ドラフト 2019 速報。 中日ドラゴンズ2019ドラフト指名選手と評価

2019プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

ドラフト 2019 速報

評価 A 80 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 堀田賢慎 投手 青森山田 右投右打 二位 投手 JR東日本 右投右打 三位 外野 常総学院 右投右打 四位 投手 前橋商 左投左打 五位 捕手 星稜 右投右打 六位 伊藤海斗 外野 酒田南 左投左打 一巡目指名の奥川恭伸、外れ一位の宮川哲を外し 堀田賢慎を一位指名で獲得しました。 知名度こそ低いものの、素材型として上位候補とされていた逸材です。 将来的には十分チームのエースになってくれるような 高い潜在能力があるでしょう。 二位は太田龍で社会人ですが、こちらも素材型です。 まだまだ潜在能力を発揮していないですが、 ポテンシャルは一級品です。 さらに四位にも素材型左腕の井上温大を獲得。 以上のように、次世代のエース候補をしっかり獲得できたのは高評価です。 巨人の場合は、選手層も厚く、有望若手も多いので、次世代を担う選手を多めに獲得したのはチーム事情としっかり合致しています。 ただ、 菅野が近いうちにMLBへ移籍する可能性もあるので、即戦力投手を獲得しても良かったのでは?と感じました。 ここら辺は来年の課題でしょうか。 ドラフト2019 横浜ベイスターズのドラフト結果と評価&採点は? 続いて 横浜。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 A 85 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 遊撃 桐蔭学園 右投左打 二位 投手 立命大 左投左打 三位 投手 明大 右投右打 四位 捕手 智弁和歌山 右投右打 五位 田部隼人 内野 開星 右投右打 六位 蝦名達夫 外野 青森大 右投右打 七位 投手 有明 右投右打 サプライズで 一巡目指名を森敬斗で行きましたね! 横浜の場合は、ここ最近は一位指名投手がしっかり活躍しており、若手投手陣が豊富です。 その為、投手よりは野手という選択は理にかなっています。 特に二遊間は手薄なので、2019ドラフトの遊撃手No. 1の森に行ったのでしょう。 ただ、現状の戦力を考えると、内野手補強は急務だったと思いますので、 即戦力の方が良かったのでは?と感じます。 二位・三位には大学生投手を獲得しました。 横浜の場合、リリーフが手薄なので、この二人を リリーフとして構想しているのでしょう。 全体的には弱点をしっかり補強した良い選択だったと思います。 ドラフト2019 阪神タイガースのドラフト結果と評価&採点は? 続いて 阪神タイガース。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 B 75 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 創志学園 右投右打 二位 外野 履正社 右投右打 三位 投手 横浜 左投左打 四位 遊撃 東海大相模 右投左打 五位 捕手 中京学院大中京 右投右打 六位 小川一平 投手 東海大学九州 右投右打 阪神は奥川恭伸を外し、 西純矢を一位指名で獲得しました。 西純矢は、佐々木・奥川に次ぐ素材で、将来的にはエースを任せられる逸材です。 ただ、 阪神の補強ポイントは即戦力の野手です。 二位に履正社の井上広大を獲得しましたが、即一軍とはいかずに、3~5年くらいは掛かるでしょう。 そういった意味では、今回のドラフトでは高校生指名が多く、チーム状況に沿った指名とは思えません。 もう少し即戦力野手重視でも良かったのではと感じます。 もしかしたら今年はFAに力を入れるつもりなのかもしれませんね。 そうであれば、狙い通りのドラフトだったと言えるかもしれません。 ドラフト2019 広島カープのドラフト結果と評価&採点は? 続いて 広島カープ。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 95 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 明大 右投右打 二位 外野 法大 右投左打 三位 投手 霞ヶ浦 右投右打 四位 遊撃 花咲徳栄 右投左打 五位 石原貴規 捕手 天理大 右投右打 六位 投手 丹生高 左投左打 森下を一本釣りしましたね! これだけでも合格、と言いたいくらいの逸材です。 今年のドラフトでは 即戦力としては森下がNo. 1です。 今年悔しい思いをしたカープにとって、この補強は来年に向けての大きなインパクトとなるでしょうね。 二位には外野手の宇草を指名。 宇草は プロでもトップクラスの高い走力があり、打撃も素晴らしいものがあります。 走力野球を掲げるカープにピッタリの選手ですね。 三位には霞ヶ浦の鈴木を獲得。 今年活躍した遠藤の後輩で、当時の遠藤よりも評価高く、潜在能力抜群です。 唯一、 田中・菊池が抜ける可能性が有るので、ここを補強しておく億戦力を獲得しても良かったのかなと思います。 それでも全体的にはほぼパーフェクトなドラフトと言えるでしょう。 