ヘナ 下痢。 その症状、好転反応かも

その症状、好転反応かも

ヘナ 下痢

「イテテテテテテテ、昨日腰のもみほぐしを受けたはずなのに、腰が痛いぞ」 施術を受けたはずなのに、その翌日、施術を受けた箇所が悪化したり、急な熱を発症したことはありませんか。 もしかしてそれ、好転反応かもしれません。 好転反応とは体の悪いところが回復する過程で、もともと悪かった箇所がさらに悪化したり、体の具合がいきなり悪くなることをいいます。 好転反応は東洋医学の用語としてよく知られ、その種類には4つの種類と症状があるといわれています。 そこで今回は 好転反応の4つの種類と症状、好転反応が起こった時の対策を取り上げました。 さらに 後半では好転反応にまつわる注意点も記述しているので最後までご覧下さい。 この記事を読むことで、今出ているその症状を少しでも和らげる方法を知る事ができます。 ぜひ参考にしてみてください。 好転反応とは 好転反応とは鍼(はり)治療や整体などの自然治療を受けた翌日に、健康を取り戻す過程で、体にだるいなどの疲れや痛み、発熱などの症状が現れることをいいます。 治療をすることで、今まで滞っていたリンパや酸素の流れが良くなり、一気に毒素や老廃物が身体中を駆け巡ることで、好転反応の症状が起きるようになります。 つまり、 好転反応の症状がおきるのは回復の証だといわれています。 例えば、腰のヘルニア治療のためにマッサージをし、治療を受けた翌日に熱を発症したり、骨盤の急激な痛みなどを感じるようになります。 このような症状は回復の前の予兆、好転反応と言われ、2〜3日ほど経てばすっかり良くなるといわれています。 好転反応は健康を取り戻す過程での反応のことをいいます。 そんな好転反応には大きく4つの種類と症状があります。 そのため、2〜3日経っても症状が治らなかったり、症状がさらに悪化したりする場合にはすぐに医療機関に行くようにしましょう。 「好転反応」に科学的根拠はありませんので、商品説明の表現として好転反応をうたうものには十分注意し、 万が一、健康食品を摂取して体調が悪くなった場合には、すぐに使用を中止しましょう。 使用中止や医療機関受診などの「適切な対応」が遅れれば、健康被害が拡大してしまうことも考えられます。 「払ったお金がもったいない」などといって食べ続けた結果、病状がさらに悪化してしまったのでは、元も子もありません。 出典: 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事 2. 好転反応の4つの種類と症状と対策 ここからは好転反応の4つの種類とその症状、対策を解説していきます。 2-1. 弛緩反応 <特徴> マッサージや整体を受けた時に筋肉がほぐれることで、縮まっていた筋肉に今まで溜まっていた毒素や老廃物などが、巡回することを弛緩反応といいます。 毒素や老廃物が流れ込み、巡回している時に今まで機能していなかった器官などが毒素や老廃物に対応できず、急激な倦怠感、熱を発症するようになります。 <症状> 急激な倦怠感、疲れ、発熱 <対策> 急激な倦怠感や疲れが出た時は体を横にして休むようにしましょう。 寝る前に、コップ一杯分の水分を取ると排毒の効果が高まるため、オススメです。 発熱が続くのであれば、すぐに病院に行くようにしましょう。 2-2. 過敏反応 <特徴> 過敏反応は治療した箇所が治療したのにもかかわらず、痛みやかゆみ、炎症などを起こすといわれています。 過敏反応が起こる原因は治療した箇所に血液が流れ込んで、体中の壊れた組織を作り変えようとしているためです。 <症状> 体全体の痛み、かゆみ、汗をかく。 治療した箇所の炎症、かゆみ、痛みなど <対策> 急激な痛みや炎症が出た時は体を横にして休むようにしましょう。 