お祭り 男 休止 理由。 イッテQ お祭り企画休止に阿鼻叫喚 文春砲余計なことを?日本の恥?

イッテQ お祭り企画復活!宮川大輔男泣き?休止の理由はやらせがあったから?

お祭り 男 休止 理由

お祭りは毎年一年に一度の大イベント。 本当に楽しみな日です。 その日のために、一年間かけてご縁を繋ぎ、あたため、やっとその一日を迎える事になります。 しかしふと考えると、お祭りは楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんあります。 それでもなぜ、続けていかなければいけないのか。 少し考えてみようと思います。 「続けていかなければいけない」と決まっているわけじゃない 客観的に考えてみると、絶対に続けていかなければいけないと決まっているわけではありません。 そんなことどこにも書いていない。 しかし、お祭が行われている人たちはしばしば、絶対に続けていかなければいけないと本気で思っているし、そう言います。 僕も激しくそう思いますが、その根底にあるものは、一体何なのでしょうか。 「伝統だから続けていかなければいけない」という言葉のあいまいさ なぜ祭を続けていかなければいけないのかという質問に、「伝統文化だから」という言葉が返ってくることがあります。 しかし、その言葉の真意をつかむには、もう少し意味を考えてみる必要があります。 まず、伝統文化、とは何なのでしょうか。 残すべきものと、残してはいけないものを選択していくことがいつの時代にも求められているはずで、 「選択する」という行為が失われた文化は、いつの日か活力を失ってしまいます。 「伝統だから」続けていかなくてはいけないわけではないのです。 それではなぜ、続けていくのか。 僕たちは何を守っているのか。 続けていかなければならないという意識が祭を実行する人たち全員から無くなってしまえば、「続けていかなければならない」というルールは同時に無くなり、祭は途絶えてしまいます。 逆に言えば、「続けていかなければならない」という意識が残っているうちは、そのルールは存在し続けるのです。 つまり、祭を続けていけるかどうかはその「思い」をいかに守り続けていくかにかかっています。 祭は様々な様式がありますが、守っていくのはその形式なのではなくて、「続けていかなければならない」という意識なのです。 そして、その 思いを継承し、次世代へ伝えていくことが現代の我々のひとつの本質的な役割だと言えるでしょう。 その襷リレーがどこかで途絶えてしまえば、祭、だけでなく伝統文化はそこで途絶えてしまうのです。 その思いを繋ぐために 祭に対する思いを繋ぎ、伝えていくためにはどうすればいいのでしょうか。 僕は真摯に、「良い祭」を突き詰めて行くことだと思います。 それは、祭に関わった人全てが満足し、素晴らしい物をリュックに詰めて持ってかえってもらえる、という事であると思います。 神様が慶ぶ、という表現を良くしますが、それは我々にとっての最大の慶びを表現しています。 祭の日に集まって協力してもらえた人達全てが笑顔で素晴らしい時間を祭を中心に過ごすしていること。 その情景を、自分達が、ではなく、神様が、慶んでいると表現するところに日本人の奥ゆかしさ、そして神社や自身の文化への敬いが感じられます。 「神様が慶ぶような」お祭を仲間たちと協力し、重ねていくことがさらに「神様を慶ばせ」、祭の質を高めて行くことになるはずです。 そういった風景を紡ぎ続け、人の記憶に刻んで行くことがどんなテクニカルな手法よりも、一番シンプルでパワフルな在り方なのだと考えます。 なぜ、続けていかなければいけないのか それは偏に、現在まで祭が続いている事実は、前記の様な情熱を先人が傾け続けてきたからだと思います。 自身の先祖、そしてその土地を守ってきた人達が命がけで守り、大切にしてきたものが継承された以上、それをさらに次に渡して行くことは大切な役割です。 大切な人達が大切にしてきたという理由以上の理由を突き詰める意味を僕は見出だすことは出来ません。 ただ、同時にそれは強要することは出来ないということも理解すべきです。 例えば、どんなに今を生きる人達が一生懸命文化を守るために命を尽くしても、次世代がここで終わりにしようとやめてしまえば、その選択を僕らが否定することは出来ません。 選択する権利が今僕たちにあるからこそ、責任を以て紡いでいくことが必要なのではないかと思っています。 nobuya315.

