生理 体重変化。 生理前は体重増加するもの?生理前・生理中・生理後のおすすめダイエット

体重は減るけど見た目は変わらないのはなぜ!?その理由とは

生理 体重変化

生理前にいつも1~2kg太ってしまうと悩んでいませんか? 生理中・前に体重が増えて太ってしまう、という悩みを抱えている女性は多くいます。 生理に関連して体重が増加する原因は、ホルモンバランスの変化など色々と紹介されます。 しかし、 本当の原因はほとんど知られていません。 そのせいで、「豆乳を飲むと良い」など、効果がないどころか逆効果の方法が紹介されたりします。 生理前に体重が増える本当の理由を知っていれば、その対応策も簡単に分かります。 この記事で、生理で体重が増えるメカニズムと、効果的な対応方法を紹介します! この記事は、科学的な知見と医師やトレーナーへの指導経験も持つ、Plez(プレズ)のコンサルタントが作成しました。 (ダイエットの結果には個人差があります) 目次• 生理前・中に体重が増加して太る理由 生理前に体重が増えて太る原因としては、ホルモンバランスの変化・基礎代謝の低下など、さまざまな理由が言われます。 しかし、本当の理由を説明できている情報はほとんどありません。 まずは、よく目にする情報の真相をお伝えします。 1ホルモンバランスの変化 生理前に太る理由として、「プロゲステロンやインスリンといったホルモンが増加して、脂肪を貯えようとする」というものがよく紹介されます。 だいたいの情報で、【ホルモンバランスの変化が原因】という説明がされます。 しかし、 生理前に体重が増えるのは、ホルモンバランスの変化によって太るからではありません。 「ホルモンバランスで太りやすくなる」と言われる時に、「具体的にどれぐらい影響があるか」ということは、ほとんど紹介されません。 実は、説明する方も、具体的な影響を知らずに言っているのです。 ダイエットでは、いい加減な情報、間違った情報があふれています。 本物の情報を見つけるポイントの1つは、「具体的な影響・効果を説明しているか」ということです。 女性は、生理周期によって、ホルモンの影響などで基礎代謝が変化します。 根拠論文: 成人女性の基礎代謝の平均は、1,100kcalぐらいです。 そのため、 生理中・前の1日の基礎代謝の低下は、100kcal程度なのです。 具体的な影響は、 体脂肪たった15g分程度なのです。 消費カロリー全体でも、100~200kcal程度です。 ホルモンバランスの変化による消費カロリーの減少はありますが、実際の影響はかなり小さいのです。 参考記事: 1. 2生理前は栄養を吸収しやすい? 「生理前は、ホルモンの変化によって栄養を吸収しやすくなり、脂肪を溜めやすい体になる」と言われることがあります。 これも同様に、具体的な影響を見ると、間違っているということが分かります。 普段から、食事で摂ったものをほぼ全て体に吸収しているのです。 そのため、生理前に栄養の吸収率が上がって太る、ということはないのです。 3生理前は食欲が増える 生理前になると、食欲が増えて、特に甘いものが食べたくなるということがよくあります。 それが原因で、摂取カロリーが増え、体脂肪が増えやすいというのは事実です。 ただ、少し食べたからといって、 短期間で体脂肪が1~2kg増えたりしません。 体脂肪は、1kgで7,000~7,500kcalのカロリーを持ちます。 太るのは、摂取カロリー>消費カロリーになり、余った脂質が体脂肪に合成されるからです。 そのため、体脂肪を1kg増やすには、摂取カロリーを消費カロリーより約7,000kcal多く摂らないといけないのです。 もちろん食べ過ぎには注意ですが、少し食欲が増えたからといって、短期間でこんなに摂取カロリーが増えることはほとんどありません。 せいぜい、1日に+200kcal程度です。 200kcalだと、 影響は体脂肪25gぐらいです。 消費カロリーの低下と併せても、影響は50gちょっと程度しかありません。 生理前は、1日で1kgぐらい体重が増えることもあります。 ただ、1日で1kg体脂肪を増やそうと思ったら、ステーキ1kgと米12合ぐらい食べる必要があります。 