それでも痛みや炎症などが消えない時は病院へ足を運ぶようにしましょう。 2-3. 排泄反応 <特徴> 排泄反応は体に溜まった毒素や老廃物を体外に排出しようという動きのことです。 汗、尿、便、皮膚に反応が現れるといわれています。 <症状> 吹き出物、発疹、ニキビ、尿の色が濃くなる、下痢が起きるなど <対策> 排泄反応かなと思った時はできるだけ多く水分を取るようにしましょう。 水分を大量に取ることで体外に老廃物や毒素を運び出す運動を促してくれます。 また下痢などによって、水分が体外に運ばれるため、脱水症状を引き起こす可能性もあることに留意しましょう。 具合が悪いのが続くようであれば、すぐに病院へ行きましょう。 2-4. 回復反応 <特徴> 回復反応は今まで、血行の悪かった所が改善され、うっ血していた(血液が止まっていた)汚れた血液が一時的に周り初める時にあらわれることで起こる症状といわれています。 <症状> 発熱、吐き気、腹痛、だるさ、女性の場合は悪血(おけつ) <対策> 回復反応かなと思った時は体を横に休めて安静の状態にしましょう。 2〜3日経てば良くなると言われている回復反応ですが、万が一2〜3日経ってもよくならない場合はすぐに病院に行くようにしてください。 2-5. 好転反応4つの種類と症状、対策のまとめ 症状 ・弛緩反応<症状>急激な倦怠感、疲れ、発熱 ・過敏反応<症状>体全体の痛み、かゆみ、汗をかく。 治療した箇所の炎症、かゆみ、痛みなど ・排泄反応<症状>吹き出物、発疹、ニキビ、尿の色が濃くなる、下痢が起きるなど ・回復反応<症状>発熱、吐き気、腹痛、だるさ、女性の場合は悪血(おけつ) 対策 ・弛緩反応<対策>体を横にして休め、寝る前に、コップ一杯分の水分を取る。 ・過敏反応<対策>体を横にして休む。 ・排泄反応<対策>できるだけ多く水分を取る。 ・回復反応<対策>体を横に休めて安静の状態にする。 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事 3. 症状が重い場合や長引く場合はすぐに医療機関へ行く 前述したように好転反応には医学的、科学的根拠はありません。 そのため、もしも 好転反応かなと思っていた症状が2〜3日長引いても回復しないようであれば、すぐに医療機関に行くようにしましょう。 「好転反応かも」と思って回復するだろうと期待し、2〜3日以上症状を放置しておくことは危険です。 好転反応はあくまで根拠のないものなので、症状が重い場合、2〜3日経過しても一向に症状が良くならない場合にはすぐに医療機関に行くようにしましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 好転反応とは自然治療を受けた後に、健康を取り戻す過程で発熱などの症状が現れることでした。 症状には以下の4種類があります。 ・弛緩反応 <症状>急激な倦怠感、疲れ、発熱 <対策>体を横にして休む。 寝る前に、コップ一杯分の水分を取る。 ・過敏反応 <症状>体全体の痛み、かゆみ、汗をかく。 治療した箇所の炎症、かゆみ、痛みなど <対策>体を横にして休むようにする。 ・排泄反応 <症状>吹き出物、発疹、ニキビ、尿の色が濃くなる、下痢が起きるなど <対策>できるだけ多く水分を取る。 ・回復反応 <症状>発熱、吐き気、腹痛、だるさ、女性の場合は悪血(おけつ) <対策> 体を横に休めて安静の状態にする。 ただ繰り返しますが好転反応には科学的根拠はありません。 症状が重かったり、2〜3日経っても回復しないようであれば、すぐに医療機関に行くようにしましょう。 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事.