ドラフト2019 中日ドラゴンズのドラフト結果と評価&採点は? 続いて 中日ドラゴンズ。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 95 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 三塁 東邦高 右投右打 二位 投手 大阪商大 左投左打 三位 投手 東芝 右投右打 四位 捕手 慶大 右投右打 五位 投手 菰野高 右投左打 六位 竹内龍臣 投手 札幌創成高 右投右打 中日は 石川を三球団競合の上、見事当たりくじを引きました。 昨年の根尾に続いて会心のくじ引きでしたね。 石川は長身ながら柔らかい打撃で、天性のバッティングセンスがあります。 将来的には 日本の中軸を任せられるくらいにやってくれるでしょう。 また、中日の補強ポイントは投手ですが、昨年同様に一位を野手、二位・三位で投手をしっかり獲得しており、今年も良い補強が出来ました。 特に三位の岡野は完成度が高く、 試合を作る能力が高い選手です。 一年目からの活躍が期待できそうですね。 昨年同様に、合格と言えるドラフトだったのではないでしょうか。 ドラフト2019 ヤクルトのドラフト結果と評価&採点は? 続いて ヤクルト。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 100 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 星稜高 右投右打 二位 投手 日体大 右投右打 三位 投手 創価大 右投左打 四位 投手 創価大 右投右打 五位 長岡秀樹 内野 八千代松陰高 右投左打 六位 遊撃 八戸学院光星高 右投左打 奥川恭伸を三球団競合の末獲得! 会心のくじ引きでしたね~ 奥川は高校生ですが、一年目から十分一軍でやれる実力があります。 歴代でもトップレベルの逸材なので、 末永くヤクルトを支えてくれるでしょう。 さらに二位には吉田を獲得。 こちらは 即戦力では森下に次ぐ実力の持ち主で、非常に完成度が高い投手です。 外れで競合もあると思われていた選手なので、残っていてラッキーという感じでしょう。 この二人を獲得出来ただけでも今年のドラフトはパーフェクトといって良いです。 さらに三位で杉山、四位で大西と、 課題の投手陣をしっかり補強出来ました。 これ以上のドラフトはないくらいの会心のドラフトと言えるでしょう! ドラフト2019 西武のドラフト結果と評価&採点は? まずは 西武。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 90 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 東芝 右投右打 二位 投手 三菱日立PS横浜 左投左打 三位 投手 BC武蔵 右投右打 四位 川野涼多 内野 九州学院高 右投両打 五位 柘植世那 捕手 ホンダ鈴鹿 右投右打 六位 投手 日大三高 右投右打 七位 上間永遠 投手 四国IL徳島 右投右打 八位 岸潤一郎 外野 四国IL徳島 右投右打 佐々木朗希を外しましたが、 外れ一位で宮川哲を獲得しました。 西武の場合は投手陣が手薄なので、補強ポイントは即戦力投手です。 社会人No. 1の宮川を獲得できたのは 逆に良かったのかもしれません。 さらに二位で浜屋を獲得出来ました。 こちらは社会人の高卒三年目左腕で、リリーフとしてなら直ぐに戦力になりそうです。 まだ若く将来性もあるので、 将来的には左腕エースにもなれる選手だと思います。 また、BCリーグからはサイドハンドの松岡を獲得。 まだ高卒一年目と若いですが、 リリーフとして意外と早くから活躍できるかもしれません。 その他には六位で井上を指名。 若くて潜在能力が高そうな投手も獲得できており、 投手優先の良いドラフトだった言えるのではないでしょうか。 ドラフト2019 ホークスのドラフト結果と評価&採点は? まずは ホークス。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 B 70 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 外野 JR西日本 右投右打 二位 捕手 東海大 右投右打 三位 投手 東北福祉大 右投右打 四位 小林珠維 投手 東海大札幌高 右投右打 五位 外野 慶大 右投左打 一巡目指名では石川を指名しましたが、 外れで佐藤を指名しました。 ホークスの場合、全体的に戦力が整っているので、特に急務ポイントはありません。 その中でも高齢化が進む野手陣を狙ったドラフトだったようです。 一位指名の佐藤は、社会人ですが高卒三年目と若く、 走攻守で高レベルな選手です。 個人的には二位以下だと思っていたので、ちょっと意外な指名でした。 それでも、ホークスの外野陣は左打者が多いので、貴重な右打者として重宝するでしょう。 二位の海野はちょっと疑問です。 タイプ的には 強肩が特徴の捕手なので、甲斐に近い選手です。 年齢的にもそこまで遠くないので、ダブるような選手を上位で獲得する必要はなかったのかなと思います。 戦力的には余裕があるので、甲斐も含めて捕手のレベルアップを狙った指名なのでしょうね。 