ダイエットを頑張っても食べ過ぎても、 体脂肪は多くて1日に100g程度しか変動しません。 生理前に増える体重は、ほとんどが体脂肪以外の影響なのです。 生理前に体重が増えるメカニズム 生理前に体重が1~2kg増えるのは、体脂肪が増えて太ったからではありません。 ほとんどが 水分の影響なのです。 水分は体脂肪よりもはるかに変動しやすいものです。 体脂肪は多くても1日に100g程度しか変わりません。 一方、 水分は簡単に1~2kg変動します。 食品も約8割が水分で、1日に2~4kg水分を摂っています。 そして、 生理前は体が水分を溜めやすくなります。 その影響で、体重が増加するのです。 体脂肪計で測ると、体脂肪率・量も増えているかもしれませんが、それは体脂肪計の誤差です。 体脂肪計は誤差が大きく、体重以外、全然正確な数値を測れないのです。 Plez(プレズ)のダイエット方法では、体脂肪計は体重計として使います。 生理前に体重が増加するのは、水分が増えることが本当の原因です。 そして、生理後が痩せ期というわけでもありません。 生理後に体重が落ちるのも、生理前に増えた水分が抜けるからです。 生理前後に水分で体重が変化しても、それは太ったわけでも痩せたわけでもないのです。 Plez(プレズ)の女性のクライアントさんからは、ダイエットの経過をチェックするときに、「生理が終わって、体重が落ちてからお願いします!」なんて依頼も来たりします。 見かけの数字が変わるだけなので、残念ながらそれは却下しますが 笑 生理前後の体重の変化というのは、単に水分が変化しているだけなのです。 参考記事: 3. 生理前・中に太る対応策 生理前に水分で体重が増えることの対応策は、簡単です。 気にしないことです。 体重は増えても太ったわけではなく、水分は自然に増えるものなので、特に気にする必要がないのです。 ダイエットの目的は、 体脂肪を落とすことです。 キレイなスタイルや健康な体を作るために、体脂肪を落とすことが、ダイエットの目的です。 体重を気にするのは、体脂肪の目安となるからのはずです。 もし、重力がなくなって体重がなくなったとすれば、誰も体重を気にしなくなります。 そうなったとしても、スタイルを良くするために、体脂肪を落としたいと思うはずです。 体重は、あくまでも目安に過ぎません。 そして、その目安が水分で動いても、体脂肪が増えていないなら、特に気にする必要はありません。 大切なのは、体重ではなく体脂肪です。 体重ばかり気にすると、ムダな方法や、むしろスタイルが悪くなる方法を実践してしまうこともあります。 体重はあくまでも目安と考えて、水分による変動を気にしすぎないようにしましょう。 参考記事: 3. 2生理前・中の豆乳が効果的? 生理前に太る対策・生理後に痩せる方法として良く紹介されるのが、豆乳です。 豆乳を飲むと、イソフラボンが摂れて女性ホルモンが増え、痩せやすくなると言われます。 しかし、これは間違った情報です。 豆乳に特別なダイエット効果はありません。 根拠論文: そして、実は 豆乳は100gで46kcalと、コーラとほぼ同じカロリーがあります。 ダイエットに効果的と思って豆乳をたくさん飲むと、逆効果になってしまうのです。 そもそも、生理前に体重が増えるのも、生理後に体重が減るのも、体脂肪ではなく水分の変動です。 そのため、変に体重を増やさない・減らす方法を実践しても、残念ながらムダに終わってしまうのです。 そして、生理前に体重が増加することを特に気にする必要はありません。 ダイエットの本当の目的と、体重の正しい意味を知っていれば、数字の変化や間違った情報に惑わされなくなります。 参考記事: 生理と体重増加まとめ いかがでしたでしょうか? 生理前の体重の増加は、特に気にしなくて大丈夫です。 少々食べ過ぎたとしても、体脂肪は短期間で大きく増えないので、気にしすぎる必要はありません。 もちろん、食べすぎには注意しましょう。 ただ、食欲が増えたり甘いものが食べたいなら、少々食べても大丈夫です。 トータルのカロリーが大事なので、他のものを減らして甘いものを食べたり、生理が終わってから節制するという方法もあります。 短期間での体重の変動を気にしすぎると、間違った方法・逆効果のない方法を実践してしまいがちです。