次の

ヘナ使用後の好転反応がすごい!一番参っているのが体中にできた湿疹

ヘナ 下痢

今月の先生「ヘナサロン アッターリー」中村祐子さん ヘナというと「白髪染め」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 でも実は、髪の色を染める以外にも、さまざまなスゴいパワーがあるのでした。 今回は、そんなヘナの魅力について、お話を伺ってきました。 photo:砂原 文 text:田中のり子 東急田園都市線溝の口駅から徒歩数分、ゆたかな木々がうっそうと茂る神社のふもとにあるエリア「フィオーレの森」。 今回取材にお伺いした「ヘナサロン アッターリー」は、この緑豊かな森に建つ、マンションの一室にあります。 「こんにちは」と、迎え入れてくれたのは、今回の先生・中村祐子さん。 背筋がすっと伸び、穏やかで澄んだ口調、凛とした格好いい空気感を持った女性です。 そして迎え入れられたサロンの心地ちよさに、びっくり。 中国の古い家具やインドの茶壺、アフリカのオブジェなどがさりげなく飾られており、鏡の向こうの大きな窓には、桜の木がうっそうと枝を伸ばしている様子が目に入ります。 ここに身を置くだけで、身体に詰まっていた澱のようなものがさーーーっと抜けていくような感じです。 「私がヘナに初めて触れたのは、母の影響でした。 もともと私は若白髪の体質で、30代の頃から髪を染めるのが習慣だったのですが、一般の白髪染めだとゴワゴワになってしまうのがとてもイヤで。 母はもともと、自然派志向の人で、食べ物だけでなく身のまわりのものたちにも気を遣う人だったんです」 そのときの中村さんの職業は、何とDJ! というか実は、現在もヘナサロンを運営するかたわら、DJのお仕事は続けていらっしゃるそう。 当時は生活時間も不規則で、オールナイトは当たり前。 それなのに収入も、なかなか安定しない。 30歳を過ぎて身体を壊し、非常に疲れやすくなって、このままでいいのだろうか、生活を見直さなければ……と思う時期に、ヘナとの出会いがあったそうです。 お母さまはその頃すでに、ご自身でもヘナのサロンを営んでおり、「手伝ってみない?」と声をかけてくれたそう。 当時中村さんは、音楽のほうでもワールドミュージックが大好きで、インドやアフリカ、東南アジアなど、異国の響きに魅せられていました。 そこから「自然のリズムで生きる」「土着的なものに価値を見出す」といったことにも、自然と目が向けられるようになっていました。 「そのときの私には、 ヘナをやることが『何だか格好いいな』と思えたんです」。 そもそも「ヘナ」とは何でしょう。 エジプトの女王、クレオパトラも愛用していたことで知られているオレンジ色の色素を持つハーブで、インドでは、結婚式に花嫁の手足に「しあわせに暮らせますように」という願いを込めて施されるボディペイント「ヘナタトゥー」の原料としても有名です。 髪に塗れば、保湿力が高まりツヤが出るほか、 やわらかい髪はコシとハリが出て、逆に 固い髪はクセが落ち着き、なめらかになる。 また、 脱毛予防や育毛促進など、さまざまなトリートメント力も実感できるそう。 またヘナに含まれている「ローソニアアルバ」という成分は、 身体にたまったストレスや肝臓にたまった毒素を取り除くと言われており、血液浄化作用、神経調整作用があるとも言われています。 また「ナフトキノン」という成分は、 子宮の働きを調えるとされているとか。 な、な、何と! 単なるヘアケア剤と思いきや、身体全体にも大いによい影響があるようです。 そもそもインドなどでは、 ヘナは「髪の毛を染めるため」というよりは、「健康のため」「女性の身体のため」「祝福のため」のものとして愛用されているようなのです。 そして中村さんのサロンにいらっしゃる方々も、リラックス&デトックス目的で……という方もとても多いとか。 一般的な染毛剤と違い、 ヘナは髪の毛だけでなく頭皮そのものに塗ることで、髪のいちばん根元にある毛母細胞に届きます。 この毛母細胞、健やかな髪の毛を作り、育成させる細胞として知られていますが、この細胞は 多数の毛細血管とつながっていて、ここから入った成分は、あっという間に全身に行き渡っていくそう。 「東洋医学では、頭頂に『百会』という万能のツボがあると言われていますよね。 アーユルヴェーダでは『第7チャクラ』と呼ばれて、エネルギーの出入り口として知られています。 どちらも頭をとても重要視していて、天とつながると同時に、全身のあらゆる部分とつながっている大切な場所なのです。 頭をヘナでケアしていくことは、全身にとっても、いいことなのですよ」 そう話す中村さんも、自らヘナ生活をしていくことで、すっかり健康体に。 そしてヘナのサロンを通じて、さまざまな女性が髪を美しくすると同時に身体にもいい影響が生じて、生き生きと輝いていく様子を見て、大きな喜びを感じるようになっていったそうです。 そして不思議なことに、ヘナのサロンが順調になるにつれ、それと歩調を合わせるように、一時は断念しそうになっていたDJの仕事も好調に。 中村さんの中ではふたつのことがいい相乗効果となって、つながっているそうです。

次の

ヘナのデトックス効果や好転反応の症状とやり方!肝臓にも効く?

ヘナ 下痢

ヘナ染めした後具合が悪いです。 昨夜初めでヘナ染めをしました。 湿布をして3時間ほど待ってる間は特に体調に変化はなかったので すが 洗い流してタオルドライをし髪が少し湿った状態で寝ようと思った矢先に頭痛と吐き気がしてきました。 もともと臭覚が過敏な方なので臭いに当てられたのかな?と思い、数時間は頭痛と吐き気のせいで寝付く事が出来ませんでした。 1、2回ほど吐いてしまうかもと思うような強めの吐き気に襲われました。 翌朝は吐き気も頭痛もおさまっていて、もともと便秘症なのですが朝起きたとき下腹部に重たい感じの違和感があり排便がありました。 便の固さは普通くらい。 それからはたまに髪から臭ってくるヘナの臭いで弱い頭痛が起きましたが昨夜ほど酷くはなくあまり気にならないくらいの痛みでした。 そして昼食をとった後にまた排便がありました。 朝に比べると緩めの便で何故か排便の後また気分が悪くなってしまい現在吐き気にグッタリしている状態です。 ネットで調べたところ好転反応という意見もあればアレルギーや副作用という意見もあり正直、得体の知れない体調不良に不安で仕方がありません。 割合的にはヘナ多め。 仮にアレルギーでこのような症状が出ている場合どのくらいで症状は軽くなるでしょうか?個人差もあるかとは思いますが大体でも良いので教えて頂けましたら助かります。 本当に吐き気が辛く嘔吐恐怖症なので凄く困っています。 添加物、ケミカル成分は一切使用していない書いてありました。 仮に農薬による体調不良だった場合はとにかく洗髪する事が大事でしょうか?.

次の