ドラフト2019 楽天のドラフト結果と評価&採点は? まずは 楽天。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 B 75 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 遊撃 大阪ガス 右投左打 二位 内野 智弁和歌山高 右投左打 三位 投手 慶大 右投右打 四位 武藤敦貴 外野 都城東高 左投左打 五位 投手 九州産大 右投右打 六位 滝中瞭太 投手 ホンダ鈴鹿 右投右打 七位 水上桂 捕手 明石商高 右投右打 佐々木を外して 小深田を指名しました。 石川の一位指名などの報道もあり、石井GMが野手を欲しがっていたという情報でした。 結果としては一位・二位で内野手を獲得しています。 ただ、遊撃手は茂木がいますし、セカンドは浅村がいます。 小深田をどこで使うつもりなのか?が気になりますね。 もしかしたら外野という選択もあるのかもしれません。 また、黒川に関しては、打撃が良いので、将来の中軸候補として良い指名だったと思います。 三位の津留崎もリリーフとして即戦力として活躍出来そうな実力があります。 ドラフト2019 ロッテのドラフト結果と評価&採点は? まずは ロッテ。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 95 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 大船渡高 右投右打 二位 捕手 東洋大 右投左打 三位 外野 国士舘大 右投左打 四位 横山陸人 投手 専大松戸高 右投右打 五位 遊撃 法大 右投左打 佐々木を四球団競合の末、見事当たりくじを引きました! 昨年の藤原に続き、会心のくじ引きですね~ 正直なところ、佐々木獲得だけでも合格です。 それに加え二位には佐藤を獲得。 佐藤は捕手ですが、走力も高く、 外野手としても十分やれます。 田村との競争次第ですが、捕手として厳しければ外野手という選択肢も考慮して佐藤を指名したと思われます。 ロッテは外野手のFA状況や高齢化があるので、 外野手の補強はチーム事情にマッチしていますね。 三位でも高部を獲得しており、良い指名が出来たと言えるでしょう。 ドラフト2019 日本ハムのドラフト結果と評価&採点は? まずは 日本ハム。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 A 80 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 JFE西日本 左投左打 二位 投手 東海理化 右投右打 三位 上野響平 遊撃 京都国際高 右投右打 四位 鈴木健矢 投手 JX — ENEOS 右投左打 五位 投手 創価大 右投右打 六位 梅林優貴 捕手 広島文化学園大 右投右打 七位 片岡奨人 外野 東日本国際大 右投左打 佐々木を外し、 外れ一位で河野を獲得しました。 河野は社会人ですが、高卒三年目と若いです。 ここ一年で球速グングン伸ばしており、まだまだ成長段階で、それでいて大人の投球が持ちあじの左腕です。 今シーズンは先発で困っていただけに、 一年目から一軍で戦力になるでしょうね。 二位にはこちらも高湿三年目の社会人である立野を獲得。 立野は即戦力とは言えませんが、高い将来性が期待されている逸材で、一位候補とまで言われていました。 また、 五位で望月を獲得できたのは流石だなと思いました。 望月はノビのあるストレートが魅力で、まだまだ伸びしろもありそうです。 個人的には上位で消えると思っていたので、ラッキーという感じですね。 また、 育成枠で長谷川を獲得しています。 個人的には上位レベルの実力があると思っていましたので、ここまで残っていたか!という驚きがありました。 意外と早くから一軍で投げられるような気がしています。 全体的には、投手優先でまずまずのドラフトだったと言えるでしょう。 ドラフト2019 オリックスのドラフト結果と評価&採点は? まずは オリックス。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 A 85 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 興南高 左投左打 二位 遊撃 駿河総合高 右投右打 三位 投手 近大 右投左打 四位 投手 津田学園高 右投右打 五位 内野 国際武道大 右投左打 石川、河野を外し、 外れ一位で宮城を獲得しました。 オリックスの場合は、若手投手が台頭しており、投手はそこまで必要ないでしょう。 ただ、投手はいくらいても良いですし、年齢的にそこに続く高校生投手であれば指名するのはありです。 宮城は高校生左腕No. 1という評価で、 貴重な本格派左腕を獲得できたのは良かったのではないでしょうか。 さらに二位には紅林を獲得。 長身ではあるものの動けるタイプで、高い身体能力があります。 当時の坂本より上というスカウト評価もあるほどの逸材です。 オリックスは内野が手薄なので、将来性抜群の大型遊撃手を獲得できたのは大きいですね。 さらに、手薄なリリーフの補強として村西を補強。 全体的には合格と言えるドラフトだったのではないでしょうか。