次の

生理中の体型の変化って・・・なぜ?

生理 体重変化

1:生理前は体が重い…生理前に体重増加する原因と対処法は? 女性ならば、生理前には体が重たく感じて、生理が終わるとスッキリした気分になることを経験したことがあるのではないでしょうか。 それは「生理だから……」というメンタルだけではなく、生理そのものと関係があるのか気になりますよね。 そこで今回は、女性たちの体験談を含めながら、生理と体重増加の関係についてご紹介します。 2:食べてないのに太る!生理前の体重に関する素朴な疑問 まずはよくある生理と体重の関係に関する疑問点を見ていきましょう。 女性の体の仕組みについて精通していて、ライターとしても活動している、看護師の大木アンヌさんにお話を聞いてきました。 (1)生理前に体重増加する原因 大木:生理の前は、子どもをつくる準備として体内に水分をためるため、むくみやすくなるというのはあると思います。 また体内のリズムの関係で、食欲が増すという要素もあるでしょう。 便秘なども関係しているかもしれません。 生理前にむくみで顔が朝からパンパンになってしまったり、普段より食欲が増して、食べても食べても口寂しかったりする経験をしたことがある女性も多いでしょう。 生理前の食欲の増加は、「我慢できない自分」を責めてしまいがちですが、しかし体が子どもを産むための準備をしているとわかれば、少しは自分に優しくなれそうです。 (2)生理前の体重増加は何日前から? 大木:個人差があると思いますが、だいたい2週間前後といわれています。 基礎体温をつけるアプリなどにも、生理との関係で体調の変化をお知らせしてくれる機能がついていますよね。 私の使っているアプリでは、生理前2週間になると「そろそろ体重が増えやすい時期になってきました」というメッセージが表示されます。 もちろんそれ以外の要因もあるでしょうが、このメッセージを見ると「あぁ、ダイエットに向かない時期だな」と意識できます。 (3)体重減少する人も…生理前に体重が減る原因 大木:人によっては体重が減少する場合もあるようですが、これは体調の変化によって、食欲が湧かないせいではないでしょうか。 もしくは、体内の水分量が増えているため、胃腸の機能が低下するといった理由もあるかもしれません。 (4)生理直後は体重が減るチャンス!ダイエットはいつから始めるべき? 大木:女性の体のリズムの流れで、生理直後の体はやせやすい状態となっています。 適度に食事を摂って、ほどよい運動を取り入れると、効果的にダイエットを進めることができるでしょう。 3:体重増加を乗り切る!生理前のおすすめダイエット方法 大木アンヌさんのコメントにもあったように、生理前はむくみや便秘が起こりやすい時期。 そのため、あまりダイエットに向かない期間でもあります。 この時期は無理をして頑張るよりも、むくみにくくしたり、便秘を解消できる方法を探したほうが効率がいいでしょう。 実際に改善に取り組んでいる人の話を聞いてみると、 「むくみがひどいと思ったら、カリウムが豊富だといわれているバナナやアボカドを食べるようにしています」(Iさん・29歳女性) 「便秘がつらくなるので、この時期は食物繊維が豊富な大根をたくさん食べまくります」(Yさん・28歳女性) などいった方法を取り入れている人がいました。 自分の体調の変化をしっかりと確認しておけば、自分の体に合った食材を選ぶことも可能に。 自分自身の体が欲しているモノは何なのか探してみてはいかがでしょうか。 4:体重が減るタイミングも?生理中のおすすめダイエット方法 生理中は熱っぽかったりお腹が痛かったりと、あまりダイエットには向かない時期ですが、ダイエットをしたいなら、無理をしない範囲でできることを実践してみましょう。 実際に改善に取り組んでいる人の話を聞いてみると、 「生理中は、ヨガやリンパマッサージをしています。 そうすると生理痛が楽になります」(Iさん・29歳女性) 「生理が始まると食欲が減るので、鉄分やビタミンが多くてカロリーは控えめな食事に切り替えます」(Yさん・28歳女性) といった声が聞かれました。 激しい運動をすると気分が悪くなってしまうという人もいるでしょう。 そういう人でも取り組めるのがヨガ。 血の巡りが悪くなっている時期でもあるので、少し体を動かすことで温まり、つらい症状が軽くなることもあります。 5:生理中の体重増加はいつ戻る?生理後直後のおすすめダイエット方法 生理後は1か月の中でいちばんやせやすい時期とされています。 気分もハツラツとしていて、やる気もアップしますよね。 この時期は、思いきり体を動かすダイエットがピッタリです。 実際にダイエットに取り組んでいる人に聞いてみると、 「生理後は筋トレに力を入れます。 生理前は思ったように体が動かないし、生理中は筋トレするとどうしても体調が悪くなるので、この時期にみっちり行うようにしています」(Iさん・29歳女性) 「生理が終わったらランニングに出かけます。 それまでしばらくは運動していないことが多いので、体中の血流がよくなって、すごく気持ちが良いです」(Yさん・28歳女性) といったように、運動をしている人が多かったです。 生理直後は積極的にダイエットをしていきたい時期です。 自分がやってみたいと思ったダイエットを試すならこのタイミングで! 6:生理とダイエットは密接な関係が! ダイエットというのは、結果がすぐに現れるときと現れないときがありますが、その要因のひとつは生理との関係かもしれません。 もちろん体調が悪くならない限り、ダイエットはいつスタートさせてもOKなもの。 ただし、やせやすい時期にスタートしたほうが結果が出やすいため、モチベーションも高く保てるかもしれません。 【取材協力】 大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。 家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。 この記事を書いたライター 大山奏 K. Ohyama スピリチュアルと運動が好きなアウトドア系ライター。 整体師、カラーセラピスト、アロマテラピーインストラクター。

