズ 天気について話す際に使われるドイツ語のフレーズを確認しよう。 今日の天気 Wie ist das Wetter heute? ホイテ・イスト・エス・シューン 今日はいい天気だ。 Heute ist schlechtes Wetter. ホイテ・イスト・シュレヒテス・ヴェッター 今日は天気が悪い。 Heute ist das Wetter vergleichsweise mild. ホイテ・イスト・ダス・ヴェッター・フェアグライヒスヴァイゼ・ミルト 今日は昨日までと比べて天気が穏やかだ。 雨・嵐 Der Himmel hat sich zugezogen. デア・ヒミール・ハット・ジッヒ・ツーゲツォーゲン 雲に覆われてきた。 Es regnet. エス・レグネット 雨が降っている。 Ich bin in einen Sturm geraten. イッヒ・ビン・イン・アイネン・シュトゥルム・ゲラーテン 嵐に巻き込まれたよ。 天気予報 次に天気予報で使われるドイツ語単語を見ていこう。 天気予報 f Wettervorhersage ヴェッターフォアヘザーゲ 晴れ sonnig ゾニック 曇り bedeckt ベデックト 雨がちな regnerisch レグナリッシュ 風の強い windig ヴィンディック 霧がかかった nebelig ネーブリック ぐずぐずした天気 wechselhaft ヴェクセルハフト ドイツの公共機関、ドイツ気象局Deutscher Wetterdienstのホームページ。 天気予報の例 次は天気予報の例を見てみよう。 天気予報で使われるお決まりの定型句や全体の流れがわかると思う。 今日の天気です。 北や東北の地域は深い雲に覆われるでしょう。 Im Lauf des Vormittags ist mit einzelnen Schauern zu rechnen. 午前中にはところにより雨が降るでしょう。 西や南の地域では対称的に、午後まで日差しが強く空は晴れ渡るでしょう。 Dort bleibt es weitestgehend trocken. 多くの地域で雨は振らないでしょう。 " 気温は、北岸では5度、バイエルンアルプスでは12度と開きがあるでしょう。 気温・湿度・気圧 ドイツは冬は長く寒いが、夏は湿度が低く快適に過ごせる。 年間を通じて気温は日本よりも低い。 原則的に高気圧は晴天をもたらし、低気圧は悪い天気をもたらす。 自然災害 ドイツ語圏の国は日本と比べると自然災害は少ない。 しかし、数年に一度は大雨や暴風などの被害が発生する。 警報・注意報 ドイツでは気象予報での警報・注意報に区別はなく、注意喚起はすべて警報Warnungと呼ばれる。 警報は4つのランクで表現される。 Stufe 1: Amtliche Warnungen Gelb レベル1 注意喚起(黃)• Stufe 2: Amtliche Warnung vor markantem Wetter Orange レベル2 異常な気象ではないが危険(オレンジ)• Stufe 3: Amtliche Unwetterwarnung Rot レベル3 とても危険。 災害による被害が見込まれる(赤)• Stufe 4: Amtliche Warnung vor extremem Unwetter Dunkelrot レベル4 極めて危険。 身を守るための準備・対策が必要(濃い赤).

次の