次の

『イッテQ』祭り企画は休止に 日テレ「面白ければいいということでは済みません」

お祭り 男 休止 理由

Post Views: 378 とうとう日テレの社長が、謝罪とともにお祭り企画の休止を発表しました。 これが全文です。 日本テレビ・大久保好男社長:「『イッテQ!』のお祭りの企画について疑念を生み、ご心配をお掛けする事態となりました。 申し訳なく思っております。 視聴者の皆さん、出演者の皆さん、現地で制作に協力して頂いた皆さん、その他、報道関係の皆さん、多くの関係者の皆さんにおわびを申し上げます。 イッテQ!の祭りの企画について調べを進めています。 調査の結果についてはしかるべき機会に、また報告したいと思います。 イッテQ!のお祭りの企画に関しましては、皆様のご批判、ご指摘を真摯に受け止め、視聴者の皆さんに自信を持ってお届けできる体制が整うまで当面、祭り企画は休止と致します」 目次• このことについて、皆さんの反応まとめ 日テレ最強伝説の崩壊 「つまりは、ヤラセをしてたと、白状した訳やね。 日テレ最強伝説の終焉の始まりやね。 確か、フジでも同じように人気番組でもヤラセが発覚してから、最強伝説の終焉が始まったんだよね… そして今の体たらくになってる(笑) 日テレ一強時代も、平成の終わりと共に終わるのかもしれない。 」 正直にやってればよかったのに 「ネタ切れの時、「ネタ切れです。 去年も行った、あの祭りに行きましょう」で良かったのではないだろうか。 参加者の顔ぶれは変わっただろう。 逆に、「あの人、去年も居た」もそれはそれで面白かっただろう。 現地の常連とイッテQの間で変な因縁ができればドラマにも出来たまあ、後の祭りだけどね」 初動の遅れで文春砲第2の矢発動 「頭の中がとてもおめでたい。 ヤラセだったら企画じゃなく、番組打ち切りなのが当たり前。 判断も遅いし、スタッフに反省の色が見えない。 一番の被害者は内村さんかな。 」 組織を守ろうとするあまりに、どうしても最初の対応を間違えてしまうんですよね。 「うちじゃない、向こうのやっていたこと。 自分たちじゃないんだ」と言う言い方をしてしまいましたからね。 これをやると、いかにも責任を他に押し付けているようにしか見えないので、一般の人の反感を買ってしまい、それを察知した文春砲が第2の矢を浴びせかけることになってしまいました。 まずはトップが出てきて「ごめんなさい」が必要ですね。 ベッキーの時にも、フットボールの日体大の時にも、最初の「ごめんなさい」がなかったばっかりに燃え上がったのですから、他山の石として意識しておけば同じことは起こらなかったと思うんですがね。 また、文春砲がやってくれたな。 「バラエティー相手に正論ぶって金儲けですか。 人気番組だから部数は上がったんでしょうか?ほんと、ゲスな雑誌ですね。 」 「これで満足かな?文春と頭の悪いクレーマーども!日本で数少ない面白い番組がどんどん無くなっていく、それで最近の番組はクソとかほざきだす、自分達が潰してるくせにな!まぁイッテQが打ち切りにならなかっただけまだマシか」 謝る必要無し!ドキュメンタリー番組じゃないのに…なんなんだ文春は?余計なことするよね。 」 「謝らないで欲しい。 番組の企画として成り立ってるんだから。 文春のヤラセって表現がおかしい。 」 「文春いみふ。 テレビの、数十分の、バラエティ番組だからね?テレビの娯楽だからね?その裏までとるか普通。 名前が売れて頭おかしくなったんじゃん?そのうち子供番組の撮影舞台の裏にまで入るんじゃね。 ジャーナリズムじゃなくて、単なる揚げ足ズムだろ。 」 小室等の引退の時に、文春砲は相当叩かれたはずですが、また、同じことをしたなと言う印象。 最初の矢で留めておくことも懸命な判断であると思うのですが。 やりすぎて壊してしまったら、それが正義といくら思っていても、多くの人から反発されるでしょう。 人気のあるコンテンツを消してしまわなければならなかったのか。 文春砲にそこまですることが許されているのか。 これは多くの人が思っていることかもしれません 文春砲は、他に叩くとこがあるだろ バラエティーのヤラセ叩くより、報道番組のヤラセを叩けよ。 何なら局ごと潰してもいいから。 「そんな事よりあのうさん臭い24hテレビをもうやめろ」 「それよりもギャラが発生する24hチャリティー番組打ち切った方がまだ納得する。 」 「もっと他に叩くところがあるだろ!」とうのは、小室等を引退に追い込んだ時に、最も囁かれた言葉ではなかったかと思います「 バラエティを叩くのなら、そのファンもたくさんいるのだと言うことを踏まえて、壊れるまで叩くんじゃなくて、ある程度で活かす、というのがいいんじゃないでしょうか。 そして、叩くべきは巨悪。 体臭が楽しみにしている番組なんかではなく、巨悪。 そういうスタンスが必要なんじゃないか?らという意見ですね。 出演者は悪くない! 「サイテーだよ💢出演者は悪くないのに、そちらへのバッシングはやめて欲しい。 宮川大輔さんは本当に一生懸命だったから、悔しい。 この数十年どれだけ頑張ったと思ってるのだろうか。 年老いてもやらせ無しの命懸けで頑張って来たのに、生きるために仕事頑張ってただろうに。 それが番組のヤラセで企画ぱぁーだよな。 宮川大輔さんにちゃんとやらせ無しの企画作ってあげなさい。