次の

生理前は太る?体重が増加する理由とダイエット方法 [ダイエットの基本] All About

生理 体重変化

もくじ• 生理前に体重増加するのはなぜ? 生理前の体重増加は女性ホルモンが影響しています。 女性ホルモンには美ホルモンと呼ばれるエストロゲンと、母ホルモンと呼ばれるプロゲステロンとがあります。 この2つのホルモンが約28日~35の周期で、優勢になったり劣勢になったりすることで体に変化が起こるのです。 エストロゲンが優勢なときは、体調が良くなり代謝を上げてダイエットのサポートをしてくれます。 一方、 プロゲステロンは妊娠しやすくするためのホルモンなので、このホルモンが優勢なときは水分や栄養を溜め込もうとします。 生理前の約14日間はプロゲステロンの分泌が多くなるため、水分や栄養を溜め込もうとして食欲が増加してしまうのです。 この期間は体が溜め込もうとしているので、ダイエットをしてもあまり意味がありません。 では、生理前に増加した体重はいつから落とすことができるのでしょうか? 生理後いつから痩せるの?生理前の食べ過ぎはリセットできる? 生理前の食べ過ぎをリセットできるのはエストロゲン優勢の期間です。 エストロゲンが優勢になるのは生理が終わってから約7日間で、 この期間は1ヶ月で一番体調が良くなり、代謝が上がってダイエットしやすい体になっています。 気持ちも前向きなときなのでダイエットには最適な時期です。 生理前の食べ過ぎをリセットするには、この期間にダイエットを頑張ると成果がでやすいので、運動や食事制限は 生理後の約7日間で行うと良いでしょう。 いつまでに戻すと良いの?生理開始からの約14日間がカギ 生理前に増えた体重を次の生理までにリセットしないと、 また母ホルモンのプロゲステロンが優勢になって食欲が増加してしまいますよね。 プロゲステロンが優勢になるのは生理前約14日間なのに対し、エストロゲンは生理初日から徐々に増えていき優勢になるのが生理後の約7日間なので生理が約7日間と考えると約14日間です。 生理中はあまり無理はできませんが、少しずつダイエットの準備をしても良いかもしれません。 生理中は貧血になりやすいので無理な食事制限はせず、食事内容を変えることでダイエットの準備を始めると良いです。 魚や根野菜を中心とした和食に切り替えましょう。 特にかつおやまぐろには鉄分が含まれているので、貧血になりやすい生理中にオススメの魚です。 根野菜には食物繊維が豊富でお通じを良くしてくれます。 このようにホルモンの変化に合わせたダイエットを考えることで、体に負担をかけずに体重を管理することができます。 生理のサイクルに合わせて食べ過ぎをリセットしよう!! 生理前の体重増加でブルーな気持ちがより一層大きくなるかもしれません。 しかし、そこで焦って無理な食事制限などをしてしまうと、ホルモンのバランスが崩れて余計に太りやすくなってしまったり、生理不順になったりと体にはよくないことばかりです。 食べ過ぎてしまった場合は、生理が始まって食欲のコントロールができるようになったときに食事内容を変えてみることで自分の体をコントロールしましょう。 そして生理が終わって前向きな気持ちでいっぱいになったときに、食事の量を少し減らしてみたりたくさん運動をすることで生理前の食べ過ぎをリセットしましょう。 生理のサイクルに合わせて食事管理や運動をすることで、健康的にダイエットしましょうね。 生理前の体調の変化についての関連記事はこちら.

次の