次の

Mリーグドラフト会議2019の結果速報!

ドラフト 2019 速報

3年連続で甲子園に出場した遊撃手。 1年夏は控えで、2、3年夏は正遊撃手として甲子園に出場。 U18W杯では不動の3番としてチームトップの10安打をマークした。 スカウトから木製バットの対応力や粘る技術を評価され、反応の鋭さや強肩の守備に高校トップ級の遊撃手と評される。 韮沢のもとにはNPB11球団から調査書が届いており、その全ての球団と面談。 同校から4年連続でドラフト指名が続いているが「プレッシャーはないです。 先輩たちのようにしっかり努力するだけ」と話していた。 目標とする選手は西武秋山翔吾。 新潟・魚沼市出身、177センチ、80キロ、右投げ左打ち。 1打者。 貴重な打てる捕手として大きく育ってほしい。 2年連続出場の今夏は、初戦の星稜(石川)戦でドラフト1位候補右腕、奥川恭伸から強烈なライナーの中前打を放った。 右翼への打球が浜風に戻され右飛になる場面もあった。 その対戦が刺激になっており「あそこに追いつきたいという思いと同時に、同じチームになって、あの球を受けてみたい」と心境を口にした。 甲子園で初戦敗退した翌日、志望届の提出を明言した。 帰道後、端場雅治監督(50)にも相談。 同校出身のドラフト指名選手は過去5人のうち投手が4人で、野手は電電北海道を経て84年に近鉄5位指名を受けた外野手の故鈴木貴久さんのみ。 同監督には「野手は相当厳しい道になる」と諭されたが、持丸は「それでも目指したい」と強い決意を口にし、同監督も賛同した。

次の

阪神ドラフト2019指名1位の結果速報!ファンの反応とみんなの声まとめ!

ドラフト 2019 速報

2019年のプロ野球レギュラーシーズンが終われば、日本シリーズ開催前の大イベントでもある「プロ野球ドラフト会議2019」が、2019年10月17日 木 に開催されます。 2019年の今年は、夏の甲子園は地方大会で敗退したものの、160kmの速球が魅力の佐々木朗希投手 大船渡 や、高校生レベルでは群を抜いて優秀な奥川恭伸投手 星陵 などに注目が集まっています。 果たして、2019年のドラフト会議では、どの球団が誰を獲得するのでしょうか? そこで今回は、2019年のプロ野球ドラフト会議の、 ・日程とテレビ放送予定 ・選択手順詳細 ・各球団指名獲得選手一覧の結果速報 などをまとめています。 <1巡目> ・1巡目は入札抽選となる。 つまり、参加全球団が同時に選手を指名し、重複した場合は抽選を行うということ。 このときの抽選 くじ引き は、ウェーバー方式と呼ばれる方法で行う。 これは、 「球団順位の逆順」で抽選を行うことを指す。 なお、この 「球団順位」とは、ドラフト会議1週間前のレギュラーシーズンにおける順位のことであり、 「球団順位の逆順」とは 最下位から抽選するということ。 ・抽選に外れた球団は、その球団のみ再度入札抽選を行う。 そして、全球団の選択が確定するまで、入札・抽選を繰り返し行う。 なお、単独指名の場合は、その球団が交渉権を獲得する。 <2巡目以降> ・2巡目の指名は先に解説した「球団順位の逆順」にて行われる。 ・3巡目は「球団順位」で行われる。 ・以下、4、6巡目…の偶数は「球団順位の逆順」で、5、7巡目…の奇数は「球団順位」となる。 <指名順> ・昨年までの指名順 球団順位の逆順 は、その年度に行われた 「日本生命セ・パ交流戦」の勝敗結果で決定する方式でしたが、今年からセ・パ両リーグで1年おきとする方式にに変更されました。 なお、今年は セ・リーグからスタートします。 <指名人数> ・全球団が「選択終了」になるか、または選択された選手が合計120名に達したところで終了となる。 ただし、国内の独立リーグ所属選手および外国のプロ野球選手を選択した場合は、先の120名には含まれない。 ・各球団は原則10名まで指名が可能。 ただし、他球団が10名に満たない人数で選択を終了し、全体が120名に達していない場合は、11人以降の指名が可能。 ・ドラフト会議が終了した時点で選択された選手が120名に達さなかった場合は、希望球団が「育成選手選択会議」行う。 以降は、ウェーバー方式で決定します。

次の