次の

「イッテQ!」のヤラセ騒動が“お祭り男”宮川大輔の追い風になるって!?

お祭り 男 休止 理由

毎年4月の第一日曜日に神奈川県川崎市、。 日本が誇る奇祭のひとつとしてマニアの間ではかなり有名なイベントだ。 男根をかたどった巨大なピンクの「御神輿」が話題となり、現在では国内外から多くの人が詰めかける。 ・神社は見物客ですし詰め状態 メイン会場である金山神社に到着すると、すでに大勢の見物客でにぎわっており満員電車のようなすし詰め状態。 とくに欧米系の外国人が多く、エキゾチックな行事でありながらグローバルなムードにあふれ、ひと言で表すなら「カオス」状態。 ・色も形もさまざまな神輿 境内に入ってまず目に付くのはやはり、男根をリアルかつ忠実にかたどったピンクの「エリザベス神輿」。 目の前で見るとかなり大きい。 予想よりずいぶんご立派! その横に「かなまら大神輿」、「かなまら舟神輿」が並ぶ。 ちなみに大神輿は木製、舟神輿は鉄製の男根が納められている。 ・男根グッズがわんさか 境内の屋台にも、これでもかと言わんばかりに男根グッズが集結。 Tシャツ、アメ、置物、てぬぐい、ろうそく……等々、まさに男根尽くしで何かが完全にマヒしてしまいそう。 ・鳥居をくぐるたびに大歓声 公式サイトの祭事予定では11時スタート、13時から神輿巡行とあったが今年は10時スタート・12時すぎに神輿が出発。 お囃子にノッて境内の盛り上がりも最高潮に! 神輿が鳥居をくぐるたびに歓声がわき起こり、巨大な男根様たちはどこか誇らしげに住宅街へとくりだしていかれた。 ・エイズ除けの祭りとして有名 ちなみにこの「かなまら祭」は、もともと「鍛冶の神様を祭る神社ですが、江戸時代川崎宿の飯盛女達の願掛けに端を発しこの「かなまら祭り」が行われるようになりました。 商売繁盛・子孫繁栄(子授け)・安産・縁結び・夫婦和合のご利益があると云われます。 また近年、エイズ除けの祭りとして国際的にも有名になりました」(公式サイトからの引用)とのこと。 意外と(?)由緒正しくご利益もたっぷりのお祭りに、来年はぜひ参加してみてはいかが? Report:mami 参照元: [ ].

次の